エチ研TOP
Home > 体験談 > 寝取らせ目的で、妻と一緒にボートに…
投稿:2015-07-20(月)08:00

寝取らせ目的で、妻と一緒にボートに乗れる公園に行った

この体験談のシリーズ一覧
1:【寝取られ】中学校の教師である嫁が複数の生徒たちの性奴隷状態だった2:【盗み聞き】妻が自分とのセックスでは我慢できずに夜な夜な太いディルドでオナニーしていた3:【寝取らせ】妊婦である妻が少しずつ暴走し始めていた4:嫁が寝取られ、フラフラになっていた僕を嫁の姉が慰めてくれた5:前妻で悲しい目に遭ったのに、消えない寝取られ願望6:些細なことがキッカケで嫁とケンカして仲直りするまで
7:産休に入った嫁の言葉を試すために、痴漢師達に連絡を取った8:自宅に帰ると20歳くらいの可愛い清楚な女の子が座ってた9:【寝取らせ】喪服の嫁がお通夜終わりにラブホでハメ撮り10:養子縁組した男の娘である優香と公園の茂みでアナルセックス11:妻の陣痛が始まって病院に向かっていたら車にはねられた12:娘の優香(男の娘)が最近僕を避けるようになった13:夜這いしたら息子の嫁だった
14:寝取らせ目的で、妻と一緒にボートに乗れる公園に行った
15:男の娘の優香の、本当の母親と妹に結婚を報告しに行った16:息子の実の母親が、お礼に何でもしますと言ってきた17:バレー部時代のユニフォームを着た妻とアナルセックス18:男の娘で息子である優香が、朝ちゃんと結婚式をあげる19:優香が愛し過ぎて抱き続ける日々20:52歳だけど40歳くらいにしか見えない優香の母親とセックス21:3ヶ月前から黒人のデカマラに寝取られていた妻22:メイド服を着て出迎えてくれた由美とそのままイメプレに突入23:どんどん性欲が増していっている妻24:【レズ】妻も存在を知らなかった実の妹が僕を訪ねてきた25:義妹との身体の相性が怖いぐらい良すぎる26:嫁の寝取られを見ながら義妹と中出しエッチ27:妊娠した妻の友達と不倫28:【男の娘】優香がほかの男に抱かれたと聞かされた29:妻がママさんバレーのコーチにセクハラを受けてた30:【NTR願望】会員制スナックの客たちに妻をレイプさせた31:妻の由美は引っ越し当初から町内の人に寝取られていた32:妻の由美よりも愛してしまった義妹の由香里も寝取られていた33:デカチンポに種付けされたがる由香里34:【母子相姦】自分の異常な性癖のルーツは自分の母親との関係にあった35:自分が寝取った人妻に好意を寄せる中◯生とヤラせた話36:義妹の由香里が見知らぬ男たちに中出しさせまくっていた37:後藤真希似のヤンキーと危険日に中出しを賭けた援交勝負38:1◯歳の春香を種付けされるまで
広げる

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:9,747回)
名無しさんからの投稿

前回の話:夜這いしたら息子の嫁だった

ある日、僕の母に未来と沙耶を見といてもらって、由美と久しぶりに2人で出掛けました。

もちろん寝取られ目的です。

ドライブを兼ねて、少し離れたボートに乗れる公園に来ました。

そこで、由美に以前購入した青の薄っすら透けてるマイクロミニのワンピに着替えてもらいました。

由美「やっぱり恥ずかしいよ。せめて下着だけは」

「ダメ!ノーパンノーブラで!」

由美は恥ずかしがりながらも僕の言う通りにしてくれました。

乳首はもうピンと立ってます。

そして、公園をゆっくりと歩きながら男達の目線を集めさせました。

由美はモゾモゾしながら歩いてます。

そしてボートを見つけたので、2人で乗りました。

「由美、大きく足開いて」

由美「うん」

もう由美のマンコは、グッチョリと濡れてました。

僕はボートを漕ぐの止めて、由美のクリを刺激しました。

由美「アッ、アァァ、イイ、健ちゃん、ハァハァ、イクゥ」

由美はボートの上で、身体を震わしながらイキました。

そして、僕はビンビンになったチンポを出して、由美にフェラさせました。

ジュルジュル、ジュルジュル、ジュルジュル

周りには、由美を見ようと男2人でボートに乗ってる連中もいました。

そして僕は由美の口の中に射精すると、

「由美、おれの精子を口から垂らして」

由美は言われた通りに、口から精子を垂らしました。

男達は、「マジエロい、犯してぇ」と言ってました。

その後、ボートを降りて人気の無い場所で由美のマンコに即ハメしました。

「由美どしたん?いつ以上に濡れてるで」

由美「ハァハァ、だって、健ちゃんがこんな事させるから、ハァハァ、アァァ、ダメダメ、イクゥ」

僕は由美のマンコからチンポを抜いて、由美の口に入れて、フェラで果てました。

僕は由美に飲み物を買ってくると言って、その場を離れました。

しばらくして戻ると、由美を犯してぇと言ってた男2人組みが由美を犯してました。

男1「奥さん、あんたヤリマンだろ?あんな見せつけてる旦那も変態だけど、俺らに簡単に股を開く奥さんも変態だな」

由美「アァァ、凄くイイ、デカチンポ気持ちイイ、もっとマンコえぐって」

男2「ほらっ、奥さん、おれのチンポもちゃんとしゃぶれよ」

由美「はい、アァァ、凄く臭くて雄の匂いのするチンポ好き」

男1「アァァ、奥さん出すぞ、マンコにたっぷり出してやる」

由美「アァァ、ダメダメダメ、今日危険日だからダメ、アァァ、ダメ、アァァ」

拒否する由美を無視して、男は由美のマンコにたっぷり中出しをしました。

由美「ハァハァ、ダメって言ったのに」

男1「悪い悪い、奥さんのマンコ気持ち良かったから」

男2「じゃ、次はおれだな。一回出しちゃえば、二回も三回も奥さん一緒だろ」

由美「ダメ、中出しダメ、アァァ、チンポ入った、アァァ、気持ちイイ」

その後、もう1人の男も由美のマンコに中出しをすると

男2「ハァハァ、奥さんのマンコ最高やな。オレ達が奥さんのマンコ可愛がったるから、明日の夕方この場所にまた来いや」

そう言うと男達は、帰っていきました。僕は由美の元に行って

「由美、大丈夫?」

由美「ハァハァ、大丈夫だよ」

僕は買ってきた水で、由美の中出しされたマンコを洗ってあげました。

由美「キャッ、冷たい(笑)」

「ごめん。由美もしかして演技してた?」

由美「アハッ、さっすが健ちゃん!気づいてた?」

「うん。由美イッてなかったし、妊娠してるのに、中出しも拒否してたから」

由美「うん。あんな言い方をすると男の人って興奮しちゃうんでしょ?おチンチンは確かに大きかったけど、ガサツで自分勝手なエッチだったし、早く終わらして、健ちゃんに会いたかったから」

僕は由美に何か申し訳なくなり、足早に車に戻りました。

そして由美は服を着替えると、ドライブの続きがしたいと言ってきました。

実は僕にはもう一つ目的がありました。

僕が運転をして、由美を助手席に座らせてしばらくしてから

「由美、ダッシュボード開けて」

由美「うん。CD変えるの?」

由美がダッシュボードを開けると、目の前に「由美へ」と書いてあるプレゼントを発見しました。

由美「えっ、健ちゃん?」

「開けてみて」

由美は丁寧に包装を剥がしていくと、以前から由美が欲しがってたブランドのネックレスが入ってました。

由美「健ちゃん、これって・・・」

「由美には本当に感謝してる。毎日育児や家事を頑張ってくれてるし、おれの性癖にも付き合ってくれてるし。それに何よりボロボロだったおれを救ってくれただけじゃなくて、明るくて賑やかな家庭を持してくれた。由美、ありがとう。愛してるよ」

由美は顔をクシャクシャにして泣きました。

僕は車を路肩に停めて、由美を抱き寄せてキスをして、ネックレスを着けてあげました。

由美「健ちゃん、ありがとう。私も本当に幸せだよ。ずっと一緒に居てね」

「うん。ずっと一緒に居てるよ。それとね、おれ昇進した」

由美「うそっ!?やったぁ!健ちゃん、おめでとう!お祝いしないとね!もう少しだけ、お義母さんに未来達見ててもらおうか?」

「うん、いいんじゃないかな?どこに行く?」

由美「ホテルで健ちゃんに愛されたいし、昇進の前祝いに私の身体じゃダメかな?」

僕は車を飛ばしてホテルに直行しました(笑)

その後、精子が出なくなるまで由美とエッチしまくってました。

自宅に帰ると母が、僕と由美の顔を見て、ホドホドにねって笑いながら、帰っていきました。

僕と由美は素直に返事をして、母を見送りました。その後

由美「お祝い何がいい?焼き肉食べに行こうか?」

「う〜ん、由美の手料理が食べたいねんけど、ダメかな?」

由美「えっ、それは全然構わないけど大した材料もないよ」

「いいよ。由美の手料理がいい!あとは家族団欒で楽しく食べたい」

由美は優しく微笑んでくれました。

そして優香と朝ちゃんが帰って来て、一緒に楽しく御飯を食べながら、お祝いしてもらいました。

ちなみに、朝ちゃんも今色々とあって一緒に暮らしてます。

次の日の夕方、僕が仕事から帰ると由美が居てませんでした。

僕は昨日、男達が夕方に来いと言ってた言葉を思い出しました。

もしかしたら、犯されに行ったのかな?

そう思うと、何故か不安になってきました。

僕は段々と落ち着かなくなり、リビングでソワソワしてました。すると

由美「あっ!健ちゃん帰ってたんだ?おかえり」

優香「お父さん、ただいま」

由美と優香が買い物袋と双子ちゃんを抱き抱えて帰ってきました。

僕は荷物を持ってあげるのに、玄関に行って由美を見ました。

由美「どしたの、健ちゃん?」

「えっ?いやっ、おかえり」

由美は僕の顔を見て、すぐにわかったみたいで

由美「行ってないよ。健ちゃんのチンポが一番だから」

と僕の耳元で言うと、耳をペロッと舐めてきました。

昼過ぎから優香達と一緒に買い物行って、カフェで喋ってたみたいです。

その晩は、由美を激しく求めました。

続き:男の娘の優香の、本当の母親と妹に結婚を報告しに行った

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告