エチ研TOP
Home > 体験談 > 夫のせいで叔父に夜這いされ中に出さ…
投稿:2012-10-19(金)10:00

夫のせいで叔父に夜這いされ中に出された

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:5,833回)
名無しさん(20代)からの投稿

あんな恥ずかしい出来事から、2週間も過ぎた時でしょうか?お盆を向かえ、夫の実家に帰省する事になりました。

夫の実家は、車で小2時間程走った海沿いの小さな町にあり、お盆ともなれば多くの親戚が集まるんです。

朝、出かける支度をしていると夫が部屋に入って来ました。

「今日は、白いタイトスカートにブラウスか!下着付けたな!!!」

「え〜………だって実家に行くのよ!」

白いタイトスカートにパンティラインが浮かび上がっているからバレている。

「下着取ろうよ!見えないって」

「親戚の人居るでしょ」

「俺の家族だけだって………まぁ叔父…叔母も多少居るかも知れないけど………」

「お願い今日は………」

「駄目だよ………」

ハぁっと息を付き、諦める様に下着を外した。

乳首が透けるのは嫌だったので、ニップレスを付けて………車で走り、お昼前に夫の実家に到着した。

庭には、数台の車が止まっていて、他の親戚が来ている様でした。

玄関を開けると、待ち望んでいたかのように夫の母が出迎えてくれました。

「ご無沙汰しています」

「そうね!さぁさぁ上がって」

「みんな来てんの?」

「兄ちゃん夫婦と妹夫婦が来てるよ。あ…○○叔父さんも来てる」

「ん〜」

奥の茶の間から、子供の声がワイワイ聞こえていた。

「お〜みんな早いなぁ!」

「お前が遅いんだ!早速だが墓行くぞ………行けるか?」

「あ〜」

「ちーにー遅い………久しぶりやな」

「そうだな!お前所、子供うるさいな!」

妹夫婦には、2歳と3歳の子供(男の子)が居て、とてもヤンチャだった。

子供「お姉ちゃん、遊ぼう!」

子供に好かれるのか?

私に抱きつく子供達だった。

「姉ちゃんの事、子供達凄い好きみたいで………ごめんね」

「いいのよ。私も子供好きだから」

結局、子供達が懐いて離れないから私は子供と一緒の車に乗り込んだ。

車で5分程の所にお墓はあり、駐車場で降りると長い階段を上る事になる。

結構急な階段!

マズイ!

下から見えるかも…………一番後ろを付いて行くつもりが、子供に手を引かれる様に、両親と兄夫婦の後を行く事に………夫を見るとニヤニヤしている。

妹も一緒に並んで上る事になったが、夫と妹の旦那、叔父が後ろを付いて来る。

夫は、義理弟と話をしながら、ワザと数段後ろを上り始めていた。

もう20段位上ると、

"疲れた!!!おんぶ"

と子供が抱きついて来た。

「じゃママがおんぶするから」

子供「ヤダ!お姉ちゃんがいい」

そう言うと、私の足元に抱きついて来る。

「いいよ。」

そう言ってしゃがみ込むと2歳の子供をおんぶした。

子供「僕もおんぶ」

流石に2人は無理だから、前を歩く兄がおんぶしてくれた。

子供をおんぶして後悔した。

おんぶをすると腰が前屈みになり、お尻を後ろに突き出す感じで、スカート姿の私は、下の男性陣に見せつけている様な感じになる。

恥ずかしくて、顔が火照るのが分かった。

それと同時にあそこが妙に反応し、汁が出始める。

子供「お姉ちゃんのおっぱい柔らかい!」

ハッとした。

子供がノーブラの胸を小さな手で揉んでいる。

「駄目よ!変な所触っちゃ………」

子供「うん」

「いいのよ。気にしないで」

「ごめんね。姉ちゃん」

何気なく後ろを振り向くと、叔父さんがニヤニヤしながら私を見ているのに気付いた。

"見えている"

そう思うと、益々汁が溢れ太股を伝り始めていた。

"駄目…駄目よ"

意識しない様にするが益々胸が高鳴る。

妹の旦那は………気づいていないか?

ふと、顔を見ると目は私の方を向いている。

夫はニヤニヤ私に合図する様に見ている。

何とか一番上まで辿り着くと、実家のお墓に行き、甥っ子を降ろす。

ちょっとハァハァ息が荒れるのを押えながら

"流石に疲れた"

と声を漏らした。

後ろから来た叔父さんが、

「頑張ったね皐月ちゃん」

と肩を叩いてきたが、顔がニヤけていました。

息を整え、墓前に手を合わせようとしゃがみ込むと、磨り合う太股が冷たくネットリしている事に気づかされる。

辺りに気づかれない様に、そっと手を合わせ後ろに下がった。

横に夫が来て

"少し見えちゃったかな?叔父さんずっとガン見してたしな!濡れてるんだろ"

と耳元で囁く。

そして、後ろからスカートの中に手を入れて来て、濡れるマンコを確認すると、何かを中に入れて来た。

"ちょっと!!!なに!?"

思わず夫を見ると、手にはリモコンらしき物が………。

試す様に、スイッチが入れられ股間の中で動き出す。

"あっ"

思わず声が漏れる。

"どうした?"

叔父が隣で声を掛けて来ました。

"いえ何でも………"

夫のはニヤけて私を見ていました。

陰部に違和感を感じながらも、家に戻り茶の間でお茶を飲んでいた。

夫の姿も見えなく、リモコンスイッチを入れられる事も無く安心していたが、私の隣にはあの叔父がピッタリとくっ付く様に寄り添って来た。

叔父「皐月ちゃんは子供作らん?」

「まだ、これからですよ」

叔父「こんなに可愛いのに、あいつ相手してくれないのか?」

「そんな事は………」

叔父「皐月ちゃん相変わらず可愛いのう!叔父さん惚れちゃうよ」

「そんな………」

その時です。

ブルブルとアソコが刺激され始めたのは………微かに振動する音が聞えます。

叔父「なんか音するぞ!どこだ?」

「そうですか?」

叔父が音を頼りに頭を下げ始め、私の太股に顔を近づけて来ました。

叔父「皐月ちゃんの足元から聞こえるぞ!」

「ト…トイレに行って来ます」

そう言ってその場を立ち去りました。

振り向くと悔しがる叔父の顔が見えます。

トイレに入ろうとすると夫が、

「どこ行くの?」

と尋ねて来ました。

"酷いわ!!!叔父さんにバレる所だったじゃない!"

そう言うと

"イイじゃないか!興奮したんだろ!"

と相手にしてくれません。

その日は、夫の実家に泊まる事になりました。

叔父「なんだ今日は泊まるのか?」

「あ〜」

叔父「じゃ、ワシも泊まって行こうかな?」

義母「いいですよ。どうぞ」

叔父「言葉に甘えて」

結局その日は妹夫婦と私達と叔父が泊まる事になり、夕方から酒の席になっていました。

酒が入ると、叔父の態度も大きくなり、何かと隣の私の体に触れる事が多くなり、エッチな事を色々聞いてきます。

妹が

"叔父さん、姉ちゃんに馬鹿な事言うのヤメなよ!エロ親父"

と言ってくれましたが、夫は

"まぁいいじゃないか叔父さんだって久々に会って嬉しいんだし"

と叔父を援護し始めた。

叔父さんは、その言葉に拍車がかかり、私の太股も触って来る様になりました。

そんな中、酒を注がれ私も一緒に飲む事になり、弱い私は直ぐに顔が赤らめ、トロンとなっていました。

「そろそろ子供達、風呂に入れないと………」

子供「お姉ちゃんと入る!」

「え〜」

「いいよ!一緒に入ろうか!」

子供達と一緒に風呂に向かいました。

正直、ヘロヘロになっていたので、酔い冷ましに丁度良かったんです。

夫の実家は薪の風呂で、近所も100m以上離れているから、風呂の窓は全開で、夜空を見ながら温泉気分。

子供達の体を洗ってあげながら、話をしていると、窓の外に人の気配を感じました。

「誰!」

そう言うと

叔父「湯加減はどうじゃ」

「えっ嘘!」

思わず手で体を隠しました。

子供「叔父ちゃん、いい湯だよ」

叔父「そうか!それは良かった」

叔父は、そう言いながらずっと私の体を舐め回す様に見ていました。

「あの〜もう大丈夫ですから………行って下さい」

叔父「いや〜温くなるとねぇ………ここに居るから冷めて来たら言ってくれ」

結局、私達が上がるまで、ずっと叔父に全裸を見られていました。

「貴方ちょっと………」

「何だよ!」

「叔父さん風呂覗いていたのよ!注意して」

「良いじゃないか!年寄なんだから」

「そんな……」

全く聞き入れてもらえず、私は寝る部屋に向かいました。

部屋には何故か布団が3式敷かれていて、不思議でしたが酒が回り一番奥の布団に横になると直ぐに寝てしまいました。

夜、体を触れる感触で目が覚め、夫が悪戯していると思い、

"今日は駄目よ"

と耳元で囁いた。

それでも、夫はパジャマを脱がせてきて、パンティの中に手を入れて来るので、放っておいたんです。

すると、今度はパジャマの上着のボタンを外し胸を曝け出させると、揉みだし、口でチュウチュウ吸い出しました。

その時の匂いは夫ではない事が分かりました。

"誰!?"

目を見開いてみると、そこには夫では無く、叔父が居たんです。

"何で!"

そう言うと、叔父は私の口に手を押し当て

"旦那にバレると困るじゃろ"

と言うんです。

叔父の後ろには夫がグ〜グ〜寝ていました。

叔父は、その後も私は叔父に弄ばれ、遂には叔父のチンポを受け入れてしまったんです。

嫌だと思っていても、体は正直でどんどん濡れて行き、逝ってしまったんです。

叔父も、私の中に果てるとニヤニヤしながら

"早く洗って来た方がいいじゃないか?"

と言うんです。

夫に気付かれない様に、そっと風呂場に向かいました。

体を洗い流し、湯船に浸かっていると、叔父さんが入って来て

"もう一回しようか!"

と抱きついてきました。

私は叔父の力に負け、またチンポを受け入れてしまっていました。

翌日、叔父はニコニコしながら

"皐月ちゃんまた来いや"

と手を振ると、軽トラで帰って行きました。

夫は、昨夜の事が知ってか知らずか、

"また来ような"

と言い車を走らせました。

- 終わり -

前後の話
前の話(2012-10-19 09:00:00)◯学生の姉のお風呂を覗き見

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチな広告