エチ研TOP
Home > 体験談 > 無人のレンタルビデオ店にいた痴女
投稿:2013-10-13(日)07:00

無人のレンタルビデオ店にいた痴女

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:6,547回)
名無しさんからの投稿

近所にある無人レンタルビデオ店に行った時、夜中にも関わらず、ミニのスーツを着た女の人が1人でビデオを選んました。

その時、店内にいた客は俺とその女の人だけだったんだけど、お互い店内をウロウロするので何度かすれ違いました。

そのうち、俺はある事に気付き始めました。

すれ違う度にスカートの丈が徐々に上に上がっていくのです。

最初に俺が見た時は、短いながらも膝上10cmぐらいだったのに、気付いた時には下着のラインすれすれで、少し屈むだけで赤い下着がチラチラ見えていました。

こうなるともうビデオを選ぶどころではなく、ビデオを見るフリをしながらひたすらチラチラ見続けていました。

この時相手は既に俺が見ている事に気付いていたんだと思います。

スカートの裾はどんどん上がって行き、前からも後ろからも下着はほとんど見えていて、下着のデザインまで手に取るように見えていました。

とても自然にズレ上がるようなレベルではありませんでした。

下着はフチの部分以外はスケスケで、陰毛の生え方まで分かりました。

結局声を掛ける事も出来ずにそのまま店を出たのですが、後になってから、ひょっとするともっと凄い体験ができたかもと思うと、とても残念な気がします。

あれから何度か同じ位の時間に店に行ってみたのですが、それ以来お目にかかっていません。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告