エチ研TOP
Home > 体験談 > 19歳の入院患者にエッチなイタズラ
投稿:2015-11-26(木)09:56

19歳の入院患者にエッチなイタズラ

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:10,407回)
まいさん(20代)からの投稿

あたし26才看護師してます

夏にバイク事故で19才の男の子が入院した

骨盤骨折で手術する事になった

手術予定は一週間後

それまでは寝たきりの安静

夏場なのでエアコンつけてもちょっと暑いかな

毎日一回ホットタオルで身体拭いてあげるんだけど上半身は拭かせてくれるけど、下半身は恥ずかしいのかなかなか拭かせてくれない

手術日前日

あそこの毛を反る事になりました

あたし『みのる君、毛反るよ』

みのる君『マジか?絶対反らなきゃダメか?』

あたし『絶対です。腰の所切るから毛反ります』

みのる君『恥ずかしいぞ』

あたし『あたしは慣れてるから大丈夫だよ』

みのる君のパンツをずらす

やだなあとぼやいてる

タオルで毛のあたりをふきふき

おちんちんも拭いてるとムクムクとおっきくなってきた

あたし『元気だねえ』

みのる君『見るなよ』

あたし『見なきゃちゃんと拭けないでしょ』

顔真っ赤になってる

ささっと拭いて毛にムースを付けた

若いからおちんちんビンビンになってお腹に当たる

あたし『これじゃ反れないよ』

おちんちんをぎゅっと握って下向けて毛を反り始めた

手の中でビクンビクンってなってる

おもしろいなあ

わざと軽くシコシコ手を動かした

みのる君『うううっ、あああ』

あたし『どうしたの?痛いの?』

みのる君『いや、違う』

あたし『もう少しで終わるから』

おちんちん握って動かしながら毛を反り続けた

みのる君『あああ、マジやばい、ごめん出る』

びゅっ、びゅっと出した

あたし『うわあ、出ちゃったね』

みのる君『動かしすぎだよ』

少し半泣き

あたし『これぐらい大丈夫だよ』

ティッシュで拭き取った

あたし『落ち着いた?』

みのる君『うん』

出した後でもまだ少し起ってる

手で軽くおさえて毛全部反った

みのる君『この事誰にも言うなよ』

あたし『分かってるよ。秘密だね』

手術無事終了

二週間ほど安静

慣れたのか下半身も拭かせてくれるようになった

二週間経って車イスで移動できるようになった

風呂は一週間に二回入れるようになった

あたしがみのる君の担当になったので風呂に入れてあげる

みのる君を裸にして風呂用の車イスに乗せた

普段は風呂用のエプロン着けるんだけど、みのる君相手には大サービスで下着姿で風呂に入れてあげた

ある日の入浴日

いつものように下着姿で風呂に入り身体洗ってたら

みのる君『またお願いしていいかな?』と言ってきた

あたし『何のお願いかな?』

みのる君『また手でいいからやってくれるかな?まいちゃんのその姿見てたら我慢できねえ』

おちんちん勃起してる

あたし『いいよ』

ボディソープで泡立てて手でシコシコ

ある程度動かしてシャワーで流した

みのる君『まだ出てないけど』

黙ってぱくっとおちんちんくわえた

みのる君『おおお』

ちゅぱちゅぱ頭動かしてフェラしてあげた

みのる君『おおう、出る〜』

口の中にいっぱい出した

ゴクンと飲んであげた

みのる君『飲んだの?』

あたし『うん、飲んじゃった』

それからは二回に一度フェラするようになった

手術から20日ほどしたころリハビリ開始

杖ついて少し歩けるようになった

そうなると風呂も楽になった

車イスに乗らず普通の風呂椅子に座れるように

あたしも慣れて下着姿で入ってたけど、もう全裸で一緒に入るようになった

みのる君の退院が決まった

後二週間

もうまいちゃんとお別れだねという

一緒に風呂入れるのも後三回

みのる君と風呂入った

あたし『今日すっごく良いことしてあげる』

みのる君『何?』

あたし『少しなら立てれるよね』

みのる君『うん、大丈夫だと思う』

最初に椅子に座らせて軽くフェラ

フェラしながら自分であそこさわって少しオナニーした

じゅうぶん感じてきたとこでフェラやめてバスタブに手を付きお尻をつきだした

あたし『えっちする?』

みのる君『えっ、いいの?』

あたし『いいよ、来て』

みのる君があたしのお尻を掴んでおちんちん入れてきた

あたし『んんん、はあはあ、気持ちいいい』

みのる君もグイグイ腰を突いてくる

あたし『んはあっ、いきそう』

みのる君『俺もう出そう』

あたし『中で出していいよ』

よりいっそうグイグイ突いてきた

あたし『あああ、いっちゃう〜』

きゅ〜んとなっていった

中でビクンビクンとなってドクドクっと出してる感じした

あたし『出た?』

みのる君『でた』

おちんちん抜いて座り込んだ

あたし『大丈夫?』

みのる君『大丈夫、すっげえ気持ちよかったぞ』

椅子に座らせてお口で綺麗にしてあげた

みのる君『ありがとうな』

病室に戻った

みのる君退院の前夜

あたしが夜勤になった

九時消灯

深夜12:00見回りにみのる君の部屋に連れ込んだ行った

あたし『みのる君起きてる?』

みのる君『起きてるよ』

あたし『明日退院だね』

みのる君『そうだな、まいちゃんには色々世話になったね』

あたし『最後に退院祝い』

看護服脱いで下着も脱いで裸になりベッドに潜り込む

チュッとキスしてパンツ脱がしおちんちんしゃぶる

上に乗っておちんちん入れた

腰をグリグリ擦り付け抱きつく

あたし『ハアハア、いい、いい』

みのる君もあたしに抱きついてきた

みのる君『まいちゃん大好き』

あたし『あたしもみのる君大好き』

身体起こしておちんちんに跨がるようにして上下に腰振ってずぽずぽ出し入れ

あたし『んんん、いっちゃう〜』

みのる君『俺も出る』

イクと同時に中で出した

みのる君『まいちゃんほんまにありがとうな』

翌朝

最後の朝食

みのる君の家族が迎えにきた

あたしに挨拶した

家族がナースステーションに行った

部屋でみのる君と二人

お互い連絡先交換した

みのる君『気がむいたら連絡してな』

あたし『気がむいたらね』

最後にチュッとキス

みのる君退院

あたし『元気でね』

みのる君『まいちゃんも頑張りや』

みのる君のバッグにこっそり入れた下着気づいたら驚くだろな

いつか連絡してみよう

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチな広告