エチ研TOP
Home > 体験談 > 酒の勢いで、学年で可愛いことで有名…
投稿:2015-09-16(水)11:58

酒の勢いで、学年で可愛いことで有名な同級生をレイプした話

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:11,552回)
Pm.12さん(20代)からの投稿

高◯生の時でした。

夜、当時の友人の男女数名で、友達の家で酒盛りをする事になりました。

ほとんどの友人が飲み潰れて寝た後、私はそこそこお酒は強い方だったので、まだ飲み足りない私と女友達のTだけで飲み続けることになりました。

Tは学年でけっこう有名なくらい可愛いくて、実はビッチなんじゃないか?なんて黒い噂も立ってました。

学校の事とかどうでもいい話をしながら飲んでいると、今度は少しエッチな会話になっていきました。

「Tって今までどんくらいやってる?」

とか、

「一人でする事ある?」

とかw

まあ、お酒が入ってたらよくある内容ですw

ところがお酒が進むにつれて、Tの様子が大分酔ってきた感じで、

「これはもしかしたら・・・」

なんて思い、どさくさに紛れて胸を触ったり、揉んだりしてしまいましたw

するとTは、

「あ、ちょっと・・・ww」

って笑って済ませてる感じ。

だけど、酔いながら少しだけ感じてるTを見て、理性が段々と無くなって来ました。

みんなが寝てるのを確認すると、

「ここじゃうるさくてみんな起きちゃうから」

と言って、別の部屋に移動しました。

部屋に入るなり、Tは相当酔っていたのかベットに倒れ込み、そのまま寝ようとしてました。

その姿を見た私は一気に発情。

強引に抱き付き、無理やりキスをしました。

「ちょっ・・・待って、何してんのよ」

慌てたTは力の入らない体で意味のない抵抗を始めました。

「何って、これからセックスするんじゃん」

そう言いながら体を舐め回し、服を脱がせました。

「ほんとにやめて。気まずくなりたくない」

そんな言葉には聞く耳を持たず、胸を激しく揉みながら乳首の愛撫を試みました。

「あ、ん・・・ねぇ、聞いてる?今すぐやめたら誰にも言わないから、ね?約束するからさ」

「言いたきゃ言えよ」

そして私はスカートの中に手を入れると、パンツの上から割れ目に沿って指で擦り始めました。

「ん!あ・・・」

いきなり敏感な所を刺激したのと、酔っていたのもあり、割れ目からはすぐに汁が出て来ました。

強引にパンツを脱がせると、もうTはほとんど抵抗出来ないくらいに息が上がっていて、ほとんど私の思うがままでした。

膣口の中に指を沈ませると、Tの体が反応し、

「え、ん!あ・・・ちょっと、そこはお願いだからやめて」

と必死にお願いして来ました。

「でもさ、感じてんじゃん。イッとかない損でしょ」

と言い、指でTの中を激しく出し入れしたり掻き回しました。

「あぁぁ・・・ん!!あん!イヤぁぁ!」

膣がキツく締め付けるのと、お酒で熱を帯びた体温がやけに私の興奮を高め、さらに指の動きを激しくしました。

「う・・・あ、あ・・・ん!!イッちゃうからもう、お願い、もうやめて」

Tはイッたみたいで肩で息をしてました。

今度は自分も快感を得たかったので、ズボンとパンツを脱ぎました。

強引なフェラをしてみたかったのですが、生ハメを早くしたかったのと、噛まれたら嫌なので、すぐさまTの両足を押し広げると、

「ねぇ、それはほんとにやめて。ゴム付けてないじゃん」

「おまえどーせビッチなんだから、いつもこうやって生ハメされてんだろ!!」

「違うし。ねえ、やめて」

膣に自分のモノをあてがうと、

「ほんとにダメ、やめて!」

と言って逃げ回りました。

しかし、両足を持って無理やり押さえつけ、ついに強引に奥に挿入しました。

かなり濡れてたので「ズブッ!」って音が響き、Tはもう諦めると同時に喘ぎ始めました。

Tの中はとてもキツくて暖かかったです。

「んっ、あ・・・あん!やめてってば!」

もう聞く耳なんか持たずにガンガン腰を振りました。

「あ!あん!う!も、もうやめて、う、うん、あ・・・ん!!」

奥のコリコリした子宮口に亀頭がぶつかるたびに込み上げる快感に、すぐに射精感が湧いてきました。

「めっちゃ締まるぅ〜、やべー、もう出るよ。お前嫌がる割にまんこめっちゃ締ってるじゃん!」

とか言うと、

「ねぇ!お願い、出さないで!ん、う、あん、あぁぁぁ!!」

そのままこれでもかと言うばかりに腰を押し付けて、子宮口めがけて射精しました。

「!?・・・あ、う・・・」

状況が理解出来ないという顔が、やっと自分に起きた事を知り、悲しさと悔しさからくる放心状態に変わりました。

Tは泣きながら服を着ると、溢れ出る精子をトイレで必死に取り除いていました。

そこからの記憶はなく、どうやらそのまま私は寝てしまったようです。

朝起きると全裸だったので

「あれ?」

と思って記憶を辿ると、

「あ!やらかした!!」

って焦りました。

私自身も相当酔ってたみたいです。

その日に男友達から、Tは泣きながらその出来事を話してたよって言ってました。

それから携帯で彼女に謝りの文を送ると、

「こちらこそ、ごめんね」

って返信がきて、意外な反応に戸惑いながらも一件落着。

しかし、その日からは友人達からレイプ魔みたいなあだ名で呼ばれるようになったり、Tへの罪悪感からくるトラウマで、顔を見るだけで落ち込みます。(似た系統の顔も)

という、ちょっとした私の失敗した話でした。

まあ、そんな訳で、そろそろ終わりにしときます。

長々とごめんなさい。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告