エチ研TOP
Home > 体験談 > 【スワッピング】結婚を控えた友達と…
投稿:2014-05-05(月)05:00

【スワッピング】結婚を控えた友達と彼女を交換して思う存分エッチしちゃった

この体験談のシリーズ一覧
1:【スワッピング】親友とその彼女の4人で行ったスキー旅行先で彼女を交換した
2:【スワッピング】結婚を控えた友達と彼女を交換して思う存分エッチしちゃった

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:24,737回)
名無しさんからの投稿

前回の話:【スワッピング】親友とその彼女の4人で行ったスキー旅行先で彼女を交換した

GW中、Bと香織ちゃんの結婚式直前というタイミングで4人で、また遊んでしまったので投下してみます。

ここのところ数ヶ月間はBと香織ちゃんは結婚式の準備で忙しく、俺は俺で2次会や結婚式の手伝い等でBの学生時代の友人と会ったりで休日は忙しかった。

けどもう結婚直前になってたから大体の忙しい所は全部終わってある程度時間が取れる状態にはなっていて、

「GWも予定が少し空くね」

って事でトントン拍子で企画が進んだ形。

前回のはお互い(俺と千穂、Bと香織ちゃん)にとっても凄い刺激になった。

その後の数ヶ月のSEXは抜群に熱かった。

俺も嫉妬混じりに千穂を

「Bとやって気持ちよかったのかよ!」

と責めてみたり、千穂も千穂で

「フェラとか香織ちゃんの方が気持よかったりした?」

と言ってきたり、

「A以外とするのが平気になっちゃったらどうするの?」

と冗談交じりで言ってきたり。

Bも同じくその後は燃えまくったとの事だった。

予想外に千穂も香織ちゃんもその後、嫌悪感みたいなのは無いみたいだった。

俺とBの仲の良さとかお互い友達同士ってのもあったんだと思う。

むしろ、Bいわく

『香織ちゃんの方が、BとSEXしてる時にBが嫉妬したりするくらい俺とのSEXの感想を言ってきたりしたくらい』

らしい。

うちもそうで、千穂も全然ヤダって感じじゃなくて

『旅行中はしゃいじゃったね。恥ずかしいな。』

くらいの感じ。

俺とBの方が何か特別な事しちまったくらいの感じだったからしばらくは照れくさかった。

でもメチャクチャ楽しかったし、興奮したので俺もBもまたやりたいってのはあった。

成功した要因は旅館が良かったとか、家族風呂の雰囲気が良かったとかあったから、次もちゃんと企画してやってみる?とお互い言ってた。

とはいえ、Bと香織ちゃんは忙しかったので会う機会は多くても中々そういう話はしてなかった。

でも、GW前にBとの会話でめっちゃヒートアップする話を聞かされて企画する事に決定。

ヒートアップする話とは、

「Aさんブライダルエステとか知ってます?」

「全然詳しくは知らないけど、千穂も結婚式の時ツメとか色々やってた気がするなぁ」

「すっげー高いんですけど、香織がやってみたいって言ったから。まあ式の費用は抑えめだしいいかなって思って、どうせやるなら好きなだけ高いのにしろって言ったんですけど」

「金持ちだな、香織ちゃん更に可愛くなっちゃった?」

「エステ凄いですよ。肌がヤバいくらいつるっつる」

「元から香織ちゃんはつるつるだろ」

「いや違うんですって、全然、そんな次元が違う。つやっつやになるんですよ」

詳しい事は知らないんだけど、永久脱毛とかは普通はブライダルエステではしないらしいのね。

結婚式前に2〜3週間はツルツル状態ですっていうのをやるらしいんだけど、香織ちゃんたっての願いで永久脱毛とかそういうのも含めたエステに通ってるらしいのね。

黒髪清純派タイプエロ巨乳+色白にエステで更にツルツルお肌ってそれ聞いたら無敵じゃねえの?となって一気に俺がヒートアップ。

ちなみにそのエステ、値段聞いたら引くくらいの値段だった。

車買える値段じゃねえか。

で、ヒートアップした俺が聞いた俺も負けだなと思いながら、

「Bはこの前みたいなのどうなの?」

と聞くと。

「千穂さんとまたやりたいです」

と。

「超やりたいです」

と。

「元々千穂の明るい性格とか好きだけど、SEXの時の千穂さんの意外な恥ずかしがり方とか最高でした」

と。

「なら、俺がちょっと考えて千穂に聞いてみるから、Bもさりげなく香織ちゃんにそういうの大丈夫か聞いてみてよ」

あと、企画としてもう1つ。

香織ちゃんと千穂がOKなら、どうせだったらって事で、軽いやつでもいいからお互いやってみたいプレイを考えて事前に伝えておくって事にした。

考える事で盛り上がるかもってのが狙い。

で、帰宅して早速

「千穂さぁ」

「なに?」

「エステとか行ってみたくない?」

と提案。

香織ちゃんがエステに行ってるという事、Bから聞いたその威力。

で、

「お友達お試しプランみたいなのがあるんだって」

と言った瞬間、

「何それ行ってみたい。私行ってもいいって事?」

と食い付いてきて、釣り上げ完了。

こういう時に

「何?そういうのに行けって事?」

と聞いてこない性格は心底ありがたい。

で、行ってみたい行ってみたいと言ったので、

「どうせだから、もしそれで気に入ったらちゃんとやってもいいよ」

と言うと、

「ありがと〜。で、何か私に謝る事があるんだよね?何か高いものでも買っちゃった?」

って聞かれて、計画を暴露。

「香織ちゃんとSEXしたいんだ?」

と言われたけど上機嫌のままのノリで一応OKって事に。

Bにメールした直後、香織ちゃんから千穂に電話が掛かってきて、電話でエステ話で盛り上がる2人。

香織ちゃん的には高いエステに行くって話をすると嫌味っぽくて千穂には言い出せなかったら、Bから俺が千穂を連れてってくれない?と聞いたら喜んでOKだったらしい。

で、Bはその後のSEX中に香織ちゃんを説得してスワップOKって事になった。

そしてあっという間に予約取って、何だかんだでGWの中盤に実行が決定。

昼間は香織ちゃんと千穂でエステ、その間俺らは俺の家で家飲み準備、終わったら2人を迎えに行って家飲みってコース。

『お互いやってみたいプレイを伝えておこう企画』

俺から千穂にBの希望を、Bから香織ちゃんに俺の希望を伝え、千穂の希望と香織ちゃんの希望は俺らが聞いておくって事にしたんだけど、そこで嬉しい誤算があった。

俺とBは引かれない程度に、かつエロくって事で色々考えた。

俺:香織ちゃんに仕事用のお洒落メガネ(大きめのフレームが可愛いやつ)を掛けながらフェラをして貰う。

B:千穂が女子◯生コスプレ。(26歳で?と千穂が引きまくったら撤収してチャイナドレスとかにする方向。千穂の学生時代の制服は家に持ってきてある)

対して、俺とBがSEX中に聞き出した千穂と香織ちゃんの希望。

エステで懐柔してる分、本当の本気を聞き出したところ、

千穂:騎乗位とかでBくんに気持ちよくなってほしい。前回騎乗位でイキそうって言ってくれたからイカせてみたい。

香織ちゃん:オラオラ系SEX。レイプっぽくされてもいい。目隠しされてもいい。

お互い聞いた瞬間

「一瞬引いた」

と言いながらも盛り上がって、

「なんだよもっと俺らの希望も激しくても良かったんじゃないか?」

とか

「もっと希望言います?考えます?」

とか言いながらそこら辺もお互い考えておいて、当日決行する事にした。

で、GWの中盤。

「磨いて貰ってこい!」

と言いながら千穂を送り出して、その後家に来たBと家飲み準備。

家飲み準備内容。

・ビール(プレミアムモルツ)
・ワイン、焼酎
・千穂の手料理予定の各種材料
・ピンクローター×2
・家にあった電マ+ドンキで香織ちゃん用電マ購入
・高級コンドーム
・千穂の制服
・Bの家からこっそり持ってきて貰った香織ちゃん用水着
・Bの家からこっそり持ってきて貰った香織ちゃん用下着セット
・各種おつまみ
・DVD(ゾンビランド)
・Wii

それらを完璧に揃え、まったりBとゲームしながら待つこと夕方。

千穂と香織ちゃんから電話入って、迎えに行く。

エステ凄いね。

千穂が車を開けた瞬間に判ったもん、肌つるっつる。

「おぉー!」

と言いながら腕触ってたら、一切引っかかり無いのさらっさら。

で、ぷにっぷに。

思わず興奮してくるレベル。

「脚とかも凄いよ。香織ちゃん凄い良い所行ってるんだもん」

とハイテンション。

何気に髪もセットしたらしく、気合入りまくり。

ぶっちゃけかなり可愛い。

香織ちゃんは香織ちゃんで

「こんにちはー」

とか言ってきたけど、めっちゃ色っぽい。

人の婚約者+結婚直前でコンディション整えた肌艶で、婚約指輪の必要性を思い知った。

こんなん放っといたら男群がってくるぞレベル。

で、まずもうここから席は運転席俺、助手席香織ちゃん、後部座席にBと千穂にして気分を作りながら俺の家へ。

香織ちゃんが運転席の俺の横にあったポッキー見ながら

「あ、私これ好きなんですよー」

と俺の顔を見て笑いながら言ってくるだけで興奮。

とりあえず家に着いて、買ってきた材料を元に千穂と香織ちゃんとでささって料理作って乾杯、食事。

そこらへんは割愛する。

とりあえずエステ話で盛り上がった。

あとはBと香織ちゃんの結婚式の話。

食事後にお酒とおつまみだけ残した状態でBと打合わせ通りに開始。

うちはカーテンを全て閉じで電気を消すと真っ暗になるので、立ち上がって電気を消して真っ暗にした。

すると、千穂と香織ちゃんが

「え?え?」

「あれ?うわ真っ暗」

と言ったところで、俺が千穂に向かって

「千穂、制服そこ置いてあるから着てBの横座れよ」

「え・・・うわっ、そういう事?ええ・・・エロ・・・」

「香織もさ、これ着てAさんの横座りな」

「え、何これ何これ・・・・・・え?これ?持ってきたの!?これ!?マズいよ。え、Aさんに見せた?」

「見せた見せた。Aさん見たいって」

「何で〜〜〜」

って感じで開始。

「ええ〜これ水着もあるの?」

「あるある」

「持って来ないでよ〜」

って所で千穂が笑ってて、香織ちゃんがしばらくして困り切った声で

「・・・・・・も〜じゃあ、Aさんはどっちがいいですか?」

の一声。

俺フル勃起。

てか俺だけじゃなくて皆興奮したと思う。

そのくらいエロい一言だった。

だって選択肢は純白下着セット or 大人しめビキニだから。

「下着で」

千穂「即答だよ。ごめんね香織ちゃん」

香織「あはは・・・」

って事で、千穂と香織ちゃんが立ち上がって、

「この部屋で着替えるの?」

「うん」

「転びそう転びそう」

「気をつけろよー」

って事で着替え。

「千穂そっち座って」

「えーと、横座ります」

と千穂が言ってBの横。(真っ暗だから見えないけど)

「うわっ、超恥ずかしいよこの格好。千穂は制服なのに〜」

そう言いながら香織ちゃんが俺の横にきた。

「制服変じゃない?」

「全然、千穂さんめっちゃ可愛いですよ」

「香織ちゃんメガネメガネ」

「え、あ、はい。持ってますよ」

などなど、最初は暗闇の中会話して、

「もうちょっと飲む?」

「もう一回乾杯〜」

って感じでやり取りしてたけど、1分ぐらいで無言になった。

Bとは適当な所で始めようって言ってたけど、この暗闇で無音で無言の間が最高だった。

千穂もそうだったと思うけど、香織ちゃんも覚悟してる感じで段々口数が減っていって、シュッ、シュッって感じで衣擦れの音がしてた。

少し横で

「ん・・・」

って千穂のキスされた声。

で、俺は俺でめっちゃすべっすべの香ちゃんの太腿触りながら香織ちゃんにキス。

暗闇で、千穂と香織ちゃんが時折「んっ・・・」って声や舌を絡ませた音と衣擦れの音が聞こえてくる。

お互い牽制してる感じで次に進めず、まったりと時間が進むのが更にエロかった。

それでも俺は俺で下着の上から手を入れ、香織ちゃんのすべすべ巨乳を揉みしだきながらキスしてるうちに、香織ちゃんが良い感じで舌を絡めてくるようになってきてた。

Bの方は、千穂が

「あっ・・・ダメだよ・・・あっ・・・」

って感じ。

シルエットで見たら、Bが千穂のスカートの中に手を入れて動かし始めてたっぽい。

位置が位置だから、声が聞こえてくるんだけど、それが興奮を煽る。

「ダメだよ・・・強引・・・」

「脚開いて」

「やぁ・・・駄目あっ!・・・あっ・・・」

って声が聞こえてきて、そのうち

「私も触るね・・・」

と千穂の声と。

ゆっくり千穂がBのズボンに手を掛けてるカチャカチャッて音。

俺の方は、両手で香織ちゃんのガッチガチの両乳首捻ると、香織ちゃんがキスを中断しながら

「両方しちゃ駄目・・・っ」

「じゃあこっちだけ?」

って右だけ責めると

「あっそれも駄目っ・・・」

って甘え声。

俺の方の声とか音で、Bもかなり興奮してたと思う。

結構な時間まったり前戯でキスしながら、めっちゃ身体とか汗かいてきて興奮してた。

ッチなPR

ッチな広告