エチ研TOP
Home > 体験談 > 【乱交】夏休みに海で友達とナンパす…
投稿:2016-02-04(木)02:18

【乱交】夏休みに海で友達とナンパする相手を探してたらめっちゃ可愛い女子◯生3人組に逆ナンされた

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:179,092回)
名無しさんからの投稿

最近、夏休みに友達の坂井と2人で海に行った。

ちなみに、坂井とはよくナンパして遊んでいた仲だった。

スペック。

俺:20、そこそこイケメン、178cm、あそこはそこまでデカくないがピストンが激しいらしい。

坂井:21、ふつーにイケメン、172cm、あそこがまじでデカい。

この日もいつものように、水着の女の子たちを物色するように歩いていると、ある女の子から突然声をかけられた。

「お兄さんたち今ひまっ!?」

俺も坂井ももちろん暇なので、

「おう、暇やけどー、なに?」

この時点で、この子のルックスとおっぱいの大きさからターゲットにと考えていた。

「あ、言い忘れてたけど、私ななって言います!今ななたちも暇してるんだけどさぁ、一緒に遊ばない?♡」

こんなラッキーなこと滅多にない!と坂井と目配せし、2つ返事でおっけーしたw

なな「じゃ、ちょい待っててね!!」

そう言うとどこかへ走っていった。

その後言われるがままま待っていると・・・、

さやか「はじめまして!ななの友達のさやかって言います!」

りお「あ、私はりおですっ!いっぱい遊びましょ♡」

俺と坂井は唖然とした。

なんていったって、この3人みんなが俺と坂井のボーダーラインを余裕で越えてきたのだ。

ここでスペック。

なな:18、152cm、Fカップ、ゆるふわセミロング、めっちゃかわいい。

さやか:17、161cm、Dカップ、黒髪ショートでボーイッシュ、普通にかわいい。

りお:18、154cm、Gカップ、明るい茶髪のストレート、ななの次にかわいい。

坂井「まじで!?こんな女子◯生と遊べるなんて奇跡だわw」

「ほんとになwまずどこ行こうかー?ビーチバレーでもするか!」

なな「やったー!!しよしよ♪ななとさやかはバレー得意だからね♡りおは下手だけど笑」

りお「何でそぉいうこと言うの!俺さん早くやろ!」

りおはそう言うと、爆乳に腕を挟むように俺に抱きついて施設の方へ連れて行き、

さやか「きゃーっ、りおすぐそぉいうことするなぁ♡これやからヤリマンちゃんは!」

みんな仲が良いのか、下ネタを平気で言い合っていたw

これは楽勝だと坂井は思ったのか突然・・・

坂井「なぁ、やっぱさぁ、ビーチバレーなんてやめてホテル行かねー?」

坂井ナイスw

お前のそーゆうとこ好きだw

それに対して、一瞬えっ・・・と驚いた表情を見せるも、

なな「あれー、坂井さんやりちんさんなのー?♡」

さやか「だよねーっ、J◯をホテルで犯したいなんて♡」

お前らもヤリマンだろwと言った会話をした後、みんなでホテルに向かった。

もちろん、金のない2人だがいいホテルを奮発したw

なな「うわぁ〜、ひろおぉい!!こんなホテル初めて!」

りお「いつもこんなとこ泊まってるの?てか2人って経験人数どのくらいなの?♡」

俺12、坂井15、なな18、さやか8、りお21と言い合う。

坂井「はぁー?最近の女子◯生はやりまんばっかだなw」

なな「俺くんも坂井くんも少なすぎでしょ、なんなら犯してあげよっか?♡」

と、なながわざと巨乳を見せつけながら小悪魔っぼく言ってくるのに、俺氏立ち始める。

さやか「あれ〜、俺くんのおちんぽ立ってないー?ななのおっぱい見て立っちゃったの?♡」

りお「まじでー、変態さんにはお仕置きしないとね♡えいっ!!!」

「いや、ちがっ、、あっ」

りおに思い切りベッドに押し倒され、馬乗りになられる。

この時のりおはもちろん爆乳をビキニで隠しているだけなので興奮度MAXだ。

りお「おぉー、興奮してるじゃんー♡てか俺くんのデカくない?笑」

さやか「ほんとだぁ〜、すごっ」

なな「やった!久しぶりのサイズっ♡」

2人がきゃはきゃは騒ぐ、背後から水着を脱いだフル勃起坂井が近づく。

坂井「なぁなぁ、さやかちゃん、ななちゃん、俺のはどーなのー?」

このときの坂井の顔はいつになく自信ありげだったw

なな「えっ、やばっ♡おへそまで届いてるじゃん、デカ過ぎなんだけど♡笑」

坂井のはどんな女の子をも驚かせる。

そのような流れで、俺×りお、坂井×なな、さやかで始まる。

りお「俺くん、もおフル勃起じゃん♡そんなにりおの爆乳気に入った?こんな子に乗られたらまぁ我慢できないかっ♡」

「当たり前だろ、早く揉ませろよ!」

精一杯のテクでビキニの上から爆乳を揉みしだき、乳首をコリゴリすると、

りお「あぁんっ//俺くんもしかしてテクニシャン?♡」

りおの表情からさっきまでの余裕が消えて、完全におっぱいを責められ感じる女の子の表情になろうとしている。

「もぉびしょびしょじゃん♡いつもこんなすぐ濡れちゃうの?」

りお「そんなことないっ・・・あぁんっ!!♡こんな上手い人に会ったことない・・・」

ちょっとおまんこをこすり、本領を発揮すると、女子◯生とは思えないいやらしい身体をくねらせ、あんあんと喘ぎ始め、

「りおちゃんどぉしたのー?俺を犯すんじゃなかったの?笑」

徐々に攻守交代するように、言葉責めしつつビキニの隙間から2本の指を入れ、ぐちゅぐちゅおまんこをかき回そうとすると、

りお「ああぁんっ・・・や、やばぃ♡なんでこんなぁ・・・う、まいのっ♡」

なな、さやか「ああぁぁーーーっ!!い、いくっ・・・いくいくいくうぅぅーっ♡」

突然横から大きな声がしたかと思うと、ななとさやかが坂井に同時にイかされて派手に潮を吹いていて、

「りおちゃんもあのくらいやってあげよーか?してほしいならおねだりしてごらん?♡」

りお「くっ、、くそぉ・・・なんかくやしぃ♡笑」

「ふーん、じゃ激しくしなくていいんだね?」

りお「やだ・・・激しくしてっ」

「なんてー?どこをどんな風にしてほしいの?笑」

りお「もぉーーっ、りおのおまんこを手マンで激しく・・・ぅううううっ!!あんあんっああぁぁっ♡いきそっ、、なんでこんな簡単に・・・あぁぁっい、いくいくっ、、いっちゃうぅぅーーっ♡♡」

潮を吹いてばったりとうつ伏せに倒れてしまい、

「あーぁ、もぉちんこ限界だしいれるよ?」

うつ伏せに倒れるりおに話しかけ、生のまま肉棒あてがい、

りお「えっ・・・まって!今イったばっか・・・ぁああんっ!!♡」

ぐにゅにゅっ・・・バァァンッ♡

倒れたままのりおに挿入すると、お見舞いの1発を激しく突いて、

「あっ、ごめん、聞こえなかったわー♪入っちゃったしいいよね、気持ちよくしてあげるからさぁ」

徐々に自慢の高速ピストンに近付けるよう速くしていくと、

りお「あぁんっあんあんっ♡おまんこ気持ちいぃ・・・こんなえっち久しぶりっ♪俺くんもっと、、もっとおまんこ激しくしてっ!!♡」

「さすがやりまんちゃん!淫乱になってきたね!いいよ、激しくしてあげる♡」

パンパンパンっ♡パンッパンパンパンッ♡爆乳からくびれた腰を7割くらいの速さで突きまくると、少しずつ声が変わり、身体がひくひくし始め、

りお「あぁっ!やばい、やばっいぃ♡あんあんあんっ、、だめっ!激しすぎるぅ・・・いっちゃいそぉ、いくいくっ♡いっちゃう、俺くん気持ちいぃ、いくいくいくうぅぅっ♡あぁぁぁぁんっ!!」

身体をこれでもかというほどビクビクさせ、潮を吹き上げて、

「また潮吹いちゃって〜、まだまだこれからだよね?」

えっというりおを無視して身体を引き起こし、立ちバックの体勢にして、

りお「待って待って、むりむりっ!!あぁんっ、、やばぃって・・・だめだめだめっあぁぁぁんんっ♡」

「やめないからね〜、やりまんおまんこ壊してあげるんだから♡ほらほらほらっ・・・さっきよりも速くなってくよ?」

りお「あぁぁぁぁーーっ!!はぁはぁ・・・んんっ!!だめ、またいっちゃう・・・なんでこんな連続、、でぇっあぁぁんっ♡」

限界を迎えるりおを容赦なしに自慢の100%高速ピストンへと移行すると、何本もの肉棒挟み込んだ爆乳はこれほどまでにないほど激しく揺れ、

「ほーらっ・・・どぉー?おまんここんな速さでピストンされたことないでしょ♡おらおらっ!もっとしてあげるからイっちゃいなよ!!!」

りお「ああぁああぁぁぁぁぁーーー!!!だめだめっ・・・んっあぁぁんっ♡き、きもち、、あぁぁんっ♡い、いきそ、、あぁんぁぁぁんんっ!!♡」

もはや喋ることもできないほど感じ、またもや潮を吹きイってしまいベッドにパタリと倒れ込む。

りお「はぁはぁ・・・俺くん、、やばぃね♡もぉ動けない、、」

倒れてダウンしたりおを横目に、坂井の方をみると・・・さやかが坂井のメガチンポにバックでよがり喘いでおり、俺は坂井の乳首を舐めるななに後ろから近づき、

さやか「あぁんっ!!でかいでかすぎぃぃ♡もっともっと!」

坂井「りおちゃんもイったみたいだし、こっちも激しくしちゃおうかな」

なな「あぁぁぁんっ!!待って、、だれ?俺くん!?あぁんっ♡やばぃ、いきなりは反則ぅ!!♡てかあのやりまんりおちゃんがあんななったの!?」

ななのビキニをずらし、すでにびしょびしょなおまんこを勢いよくバックで突き上げ、

坂井「俺、もぉななをイかせられるか?どうせなら可愛い女子◯生の悶えるあえぎ声をいっぺんに聞きたくないか?笑」

「あぁー、いつでも余裕だけど?それにしても坂井も相変わらずだなぁ」

なな「はぁー?さすがに女子◯生だからってみくびりすぎじゃない?そんな早くイかないと思うけど♡」

さやか「あぁぁんっ!だよねーっ、ななの耐久力すごいもんね♡」

坂井「俺、だそうだけど?笑」

「しょーがないなぁ、じゃりおちゃんと同じテクでめちゃめちゃにしてあげるね♡」

その言葉を期に、坂井と俺は2人の女子◯生のおっぱいを鷲掴みにして身体を反らせると、MAXのピストンをお見舞いして、

さやか「あぁんっ、、待って!あぁぁぁんっ♡やっぱりこのデカさはぁ・・・や、やばいぃ!!」

なな「ああぁぁぁぁぁーーっ!!なんで、、なんでこんな激しく突けるのっ!あぁんっ・・・はぁんっ、、気持ちいぃ・・・やばすぎぃ!!♡」

坂井「俺、ポイント見つけたか?」

「あぁー、もちろん!じゃ2人も覚悟しろよ♡」

坂井も俺も女の子のポイントを探るのが得意でいつもそこをいじめて、女の子を昇天させていた。

なな「あぁぁんっ・・・なんでわかるのっ!!あぁぁぁんっあんあんあんっ!!や、やばいって、、いきそ、イっちゃう♡イクイクイクイクうぅぅぅ♡♡」

どぴゅーーっどぴゅどぴゅ♡

さやか「あぁんっ!さやかもイっちゃう♡ほんとっなんでわかる・・・のっ!そこそこっ♡気持ちいぃ、、イくイっちゃいそう!イクイクッイクウゥゥ!!♡」

どぴゅーーーっどぴゅ♡

2人がイくと同時に淫乱女子◯生に中出しして、

俺・坂井「あぁーっ、やっぱJKは最高だなっ」

なな「はぁはぁ・・・2人がこんなに上手いなんて、、♡」

さやか「ほんとっ・・・やばすぎだって」

目の前にはおまんこから白い精子垂れ流す巨乳女子◯生の姿が広がり、

坂井「俺よー、まだしたりないよなー?」

「あぁ、当たり前だろ。3人とも準備はいいー?」

なな「待ってまって、おかしいって笑はやすぎでしょ♡」

さやか「そぉやって!さやかもぉ限界だもん」

りお「2人も嘘ついて〜♡失神するまでやったことあるじゃん♡この2人ならまだまだ気持ちよくしてくれそうだし?どぉせなら制服でやってあげるよ♡」

りおの言葉に乗っかって、みんなに制服を着させ2回戦開始・・・♡

続く。

■続き[2016.02.04_14:16追記]

さやか「着替えてきてあげるから待っといてね♡」

なな「そぉだよ!覗きは犯罪だからね!!」

そんなこと言わなくても覗かないのに愛おしいこと言いつつ、3人ともお風呂へと向かい着替えてきて、、

りお「どぉー?こんな姿だと興奮しちゃう?♡」

一番最初にりおが出てきたが、驚くほど短いスカートからは女子◯生らしくスラッとした太ももを覗かせ、カッターはかがむとおっぱいが見えるほどまでボタンを開けて

坂井「当たり前じゃん、興奮しないやついないでしょ!ところでそれで何人の同級生食べたのー?」

りお「ぜんぜっん!1くらいじゃないかなぁ?♡」

坂井とりおが会話していると2人がそそくさと出てきて

なな「うそうそうそうそっ!!!最近もやりちんって噂されてる人とヤったけどあんまりだったって言ってたじゃんか!!♡」

さやか「そぉだよ!童貞も食べたって喜んでたことあったよね?♡」

坂井「ほら〜やっぱり」

りお「なんで言っちゃうの!そんなん2人だって一緒なのにぃ〜♡」

「まぁ結局みんなやりまんてことおっけーだな。てかみんな制服いつもそんな風に着てんの?w」

なな「そぉだけど〜?♡あ、俺くん、もぉ我慢できないのぉ?笑」

和やかな会話から一変して、ななが俺の方に寄り添って来て、さっきのりお同様に胸の谷間に腕を挟むように抱きつき、上目遣いで見上げられ

さやか「でたぁー!なな必殺の上目遣いや、えっろ♡」

りお「ほんとにね〜、あの目は反則w」

もちろんそんな甘い目をしたななに、あそこを抑えることができるはずなく、、

なな「あぁー、立ってきた♡なな俺くんのおちんちん気に入っちゃったんだよね〜♡」

「あ、ほんとー?じゃあそんな可愛いななちゃんにはサービスしてあげるね♡」

その言葉を期に、いつものノリだと察した坂井がななの後ろに回り、胸をがしっと鷲掴みにして

なな「あぁん♡だれ〜?後ろからおっぱいいたずらする変態さんは♡」

坂井「んー、だめなん?これからもっといたずらするつもりだけど。ほらっ、ここもこんなに立たしちゃって♡」

制服の下はノーブラノーパンでと注文をつけたので、乳首が立てば簡単にわかってしまい

さやか「もぉ〜、ななばっかずるぃぃ!」

「まぁさやかちゃん待ってろって、みんなとエッチはするから」

りおとななはだだをコネながらも納得したので、俺はななのあそこへと手を伸ばし、いきなり2本指を入れて、、

なな「ああぁんっ!!いきなりは、、んっ♡」

「あれ?いきなりはだめなの?その割にはびっしょびしょに濡れてるけどな♡」

坂井「ほんとだよなー、てか俺と2人で女の子責めるの久しぶりだな、ななちゃんなら保つかな?♡」

りお「あぁ!ななが3pされちゃうやつ?それはそれで楽しみだなぁ〜♡」

りおとさやかもむしろ楽しみ始めていて

「じゃあまずは手始めに、、あ、見つけた!ここかな?」

ぐちゅぐちゅ、、卑劣な音の中、早速ポイントを見つけそこを責めると、坂井もそれに合わせ乳首をこりこりといじり愛撫して

なな「あ、あぁっ!!気持ちいぃ・・・2人がかりはやばい、、ぃいいっ♡」

「ななちゃんのあえぎ声かわいいなw意外と耐えてるじゃん、これはどーかな?♡」

くちゅくちゅっ!!くちゅくちゅくちゅ、、

さらに手の動きを早め、クリをいじってイカせにかかり

なな「ああぁぁぁーーっ!おまんこも乳首も気持ちいぃ♡あっ、いきそぉ、、いくっいくいくっ!いっちゃうぅぅ!!♡」

バタッと力が抜けたななを坂井が後ろから支え

坂井「ななちゃーん、大丈夫?もー準備おっけーだよね♡」

なな「んっ、いゃ、、待って!今・・・はぁはぁ、、イったばっかり・・・ぃいいいい!!♡」

さやか「うわぁー、坂井くんいじわるぅ〜♡しかも生だしっ笑」

りお「生なのはななにとって普通だからいいけど、少し自分のちんぽの大きさ考えて入れろぉー!笑」

坂井がいたずらにななに挿入すると、2人からは罵声のような褒め言葉のような言葉が飛んでくるも、ゆーっくりと大きなストロークで突いて

なな「あぁぁぁっ・・・こんな大きいの初めてっ♡あっあぁんっ♡て、てか生・・・なのっ?」

坂井「生だよー?でも慣れてるんでしょ?いいじゃん♡」

ばああぁぁぁぁんっ!渾身の1突きをお見舞いして

なな「ああぁぁぁぁぁんっ!!!♡びっくりするんじゃんかっ・・・んんんんーーっ!!♡」

「ほらっ、びっくりする前にこっちも気持ちよくしてよ♡」

坂井の1突きで吹き飛ぶように前にいる俺にもたれかかってきたななに、あそこを近づけ無理矢理咥えさせて

りお「きゃーっ、2人もSすぎねっ♡もぉ我慢できなぃ、、」

さやか「さやかも、、りおしよっ♡」

激しくヤられるななに興奮し、2人でレズり始めて

坂井「じゃこっちも本番と行くかっ、、♡ほらほらっ気持ちいいかー?♡」

俺のあそこを咥えたななの腰をがっしり掴むと、容赦ない重たいピストンをし始め

なな「あぁんっ、、んんんっ!!♡はぁはぁ・・・んっ、んんんーーっ♡らめーっ、、きもちいいぃよぉ、坂井くんの、、や、やばぃっ・・・♡んっんーーっ!!!」

「ななちゃん、上下のお口犯されて気持ちいいのー?なら上も激しくしてあげるねっ♡」

ななの頭を優しく持って、口の奥までピストンを繰り返して

坂井「とりあえず、もう1回イかせるかぁー!よしっ・・・おらおらおらおらっ!!!」

なな「んんんーっ!!ああぁぁ・・・あんあんあんっ!!だめだめっ・・・デカチンきもちいいぃ♡はぁはぁ・・・はぁあぁんっ!や、やばぃ、、またイっちゃう・・・あぁぁぁんっ!!やばいやばいやばいっ・・・イクイクイクウゥゥ♡」

坂井のデカチンピストンに感じまくり、思いっきりイくと潮を吹いて膝から崩れ落ちてしまい

「あれー?ななちゃんまだまだだよ♡ほらっ、、!!」

坂井のデカチンにイカされ、ふらふらと崩れ落ちるななを待ち受けるかのように、そのまま騎乗位でぶちこんで、、

なな「えぇ!!待ってぇ!!あっ・・・あっ、あぁぁぁんっ!!!♡」

ッチな広告