エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 彼氏の歪んだ愛に…。
投稿:2011-08-02(火)11:00

彼氏の歪んだ愛に…。

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:3,708回)
名無しさんからの投稿

これは4ヶ月前に付き合っていた元彼氏のYとの話です。

私は現在、22歳の大学生春菜です。

ちなみにGカップです。(どうでもいいですね)

Yとの出会いは大学に入った当初で、何もわかっていない時に優しくしてくれた一つ上の先輩です。

その後もYの優しさに何度も助けられました。

そして、私たちは付き合うことにしました。

しかしここで一つ問題があったのですが、Yは非常に束縛をする人でした。

最初の方は我慢していました。

しかし、ある日学祭の準備で学校に残っていた時に最終的に学校に残ったのは男子4人と私と私の友達の里江でした。

せっかくなので、6人で飲みに行きました。

盛り上がってしまい、気付けば深夜0時でした。

ヤバいと思ってパッと携帯を見るとYからの着信が100件ほど来ていました。

とりあえず、酔いながらも急いで家に帰りました。

そしたら、彼氏は特に怒ってる様子もなく、いたって冷静でした。

「何してたの?」

「学祭の準備の後、里江と2人で飲みに行ってた」

「あっそ。里江ちゃんと飲んでたんだ」

「てことは男も一緒だったんだね」

え!?と思っているとYは里江のブログを見せてきて、

「お前何、嘘ついてんだ?」

とさっきまでの冷静さがまるで嘘のように怒り狂い、ベッドに倒してレイプしてきました。

胸を揉まれたり、ズボンを脱がされ、そして、Yもズボンを脱ぎ、バックで挿入してきました。

そして、行為が終わった後、

「これは罰だ」

といって私を緊縛してベランダに放置しました。

そこから、彼の束縛は急激に酷くなりました。

というか、束縛の意味を履き違えてますが…。

基本的に家から出れるのは、学校の時とYとのデートの時だけで、家にいるときは首輪をつけられました。

ある日、男子とただ、明日の講義についてのメールをしてただけなのに、Yは怒りだして、ついには手錠、そして猿轡までして、ベッドの柱みたいなものに固定されました。

しまいには、パンツの中に遠隔操作のバイブを入れて、何かあったらボタンを押されて、大変なことになりました。

私はある日、

「別れてほしい」

と言っても、Yは私の弱みをいくつも握っていたので、別れられませんでした。

結局、YとはなんとかYの友達とかに説得してもらって、なんとか別れることができました。

今でも、Yの顔を思い出す度に寒気がします。

(顔が平成ノブシコブシの吉村にそっくりだから、吉村が出る度に思い出してしまいます。)

- 終わり -

前後の話
前の話(2011-08-02 10:00:00)知り合いの超可愛い彼女を寝取った

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告