エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > まだ、進展無いので他の子の話
投稿:2019-04-16(火)06:18

まだ、進展無いので他の子の話

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文
まさっちさん(40代)からの投稿

前回の話:元会社の子としたいけない体験(彼女は新婚半年)

前回の話に特には進展無いので(笑)

他の子の話書きます。

俺 独身47才

Y 27才 キャバ嬢

3か月前の事、

何となく寝られなくて、

多分仕事中のYにLINEしてみた。

『仕事だよね?』

『うん仕事だよー』

『寝られなくてYに会いたいなぁ❤️』

『お店に来てよー(笑)』

『酒飲まないのに?(笑)』

『ウーロン茶で過ごすお客さんも居るよ』

『仕事何時まで?(笑)』

『多分二時かなぁ?』

『金曜日だし大変だね(汗)』

『そうね(笑)』

『お店以外で会いたいなぁ❤️』

『えー(笑)アフター?店外デート?(笑)』

『そうとも言う(笑)』

『あっごめん呼ばれたから後でね』

『はいよー❤️』

(ん?後でね?会えるのか?)

そして、若干悶々とした状態で、

待つこと約二時間(笑)

(よく待った俺)

『寝たかなぁ?(笑)』

『悶々として寝られません❤️』

『仕事終わったよー(笑)』

『お疲れ様でした(笑)』

『今からお店の他の子と〆のラーメンだよ』

『えー(汗)俺は誘わんのか(笑)』

『来る?(笑)』

『因みに何人?(笑)』

『私含めて3人だよー』

『なら奢るよ(笑)』

『ありがとう❤️』

(完全にカモかなぁ?)

『何て店に行くの??』

『▲▲ってラーメン屋さん』

『○○駅の近くの?』

『そうそこだよ🎵』

『すぐに向かうよ❤️』

『はーい待ってるね❤️』

10分ちょっとで目的のラーメン屋に、

到着し、LINEすると、

『着いたよー』

『ごめんね🙇💦💦、トラブル有って、■■ってラーメン屋さんに、変更になったんだけど、わかる?』

『了解向かうね』

(変更になった時点で教えろや)

『着いた❗️』

『中に居るよー🎵』

『了解』

店内に入りYを探し、発見したが、

組み合わせがおかしい、、、

Y、男A、男B、、、ん?ん?

『お待たせ❤️』

『遅いー❤️(笑)』

男A『、、、、』

男B『、、、、』

『ん?お店の人たち?』

『違うよー』

さっき、トラブって、、、と言ってたな

(あっ)

ピンと来て、

強引にアフターに誘われたのかな?

『彼氏の○○さんです。』

男A『えっ、、、』

男B『えっ、、、』

こいつらの驚き方、Yを口説いてたな

話合わせるように、

『お前ちゃんと彼氏居るって言わなかったのか?』

『ごめんね🙇💦💦』

『お店のオーナーにもちゃんと話してるんだから、ボーイとかにフォローしてもらえよ(怒)』

『本当にごめんなさい(泣)』

(さりげなくウソ泣きしてるし)

『で?お店の従業員でなかったらあんたたちは誰?』

工場勤めの会社員ですが、

悲しいかな見た目は、

本職(ヤ○ザ)みたいな風貌です。

男A『あっ、、お店の客です(汗)』

男B『本当です(汗)』

『ふーん?アフターで?』

男ども『は、はい』

『普通アフターで、この組み合わせおかしくないか?』

男A『えっ?』

男B『そ、そうですか?』

『大体1対1か、男1に女の子数人だろよ?』

男A『そ、そんなもんですか(汗)』

『男の人数が多いのはおかしくないか?』

男B『、、、』

『お前らYをヤる(まわす)つもりか?』

男ども『い、いえ(汗)』

『お前ら事務所行くか?』

※事務所とはお店のね※

男ども『それは勘弁してください。』

『なら、さっさと帰れや(怒)』

男ども『すいませんでした(汗)(泣)』

男どもが脱兎の如く居なくなり、

『ありがとう❤️助かったよ』

『まったく(笑)』

『このお礼は何がいい?』

『店外デート❤️』

『してるやん❤️』

『ラーメンよりYが食べたいわ❤️』

『えー(笑)今のじゃキスくらいかなぁ❤️』

『もう一声❤️』

『いっぺんに食べたらお腹壊すよ(笑)』

『仕方ないキスで我慢したる(笑)』

注文したラーメン到着

『ラーメン❤️食べよ』

『ちぇ頂きます(笑)』

ラーメン完食後、

『さてと、唇奪って帰るか(笑)』

『ねぇタクシーで帰るの勿体ないから送ってよ❤️』

『キスじゃ送れない(笑)』

『もう一声?(笑)』

『かなぁ(笑)』

『考えとく(笑)』

車で20分位のマンション近くに、

到着し少し話してると、

『今日はありがとう❤️』

と、ほっぺたにキスしてきた。

『えっ?ほっぺたかよ(泣)』

『嬉しいでしょ(笑)』

『嬉しいけど奪えなかったんですが(笑)』

『もー❤️』

酔ってるのか、唇に再度してきた。

『ありがとう❤️』

『これで良い?(笑)』

『あれ?もう一声は?(笑)』

暫く考えて、押し倒してきて、

俺の愚息をズボン越しに触ってきた。

『どうせなら直接さわってよ❤️』

『もう一声のレベルか?(笑)』

『それともさっきの奴らのが良かったか?』

『、、、イヤ』

『なら宜しくです🎵』

『ちょっとだけだよ』

そう言うと、Yが直接触ってくれ始めた、

暫くすると、フェラして欲しくて、

『舐めてほしいなぁ』

『えっ?(汗)流石にそれは、、、』

『ダメ?』

『、、、』

『ダメならエッチしたい❤️』

『何でハードル上がるの(笑)』

『確かに(笑)』

『もう一声で、エッチは無理かなぁ(笑)』

『ん?エッチ「は」?』

『あっ(汗)そうとるか~(汗)』

『Yお願いします🎵』

Yは少し酔ってたこともあり、

愚息を舐め始めました。

『Y旨いやん、キャバよりそっちのが、、、』

軽くYが愚息を甘噛み

『イテテ(汗)ゴメン🙏💦💦』

『怒るよ(笑)』

『本当に旨いんだもん(汗)』

『本当に?余り自信無いんだよね』

『自信てキャバに必要か?(汗)』

『元彼とかにも下手って言われたし』

『イヤそんなこと無いよ』

『本当に?ありがとう❤️』

『それにもう逝きそうだもん(笑)』

『逝っても良いよ❤️』

と言うなり、

かなりのバキューム&舌使い❤️

『Y、、、ヤバイ😞💦』

『、、、』

『Y、、、逝くよ❤️』

『、、、』

何も言わないけど口で良いのか?

『Y、、、』

Yの口の中にありったけの精子が、

放出されYは受け止めてました。

『はぁ、、、Y気持ち良かったよ❤️』

Yはゴクンと、飲み干しました。

『凄く出たね❤️溜めてたの?』

『Yのテクに負けました❤️』

その日はそのまま別れました。

後日談❤️

フェラしてもらった日から、

3日後にYから

『今度の週末は何してるの?』

『特には予定ないから競馬かパチンコかな?』

『お願い有るんだけど同伴出来る?』

『構わないけど、どーした?』

『実はトラブって(汗)』

(またかよ)

『今度はどーした?』

『他の子に付いてるお客さんがしつこくて』

『ボーイやオーナーは?』

『お客さんに言ってはくれるけど、、、』

『効果なしと?』

『、、、うん(汗)』

『同伴してどうしたら?』

『店内でイチャイチャしてくれれば』

『良いけど、もう一声以上になるかもよ』

『考えとく(笑)』

(前の時も考えとくでフェラだから❤️)

約束当日(日曜日)になり、

必要以上に期待しつつ、

同伴には早いがお昼過ぎから会う約束し、

待ち合わせのファミレスでYを待つこと、

15分もう着くよとLINE

『お待たせ❤️』

『お疲れ』

『お腹ペコペコだよ🎵』

お互い食べたいものを注文し、

お店に向かおうとしたら、

『あっ今日はお店お休みしたよ❤️』

『へっ?なら同伴でなく普通のデートやん?』

『そうとも言う(笑)』

『それならどーする?』

『競馬してみたいなぁ🎵』

『WINSに行くか』

『行く❤️』

東京、京都、中京競馬場で開催されてたので、

近くのWINSに向かいました。

パドックの映像見て、

この馬とこの馬可愛い❤️

見ると、当日の1番人気と11番人気でした。

『なら、この2頭を頭に他の馬を何頭か買えば?』

『そうする』

1時間後結論から言えば、

市内のラブホテルです。

『○○さんのお陰で当たったよ🎵』

『初めてなのによく当たったね』

Y初めてなのに万馬券しかも20万馬券、

ビギナーズラック恐ろしい( ̄▽ ̄;)

『初めてだけど面白かった❤️』

『しかし、何故にホテルに居るんだろ』

『えっもう一声❤️でしょ(笑)』

『えっ良いの?(笑)』

『ダメ(笑)』

『ここまで来といてか?(笑)』

『うん(笑)』

『お願い❤️』

『えっーもう一声?(笑)』

と言いつつ、唇奪いにきた。

愛撫をし始めたらお互い興奮し始め、

Yが愚息をパクり

『Y気持ちいい❤️』

『、、、』

『Y竿だけでなくて玉も(笑)』

『うん(笑)』

暫くして、浴室に移動して、

対面座位の状態になり、

『あっ❤️入ってきた❤️』

(ゴムしてないけど)

『気持ちいいよ❤️』

『うん私も❤️』

暫くピストンしてると、Yのマ○コが更に締まりました。

『Y❤️そろそろ逝きそうだよ』

『私も❤️』

『ゴムしてないけど外に出せば良い?』

『安全日だから中でも大丈夫だよ❤️』

『本当に良いの?❤️』

『うん』

ピストンしてるとYのマ○コが、

更に愚息を締め付けてきて限界が、

近くなってきた。そして、

『Y逝くよ❤️』

『いっぱい出してね❤️』

『Y❤️、、、逝く❤️』

Yの中にありったけの精子が、

注ぎ込まれました。

以上

拙い文章ですいません。

- 終わり -

ユーザー投票率:0.19%
アクセス数・ランキング
データ取得日:2019-04-21
集計範囲 アクセス数 ランキング
2019-04-21 41回 606位
2019-04-20 55回 -
2019-04-19 72回 -
週間 1,859回 70位
月間 1,859回 493位
年間 1,859回 9,837位
累計 1,859回 11,226位
全話:11,309件

ッチな広告

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

TOPの新着コメント欄への表示
表示する 表示しない

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチなPR