エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > マイミストレス。レンタルママの一週…
投稿:2019-04-15(月)17:46

マイミストレス。レンタルママの一週間 春日すみれさんの幸せ

この体験談のシリーズ一覧
1:【近親相姦】一人暮らしの大学生の息子とアパートでセックスしてしまいました。2:【近親相姦】一人暮らしの大学生の息子とラブホテルで恋人セックスしてしまいました。3:【近親相姦】帰郷した大学生の息子を私から誘惑してセックスしてしまいました。4:【近親相姦】一人暮らしの息子の風邪の看病で息子にせがまれてご奉仕セックスをしてしまいました。5:【近親相姦】週末に大学生の息子にアパートで犯されました。そのあとで母として愛のあるSEXを教えてあげました。6:【近親相姦】大学生の息子に母親の私が調教されました。アパートの部屋で自由を奪われて、アクメさせられて息子の女になると誓った私。
7:【近親相姦】母の日常、気なる男性への恋心とナイトワークでの辛い体験をお話しします。40歳おばさんのオナニー 閲覧注意です。8:【近親相姦】私、今日もアパートで息子に抱かれています。そして、同じ日におきた息子の友人と秘密の体験9:【近親相姦】六畳一間のアパートで息子は母親の私に3回射精しました。 ほのぼの親子SEXとオナニーを見られた記憶。10:【近親相姦】温泉ホテルで息子とセックスしてしまいました。2組の母子相姦SEX。大学のママ友、瀬川親子と越後湯沢でダブルデート11:【近親相姦】私 息子に抱かれています。怪我した息子を優しく甘やかして優しくご奉仕SEX。40歳ダメ母のわたしの罪と罰12:美奈子40歳 大人の交際 キャバ嬢であることを隠して、私一般男性と恋をしています。13:【近親相姦】母として、女として私は息子に抱かれています。美奈子40歳 大学生の一人息子とアパートで優しい一時14:【近親相姦】ママの優しい授乳手コキ、息子の求めを断れないダメな私と奔放な息子15:【近親相姦】実の息子とLINEでオナニー見せ合いました。派遣先で若い社員たちに熟れた体をなぶりものにされました。シングルマザー派遣先で若い社員たちに熟れた体を乱暴に犯されました。16:【近親相姦】逆レイプ おっぱいが好きな子をエッチなママが焦らしプレイ 17:マイミストレス愛人派遣業 山形県F村に派遣 丸山 カナ 18:マイミストレス愛人派遣業 Vol2 ワルプルギルスの夜 3人キャストでガテン系おじさんを逆レイプ
19:マイミストレス。レンタルママの一週間 春日すみれさんの幸せ
広げる

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文
美奈子さんからの投稿

前回の話:マイミストレス愛人派遣業 Vol2 ワルプルギルスの夜 3人キャストでガテン系おじさんを逆レイプ

私はミストレス事務所「マイミストレス」を経営しています。代表の姉川美奈子です。平たくいうと愛人紹介業。でもうちは特別、それはお客様の願いをかなえる事をお仕事としてるからです。お客様の願いにあったお好みのミストレスを派遣するため、主婦から学生、OL、さまざまな女の子が登録してます。

さて今日もオーダーが来たようです。

オーダー 千葉県、松戸市 守谷 哲夫 18歳

1週間だけ母親が欲しい。アパートで同居希望。母親は不明のため外見は不問。

どうやら身寄りのない男の子からの依頼のようです。母親に愛される体験がしたくて依頼をしてきたのでしょう。ミストレス料金は1日20,000円と言う最低額でのエントリー実際この金額で受けるミストレスがいるかどうかは難しいところかもしれません。でも哲夫くんなりに一生懸命集めたお金なのでしょう。幸いにもすぐエントリーを受けてくれた人がいました。ミストレスNo.78 春日 すみれさん35歳 仲間由紀恵さん似の美人ですが、ちょっととぼけた感じが可愛らしい魅力的な女性です。実は彼女は17歳で出産経験があります。年上の最低の彼氏との子供でした。

妊娠した彼女は家族の元から家出して、出産しますが、彼女の彼氏は育児がめんどくさくなって、身勝手にも二人の赤ん坊を奥多摩のキャンプ地に捨ててしまったのです。その後、子供の行方は分からずじまいとの事でした。彼女はそれからずっと1人で生きてきました。明るく振る舞っていますがいつも心の中では自分を責めているようです。

私たちはキャストの接客向上の為、イラスト本人からのレポートと利用者の方からの感想いただいています。いつもはキャストのレポートを紹介していますが、今回は色々とトラブルもあり、利用者の守谷哲夫君が春日さんに代わってレポートと感想をを出してくれています。今日はそれを紹介します。

ミストレスNo.78 春日 すみれ 業務レポート 代筆 守谷 哲夫

俺が今回、ミストレスをお願いした守谷哲夫です。小さい頃に捨てられて、熟年の夫婦に拾われて高校1年までそのおじいちゃんおばあちゃんに育ててもらってました。高校1年から2年だけ養護施設に入って、今はある会社で働いてます。俺らみたいな身寄りのない連中が集まってる派遣会社で、建築現場に派遣されたり、居酒屋の呼び込みをしたり、キャバやホストクラブの下働きをしたり、いろいろやってますけど、正直なところやばい会社です。

たまに怖い顔のおっさんが来て、おれおれ詐欺のだし子やれとか、ヤクの売り子やれとか誘ってきます。それで一緒にについていたやつは大体は帰ってきませんね。俺はキャバで下働き、ボーイのような仕事をしながら、開店から閉店まで顎で使われてましたよ。時折、意地悪な客に一気飲みをやらされてフラフラになったりしてました。うちの店に奈々子さんて言うママさんホステスがいてね、すごく優しい人で俺好きだったんす。

俺はお母さんオーラにめちゃくちゃ弱いんですよ、母親いないからですからね、その奈々子さんがエッチな客に絡まれて、ボックスシート中でおっぱいもおまんこも触れてほとんどレイプまがいのことされてたんで、俺は客をめちゃなぐっちゃったんすよ。運悪く、やばいスジのおっさんだったらしくて、それでそのまま店を飛び出しました。

そいつが復讐に来たら俺なんて何されるかわかりませんからね。万が一、人生終了なんてことになったら死んでも死に切れないって、有り金かき集めてミストレス頼んだんです。

たいしたお金も用意できなかったので、どんな人が来るかわからなかったです。太ったおばさんでもいいかなって、、とにかく、俺の名前を呼んで優しくしてくれる母親みたいな人に最後に甘えたかったんですよ。

翌日にアパートの扉をトントンする人がいて、扉を開けたら笑顔の優しい美人が立ってました。

仲間由紀恵さんているじゃないですか、その人はすごく瞳が綺麗で美人で、でも話し方がちょっとのんきで、話してるとクスっとしちゃうような人でした。あんまりにも可愛いんで「俺のママと言うより恋人になったほうがいいんじゃない?」て言ったら、「私にも昔、かわいい赤ちゃんがいてもし生きていたらあなたと同い年くらいになったんだよう」と少し涙ぐんで寂しそうにいったんだ。

やばい俺、地雷ふんじゃったと思って。「いやきっとすみれさんの子供もどこかで生きてるって、俺もその経験があるらしいけどこうして生きてるんだから大丈夫ですよ」めちゃくちゃ下手なフォローしたよ。そしたら彼女は柔らかくていい匂いのする胸に俺の頭をぎゅっと抱いてくれて頭を撫でてくれた。俺の人生で多分1番幸せな瞬間。友達に自慢したくなるくらいに美人のママから甘やかされる俺と言う至福の状況。

「優しい子、すみれは今日から1週間、一生懸命、哲夫くんのママになるからね。哲夫君すみれのかわいい息子になってね( ; ; )」

そして、俺とすみれさんの同居生活が始まった。6畳一間のワンルームのアパートにすみれさんと二人っきりで俺が心臓のバクバクが止まらなかったよ。ところが同居初日に問題発生。

俺の所持金が3700円しか残ってなかったんす。すみれさんのミストレスを有り金はたいて買ったんだからしょうがないよね。どこかでバイトでもしてせめてすみれさんの食事代ぐらい稼がなきゃって思った。するとすみれさんはお腹を抱えて笑った。「哲夫、ママを呼んだのにアルバイト言っちゃったら、あなた楽しめないじゃない。ご飯代はママが出すから安心して」それで彼女はスーパーでいろいろ食材を買ったり、一緒にお米とかも買いに行ったり。たまっていた電気代やガス代も払ってくれた。

正直これって彼女がまじで大損してるんじゃないのって俺思ったけど。そんなふうに見返りなしに俺の世話をしてくれるすみれさん、もう俺、大好きなっちゃった。世間の100%の男は必ず決まった初恋の相手がいる。それが母親。俺はその経験なしに成長したから、今がその初恋を感じていると言うわけ。

最初はそんなの俺は疑ってたけど、すみれさんと一緒に暮らしてその説はマジで真実だと思った。無条件で向けられる愛情。朝起きてから夜寝るまで、食事から布団から洗濯から、自分が生きていくすべてのことを世話してくれる。優しい目で自分を見てくれて、自分のことを心配してくれて、そしていい匂いがして、綺麗で、こんな女がいたら好きにならないわけがないだろう。

もう2日目ぐらいからはすっかり意気投合して俺たちは親子のようにじゃれあった。「哲夫、起きなさい。朝ご飯できてるよ(^ ^)」朝早くから台所で最高においしいご飯を作ってくれるすみれさん。「哲夫元気ないけど大丈夫、熱あるんじゃない?」ときれいな髪をかきあげて額をコツンとくっつけてくれるすみれさん。顔が近い、おっぱいが腕に当たる。あなたのせいで熱が上がるんですけど!!あなたのせいで別のところもギンギンに腫れちゃってるんですけどもっていいたいけど俺は黙ってる。

「ほらやっぱり熱があるじゃない」心配してるくれる顔もかわいい。そして膝枕して耳かき、この瞬間俺はもう死んでもいいと思ったね。彼女の柔らかい太ももの上で優しく耳を掃除されて、上を向けば、慈愛に満ちた聖母のようなすみれさんの顔。彼女はすごく優しい目で俺を見るんだ。テレビを一緒に見ると彼女はちょっとしたことでコロコロ笑った。すみれさんと一緒にすると普段何とも思わなかったことが全部、輝いて見えたよ。

でも考えてみたら、俺、彼女を愛人として雇ってるんだよね。エッチなサービスとか要求したらしてくれるのかと思って、考えもなしにさ「俺はママとセックスしたいんだけど頼んでもいいかな」て聞いたんだ。

そしたらすみれさんちょっと表情が変わって「哲夫何言ってるの?ママ困っちゃう」てはぐらかすからさ、でも、その時、俺すみれさんの全てが欲しくなってて、ほんとに駄々っ子みたいになってて、最低なやつだったんだけど「すみれさん、愛人の仕事忘れてないよね?」と取り返しのつかないひどいひどいことを言った。

お前は愛人なんだから俺とセックスさせろと言ったも同然だよね。そしたら彼女、「それがお客様のお望みでしたらわかりました。」と表情のない声で寂しそうに言って、エプロンを脱いで、服を投げ捨てるように脱いで、ダッチワイフみたいに床に寝転んだ。

俺は息を呑んで彼女を見つめた。きれいな顔、首筋から鎖骨のあたりのラインが生唾を飲む位に色っぽい。そしてお椀を伏せたような、ー形の良いおっぱいがあってその先にはピンク色の蕾。そして、きれいな腰のくびれと柔らかいお尻。肌は白くて雪のようで、足はすらりとして綺麗だった。

女性の裸って俺は生で見るの初めてだったけど、すみれさんの体は芸術品のようにきれいで儚く見えて、これは獣のように彼女の体を貪りたくなった。でも次の言葉が俺の心に氷の矢ように突き刺さったんだ。「はい、お客様、 お望み通り裸になりました。どうぞすみれを犯して下さい」って悲しそうにいったんだ。彼女の綺麗な瞳から涙が流れていて、彼女は泣き出したいの一生懸命こらえているのが分かった。

すみれさんはほんとにお母さんのように俺に接してくれていたのに、俺は汚い欲望に任せて彼女の心を踏みつけたんだ。俺は優しいお母さんを傷つけたんだ、彼女はもう俺がお母さんをしてくれなくなるかもしれない。そう思うと俺は後悔と自責の念でどうにもたまらなくて、彼女に抱きついて謝った。

「ママごめんなさい。ごめんなさい。俺ママが大好きで、一緒にいてすごく幸せで、そしてママの全部俺のものにしたくなっちゃって、ママの気持ちも考えないで、ひどいこと言って自分勝手で最低で、もう俺のことなんて嫌いになっちゃったと思うけど、、。許して、もう俺のそばに何かいたくないと思うけど、、。俺、愛され方がわかんなくて、今までこんなに優しくされたことなくて、ごめん、俺はすみれさんが好きだよ。本当のママみたいずっとそばにいてくれたらって、だから、俺との契約終わりでもいいから、俺のこと嫌いにならないで、ほんとにごめんごめんよ」

俺の人生初と言っていいくらいの子供のようなボロ泣きを彼女の前で見せてしまった。涙ダラダラ垂らしてエグエグしてる惨めな俺を、優しい彼女は柔らかい胸に抱きしめてくれて、頭を撫でてくれたんだ。「私なんかのために子供みたいに泣いて、哲夫は優しい子だね。こんな優しい子ママが嫌いになれるわけないじゃない。でも哲夫も男の子なんだね。私の全てが欲しいの?母親はいつでも全部が息子のものだよ、すみれは男と愛人としてのセックスは嫌けど、かわいい息子のお願いだったらママが筆おろししてあげる。」

彼女は天使の微笑みで俺をを見てくれた。そして、彼女の方から優しく俺にキスをしてくれた。俺のファーストキスそれはすみれさん。俺はすげえ幸せ。しかも舌絡めてきて大人のディープキス。俺も彼女を感じたくて、大急ぎでマッパになって彼女に抱きついた。彼女の体抱きしめるとすごく小さくて、でも柔らかくて、優しい匂いがした。俺はもう子供の本能がおっぱいを求めるみたいに、彼女のおっぱいに吸いついておっぱいを吸ったよ。

セックスの愛撫じゃなくてガチで俺吸いまくってた。もう授乳だね。「私おっぱい吸われるとたまらない気持ちになって、本当に哲夫のお母さんになっちゃう」女は自分の乳房を吸う相手を保護する対象として認識すると言う本能があるらしい。「おっぱい吸われてお母さんになっちゃうなら、俺今日24時間すみれママのおっぱい吸いまくるから」「このバカ息子!(//∇//)」「でもママの乳首勃起してるよ。女の子の乳首が勃起するのは赤ちゃんにおっぱいを吸わせるためなんでしょう?」

「そうだけど、あん、あああ、そんなにおっぱい吸ったら私、濡れちゃうからだめ、おっぱい弱いの、あああ、あん、ダメ、感じちゃう。」「ママ、濡ちゃうってどこが濡れちゃうの?俺に教えて(^ ^)」「(//∇//)あそこ」「どこ?ちゃんと教えてくれなきゃわからないよ俺、子供だから」「(//∇//) ママのお ま 、、、もう!悪い子にはお仕置き!!」そう言うとママは俺の首根っこ掴んでおっぱいから引き離して、すらりとしたきれいな両足の間に俺の顔を持っていった。

「哲夫くん、まだ見たことないんでしょ、これがママのおまんこ。女の子が赤ちゃん産むところ、、そして男の人がおちんちん入れるところだよ。でもあんまり美的なぁもんじゃないよね、、 (//∇//)恥ずかしいからはいおしまい。」と両足を閉じる彼女。

「そんなことはないよ、ママのおまんこ、すごく可愛かった。もっとじっくり見せて、お願いだから、ママの足きれいだね、ほらよく開いて見せて、あーすごく綺麗でママの匂いがする。ママのきれいなおまんこ舐めてもいいよね。ママ好きだよ。きれいだママの花びらすごく綺麗、そしてここにかわいい蕾があって俺、吸ってもいいよね。ママのおまんこからぬるぬるした蜜が溢れてきたよ、かわいい、この小さな穴から赤ちゃん産んだんだね。ここに俺のおちんちん入れてもいい?俺の初めてすみれママがもらってくれる」

「(//∇//)もう、大人をからかわないの、そんなこと言われたらママ、スイッチ入っちゃう、哲夫の女になっちゃう、ああ、だめそこなめたらだめ、ママ濡れちゃうの、いや、恥ずかしいからだめえ、ああん、いい、いい、哲夫いらっしゃい。私の中に、、、あなたのすべてを私が受けとめてあげる。おいで」俺はすみれママに優しく誘われて、彼女の中に入った。初めて入れた女の子のおまんこの中は少しぬるっとして、包み込むように暖かくして、俺のおちんちんが気持ちいいようにしごいてくれた。

不思議とすみれママにちんこをいれた時、俺、帰ってきたと思ったのは気のせいだろうか。でも、母親のおまんこガキにとってはパラダイスだったわけで、そして今の俺にとってもそれは同じで、俺は夢中になって彼女の中でチンコ出しいれして腰振った。必死で腰を振る俺の顔を見るすみれママの目、なんでこんなに優しいんだよ、そしてめちゃくちゃ綺麗じゃん。俺こんな女にチンコ入れたら射精するしかないじゃん!

「ママ、俺もう精液でちゃう。ママの中に出したいよ、でもそんなのだめだよね」俺は母性本能くすぐる作戦に出た。優しいすみれさんなら中出し許してくれると思った。そんなずるい手を使っても俺は彼女の中に俺のDNAを流し込みたかったんだ。「哲夫、好きなときに出していいよ、ママが一生懸命あなたのおちんちん気持ちよくしてあげる。私の中に来ていっぱい、あああ、元気な男の子ミルク出していいよ、ああん、哲夫、がんばれ、、出して、(//∇//)ママに、、、いきそう、、ああ、」

すみれさんは恥ずかしがり屋なのに俺のためにエッチな声を出してくれてる。今まで味わったことないような射精感がちんぽこの先にこみ上げてきた。「すみれママごめん!俺!」ドピュゥゥドピュゥゥ!ドプドプ。俺は彼女をぎゅって抱きしめて、ちんこの中の精液いってき残らずママのおまんこの中に射精したよ。そして2人はぎゅーて抱き合った。

「哲夫、童貞卒業おめでとう、、。相手が私じゃなかったらもっとよかったのにね」「すみれさんは俺の中の不動のセンターで最高だから、だから俺はさ、世界一幸せだよ」さすがにちょっと恥ずかしくて俺俯いた。すると、すみれさんに俺の首筋に手を当てて聞いてきたんだ「あなたの首筋のこの丸い火傷の後いつ着いたの?」珍しく真剣な表情で聞いてくるすみれさん。「俺は覚えてないんだけど、そいつは古いよ、なんでも俺が拾われた時に首筋にタバコの根性焼き入れられてたらしいよ。俺の親はよっぽど俺が嫌いだったんだね。」悲しげに俺は笑った。

彼女は優しく俺を抱きしめてくれた。そして振り絞るような声で彼女は俺に告白したんだ。

「私の赤ちゃんも乱暴な夫に首に根性焼きを入れられて、私に対する暴力は赤ちゃんのために耐えてきたけど、私はそのことで怒って必死に夫に立ち向かってね、でも私弱いでしょ、めちゃくちゃボコボコにされて、3箇所ぐらい骨折して、顔なんかサッカーボールみたいに腫れ上がってね。結局入院、さすがに私の親が引き取りに来て、それで彼は、私の赤ちゃんをどこかに捨てて行方をくらましちゃった。私も一生懸命探したけど、施設にそれらしい子が保護されたって言う話はなくて、あちこち探したけどわからなくて。哲朗君がもしかしたら私の赤ちゃんかもしれない。捨てられた日にちとか拾ってくれたおじいちゃんおばあちゃんから聞いてる。」

俺はその日にちのことも話した。すると彼女の瞳から大粒の涙が流れた。「哲夫、あなたは私の赤ちゃん、、大事な私の宝物、、、、。もしよかったらDNA鑑定してみない?それともあなたを守れなかった、こんなお母さん、、哲夫はもういらない?」「俺すみれママ大好きだし、俺の方から絶対に離れるつもりないし、、もちろんオッケーって言うことで」そして俺たちは、病院に行ってDNA鑑定を依頼したんだ。

結果が分かるのは3日後、ちょうどミストレスの期限の切れるお昼の時間だった。俺はめちゃくちゃ不安だったよ。もし他人だとわかったらすみれさんは俺から離れていくんだろうか。そもそもお金で来てもらったミストレスだから、明日が来たら彼女がいなくなってしまうんだろうか、そんな不安ばかりだった。そして運命の日の朝、すみれさんと2人で朝ごはんを食べていたら、俺のアパートの扉をたたく者がいた。

来客とは珍しいなと扉を開けたら、俺はいきなりすごい力でぶん殴られた。「こんなところに住んでいやがったのか、ガキーーーー!」それは1週間前にスナックで殴ったたちの悪い客。やっぱりやばいスジだった。何人か仲間も連れてきてる。「おいガキ!俺の舎弟に恥をかかせてくれたらしいなぁ、この落とし前はきっちりつけてもらうぞ」

殴られてうずくまっている俺の腹を思いっきり蹴り上げた。相手は3人、俺は完全にびびって小◯生のガキみたいにブルブル震えちまった。

「この間の威勢はどうしたんだよくそガキ!」店で殴ったおっさんが俺の顔面を革靴で踏みつけた。「とりあえず、けじめに指詰めろや!今回はそれで堪忍したる!」そう言うと兄貴分の男が短いドスを俺に投げてよこした。

「すんません!俺、すいませんでしたあーーー!許してください」必死に床に頭を擦りつけて謝る俺。でも男たちは3人がかりで押さえつけて、俺の右腕を畳に押さえつけて、小指にドスの刃先を突きつける。「ママ、ママ」俺は涙を流して震えた。

すると、3人の凶悪なやくざ者の前に俺をかばうように立ち塞がった人がいる。小さな俺のママ、すみれさんだ「うちの哲夫に何をするんですか、大の大人が子供に対してよってたかって恥ずかしくないんですか」いつもののんびりしたすみれさんとは思えない必死な声だった。

「こいつにけじめをつけさせるんだよ、それとも何かママさんがガキの代わりに指を詰めるってか??」男は薄笑いを浮かべながらすみれさんにドスを突き付けた。その後に起きた光景は、俺は生涯、忘れられないだろう。彼女はやくざ者からドスをもぎ取ると一瞬の迷いもなく、自分の左の小指を切って落とした。

ドシュ!彼女の指先から吹き出る血、細い小さな指が畳に転がった。「これでいいですか、まだ足りませんが、私はこの子のためなら指なんか全部落としたって構わない。それでも、気がすまないなら私を殺しなさい。私はこの子の母親です。」きれいな瞳でやくざ者を正面から見据えてすみれさんは言った。「あぁーーあ、まったく母親ってやつは、、けっ!こんな真似されたら、もうどうにもならんよなぁ」兄貴分のヤクザは目尻に少し涙を浮かべてそういった。

そしてぶった折れている俺の顔を覗き込んでこういった「お前さぁ夜の街とか半端な世界うろうろしてないでよ、真っ当に生きろよ、母ちゃん泣かすのはやくざもんのすることだ」といった。そしてワニ革の財布から分厚い万札の束を俺に握らせて「早く母ちゃん病院に連れていけ、今ならちゃんと指はつながるから」と言って子分どもを連れて、去っていったんだ。

それから救急車を呼んで、指の縫合手術、すみれママは「痛いよーーー哲夫、ママのそばにいてよ」って病院の看護師さんやお医者さんが思わず笑うくらいに甘えん坊になってた。いつも優しくて面白いすみれさんがそこにいた。無事手術は終了、彼女の左腕はぐるぐるに包帯巻かれて、ちゃんとリハビリすれば以前と同じように使えると先生は言ってくれたよ。そして、検査室に出していたDNAの鑑定結果を俺とすみれさんに渡してくれた。

緑色の封筒開く瞬間の緊張、、。実際に書類は見ただけでは意味がわからなかったでけど、先生が解説してくれた。「うーーむ、春日すみれさんと守谷哲夫君は99、8パーセントの確率で実の親子です。」と言うわけで、うちのママはしばらく片手が不自由だから、業務報告書は俺が書いたよ。 こんな奇跡のような出会いほんとにありがとう。

エピローグ

ミストレスナンバー78 春日すみれさん、これで登録抹消です。まさか1週間のレンタルママのつもりが、本当の息子に出会えるなんて、この世の神様は少し意地悪だけど、ふとした曲がり角に幸福を用意してくれているのかもしれません。

哲夫くんは今は春日哲夫君になって、大好きなすみれママと一緒に暮らしています。「息子が私を大好きすぎて、困るんです」とすみれさんからのメール。これはもうのろけとして聞いておきましょう。だって哲夫くんからこんなメールが来てます。「すみれママが俺のこと好きすぎて、俺幸せすぎて困る。」さすが親子、やれやれです。

エッチなお話、摩耶美奈子堂

- 終わり -

ユーザー投票率:0.16%
アクセス数・ランキング
データ取得日:2019-04-21
集計範囲 アクセス数 ランキング
2019-04-21 38回 666位
2019-04-20 64回 -
2019-04-19 59回 -
週間 1,981回 61位
月間 1,981回 453位
年間 1,981回 9,579位
累計 1,983回 11,200位
全話:11,309件
この体験談のシリーズ一覧
1:【近親相姦】一人暮らしの大学生の息子とアパートでセックスしてしまいました。2:【近親相姦】一人暮らしの大学生の息子とラブホテルで恋人セックスしてしまいました。3:【近親相姦】帰郷した大学生の息子を私から誘惑してセックスしてしまいました。4:【近親相姦】一人暮らしの息子の風邪の看病で息子にせがまれてご奉仕セックスをしてしまいました。5:【近親相姦】週末に大学生の息子にアパートで犯されました。そのあとで母として愛のあるSEXを教えてあげました。6:【近親相姦】大学生の息子に母親の私が調教されました。アパートの部屋で自由を奪われて、アクメさせられて息子の女になると誓った私。
7:【近親相姦】母の日常、気なる男性への恋心とナイトワークでの辛い体験をお話しします。40歳おばさんのオナニー 閲覧注意です。8:【近親相姦】私、今日もアパートで息子に抱かれています。そして、同じ日におきた息子の友人と秘密の体験9:【近親相姦】六畳一間のアパートで息子は母親の私に3回射精しました。 ほのぼの親子SEXとオナニーを見られた記憶。10:【近親相姦】温泉ホテルで息子とセックスしてしまいました。2組の母子相姦SEX。大学のママ友、瀬川親子と越後湯沢でダブルデート11:【近親相姦】私 息子に抱かれています。怪我した息子を優しく甘やかして優しくご奉仕SEX。40歳ダメ母のわたしの罪と罰12:美奈子40歳 大人の交際 キャバ嬢であることを隠して、私一般男性と恋をしています。13:【近親相姦】母として、女として私は息子に抱かれています。美奈子40歳 大学生の一人息子とアパートで優しい一時14:【近親相姦】ママの優しい授乳手コキ、息子の求めを断れないダメな私と奔放な息子15:【近親相姦】実の息子とLINEでオナニー見せ合いました。派遣先で若い社員たちに熟れた体をなぶりものにされました。シングルマザー派遣先で若い社員たちに熟れた体を乱暴に犯されました。16:【近親相姦】逆レイプ おっぱいが好きな子をエッチなママが焦らしプレイ 17:マイミストレス愛人派遣業 山形県F村に派遣 丸山 カナ 18:マイミストレス愛人派遣業 Vol2 ワルプルギルスの夜 3人キャストでガテン系おじさんを逆レイプ
19:マイミストレス。レンタルママの一週間 春日すみれさんの幸せ
広げる

ッチな広告

メント

1:ブラックリストさん #EJJCZTA :2019-04-15 19:05:10

自分が哲夫になった気分で読んだよ!
実は親子だったとは•••
実際にはあり得ないかもしれないことだけど、創作やから非現実的で良いのだと思う。
これからも読むから、どんな作品でも書いて!

2:名無しさん #iEKCOYA :2019-04-16 06:05:07

指詰めはやり過ぎと思うけど、すみれママが犯されないで良かった。やっぱり美奈子さんは母子相姦描写が上手いなあ。

3:投稿者2019-04-16 06:14:58

ブラックリストさん、優しい励ましありがとうございます。(^ ^)美奈子めげないでがんばります。
名無しさんどうもありがとうございます。(^ ^)
母子は力が入ります。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

TOPの新着コメント欄への表示
表示する 表示しない

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチなPR