エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > 女友達に彼氏のフリをしてほしいと頼…
投稿:2019-03-15(金)12:05

女友達に彼氏のフリをしてほしいと頼まれた 完

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文
名無しさん(40代)からの投稿

前回の話:女友達に彼氏のフリをしてほしいと頼まれた ③

A美と別れて家に帰って一休みした後、実家へ行き、妻と息子を迎えに行った。

産まれて8カ月の息子を見ていると本当に可愛くて癒される。

A美と同じように。

妻のことを言うと、妻とはSEXレス状態に近かった。

子育てに大変だった。

当たり前だが、息子の夜泣きとかで俺も妻も大変だったが、俺は息子を愛した。

当然、妻も愛した。

それから何日か経った後、休みだった俺は昼間リビングでコーヒーを飲みながら

雑誌を読んでいると、久しぶりに妻から誘ってきた。

息子がベビーベッドでスヤスヤ眠っている時だった。

しかし俺は妻に対して起つ事が出来なかった。

一旦は挿入しても中折れ状態になってしまった。

妻は俺が疲れているからしょうがないよ。と気を遣ってくれたが俺はショックだった。

それと正直、妻とのSEXは面白く無いと感じてしまっていた。

気を遣ってくれた妻だったが、少し気分的にイライラしていた。

俺は次の日かにネットで輸入販売していた『蟻○神』という精力剤を購入した。

これは凄く効いた。

身体中が熱くなって漲るような精力剤であった。

あと女性用の液体の媚薬も購入した。

しかし妻の飲み物に媚薬を混入するタイミングがなかなか無かったから、

媚薬の効果を妻に試す事は出来なかった。

妻との営みはたまにではあったけど何とか精力剤で保つ事が出来た。

本当に情けないことだった。

そんな生活をしている中、やはりA美のことが忘れられなかった。

オナニーをする時は、いつも会社のトイレの中で携帯に保存していたA美の

マンコの画像を見ながら自慰にふけっていた。

そんな時、妻から夏に実家に帰りたいと申し出があった。

久しぶりに孫に逢いたいという義父母からの連絡があったらしい。

「久しぶり」

とは言っても4ヶ月前に帰省したばかりだった。

旅費交通費、義父母に対しての謝礼も馬鹿にならない。

しかし、少し息子の事で気に病んでいた妻に

「いいよ。俺は一緒に行かれないけど行っておいで。」

と妻に言った。

それに俺は内心

『A美に逢える。』

という期待感でいっぱいだった。

8月の間の1週間、帰省の予定日が決まった次の日、俺はA美に仕事の

昼休み中にメールを入れた。

「8月の○日~○日中に逢えないかな?」

自分からA美にメールで

「逢いたい。」

と入れたのは初めての事だったと思う。

しかしいつもだったらすぐにA美から返信が来るのに、この時返信が無かった。

A美から返信が来たのは次の日の昼休みだった。

「ごめんなさい。昨日はメールできなくて。○日だったらOKだよ!」

という内容のメールだった。

A美とのメール交換で逢う日が決まった。

俺はA美に逢える日を楽しみにしていた。

A美をとことんめちゃくちゃにしたいと思っていた。

当日、待ち合わせの駅で俺は早目に到着しA美を待った。

8月の熱い夏だったから自然と汗が噴き上げてくる。

そうこうしているとA美が改札口から出て来た。

服装は忘れたが、短いスカートを穿いていて、大きなバッグを肩に掛けていた。

「よう、久しぶり。」

俺がそう言うとA美は

「うん。久しぶり!○○から逢いたいって初めてだよね?」

「そうかな?」

「そうだよ!」

「じゃあ行こうか!」

「うん!」

A美は俺の腕を組んできて、いやに楽しい様子だった。

俺達は予約していた個室の居酒屋に向かった。

居酒屋に着いて、掘りごたつ式の席に座った。

2ヶ月ぶりに逢ったA美はやっぱり可愛い。

A美を見ているだけでも股間がムズムズしてくる。

「今日はいっぱい飲もう!何飲む?」

「ううん。今日はウーロン茶にする。」

「えっ?どうしたの?調子悪いの?」

A美が酒を飲まないなんて初めての事だった。

「ちょっと太っちゃったから。」

笑いながらA美はそう言った。

「そんなことないよ。そのムッチリさがいいのに。駄目なの?」

「それって太っていると言っているようなもんだよ!あはは!」

「解った。じゃあ今日はそうしよう。」

俺は生ビール、A美はウーロン茶で乾杯した。

「それにしてもその大きなバッグ、どうしたの?買い物か何か行ってたの?」

俺は少し気になってそう聞いた。

「ひ・み・つ。」

A美はニコニコしながらそう言った。

「もしかして新しいアイテム?」

俺もニコニコしながらそう言うと

「ひ・み・つ。」

完全に何か隠している様子だった。

俺も新しいアイテムを所持してきていた。

俺はA美の彼氏の事を聞いた。

彼氏との進捗状況を聞きたかった。

「うん。○○のおかげでうまくやっているよ。」

というA美の答え。

「良かったな。Hの方も上手くやっているのか?」

「うん。色々とね。」

俺はそれ以上の事は聞かなかった。

俺は急ピッチで生ビールを飲んでいた。

その後の話は、2ヶ月前に集まった友人達の話をしたりしていた。

それだけでもA美との話は盛り上がった。

その内、A美が急に話題を変えた。

「ねぇ、○○。奥さんとは仲良くしてる?」

「えっ?仲いいよ。どうして?」

「奥さんと・・・、Hしてる?」

いきなりA美は俺と妻との話をしてきた。

「正直言ってあまりしてないな。子育てで忙しいからね。」

俺はそれしか言えなかった。

そうすると、俺の股間に何かの感触が。

A美はニコニコしながら足のつま先で俺の股間を刺激してきた。

「じゃあ、かなり溜まっちゃってる?」

俺の股間をつま先でスリスリしながらそう言った。

「ああ。もう欲求不満。」

「オナニーとかしている?」

「そりゃ、しているよ。」

「何処で?」

「会社のトイレで。」

「誰を思ってオナニーしているの?」

「・・・お前だよ。」

「本当?何か硬くなってきた・・・。」

「A美は今日はどうしたいの?」

俺も右足をA美の股間に入れてパンツ越しに刺激した。

暫く俺とA美はその行為を続けていた。

「・・・今日は私が○○を慰めてあげる。」

「いいよ。A美はそれで満足?」

俺はA美の股間を足の指で擽るように刺激しながら言った。

冷房が効いている個室の中だったが、A美の顔は少し汗ばんでいた。

A美は少しずつ息遣いを荒くしながら俺を見つめていた。

「・・・ううん。解らない・・・。あっ、トイレに行くね。」

A美は急にそう言うと立ち上がってトイレに行った。

A美はたった2ヶ月間でかなり変わったと思った。

『彼氏と上手くやっている?ふざけるな!』

俺はポケットからあの精力剤を出して水と一緒に飲み込んだ。

『あいつをとことんめちゃくちゃにしてやる!』

俺はA美の飲みかけのウーロン茶に媚薬を5滴程混入し、A美が戻って来るまで

チビチビ日本酒を飲んでいた。

暫くするとA美が戻って来た。

「ねえ、○○。今日、またあそこに行かない?」

「ああ、この前の所ね。いいよ。」

「実はあそこ、彼氏とたまに行ってるんだ。」

「へぇ~、そうなんだ。いつもどんな事してんの?」

「う~ん・・・。内緒。」

俺は何だか苛立っていた。

何とも言えない感情だ。

A美の彼氏への嫉妬心があったのは間違いないが、どうにもならない事だ。

俺は自分の感情を出さないようにしていた。

A美は飲みかけのウーロン茶を飲み干すと

「もうそろそろ出ない?」

俺は内心媚薬がどう効くか試したかった。

「あと1杯飲んで行こう。最後にビール1杯ぐらい付き合えよ。」

「う~ん・・・。じゃあ、コップ1杯だけね。」

俺達はビールで新たに乾杯をし、少し話をしながら飲み終わり店を出た。

タクシーに乗り前回行ったラブホテルへと運転手に伝え、タクシーが発進した

時にA美は俺の股間を触ってきた。

俺もA美のスカートの中に手を滑らかしてパンツ越しにオマンコを触った。

A美のパンツ越しのオマンコは熱く蒸れていて既に濡れていた。

「クチュクチュクチュクチュ・・・」

媚薬が効いているのか、いやらしい音がしてきてネットリ感が増してきた。

俺達は何の会話も無くその行為を続けていた。

その内、俺は精力剤が効いてきたせいか心臓がバクバクし、

チンコも勃起していた。

俺はA美の内股を擽るように刺激していると、A美の股はどんどん汗ばんできた。

A美は息を殺しながら俺の股間を触っていた。

俺は指に付いたネットリしたA美のマン汁をA美の口の中に捻じ込むように

突っ込んだ。

「うっ、うっ、うっ・・・。」

A美の口の中はネットリしていて熱く、オマンコの中と同じようだった。

A美の舌が俺の指にまとわり付いてくる。

俺はA美の口の中から指を抜くと

「はぁ~、はぁ~、はぁ~・・・。」

とA美は激しい息遣いをしていた。

タクシーの運転手も俺達の行為をバッグミラー越しに見ていたと思う。

10分位で前回のラブホテルに着いた。

相変わらず不気味な雰囲気を醸し出していた。

中に入り、フロント横にある部屋のパネルを見てみると、前回入った部屋は

埋まっていて、その部屋と似たような部屋が何ヶ所か空いていた。

他の変わった部屋も何部屋か空いていた。

「A美。どうする?」

「・・・ここ。」

A美が指差した部屋は前回入った部屋と同じような部屋だった。

俺はその部屋を選び、フロントに受付して鍵を渡されエレベーターに乗った。

そうするといきなりA美は俺の頭を掴んできて俺の鼻を舐め回してきた。

「ベロベロ・・・チュッ、チュッ・・・」

俺はA美の柔らかい唇、ヌメヌメした暖かい舌、甘酸っぱい唾液の匂いに興奮し、チンコが痛い程勃起した。

「今日は私が○○を癒してあげる・・・。」

エレベーターが着くと俺達は部屋へ行き、部屋の鍵を開けて中に入った。

部屋の中を見渡すと前の部屋より狭かったが、同じ感じの部屋だった。

冷房が少し効いていたが俺は身体中が熱かった。

「俺はどうしたらいい?」

A美にそう聞くと

「服、脱いで・・・。」

A美の顔はうっすら赤くなっていた。

俺は鞄をソファーに置き、服を脱ぎ始めた。

「・・・全部?」

「・・・うん。」

A美は恥ずかしそうにそう言うと、俺は服とパンツを脱ぎ捨てて裸になった。

心臓はバクバクしていて俺のチンコは完全に勃起状態だった。

俺は恥ずかしさは無かった。

そうするとA美は自分のバッグの中からアイマスクを取り出すと、俺の目に

アイマスクを装着した。

何も見えない。

A美はこの後どうするのだろう。

A美の乾いた唾の匂いに増々心臓が張り裂けそうにバクバク鼓動していた。

俺は何も言わずにA美の言う通りに従おうとした。

A美は俺の手を取りゆっくり移動すると

「後ろ向いて。」

俺が後ろを向くとA美は俺の身体を押した。

背中に冷たい感触が伝わると、A美は俺の両腕を上げて両手首に何かを

巻き付けた。

そして俺の両足首にも何かを巻き付けた。

両足は半開き状態だった。

本当に何も見えない。

あのX字の磔台に縛られたのは解った。

力を入れて外れるかと思ったが抜けられず、完全に拘束された状態だった。

「口開けて。」

A美はそう言うと、口を開けた俺の口の中に何かを突っ込んで縛り付けた。

ボールギャグを取り付けたのだろう。

何もしゃべれない。

息もしにくい。

唾も飲み込みにくい。

唾液が貯まってくる。

A美はゴソゴソ何かをしている。

聴覚だけが頼りだった。

『何をしてるんだ・・・。』

段々と苦しくなってきた。

顎と喉が辛くなってきた。

完全に放置プレイだった。

俺は頭を下げてボールギャグの中に貯まった唾を何とかして吐き出そうと

していた。

A美はそんな俺を見ているはず。

俺は段々と羞恥心を感じていた。

何分経ったか解らない。

A美が俺の所に近付いて来る音。

「ふぅ~~~。」

俺の耳に息を吹きかけた。

俺は

「ビクッ!」

と自然に身体全身が反応した。

「今日は私が○○を気持ちよくしてあげるね・・・。」

A美は囁くようにそう言うと

「ジュルジュルジュルジュル・・・」

A美は俺の耳の中に舌を入れてきた。

俺は身体中悶えた。

何もしゃべれない。

喉から唸るしか無かった。

自然と唾液が貯まってくる。

自分の乳首が硬くなっているのが解る。

もう片方の耳にも息を吹きかけると

「エッチ・・・。こんなに涎垂らして・・・。チュパチュパ、ジュルジュル・・・

美味しい・・・。○○の涎・・・。」

A美はそう言うと

「ジュルジュルジュルジュル・・・」

片方の耳にも舌を入れてきた。

俺は唸りながら身体中悶えていた。

暫く両耳を舐め回された後、顎から頬、額へと暖かくてヌメヌメした感触。

「○○の汗、美味しい・・・。ベロベロベロベロ、ジュルジュルジュルジュル・・・」

俺の顔中を音を立てながら舐め回してきた。

A美の唾の匂いが漂ってくる。

そうすると鼻にも暖かくヌメヌメした感触。

「ジュルジュル・・・、チュパチュパ・・・私の匂い、する?」

「コクン」

と俺が頷くと再びA美は俺の鼻を舐め回した。

コロコロと舌を転がすように。

俺の鼻を咥えた。

息が出来ない。

口で息をしようにもしづらい。

「チュポンッ、はぁ~・・・。いい匂いでしょ?」

俺はようやく鼻で息を吸うと、A美の唾の匂いが脳天まで刺激した。

そうするとチンコの先を触る感触。

「エッチ・・・。もうヌルヌルだよ・・・。」

A美はチンポの先っちょだけを刺激している。

指で触っているのか、舌の先で舐めているのか解らない。

「美味しい・・・。」

とA美は言うと俺の両乳首を触ってきた。

「○○の両方の乳首、硬くなってる・・・。」

暫くA美は俺の両乳首を触っていると

「触るのと、舐められるの、どっちが気持ちいい?これは?」

両方の乳首をコロコロ転がすように刺激してきた。

もう正直俺はどっちでも良かった。

どっちも気持ちいい。

A美の乾いた唾の匂い。

精力剤を飲んだせいで身体中が熱い。

チンコは痛い位に勃起状態。

『早くいかせてくれ!』

と俺は思うばかりだった。

A美は俺の両方の乳首を強く抓ってきた。

「どっちがいいの?痛くしちゃうよ?」

『痛い!止めろ!舐めてくれ・・・。頼む!舐めてくれ!お前の舌で舐めてくれ!』

何もしゃべれない俺はそう思いながら頭を横に振った。

「もう○○の身体、○○の涎だらけだよ・・・。レロ~、レロ~・・・」

暖かいA美の舌が俺の身体中をゆっくり舐めている。

俺の乳首を舐めずに。

長い時間、俺の身体中を舐め回していた。

「美味しい・・・。○○のしょっぱい汗と涎・・・。乳首も舐めて貰いたい?」

A美は俺の両乳首を抓ってそう言うと俺は頭を縦に振り続けた。

『早く、早く舐めてくれ!』

そうしていると片方の乳首に暖かい感触。

「ビクッ!」

コロコロ暖かい物が俺の乳首を転がしている。

『ううっ・・・。気持ちいい・・・。A美の舌、気持ちいい・・・。』

「レロレロチュパチュパジュルルル・・・気持ちいい?レロレロチュパチュパ・・・」

俺の両乳首を音を立てながらA美は舐めてきた。

『うぅっ!気持ちいい!最高に気持ちいい・・・。』

俺は身体中悶えに悶えた。

A美の柔らかい唇の感触にヌメヌメした暖かい舌の感触。

長い時間俺の乳首を舐めながら

「凄い・・・。もう○○のオチンチン、カチカチ・・・。」

A美は俺のチンポをツンツンと刺激した。

俺の耳元で

「○○の、オチンチン、カチカチ。ふぅ~~~。」

俺のチンポを触りながら俺の耳元で囁いた。

もう俺は限界だった。

A美のいやらしい言葉。

A美の囁く声。

A美の熱い吐息。

『もう早くいかせてくれ!』

A美は俺のチンポを握りゆっくり扱いた。

やがてヌルヌルした感触があると

「私の唾と○○のHなオチンチンの匂い・・・。好き・・・。」

『ううっ!気持ちいい・・・。まだだ・・・まだまだ・・・。』

A美の手の動きが早くなってきた。

「グチュ・・・グチュ・・・グチュ・・・グチュ・・・」

いやらしい音が聞こえてきた。

『やばい・・・。いきそうだ・・・。でも、まだ駄目だ・・・。』

「気持ちいい?いきたい?」

そうA美は言うとスピードを上げて扱いてきた。

『やばい!これ以上やられるといく!もういきそうだ!』

A美は急に俺のチンポに手を離した。

『ふぅ~・・・、ふぅ~・・・。寸止めかよ・・・。』

「まだいかせないんだから。」

俺はうな垂れていた。

何度も寸止め攻撃された。

もう拷問に近かった。

『頼むから早くいかせろ!早くいかせてくれ!』

そうすると俺のチンポに暖かい中に包み込まれた。

暖かくてさっきと違う感触。

ゆっくりと根元まで暖かい感触とヌルヌルと動く感触。

『口の中・・・。もういい・・・。口の中に出したい・・・。』

根元まで止まると舌がレロレロ動いてくる。

『あぁ、最高・・・。気持ちいい・・・。』

「ジュポ・・・ジュポ・・・ジュポ・・・ジュポ・・・」

いやらしいフェラの音。

「ジュポ・・・ジュポ・・・ジュポンッ・・・口の中でいきたい?」

俺は

「コクン」

と頷くと

「ジュポジュポジュポジュポジュポジュポジュポジュポ・・・」

A美の高速フェラに

『もう駄目だ!いくっ!いくっ!いきそうだ!』

「うぅ・・・、うぅ・・・、うぅ~~~っ!」

俺が唸っているとA美は俺の両乳首を刺激しながらの高速フェラ。

『いく!!いく!!いく~~~っ!!あ~~~っ!!』

「うう~~~~~っ!!」

ドピュッ!!ドピュッ!!ドピュッ!!

俺は大量にA美の口の中にザーメンを吐き出すとA美の動きが止まった。

A美はゆっくり俺のチンポから口を離すと

「ゲホッ!ゲホッ!」

と咽た声。

俺は全身の力が抜けてうな垂れて、鼻で息を吐いていた。

『もう解いてくれ・・・。苦しい・・・。』

「いっぱい出たね・・・。飲んじゃった・・・。気持ち良かった?」

俺は

「コクン」

と頷いた。

A美はボールギャグを取り外すとキスをしてきた。

暫く俺とA美は激しく舌を絡ませ貪るようにキスをし続けた。

「ジュルジュルベロベロジュルジュルチュッチュッ・・・はぁ~・・・ジュルジュル・・・」

A美の柔らかい唇と柔らかい舌の感触。

いやらしい匂いに暖かい息遣いと甘い匂い。

A美が唇を離すと俺は口で

「はぁ~・・・、はぁ~・・・、はぁ~・・・、はぁ~・・・。」

うな垂れながら暫く息を吐き続けていた。

「頼む・・・。A美。もう外してくれ・・・。喉渇いた・・・。」

「じゃあ私が飲ませてあげる。」

A美は俺に口移しで水を飲ませた。

何度か口移しで水を飲んだ俺は

「もう外してくれ・・・。」

「解った。」

A美はアイマスクを外した。

目の前に居るA美。

A美は後ろに下がりながら俺を見つめた。

A美は黒いボンテージを着ていた。

胸元が見え、ひらひらしたミニスカートのボンテージ。

赤い照明がA美のHなボンテージ姿を映し出していた。

A美はニコニコしながら

「私、綺麗?」

そう言いながら一回りした。

「・・・あぁ、綺麗だ・・・。」

俺は虚ろな目でA美を見ていた。

A美のいやらしい姿を見て興奮し勃起した。

「あっ、また大きくなってきた・・・。」

A美は俺に近付くと、唾液をチンポに垂らし強く扱き始めた。

「グチュグチュグチュグチュグチュグチュグチュグチュ・・・」

「A美!痛い!止めてくれ!」

A美は何も言わず唾を垂らしながら亀頭を扱き始めた。

「クチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュ・・・」

亀頭が段々と熱くなり何かが出そうになった。

「出る!出る!もう駄目だ!もう駄目だ!ああ~~~っ!!」

俺は身体を仰け反らし、もがき叫びながら熱い液体を大量に吐き出し続けた。

全身が熱く液体を出し続けている間の快感に俺は叫び続けた。

大量の液体を吐き出し終わると俺は気絶するように全身の力が抜けてしまった。

もう言葉を出す事も出来なかった。

ゆっくり息を吐くだけだった。

そうしているとA美は再び俺にアイマスクを付け、俺の両手首、両足の枷を外した。

俺は座り込んでしまった。

身体中が痛い。

ッチな広告

ッチなPR

ッチなPR