エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > 大学に入った頃 毎日やりまくった相…
投稿:2019-03-10(日)18:44

大学に入った頃 毎日やりまくった相手は友達の母さんでした。

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文
富山県/おっさんさん(40代)からの投稿

高校からの同級生と同じ大学に入り しょっちゅう泊りに行ってました。

その友達の父さんはお医者さんで ちょっと美人の母さんは40歳になったと聞いて驚くほど若く見え いつも優しく話しかけられ

いい母さんだなぁと羨ましく思ってました。

その友達から高校を卒業するころに

「母さんなぁ お前の事大好きみたいで また俺が同じ大学だと知って

喜んでたんだぞ」と教えられ 美人のおばさんだったので嬉しく思い

ある泊りに行った日に おばさんと二人の時に

「おばさんみたいな美人の人と付き合いたいと思ってるんですよ

いつも抱きしめたいって思ってました」と言ってみると

「えー いつでも抱きしめてよ 待ってるわ」と言われ

抱き付いてみました。

するとおばさんも抱きしめてくれ

「私の方が止まらなくなりそうよ ねぇキスしてもいい?」と言われ

もちろん 

「はい」と答えると舌を絡める激しいキスをされました。

おばさんのお尻を触ると もっと抱き付いてきて

スカートのファスナーをさげると じっとしてくれ

スカートを脱がし パンストをさげようとしたけど モタモタしてると

一旦おばさんは離れて 自分でパンストを脱ぎました。

正直 驚きました。

友達の母さんが 自分に脱がされ されるがままでした。

「おばさん パンティもいいの?」と聞くと

「誰も来ないかしら」というだけなので おばさんのまえにしゃがんで

パンティをおろし マンコを覗きました。

でも 2階からバタンっと戸が閉まる音がして 慌てておばさんはスカートを穿き 自分も何もなかったようにしてると 戻って来ない僕を心配した友達が探しに来たようでした。

「ごめんね お母さんが話しかけてたから長くなっちゃったわ」

おばさんがうまく誤魔化し部屋へ戻りました。

陰毛がべっちょりと濡れてて 赤黒い卑猥なマンコだったけど

やりたくてたまらなくなってました。

おじさんがお風呂だったし 友達は2階にいたので あんなチャンスは

もうないと思ってました。

その日はそれで終わりになり翌日帰るとき おばさんにアドレスを聞かれました。

そして翌日 ホテルヘ行き 自分は友達の母さんのマンコを舐め

チンポを入れて 中出しまでさせてもらいました。

それからおばさんとの関係がはじまりました。

途中 彼女が出来たことも何度かあったけど おばさんとは

やりまくりました。

友達の家に泊まった日も 目を盗んでエッチをしました。

大学を出て地方に自分が行くまでの約4年間やらせてもらいましたが

おばさん以上にエッチの相性が良い人がいないほどお世話になりました。

その友達とは今も仲よくしてますが 秘密です。

- 終わり -

ユーザー投票率:0.16%
アクセス数・ランキング
データ取得日:2019-03-25
集計範囲 アクセス数 ランキング
2019-03-25 54回 396位
2019-03-24 27回 -
2019-03-23 39回 -
週間 338回 552位
月間 5,721回 120位
年間 5,721回 4,080位
累計 5,721回 9,161位
全話:11,054件

ッチな広告

メント

1:名無しさん #GSEUBoc :2019-03-11 03:31:05

エッチの描写を詳しく!美熟女との濃厚プレイに期待した人もいるはず…

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

TOPの新着コメント欄への表示
表示する 表示しない

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチなPR