エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > 沢尻エリカ似の女医に縛られて何度も…
投稿:2019-03-07(木)00:09

沢尻エリカ似の女医に縛られて何度もイカされた実体験

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文
名無しさんからの投稿

実体験をもとに少し捜索を加味して書きました。

大学生のときに飲み屋街のケンカに巻き込まれて鼻を複雑骨折して入院しました。

1回目の手術が終わり、鼻の形を整えるために2回目の手術が必要だと診断され退屈な入院生活を送っていました。

それで俺の担当医がすごく美人な女医でした。

年齢は40歳ぐらい。実際はもっと若く見えます。

沢尻エリカをオバサンにしたような先生でした。担当医=沢尻先生と表現します。

看護師さんから聞いた話では、この病院に来る前は美容整形をしていたとのこと。

今は整形外科というより形成外科に詳しいと教えてくれました。

見た目は、クールで他人を寄せ付けないオーラがありましたが、意外に冗談を言う先生でした。

手術後に、こんなことがありました。

1回目の鼻の手術が終わり、数日後に診断でギブスを始めて外しました。

先生「あらっ、片山君!ショーンKみたいだわ!ウフフッ……」

と笑われました。

ショーンKとは数年前に人気のあったコメンテーターで経歴詐称と鼻の整形がバレてTVから消えていった人です。

イケメンなオッサンで主婦から人気がありました。

「???……」

先生「ごめんね、笑ってしまって。複雑骨折をしていたから、つなげるだけで手術を終えてるの。もう1回、形を整える手術をしるね。そうしたらショーンKよりイケメンになるから。ウフフッ……」

そばにいた看護師さんが鏡を渡してくれました。

確認すると、眉間の部分が腫れあがってショーンKのような鼻でした。

俺は不安になったので聞きました。

「先生、元に戻りますか?」

先生「削るだけだから、大丈夫よ。そのままでもイケメンだけど、そのままにして退院する?ウフフッ……」

こんなに笑う先生を始めて見ました。それに冗談をよく言うし

「えっ!?…元に戻りたいので、お願いします」

先生「わかったわ。せっかくだから前よりかステキな鼻にしようね。手術前に相談しましょう」

見たいな、やり取りがありました。

俺は一気に先生のファンになりました。

と、いっても年の差は20歳近いから単なる先生のファンになっただけですが

鼻の骨折で入院してたので身体自体は元気なので性欲の処理に困っていました。

オナニーをする場所がなくて困っていました。

相部屋の病室だと、落ち着かないし、精液の匂いでバレそうな気もするし、

トイレだと、いつ誰かが入ってくるかもしれないし、場所がありませんでした。

あるとき1階の売店に行った帰りに偶然いい場所を見つけました。

エレベーターに乗って5階の病室に戻るときに4階でドアが開き、5階だと思って降りました。

降りてっから間違いに気づき階段で病室に戻るときに車イス用のトイレがありました。

たしか4階は夜間は誰もいないから、ここのトイレならオナニーをできると思いました。

(やったーー!)とガッツポーズをしました。

さっそく作戦を立てました。

21時に消灯、23時に就寝確認のため看護師が巡回に来ます。

だから、23時過ぎの看護師の巡回が終わった後に行動開始にしました。

さっそく当日の23時過ぎに看護師の巡回が終わると階段を使って4階に下りました。

やはり誰もいないから通路の照明は非常灯だけでした。

誰もいなくて少し怖かったが、そんなことよりオナニーが最優先でした。

車イス用のトイレに入り、思い切りオナニーをしました。

久々だったのでタップリ出ました。

おかげで、その夜は爆睡でしたw

翌日も懲りずに行く予定をしていました。

21時の消灯時間以降に寝てしまい、起きたら日付が変わっていました。

俺はオナニーをしに階段を使って4階に下りました。

トイレに向かって通路を歩いていると人の声が聞こえました。

マジでお化けかとビビりました。

だって病院で亡くなった人は多くいるはずです。

人の声が聞こえる部屋は当直室と書いてありました。

ドアに近づくとドアが完全に閉まっていないから音が漏れていることが分かりました。

たしか今日の当直は沢尻先生のはずです。

苦しんでいるような声が聞こえてきました。

ドアのそばで聞くと喘ぎ声でした。間違いなく沢尻先生の喘ぎ声でした。

俺はムチャクチャ興奮しました。

好奇心が湧いてきたので冷静さを失いました。

ゆっくりとドアを開けると……、

なんと先生が裸で股間を触りながらオナニーしてるではありませんか。

先生は意外に肉付きがよくオッパイが大きいので俺好みの肉体だったので俺は一気に勃起しました。

興奮して先生のオナニーを夢中になって見ていると、何かの拍子でドアに足が当たってしまいました。

慌ててドアの隙間から顔を引っ込めました。

先生「誰かいるの?」

どうしようか迷いましたが、隠し通せないと思って中に入ることに決めました。

「あ、すみません、俺です」

先生「え、どうしたの、そこで何してるの?」

先生がオナニーをしてたので、俺も正直にオナニーの件を詳しく話しました。

「実は、ずっと入院してると…(中略)…で、ここのトイレでオナニーを……」

俺は怒られると思って覚悟したのですが、意外にも先生は、

先生「見てたの?」

「は、はい……」

先生「見られちゃったのね、じゃあこっちへ来て」

俺が中に入ると先生はドアをロックしました。

先生に言われるままに中に入り、ベッドのところへ行きました。

先生は裸のまま前も隠さずに堂々と俺の前に来て、俺の股間を触り始めました。

先生「まあ、大きくなってるじゃない」

先生の大きなオッパイと肉付きが良くてスタイルがいい身体を見れば誰だって勃起します。

「は、はい・・・」

先生「先生がスッキリさせてあげようか?」

「は、あ、…いえ、その……」

先生「先生のこと嫌い?」

「いや、そんなことじゃなくて……」

先生「じゃあ、どんなことなの?」

「その…先生は沢尻エリカみたいで超美人だと思います……」

先生「ありがとう。先生の裸を見といて、自分のは見せないの?」

「いや、そういうわけじゃ……」

先生「じゃあ、いいわね、先生のを見た罰よ」

いきなり先生俺のパジャマの下とパンツを一緒に下ろしました。

完全に勃起したチンポが顔を出し、垂直に近い状態になっていました。

先生「まあ、若いわね~、それに元気そうで、とても大きいのね?ウフフッ……」

そう言うと先生は俺のチンポを優しく握り、シコシコと手を動かし始めました。

ドクッ、ドクッと脈打ちました。

先生「わあ、すごいわ!久しぶりよ、こんな元気のいいおちんちんを見たのは」

先生のゆっくりと丁寧にシコシコしてくれました。

その華麗な手の動きを見てるだけで俺は射精しそうになってきました。

「あっ、先生、出そうです……」

すると先生はシコシコするのを止め、俺の前に跪いて、硬くなったペニスを口に含みました。

「ああああ~、気持ちいい、出そうっ」

先生「口の中に出していいのよ」

「ああ~っ、だめだ、出るっ、出るっ、あああ~っ」

俺は先生の口の中に思いっきり射精してしまいました。

すると先生は喉を鳴らして精子を全部飲み込んでしまいました。

先生「美味しかったわ、溜まってたの?」

「は、はい、まあ……」

俺は顔が真っ赤になり、恥ずかしくて先生と目を合わせられませんでした。

でも、下を向いていても先生の大きくて重みで少し垂れ下がったオッパイが見え、

肌も白くて、今まで見た同世代の女の裸と比べて先生の方が完全に勝っています。

先生「今日のことは内緒よ。いいわね?約束を守らないと手術をしてあげないから。そうすると、ずっとショーンKのままだよ。ウフフッ……」

「はい、誰にも言いません」

先生「でもまだ終わりじゃないのよ」

「え、終わりじゃないって?……」

先生「男は女を満足させなきゃいけないの」

「え、満足させるって?」

俺はその時、今から始まることを少しは予測できましたが、

まさか先生がこんなことをするなんて……

先生は俺をベッドに仰向けに寝るように言ってきました。

俺はパジャマを全部脱ぐとベッドの上に大の字にさせられました。

先生は非常用の装備がある箱から黄色と黒色の2色のロープを出してきました。

まずは片方の手首に紐を結びつけ、ベッドの足に括り付け、もう片方の手首も同じようにしました。

そしてアイマスクで目隠しをされ、両足も同じように紐で括り付けられ、俺は身動きが取れなくなっていました。

目隠しのために何も見えないので、何をされるかと心臓がバクバクして今にも破裂しそうでした。

俺は先生に対する気持ちが一気に崩れ落ちました。

たしかに先生の顔はMというより断然にSだよなと思いました。

すると先生が俺の下半身のところに来て、勢いをなくしたチンポを握り、フェラチオを始めました。

それもネットリとした舐め方で、グチュグチュ言わせながら。

先生「ああ~、またすぐに大きくなったわ~、若いっていいわね~」

先生はだいぶ興奮しているのか息も荒くなってきました。

先生「あ~、美味しいわ~、気持ちいい?」

「は、はい…すごく、いいです」

目隠しをされてるから余計に感じていました。

先生「硬いのね、久しぶりだわ、こんな硬いのは……」

先生はネットリと舐めながら、玉袋も優しく握ったり揉んだりしながら、

時には舌で玉袋を吸い上げるように舐めたりしてくれました。

さっき射精したばかりなのに、あまりの気持ちよさに、またこみ上げてくる快感を感じました。

「ああ~、先生!また出そうです」

先生「いいのよ、全部出していいのよ」

先生のフェラチオはさらに加速し、俺はこれまでに味わったことのない快感に包まれながら2回目の射精を迎えました。

先生「溜まってたのね、いっぱい出たわよ」

先生はまた精子をすべて飲み干すと、ペニスを口で綺麗にしてくれました。

ティッシュは1枚も使いませんでした。

そして今度は俺の顔の前に先生のアソコが近づいてきました。

シックスナイン(69)のような体勢です。

先生「さあ、今度は先生も気持ちよくさせてね」

縛られているので両手は使えませんでした。

顔を少し起こして先生のオマンコに口をつけ、舌でクリトリスであろう辺りを舐めました。

すると先生はまたフェラチオを始めました。

俺のペニスはすぐにまた硬くなってきました。

先生「わあ~、また大きくなったわよ、すごいわ片山クン、早く欲しいわ~」

一生懸命先生のオマンコを舐めていると、オマンコから汁がいっぱい出てきて、顔が汁で濡れ濡れになりました。

先生「あ~、そう、そこよ、もっと吸ってちょうだい」

「あ、こうですか、これでいいですか?」

先生「あ~、だめっ、ああ~、イクッ、イキそうよ、あ~、ああ~っ、イク~ッ!」

先生は絶頂に達したみたいでした。

しばらく先生の体がピクピクと痙攣していました。

数分が経って、先生は俺の少し萎んだチンポを口に咥え、また俺が勃起すると、今度は俺の上に馬乗りになりました。

俺のチンポはヌルっと先生のオマンコに吸い込まれていきました。

先生「あああ硬い~、やっぱり若いのはいいわ~」

先生の腰の動きはだんだんと加速していきました。

「先生、その締め方はダメです!出ちゃいます!」

先生「出してもいい!あん、すごくイ~よ。ああああっ、あん…」

「わぁ~!先生のオッパイ、すごく揺れてる。揉みたいから、ロープを外してください!」

先生「わ、わかったわ!今、外すから…」

先生は手のロープをほどいてくれました。

そして先生の汁で濡れた俺の顔を拭くと、いきなりベロチュウをしてきました。

先生はキスまでSになっていました。

今度は俺の顔は先生の唾液で濡れ濡れになりました(笑)

俺は、顔が先生の唾液だらけだと思うと嬉しく感じました。

俺って、もしかしてMなのと思いました。

先生は身体を起こすと腰を動かし始めました。

俺は激しく揺れる先生のオッパイを逃がさないように揉みました。

先生「もっと強く揉んでいいわよ!あ~ん、あん、いいわ~!…」

先生の激しく揺れるオッパイを動かなくするように、ギュッと強く揉みました。

先生「ねえ、起き上がって乳首もお願い!…」

先生の指示通りに俺は上半身を起こして先生の乳首を舐めまわしました。

オッパイが激しく揺れるので、ガッツリ鷲づかみをして舐めまわしました。

ピンク色した乳首は、すでにコリコリ、ビンビンで吸い付きました。

先生「あぁん、あ~ん、もっと吸って~!…」

チュウチュウと強く吸い付きました。

先生「あん、乳首が伸びちゃう!あ~ん、でもイイ~!」

思う存分にオッパイに触れ合えたので、また仰向けになりました。

俺が仰向けになると先生は腰を動かしやすくなったので動きが激しくなりました。

「ああああ~、気持ちいい、出そうっ」

先生「あぁ!私も出そうよ!止めてぇぇ!腰止めてぇ!」

「俺は止めてます。先生の腰ですよ。先生が止めなきゃ無理です!

先生「ち、違うぅ!イキ過ぎて痙攣が止まらないのぉ!ダメぇ!」

「先生、ヤバいです!止まって下さい!」

先生「止めてぇ!壊れるぅ!いやぁぁ!アアッ、イク!…」

「先生、止まって下さい!出ます!」

先生「ダメダメ!やめてぇ!いやぁ!」

「イク!イキます!」

先生「ダメ、イクからね。イキそう…イク~ッッッ!…あぁん…」

先生がヒックヒックと痙攣しながらイキ果てました。

お互いに腰の動きを止められないまま、物凄い勢いで子宮に出されました。

俺は3回目の発射でした。先生の性欲が凄すぎます。

先生が汗だくのまま俺の上に重なってきました。

まだチンポは先生の中です。

「一滴も残さず、中に出していいからね!チュッ……」

しばらくしてから当直室を出ました。

これから先生が当直の日が楽しみになりました。

- 終わり -

ユーザー投票率:0.30%
アクセス数・ランキング
データ取得日:2019-03-26
集計範囲 アクセス数 ランキング
2019-03-26 14回 1,997位
2019-03-25 15回 -
2019-03-24 21回 -
週間 129回 1,681位
月間 6,919回 78位
年間 6,919回 3,222位
累計 6,919回 8,352位
全話:11,066件
前後の話
次の話(2019-03-07 01:07:00)高2の私にセフレができたとき

ッチな広告

ッチなPR

ッチなPR