エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > ストッキングフェチのサラリーマンの…
投稿:2019-02-08(金)16:53

ストッキングフェチのサラリーマンの話

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文
東京都/パンストさん(30代)からの投稿

35歳サラリーマンです❗

私のフェチ話を少々。

過激なエッチ描写はないので

興味のない方はスルーして下さい。

私は女性に興味を持ち始めた時から

足フェチです。

それも何故かストッキングを履いた足に

ゾクゾクするフェチです。

しかも黒ストッキングには興奮しません。

足が透けて見える

ベージュ系ナチュラル系じゃないと

ダメなんです。苦笑

生足全開の100点のルックスの女性より

70点でもストッキングを履いてる女性に

目が行ってしまいます。

高校時代は生足紺ソックスの女子より

タイトスカートにストッキングを履いてる

若い女教師でオナニーでした。

社会人になり

会社勤めとなりオフィスの女子社員は

全員ストッキング着用です。

まさに天国です。

ただし冬は黒ストッキング着用率が増え

ガッカリなんですが・・

ストッキングフェチには2つの願望があり

1つは

お気に入りの女性が履いてたストッキングをゲットしてエキスと匂いが染み込んだ

ストッキングを堪能。

もう1つは

ストッキングを履いた足を徹底的に愛撫。

どちらもフェチの願望。

私は30歳で結婚しました。

親戚から紹介された沙織(当時27歳)

大人しい性格でストッキング着用率が

高く気に入って結婚。

しかし沙織は育ちの良い家柄の娘で

エッチは神聖な行為と考える性格。

とても私のストッキングフェチを

カミングアウトアウトして

ストッキングプレーを頼める雰囲気では

ありませんでした。

まだ子供が産まれる前

働いていた沙織が帰宅して

脱いだストッキングをこっそり

トイレに持ち込み匂いを嗅いで

オナニーするのが楽しみでした。

しかし子供が産まれ

ストッキングを履く機会がほとんど

なくなり欲求不満が溜まりました。

そんな時、

パンストプレーの風俗を発見!

我慢出来ず入店。

そこで奇跡が!!

一年前に退職した元同僚の香織(29歳)が

現れました。

お互いにビックリ!!!

香織は会社で私の中では歴代No.1の

ストッキング足美人でした。

「香織さん?」

「主任・・」

香織は退職後、昼は派遣でオペレーター、

夜はたまーにこの店でアルバイトの

生活との事。

「ビックリ・・主任とここで会うなんて・・それにここに来ると言うことは

足フェチストッキングフェチ!笑笑」

「俺だってビックリだよ!まさかだよ。」

「へえ〜主任がストッキングフェチだったとは意外!笑。会社で女子社員も私も

エッチな目でストッキングを履いた足を

見られてたんだ〜笑。」

「香織さんもなんでここで?」

「高給だし。エッチなしだし。笑

それに足が綺麗とよく言われてたから

需要があるかな・・みたいな。笑」

「確かに香織さんの足はNo.1だよ。

俺の中では。」

「嬉しい!笑・・じゃあさっそく・・

ストッキングはナチュラル?黒?網?

柄系?どーしますか?」

「ナチュラル系がいいな・・それと

昼間職場で履いてたやつがいい!」

「え!そんな事言われたの初めて!

う〜ん・・お世話になった主任だから

特別ですよ。」

香織はバッグからナチュラルストッキングを取り出しました。

「目を閉じて!」

「ああ!」

そして目を開けると

ナチュラルストッキングを履いた

ミニスカートの香織が!!

「ああ!いい!・・」

「足だけなら何してもいいよ。

それと足以外をおさわりしたら罰金取られるから気を付けてね。」

椅子に座った香織のナチュラルストッキングに包まれた太ももをタッチ!

ふくらはぎをタッチ!そして愛撫!

「ああ!いい!香織さんのストッキングを履いた足をこうして触りたかった!」

頬擦り、おさわり、愛撫の繰り返し。

そしてつま先へ!

クンクン匂いを嗅ぐと

「あ!恥ずかしい!今日1日履いてた

やつだから・・」

香織のストッキング越しのつま先を

舐めて匂いを嗅いで

堪能。

「最高だ!香織のストッキングを履いた足をやっと・・!!」

ミニスカートをめくると

ナチュラルストッキング越しに

黒いパンティ!!

「このパンティは私物?」

「そうだよ。パンティは黒と決められてるのこの店。苦笑・・あ!主任!パンティに

触れたらダメですよ。見るだけですから。」

「そうか・・ストッキングと足を楽しむ

店だからな・・苦笑」

あっという間に30分

プレータイムオーバー

「あのトイレで放出してスッキリして

下さい。笑・・」

「香織さん!次の出勤日は?」

「次は木曜日。」

「また来る!」

「指名料金2000円だよ。笑

私に入るシステム。笑」

「いくらでも出す!」

木曜日が待ち遠しい・・苦笑

- 終わり -

ユーザー投票率:0.23%
アクセス数・ランキング
データ取得日:2019-02-20
集計範囲 アクセス数 ランキング
2019-02-20 38回 578位
2019-02-19 36回 -
2019-02-18 53回 -
週間 289回 628位
月間 1,765回 547位
年間 1,765回 9,670位
累計 1,765回 10,693位
全話:10,762件

ッチな広告

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチなPR