エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > 妻の生まれて初めての性感マッサージ…
投稿:2019-01-06(日)16:40

妻の生まれて初めての性感マッサージ実録体験談

この体験談のシリーズ一覧
1:妻の生まれて初めての性感マッサージ実録体験談
2:妻が病院で本当にあった屈辱的な生け贄体験談

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文
たくちゃんさん(40代)からの投稿

私は普通の会社員で、妻は30代後半で2人の子供の母親でもあります。

普段の妻は真面目で大人しくて、藤谷美和子似の小柄で可愛くて清楚なんです。そんな妻と知り合ったのが、妻が短大を卒業し就職したばかりのころ、チョイとしたきっかけで知り合い5年程付き合って結婚し、今では家族4人で幸せで何の不満も無い生活なんですが、私の性癖が芽生えだしたのが5年ほど前で、きっかけは妻の過去を飲んだ勢いで何もないだろうとなと思い問いただしてみると、なんと妻は学生時代にサークルの先輩に処女を奪われ、それから1年間肉体関係を伴った付き合いだったと酒を飲んで、今まで胸にしまって私には秘密にしてたことを、ぽつぽつと告白しました。

私は、の中は真っ白で、無性に妻に興奮を覚え無我夢中で抱き寄せキスをし、着てる服をすべて脱がし直ぐに繋がってました。

私はSEXの際に興奮のあまり、妻にその男と初回は何処で処女を挙げたのかとか、その時は抵抗はしなかったか、付き合いだしてからSEXのペースは、学生時代だからラブホはそうは行けないから何処でしてたんだとか、執拗に聞き妻が返答するまで耳打ちするように問いました。

妻は最初は言おうとはしませんでしたが、Hしながらなので妻も興奮の勢いで洗いざらい言い出しました。

あの真面目な妻が、18歳のころ短大に入ったばかりに系列大学の4年生の先輩だから学生なので、ラブホ行く金もそうは無いのではと聞くと、友人の

車や親の車の中が多かったと告白しました、カーSEXでシャワーも浴びてない身体をお互い舐めあったそうですが、経験のない妻は言われるがままやってたそうです。そんな関係も、4月から翌年の2月くらいまでの約10か月間毎日続いたとそうですが、先輩も3月には卒業し大手企業に就職で上京し妻の学生時代の良い夢が終わったそうです。

妻は別れて短大卒業するまでは誰とも付き合わなかったと、私が寂しかっただろうね、特にH漬けの日々を10か月続いた後なので、特に私と知り合うまでは、欲しかったんだろうと聞いても。何を言うのと睨みかけしましたが、身体は正直で余計に興奮して久しぶりの燃えたSEXでした。

妻の過去を一度私に話したことがきっかけで、普段真面目な妻がSEXの際は

私が妻が興奮したころに過去の話を持ち出して、先輩のモノと私のモノはどちらが大きいとか、テクニックはどちらが上手いかとかいろいろと妻の口から聞き出しながらのSEXがお互いのマンネリ防止になってきてました。

でも、そんなSEXもいつまでは続きませんネタ切れになり白けてしまい。

そこで、本当に他の誰かとHしたら妻はどの様に変貌するのか見たいと思うようになり、Hの際は妻に交際紙をみせたり、夫婦交換のAV見せたりしたんですが全然乗って来ません。

私の考えてること判ってます、その手には乗りませんし、子供のこと考えたらできるはずないでしょうと言います。もう、学生時代はもう過去のこと

いつまでも、そのようなこと考えても私は絶対に嫌です、二度と言わないでと言い切りました。

でも私は、あの光景を目の前で妻が・・・・・な興奮を直に味わいたい気持ちが捨てきれずに、そこで方向を変えても同じくらいに興奮が味わえるのではと思い、ネットで色々と掲示板やサイトを見てるうちに、これだと思うのがありました。

それは、性感マッサージです。

でも、どうやって持っていくかとかネット掲示板で皆さんの経験談を参考にし、先ずは妻と結婚10周年のお祝いをやってなかったことに気づき、妻に泊りで温泉に入れる旅行をしようと提案しました。

子供は実家から母に来てもらうと言ううことで、ある有名な温泉へ行く計画を、私はネットで性感マッサージが旅館等へ来てもらえるところが無いか入念に調べ、そして若いマッサージ師は妻が警戒し見てドタキャンしそうなので、年配の方を探しました勿論、性感までやってくれそうな方をね。私は探した方から数件TELをし最寄りの温泉旅館かHOTELに来れるか尋ねて、やはり旅館などは指定のマッサージさんが居るから厳しいと言ううことで、でも有りました逆にマッサージさんから出入りできる旅館を指定していただき、そこに泊まることで計画しました。

問題の性感は最初から言えないので、ご褒美にお互い旅館でマッサージさん呼んで施術しようかと提案しましたが、妻はマッサージは身体に触れるのでしょう嫌だなと、貴方だけしてくださいと言うし。

説得しても一進一退なので、とりあえず当日の気分次第で熟年マッサージさんが条件と言ううことだけ妻が了解し、どう転ぶかわからないけど行くことしました。

旅行当日になり、朝から妻も機嫌が良くてテンションも上がってます。

私の頭は今夜のマッサージ呼べるかが、久しぶりの2人きりの旅行で昼間、あちこちと観光し随分歩き回り旅館にたどり着く頃は、妻もかなり足腰が痛いとか言ってて、これは流れが良いかなと。食事前に別々の大浴場に行くことに、妻にはゆっくり入ってきてねと、私はそこそこ身体洗って出てきて、直ぐにマッサージさんへTELしました。

そこの旅館は出入りしてるし、お客さんに以前施術し名刺渡してたので直接連絡いただいたと旅館に言うから心配いらないと言うことで、先ずは一安心

次に妻と食事し酒を飲みます、妻は酒は好きなんですが弱いから、すぐにほろ酔いになるから、それからマッサージさんを呼ぶことにしました。

先ずは私を簡単に施術してもらい、妻は横で布団に横たわってますから、その状態になってたら施術してもらうよう事前打ち合わせしてました。

妻も風呂から上がり、部屋での夕食です。先ずは生ビールで妻と2人で乾杯

食事しながら、ワインも妻は好きなので飲もう今夜は2人きりだからね、お祝いだしね、妻も旅先であることから弱い酒を私がグラスに注いであげるから飲んでましたね。

いい気分になったころ、私が疲れとるのにマッサージさん呼ぼうか、妻はあなただけにしてねと言います、予想通りです。

でも、熟年の方なら良いと言ったでしょ、一応TELで聞いてみるねと私が、直ぐにかけましたマッサージさんとは初めて電話するように値段や時間など最後にお歳は失礼ですが、おいくつですかと(本当は知ってるのに)、妻に67歳だってと言いました。妻は嫌とも言わず、もうぼ~っと聞いてました、取り敢えず私がマッサージ受けるから連絡するからねと妻に言って、

じゃ1時間後来ていただくようお願いします。

熟年の方だからHな目で見ないし、今日歩き回ったから足腰痛いでしょう。

もう、こんな機会ないよと妻に、妻も「「そうね」と本当に足が痛いらしくて旅先でと言うこともあり、半分は眠気顔でお酒のせいですね。

部屋はふすま挟んで2間あり、もう隣には布団が敷いてありました。

妻に眠い・・・・向こうで休んでおこうか、マッサージさんに施術していただくからと、妻を抱き起して布団へ・・・妻も辛いのか、嫌だとは言いません。かけ布団をはいで横たわる浴衣の妻が、私は持参してるビデオカメラを三脚にセットです。マッサージさんが来る前に準備をとシーツがオイルで汚れない様バスタオルを2枚脱衣場から、小さいタオルもね。(事前打ち合わせ通り)妻の下着は事前に 脱がせないから、その時の流れでお任せです。まだ来ないかと時間ばかり気になってましたが、妻は今にの眠りそうな顔、もう、マッサージさん来るよ施術してもらうからね、良いね。妻も眠そうな顔で、ついにお願いしますと言いました。

判った、私より貴女からしてもらうからね。(最初から、そのつもりです)

しばらくして、受付から電話が鳴り、直接連絡いただいたマッサージさんが来てます、通して良いかとの連絡と施術代一人4000円は直接渡さないでくださいの連絡でした。はい、了解です

すると、ドアノックが・・・・」もう、心はピンポンです(ワクワク)

ドア開けると、思った通りの熟年マッサージ(Aさん)です。

なんとなく妻の父親に似た、本当に父親世代ですよね、やや上ではありますが、早速部屋に通しました。

今夜は2人と思いましたが、妻に私の分も時間かけて(嫌がらない事願いつつ、できるところまで)お願いしますと私が言いました。

了解しました(Aさん)

妻にマッサージさん来たから、施術してもらうからね良いね。

妻はお願いします。(も~びっくり、筋書き通りで)

Aさんは妻にうつ伏せになるよう促し、先ずは肩に手ぬぐい乗せて揉み解してます、私はビデオをAさん了解のもとスイッチONです。

隣室のふすま開けて、ビール飲みながら見てます。

両部屋の灯りは点いたままです、そなんことも気づかない妻です。

肩から両腕、背中、腰、お尻と入念に揉み解されてます。普通らお尻触った時点で終了ですが妻は何も言わず、半分寝てるのかなと思ったくらいです。

太ももが片方づつ少し左右に開かれ、その間にマッサージさんが入り、片方の臀部から太ももへマッサージを私が立ち上がり覗くと、開いた脚の間から白いパンツがハッキリ見えてます、でも、そんな状態でも妻は気づきません。良い光景です。しばらくして、妻を仰向けになるよう言ってます、妻も、それに答えて仰向けに。浴衣の前が大きくはだけてパンツも丸見え、湯上りで妻はいつもブラしないのです寝るだけだからと、今夜もおなじです。

30後半にしてはいい形の大き目の乳房が浴衣からはみ出てます、私もお~っと思いましたが、この光景が見たくて。

マッサージさんは慣れた手つきで先ずは浴衣の裾を太ももを直し、大きくはみ出たおっぱいは直接手に触れて、元の位置に直しているようでした。

妻の前のほうも上から順に入念にマッサージしいきます、手順通りに進みます。脚のほうに行ったときは妻の片方の太腿を正座したAさんの太腿の上に持ち上げてマッサージです。ここまでくれば妻のパンツも隠しようがないですね。Aさんもじっくり妻のパンツを眺めながらのマッサージのように見えました。

一通り済むころは、妻も目を閉じたり開けたりで、気が付いてるのかどうか不明状態です。

私は、Aさんに続きをお願いしました。

オイル使ってやりますよと、はい、お願いしますと妻に変わり言いました。

Aさんは妻の浴衣を素早く取ると、妻をパンツだけにし、またうつ伏せにします、オイルを垂らして妻の身体に・・・・ヌルヌルからテカテカに光る妻の身体が厭らしくも見えます。

お尻付近に差し掛かるころは、Aさんが妻のパンツを何も予告なくスルッと脱がして、大きいお尻が露になりました。

お尻にもオイル塗りながらマッサージ、Aさんは妻の股間の間に正座した形で座り両臀部を掴んだり揉んだり左右に掴んで大きく開いたり、何だか見てると、Aさんは臀部を大きく開いたりして前かがみになって妻の性器をじっくり見てるようでした、いや、観察してましたね。

非要以上に臀部を開いたりしてるから、あそこからヌチャヌチャと音がハッキリ聞こえます、でも妻は気持ちよさそうな顔で目をつぶってます、時々開けますが。私が妻の傍に行き気持ち良いかいと尋ねると、妻が「うん」といいます、もっと気持ち良くしてもらおうかと尋ねると、やはり「うん」でした、酒の力は魔力です、普通は考えられません絶大な効果です。

妻を今度はAさんが、仰向けにします、バスタオル掛けてた身体が生まれたまんまの姿に、ビデオを撮り角度を変え妻の表情も撮ります、部屋は明るく妻の身体の隅々まではっきり見えます。

Aさんも、今まででこれほど明るくし施術したのは無いのではなかろうかと言います。

う、私少しやりすぎかな、Aさんにサービスしすぎかなとは思いましたが。

良いの見たし、さ、ここから妻の身体を表にし最後のサービスです。

オイルで首元から妻の乳房、乳首、脇、両腕と優しくオイルマッサージをしていきます、お腹や腰回りするころは、股間に置いてたタオルを取り上げ何故かお腹にタオルを置かれました。

最近手入れも行き届いてない陰毛が露に、Aさんは妻の脚を左右に大きく開いて股間の間に正座です、両手に少量のオイルをつけ露になった性器回りを優しく撫でてます、両手で割れ目を左右に大きく広げAさんは、前のめりになって間違いなく妻の性器を品定めしてます、時には妻の顔と交互に見ながら、Aさんも商売とは言え男なんです。聞けば、最近30代の女性の客は少ないと殆ど50代60代と聞きました、Aさんも趣味と嗜好を兼ねて妻を弄んでるのだなと思い、見ていて射精寸前でした。

最後にクンニや指を使って、妻は感じてましたお尻の方までヌルヌルと流れるものが有って。そっと耳元で気持ち良いねと尋ねると、悩ましい声で気持ち良いと。来てよかったね「うん、良かった」と最後に聞けたのが最高です。

Aさんが帰った後は妻は朝方まで寝てました。

余韻薄れる前にHしたのは早朝です、Aさんのこと知ってたかどうかは未だ不明です。

ビデオのことも私の宝物で妻に見せてません、怒って処分する可能性が有るので言えません。真実は何も言わぬ妻だけです。

また。いつか計画しようと考えてます。

続き:妻が病院で本当にあった屈辱的な生け贄体験談

- 終わり -

ユーザー投票率:0.17%
アクセス数・ランキング
データ取得日:2019-01-21
集計範囲 アクセス数 ランキング
昨日 47回 460位
週間 339回 561位
月間 3,465回 258位
年間 3,465回 6,545位
累計 3,466回 9,978位
全話:10,447件
この体験談のシリーズ一覧
1:妻の生まれて初めての性感マッサージ実録体験談
2:妻が病院で本当にあった屈辱的な生け贄体験談
前後の話
次の話(2019-01-06 18:19:29)憧れていた同級生の秘密
前の話(2019-01-06 14:30:42)カトパン似のネット友達の耳掻き

ッチな広告

メント

1:名無しさん #Ioc5eSE :2019-01-06 16:51:41

登別温泉にお越しの際は是非

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチなPR