エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > SMプレイへの憧れ。S先生との思い…
投稿:2018-12-16(日)22:54

SMプレイへの憧れ。S先生との思い出。グラマー美人な女教師のトイレ覗き、続き

この体験談のシリーズ一覧
1:グラマー美人な女教師のトイレ覗き
2:SMプレイへの憧れ。S先生との思い出。グラマー美人な女教師のトイレ覗き、続き
3:SMプレイへの憧れ。グラマー女教師のトイレ覗き。完結編

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文
名無しさんからの投稿

前回の話:グラマー美人な女教師のトイレ覗き

そういう訳で俺はS先生の虜になった。

クラスの女子には目もくれずに、S先生のことばかり考えて毎日オナニーしていた。

そこで僕はS先生が顧問を務める水泳部に入部した。部費も結構安かったし、少し体を鍛えたかったというのもあったから。まぁS先生の近くにいたいというのが大きな理由だったんだが。

入部届けを持っていくと、S先生は驚いていたよ。

「俺君、水泳興味あったの〜?知らなかったわよ笑 でも頑張りましょうね!」

「はい、お願いします。」

「じゃあ、放課後ね!」

こういう訳で僕の部活生活が始まった。

活動は楽しんだよ。先輩も優しかったし、部員数も少なくてアットホームな部活動だった。それなりに練習はしたし、体力も少しは向上した。まぁ強豪校が近くにいて、試合にはあまり勝てなかったけど、部員の奴らとの練習は楽しい時間だった。

でもS先生が練習に来る時だけは、なかなか身が入らなかった。大抵もう一人素人の顧問の先生が適当に見に来るんだけど、金曜と土曜はS先生が見に来てくれる。それにたまにだけど、一緒に練習しながらコーチしてくれるんだ。もちろん競泳水着で。興奮せずにはいられない。ぴったりした競泳水着に包まれたS先生の肉体。肩幅は広くて、筋肉が美しい。セクシーな腰とくびれ。そしてとにかく大きくて綺麗なお尻。外国人のような大きな骨盤、上向きで肉厚な尻肉。キュッと締まったアスリートのお尻だ。やや日焼けした綺麗な肌も綺麗だった。

そして、何よりS先生は速くて美しい。

フォームがとても綺麗だし、無駄がない。さすが元選手だったはずだ。初心者の僕とは圧倒的な力の差を感じたよ。

金曜と土曜の練習は人一倍頑張った。S先生に褒めてもらうのは嬉しかった。そしてチラチラS先生の競泳水着姿を見て、楽しんだ。

加えて僕が嬉しかったのは、S先生の厳しいコーチングだ。普段授業ではとても優しいS先生だけど、練習だといつもだと見せないような厳しさになる。たまに怒号を浴びせることもあるし。S先生の考える練習メニューはとにかくきつかった。いつもヘトヘトになる。でもS先生にしごかれるのが快感だったりもした。

一番の思い出は春合宿だ。

先輩はもう引退でおらず、1年生は入学前だから、参加するのは僕たち2年生だけ。参加者は2年男子3人、女子2人の5人だけだった。プールの施設がある民宿を借りて行われた。指導してくれるのはもちろんS先生、そして友達の女性コーチが一人来てくれた。学生時代の友人らしい。

S先生が一人一人にアドバイスをくれ、メニューも別々だった。僕以外の男子と一人の女子は昔からやってて結構速い。上級者コースで、もう一人の女性コーチにみっちりしごかれていた。俺ともう一人の女子は基本の泳ぎはできだけど、途中入部でほぼ競技の初心者。半年経っても遅い方だったから、S先生担当でみっちり教えてくれたんだ。

この時間がよかった。もちろん練習だから頑張ったけど、ところどころ気が散ってしまったよ。

まずは筋トレ。これがなかなかきつい。ガリガリだった俺は、ちょっと負荷がかけるだけで、筋肉ぷるぷるいってるし、なかなか続かない。。

「ほら頑張れ〜あと少しだぞぉ〜しっかりね〜!!」

「うぅ、48、ハァハァ、49、、、ハァ、50。。。」

「はい!はい!次行くよ〜!」

「え〜ちょっと待ってくださ、ハァハァ」

「もー情けないね〜ほらっ!」

そこでちょっとS先生をからかってみた。

「ハァハァ、きついですもん〜。先生も見ているだけじゃなくて、一緒にやってみて下さいよ〜?口ばっかでS先生はできるんですか〜??」

S先生は女性だし、いくら元選手と言えども筋トレでは負けるわけないと思っていた。

「も〜何言ってるのよ!じゃあ一緒にやるよっ⁇」

「は〜い」

「じゃあ1〜、2〜、3〜、4〜、5〜」

S先生と並んで筋トレ開始。でも20回を超えるあたりから、ちょっとつらくなる。ぷるぷるして、きつい。

しかし横のS先生は全くスピードが落ちないで、綺麗なフォームで回数を増やす。

するとS先生は俺をみながら、「ほらちゃんと起き上がりなさいっ!こうやって、ほらっ?」

とても簡単そうに涼しい顔で腹筋の回数を重ねていく。

反対に僕は40回目で、もうフラフラだ。

S先生はとっくに終わって、仁王立ちで笑いながら見下ろしている。「もう俺君!遅いよ!私もうとっくに50回終わってるよ〜!笑」くそっと思いながら横を見ると、S先生の柔らかそうな逞しい筋肉に包まれたムチムチ太もも。そしてその先には呆れた顔が見える。

「うぅ、、もう、、ギブです。。」

「ダメッ!もうほらっ」

と言いながら、S先生に補助してもらいながら、残りの回数をなんとかこなした。。

「もう情けないなぁ〜、男の子でしょ!もうっ〜!」

その後の筋トレもS先生と一緒にやったんだけど、僕はギブアップする一方で、S先生は簡単にこなしていく。

そして最後に言われたよ。

「俺君。情けなさすぎ。もっと頑張らなくちゃ〜」

なんか圧倒的な力の差を見せつけられた気がした。いくら大人とは言え、S先生は女性。男の僕が力では負けるはずないとどこかで思っていた。圧倒的屈辱だったよ。筋トレで負けるって、男のプライドズタズタ。。。フラフラの僕を置いて、先生は涼しい顔して、他の生徒のところでコーチングしている。

S先生は戻ってきて、

「じゃあ休憩ね!はぁいお水♡」

「ハァ〜ありがとうございます」

椅子に座りながら並んで休憩した。

椅子に腰掛けながら、下を見るとスクワットしてぷるぷるの僕の太ももが目に入る。貧弱で細い太もも。ふと横を見ると、全く疲れを知らないS先生の逞しい太ももが並んでいた。競泳水着の股の食い込みがとってもエロい。股から伸びる脚はムチムチで逞しく美しかった。太さは僕の2倍弱だ。比べていたら情けなくなって涙が出てくる。

その後数本レースをした。一本目はいい勝負だったが、これはS先生が横のレーンの僕を見ながら手加減していたのだ。悔しかったから、2本目はS先生に本気を出してよとお願いしたが、当然敵いっこない。みるみる引き離され、相当なタイム差だった。悔しくて泣きたくなった。

S先生の逞しさをいろいろ見て、自分が情けなくなった。今日の筋トレ勝負やこの前見た排泄姿の覗き見から生まれた、逞しいS先生に対する憧れの感情。女性的で美しいけど、逞しい肉体。男性なのに僕は女性のS先生に体力で敵わない。常に下なんだ。という意識が芽生えていた。

女性に力で負ける屈辱。でもそれがどこか気持ちいい。こうしてまた一歩僕のMっ気は大きくなっていった。

続き:SMプレイへの憧れ。グラマー女教師のトイレ覗き。完結編

- 終わり -

ユーザー投票率:0.07%
アクセス数・ランキング
データ取得日:2019-04-24
集計範囲 アクセス数 ランキング
2019-04-24 6回 6,018位
2019-04-23 4回 -
2019-04-22 7回 -
週間 35回 6,421位
月間 179回 6,056位
年間 4,920回 4,758位
累計 4,920回 9,857位
全話:11,340件
この体験談のシリーズ一覧
1:グラマー美人な女教師のトイレ覗き
2:SMプレイへの憧れ。S先生との思い出。グラマー美人な女教師のトイレ覗き、続き
3:SMプレイへの憧れ。グラマー女教師のトイレ覗き。完結編
前後の話
次の話(2018-12-17 15:27:28)私が、犯した過ち。肉便器になる私。

ッチな広告

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

TOPの新着コメント欄への表示
表示する 表示しない

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチなPR