エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > 桜庭ななみ似の美人の姉と風呂場で生…
投稿:2018-12-15(土)00:01

桜庭ななみ似の美人の姉と風呂場で生中出しセックス

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文
岡山県/翔太さん(20代)からの投稿

俺と姉は5歳年の差はあるが、小さい頃から仲は良く、買い物等にも良く一緒に行く。

俺の名前は、翔太。

お笑い芸人のジャルジャルの福徳に似ていると言われる。

姉の名前は、なつき。

並の芸能人よりも美人。

グラビア?女優?の桜庭ななみに似ている。

俺が、17才の頃、

ある日の夜、学校から帰ってきた俺が風呂に入っていると、扉が少し開き、

「翔太!、早くお風呂上がってよ~」と、姉の声がした。

部活で疲れて居たから、のんびりしたかったが、「判ったよ~」としぶしぶ返事。

5分後、体を洗おうとした時、今度は、

扉が全開に開き、姉が全裸で風呂に入って来た。

(風呂だから全裸は、当たり前だが・・・)

突然の事に、「うわぁ!」と驚き、慌てて浴槽に飛び込んだ。

俺の慌ててると、姉が、「何でそんなに慌ててんの?」と大笑い。

俺が、「ね、姉ちゃん!な、何で入って来るんだよ~」と言うと、姉が、「この後、見たい番組が有るから、その前にお風呂入っちゃおと思って!」と言いながら、

姉は、身体を洗っている。

俺が諦めて、風呂から出ようとすると、姉が、「身体洗ったの?」と聞くので、「まだだけど、姉ちゃんの後で入るよ!」と言って風呂から出ようとした。

すると、腕を捕まれ、「汚ないなぁ~!身体、洗ってあげるから、こっちに座りなさい!」と言われ、椅子に座らされた。

椅子に座ると、姉と対面になり、

『巨乳』とまでは行かないが、Cはある、形の良い胸が、目の前に!

俺は、見てない振りをしながら、

「も~、自分も身体くらい自分で洗えるよ~」と俺が言うと、

「ダーメ!お姉ちゃんが綺麗に洗ってあげるからね!ハイ!背中から洗ってあげる!ハイ!背中向けて!」と言われ、

言われた通りにすると、「翔太の背中、大きくなったね!」と言って、背中を洗ってもらった。

次に、「ハイ!こっち向いて!腕出して!」と言われ、姉と対面になり、姉の胸を見ながら、言う通りに腕を出すと、

「腕も筋肉付いて!」と言って腕を触ってまくって来た。

その後、首筋、胸を洗いながら、触って来るので、姉の胸が目に入る。

すると俺のチンポが勃起して来た。

俺は、慌ててチンポを両手で隠した。

それを見て姉は、「どうしたの?(笑)!ハイ!足洗うよ!」と言って、洗い始めた。

足を洗い終わり、姉が、「ここ(チンポ)も綺麗に洗わないと!ハイ!手、避けて!」と言われたが、「ここは自分で洗うよ!」と言うと、姉が、「洗ってあげるから、手、避けなさい!」と言って、無理やり、俺の手を剥がした。

すると勃起したチンポが姉の目の前に!

姉は、「わぁ!」とビックリしていたが、「何でこんなに勃起してんの!(笑)、もしかして、お姉ちゃんの裸見て、大きくなった?(笑)姉弟だよ!(笑)」と笑われた。

姉は笑いながら、俺のチンポを指で触ったりして、遊ばれて居たので、恥ずかしくなり、風呂を出ようとすると、「ごめんね!笑ったりして!もう笑わないから、ちょっと見せて!」と言って、浴槽に座らされた。

浴槽に勃起してまま座らされ、姉が、

「翔太がこんな立派なモノを持ってるなんて、いやぁ!お姉ちゃん、ビックリだわ!」と言って、相変わらず、チンポで遊んで居る。

更に、「翔太、毎日オナニーしてるでしょう?お姉ちゃん、知ってるよ!(笑)」と言って、息を吹き掛けたり、指で弾いたり、チンポの反応を楽しんで居る。

興奮した俺は、姉に抱きつき、キスをしたり、胸を揉んだり、吸ったり、とにかく夢中で、姉の身体を舐めまくって居ると、さすがの姉も、

「翔太、やめて!放しなさい!」と抵抗して来た。

姉をレイプしてやろうと、無理やりオメコに入れようとすると、「翔太、やめなさい!」と姉は抵抗しながら、「もう~!どうしたの?興奮しちゃった?ごめんね!ここに座って!」と言って浴槽に座らされた。

姉は、「ごめんね!お姉ちゃん!ちょっとからかい過ぎちゃった!スッキリさせてあげるから!」と言って、俺のチンポを握り、上下に動かし始めた!

「も~!姉弟なんだから!」と言って、

シコシコと動かし続ける姉。

チンポをシゴキながら姉が、「姉弟だからエッチは出来ないけど、フェラならしてあげる!」と言って、

シゴキながらチンポを咥え、頭を上下に動かし始めた!

音を立てながらのフェラ。

姉の柔らかい手のひらが、チンポを包み込む。

時々、「お姉ちゃんのフェラ、気持ちいい?」と聞いて来るので、「気持ちいいよ!」と答えると、ニッコリ笑い、姉のシゴキとフェラのスピードが徐々に早くなって来た。

段々と我慢が出来なくなり、姉の柔らかい胸を触りながら、「お姉ちゃん!イク!イク!」

と言うと、シゴキとフェラが更に激しくなり、とうとう我慢出来ずに、「姉ちゃん!イク!」と言って姉の口の中に出した。

射精が10秒ほど止まらない。

姉が口を開けると、大量の精子が落ちて来た。

姉は、精子を全て吐き出すと、「いっぱい出たね!スッキリした?うがいするね!」と言って、洗面器に向かい、四つんばいになった。

すると、姉のお尻の穴とオメコが丸見え。

射精したにもかかわらず、俺のチンポは勃起したまま。

どうしても姉とセックスしたい俺は、四つんばいになった姉を、後ろから襲うと、「キャー!翔太、やめなさい!スッキリしたでしょ?」と言って、激しく抵抗する。

俺は姉を力ずくで、押さえ付け、後ろからオメコに勃起チンポを押し付けた。

「ダメ!入れちゃダメ!姉弟なんだからダメ!」とオメコへの挿入を阻止しようと激しく抵抗する姉。

激しく抵抗する姉だが、俺の力には、柔道部の俺の力に敵うわけもなく、俺のチンポが、姉のオメコに突き刺さった。

「アゥ!」

姉が声をあげる。

姉の膣内、亀頭だけでも気持ちいい。

更にゆっくり突き刺さすと、「ゥゥ~!翔・・・太!やめ・・・て!ゥ~!抜いて!ハァ!・・・やめな・・・さい!ハァ!」と最後の抵抗。

俺のチンポが全部入り、「お姉ちゃんの中!気持ちいい~」と言って、ゆっくりと腰を動かすと、「ハァ~!翔・・・太!ゥゥ~!おねがい・・・やめて・・・ハァ!」と言っていたが、やがて、「ア~!翔~太!お姉ちゃん!なんだか気持ち良くなって来ちゃた!翔太の・・・オチンチン!気持ちいい~!もっと・・・突いて!イィ~!」とアエギ声をあげながら、感じて居た。

パン!パン!パン!パン!パン!パン!

俺が力強く、突いて居ると、姉も動きにあわせて、「アン!アン!アン!アン!」とアエギ声をあげながら、気持ちよさそうに、

動いて居た。

姉は気持ちいいのか、膣がチンポを締め付けて来るのがわかり、我慢出来なくなった俺は、「姉ちゃん!姉ちゃん!姉ちゃん!イク!」と言って、膣内に精子を流し込んだ。

オメコからチンポを抜くと、膣内には2度目にも関わらず、大量の精子。

姉が、「え?ウソでしょ?中に出しちゃったの?え?中はダメでしょう!も~!」と言って、オメコに指を入れ、精子を出そうとしている。

膣内の精子が、ある程度出ると、姉は俺のチンポを見て、「2回も出したのに、まだビンビン!(笑)」と言って、「まだ出来るでしょう?今度は、お姉ちゃんが気持ち良くしてあげる!仰向けになって!」と言って、仰向けになった俺に股がり、俺のチンポを握り、オメコに擦り付けながら、

「いい?入れるよ!」と言うと、オメコにチンポに突き刺さった。

「翔太のオチンチン!気持ちいい~」と言いながら、ゆっくりと上下に動かし始めた。

「パン!パン!パン!」

「アン!アン!アン!」

上下運動しながら、アエギ声をあげる姉。

しばらくすると、「翔太!お姉ちゃん!気持ち良すぎて、イキそう!イク~!」

ガクガクと痙攣をしながら、俺の方に倒れてくる姉。

痙攣をしながら、「ハァ~ハァ~」と息をしながら、「翔太・・・!今度は、翔太が上になって、お姉ちゃんを突いて!」と言って、仰向けなり、「翔太!来て!一緒に気持ち良くなろ!」と言って、俺のチンポを握り?オメコに押し付けた。

「翔太!来て!お姉ちゃんの事!激しく突いて!」とチンポを求める。

「姉ちゃん!入れるよ!」と言って、チンポをゆっくりと沈めて行く。

「ア~!翔太~!気持ちいい~!翔太!動いて!激しく突いて!ア~!」

アエギ声をあげながら、足を絡め、抱き付いて、「気持ち・・・いい!ア!もっと激しく!ア!翔・・・太!突いて~!オメコ!壊して~!ア!・・・イクゥ~~!」

またしてもガクガクと痙攣する姉。

「ハァ~!ハァ~ハァ~!翔・・・太!気持ち・良すぎて・変になりそう!」

「翔太も気持ち良くなって!」と言う姉に、「姉ちゃん!イキそう!」と言いながら姉の膣内を突きまくる。

「イキそう!いいよ!精子・・・お姉ちゃんの中に・・・いっぱい出してね!」と、

中出しを求める姉。

「姉ちゃん!イク!姉ちゃん!姉ちゃん!イク~」

「キテ!翔太!・・・お姉ちゃんもイク~!」

3度目の射精。

2度目に比べると、量は少ないが、姉の膣内に流れ込んだ。

さすが疲れた俺。

仰向けになっていると、姉が、「よく頑張った!綺麗にしてあげるね!」と言って、チンポを咥えた。

お掃除フェラって言うのかな?

お掃除フェラしながら姉が、「姉弟なのにセックスしちゃったね!(笑)!二人だけの秘密ね!誰にも言っちゃダメだからね!(笑)今度、ムラムラした時は、お姉ちゃんがシテあげるから、オナニー禁止ね!(笑)」と言って、抱き付いて長いキス。

その日から、毎日ではないが、姉とセックスを出しだ!

もちろん、生中出し!

数ヶ月後、毎回、生中出しセックスして居ると、姉の妊娠がした。

不振に思った両親は俺と姉を問いただし、俺と姉の子供と判ると怒り狂い、俺と姉は勘当され、俺と姉は、知らない土地に引っ越した。

現在俺は22才、姉は27才、俺と姉の間に産まれた娘は5才になった。

近親相姦で産まれて来た子供は、障害があると聞くが、幸い娘は障害もなく、3人仲良く幸せに暮らしてる。

- 終わり -

ユーザー投票率:0.16%
アクセス数・ランキング
データ取得日:2019-02-21
集計範囲 アクセス数 ランキング
2019-02-21 18回 1,494位
2019-02-20 19回 -
2019-02-19 11回 -
週間 124回 1,656位
月間 763回 1,427位
年間 10,267回 1,848位
累計 10,267回 6,155位
全話:10,777件

ッチな広告

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチなPR