エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > 夫と子作りした後にまたあの男がやっ…
投稿:2018-12-06(木)01:07

夫と子作りした後にまたあの男がやって来て…。わたしは本番を避けようと…。

この体験談のシリーズ一覧
1:子作りしようと約束していた矢先、宅配便を装った男に犯されました
2:夫と子作りした後にまたあの男がやって来て…。わたしは本番を避けようと…。

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:6,280回)
名無しさんからの投稿

前回の話:子作りしようと約束していた矢先、宅配便を装った男に犯されました

屈辱の時間が終わると、わたしは男を見送った玄関前で泣き崩れました。涙と震えが止まらなくて、どうしようもありませんでした。でも、なんとか気持ちを奮い立たせて、部屋を片付けるよりまず洗面台に駆け込みました。口の中が生臭くて気持ち悪くてたまらなかったのです。そしてトイレに直行し、ウォシュレットで必死で洗いました。悲しくて悔しくて泣きながら、あまりにも惨めだった。そのあとも風呂に向かい、身体を洗い、かき出し、タオルで拭きました。

 その後、汚れた服やベッドのシーツを洗濯機に放り込み、テーブルの上の男の残飯を捨て、一通り済むと床に座り込みました。

 しばらくの間、茫然と座り込むばかりでした。

 その夜は、どうやって寝たのか記憶がありません。

 

 2か月後、夫が出張から帰ってきました。

 妊娠の恐怖でしばらく生きた心地がせず、眠れない日々が続きましたが、とりあえず何事もなく、ほっとしている頃でした。

 わたしは、つとめて明るく振る舞い、夫も嬉しそうにキスしてくれます。

 情熱的な口づけを交わし、抱き合い、微笑み合い、2人でお風呂に入りました。

 そこでもキスし、いっぱい語り合いました。

「湯冷めしちゃ、まずいよ」

 夫に促されあがって、ベッドに直行です。

 久しぶりの愛の営みです。本当なら幸せでいっぱいだったはずなのに……。それでも表面上は幸せそうに微笑みました。夫を騙しているようで辛かった。

「好き、好き、大好き」

 本心から言っているのに、どうして胸が痛むのでしょう。

「そっか、ゴム付けないんだった」

 夫が優しさを滲ませる照れ笑いを浮かべるのに、

「うん、そうだよ。中に出していいよ」

 わたしもにっこり笑って抱きついてキスしました。

 ぐっと挿入され、夫は快感に打ち震えている様子でした。

「ゴム付けないの気持ちいい?」

「う、うん、凄いよ」

 夫は頷いていました。

 ここ1年くらいずっとゴム付けてのセックスでした。でも、あの強姦魔は何の配慮もなく膣内射精を気が済むまでしたのです。

 夫はパンパンと突いてきます。

 まぐわいながら、キスしながらも、夫は突いてきます。

 あの男とは違う、乱暴ではなく、優しいセックス……。圧迫感も震えるような快感も無い……。

 わたしは、比べてしまっている事にはっとして、愕然として、それを打ち消さんばかりに熱いキスをせがみ、舌を夫の口にねじ込みました。

 騎乗位でも、わたしは夫にまたがって精一杯腰を振りました。バックや対面座位で愛し合って、最後は正常位で中出しでした。

 夫は、快感に震えながら、

「久しぶりに出した……。すっげえ気持ちよかったよ」

 と優しく微笑んでわたしの頭を撫でました。

 夫は出張中溜めていたのでしょう。射精は長く続きました。いつもの夫よりも長かった。

「よっぽど溜めていたのね」

 わたしは夫が愛おしく感じました。でも、ふっとよぎったのがあの男の射精だったのです。あの男はそれ以上に量も勢いも凄まじかった…。

 駄目、駄目よ。もう終わった事なの。忘れなさい。

 必死で心に言い聞かせました。

 お掃除フェラも愛情込めてしました。舌や口で丹念に舐め絞り取って、夫を悦ばせようとしました。

「このまま口でしてあげよっか」

「う、うん」

 夫のふにゃふにゃになった性器を舐め始めます。しばらくすると勃ってきましたので、そのまま射精まで持ち込み、口で受け止めました。

 やっぱり、この夫が愛おしいし、夫のこの性器が愛おしい。

 夫がティッシュを差し出しましたが、わたしはごくりと飲み込みました。そうせずにはいられなかったのです。夫の驚いた表情に少しちくりとするものがありました。何せ普段は飲まないはずのわたしなのです。

 そして、もう1回愛し合ってその日は終わりました。

 ……思えばこれは、子作りとは別に贖罪の側面のあるセックスだったと思います。

 明るく振る舞って、セックスして、ふとした瞬間に震えが止まらなくなったりしましたが、夫の前ではおくびにも出さずに、求められたり求めたりして、そうして3週間が過ぎ、また夫は出張でした。

「ごめんね」

 玄関で苦笑いする夫にわたしはキスしてあげました。

「いってらっしゃい」

 夫が出て行くとわたしは、お腹をさすりました。このまま子供が授かれば……。

 あの男に汚された事も無かった事になるような気がしていました。

 ところが、その翌日の事です。

 電話が鳴ったので、出ると、聞き覚えのある声でした。

「久しぶりだな。奥さん」

 わたしは愕然として、足が震えてしまいました。

 どうして、どうして今頃になって……。お金払えばもう会わないって言ったのに…。

 半信半疑でしたが、どうしてもすがりたかった約束でした。

「何なんですか。もう関わらないでください。もう会わないって約束したはずです」

 必死に言葉を紡ぎました。

「今度こそ、警察に言いますよ」

「言えるのか?あの時のビデオがあるぞ」

「それが何なんですか。むしろ証拠になりますよ」

 声も震えてしまいました。ビデオと聞いて慄きましたが、怯むわけにはいきません。

「証拠として押収されれば警察も見るし、裁判でもあったら提出される。そこで俺はお前とは和姦だと主張する。ビデオを観れば分かる!ってな」

 男は笑っていました。

「そうすれば、裁判の場でビデオの内容について話される。傍聴人達も内容くらいは知る事が出来るぞ。その中にお前の知り合いがいないとは限らない」

 わたしは、男の言う事はもっともだと思いました。受話器を持つ手が震えてきて……。

「お前は俺に、好きだと愛してるだの、中出ししてだの言ってたが、それも知られる事になるぞ」

「そ、それはあなたが……!」

 脅して言わせたんでしょ。と言葉を紡ぐ前に気付いてしまいました。

「そう。でも俺は脅してないって主張する。むしろ和姦の証拠だって主張する。それ以前にまず俺からビデオを観てくれと叫んでやる。そうすればお前が俺にどう奉仕しセックスの相手をし、愛の言葉を囁き、ノリノリだったか、皆知っちまう訳だ」

 そんな……そんな……。

 わたしは眩暈を覚えて、箪笥に手を置きかろうじて支えました。

「お前の旦那、出張だろ?それまで奥さんを退屈させないようにしてやる」

「わたし、人妻なんですよ……」

 無駄だと思いましたけど、懇願しました。

「夫と子作りでしたばかりなんです。あなたと本番は出来ません」

「なんだ、やっぱり人妻はセックス大好きなんだな。楽しませてやるよ」

 そこで電話はぶちっと切られました。 

 わたしは生きた心地がしないまま、その場で立ち尽くしていました。

 

 チャイムが鳴ったのはその5分後でした。こんなに早くだなんて、わたしは悲鳴を上げてしまった。

 覗き穴で覗くとやはりあの男でした。

 わたしは震えましたが開けました。

 男はニヤニヤしながら上がってきました。

「鍵掛けなよ」

 わたしが言うとおりにすると、男はいきなり抱きついて来てキスされました。

 舌をねじ込まれました。

「本当に、本当に勘弁してください。本番はやめてください。口で奉仕しますから」

 わたしは散々舌を絡まされた後、必死に懇願しました。

 男と目線を合わせて訴えました。

「お願い、許して……」

 男はわたしをあざ笑いました。

「奥さん、これまで男はそうすれば言う事をきいてくれたのか?淫乱奥さんは男をいっぱい知ってるもんな」

「そんな事ないです……」

 わたしは屈辱に俯くしかありませんでした。

 男はわたしの肩をぐっと掴み、わたしは察してしゃがみました。

 目の前の男のズボンを脱がすと、下着の上からも勃起しているのが分かりました。本当におぞましかった。

 脱がせると、ぴんとはねて、本当に大きい……。

 わたしは咥えて、奉仕を開始しました。

臭くて汚くて…。この男、普段お風呂に入ってるの?

 本番はされる訳にはいきませんでしたので、必死に奉仕するかありませんでした。抜かせる為のフェラチオです。夫にする時は愛し合う為の丹念で愛情を込めた奉仕と、ただ抜かせる為のフェラチオの2パターンですが、この男には抜いてやるたけで充分です。勢いよくリズミカルに刺激して、射精まで導けばいい。

 男は仁王立ちで上からスマホで何枚も撮っていました。

「奥さん、やっぱりいいよ……。さすがは人妻だ……」

 気持ちよさそうな男の声に、わたしはやっぱりおぞ気が走ります。

「さて、本番しようか」

 男が言うので、

 わたしは微笑みながら、

「精液飲みたいの。口に出して」

 そう言って男に何か言わせる前に咥え舌を懸命に動かし刺激します。

 音を立てて、男を上目遣いで見つめながら奉仕します。手を上下に激しく動かしつつ、亀頭を舐ります。

 我ながら、情けない媚の売り方でした。

「しょうがないな」

 男は唸ったかと思うと、口の中で精が爆発しました。相変わらずの量に驚きと嫌悪感、ですが搾り取るように性器を口から離して飲み込みました。

「好きだね奥さんは」

 男は笑っていました。

 本気で言ってるの?そんな訳ないでしょ。

 わたしは、心の中でしか威勢よく出来ませんでした。

「はい、好きです。もっと飲ませてください。気持ちよくしますから」

 そういって男をじっと見つめるしかありません。男は1回で満足はしないと前の経験で充分過ぎる程知っていました。ですので、もっともっと出させなければならないのです。

 口を漱ぐように言われ、漱いでくると、手を引っ張られベッドに押し倒されました。

 わたしは、恐怖でいっぱいになって、

「や、や、やめて、口で、フェラチオで、しますから」

 声が震えてしまいます。

 男は服の中に手を入れて胸を揉んできました。

 性器がわたしの履いているスカートにべっとりと当たってくるのもおぞましかった。

「欲しいだろ」

「はい、口に出してください。いっぱい飲みたいの」

 何としても本番は避けなければなりません。わたしは微笑みました。 そして手を男の股間の辺りに回して、スカートのびちっと当たった性器に手をそえて擦りました。

 首の後ろにもう片方の手を回して頭を上げて、そしてキスして、微笑みを作って見つめ合って、

「横に寝て?」

 と囁くように言いました。

 男はニヤ付きながら、

「分かったよ奥さん」

 と言うとおりにしてくれたので、手コキを始めて口づけも開始です。

「気持ちいい?」

 と微笑みながら、手コキとディープキスを続けます。男の性器はわたしの唾液か男の汁か分かりませんが、既にぬるぬるでしたので、し易くはありました。

「脱いでからしようよ」

「はい、すみません」

 男が言うので、わたしはいったん中断して男と一緒に服を脱ぎ、ベッドに乗っかると即座に男の性器を握ってから横になってキスをしにいきました。

「有無を言わさずだね奥さん」

 男は笑いました。

 わたしは必死でした。本番をする流れにもっていく訳にはいかないのです。

 なんで、こんな惨めな事をしなければいけないのだろう。と何度も思いました。

 軽いキスでリップ音を立てるようにして、微笑んだり息を吹きかけたりして、今度は熱いキスを交わしたりします。夫がこの流れをすると喜ぶので、男にもしてあげました。

 何度も繰り返し、手コキも丹念にしてあげました。

「奥さん、上手だね」

 男は気持ちよさそうに呼吸を荒くしています。吐息が当たって嫌でたまりません。

「この前、女子大生をヤったんだけど、可愛いけど下手くそだった。それはそれでアリだったけどね。でもやっぱり人妻はいいね。奥さんは良い女でテクもあるし。バキュームフェラも最高」

 この男、本当に酷い人。わたし以外にも多くの女性を凌辱して楽しんでいる。女性がどんな気持ちになるか。どれだけ傷つくか。自分さえよければいいのね。

 男の性器が硬さを増して、さらに大きくなってきました。

 わたしはペースをあげました。

 キスを止めて、性器を見つめて集中的に手コキをしていると、

「やめるなよ」

 とドスの入った声。わたしは怖くてキスを再開します。

「そろそろ、逝っちゃいそう?」 

 わたしはにっこりと尋ねました。

「ああ、そろそろ逝くぞ」

 男の性器がビクンとしたと思うと、射精が始まりました。わたしは慌てて咥えに行きます。顔に精液がかかりますが、構わず咥えるのでした。口の中で何度も脈打って精が放たれました。それをわたしは余すところなく飲み込みました。

 丹念に舐め、咥え、男の性器を綺麗にします。

「尿道から絞り取れよ」

 言うとおりにします……。

 わたしの顔に精液がべっとりとついてイヤでしたので、どうにかしたくて、ティッシュを探して視線を回しましたが、男がこっちをじっと見ているのに気付いて、手でこすり取って、口に運びます。わたしが精液のついた指を口に入れしゃぶるのを男は嬉しそうに眺めていました。

 男はニヤつきながら、

「エロイよ奥さん」

 と言っていました。

「ティッシュ使えば良かったのに」

 ああ、やっぱり……。ティッシュ使うかどうかわたしを試していたのです。

 

 それから、男は立ち上がってバッグからカメラを撮り出しました。

 また、撮影されるのかと慄くわたしに、

「この前のビデオ観よう」

 男は準備をして、テレビで再生を始めました。

 ソファに座って、私を手招きして、肩を抱いて鑑賞し始めたのです。

 胸を揉まれながら、時折キスをしながら、わたしは自分の痴態を観るしかありませんでした。

 その中で、わたしは醜い中年男とセックスし喘いでいました。時折

『好き』『愛してる』とか『気持ちいい』とか『あの人のより凄い、もっと突いて』とか

 、言わされたものとはいえ、愕然とします。震えが止まりませんでした。

『あの人じゃなくて、あなたとの子供が欲しいわ』

 わたしは叫んでいました。

「ほら、奥さん。そう言ってるじゃないか」

「あれは、言わされたんです。あなたに」

 わたしはたまらず言い返しました。

「でも、喘いだりよがったりしてるのは、演技じゃないくせに」

 男は笑いました。

 確かに、その通りでした。当初は演技でさせられましたが、だんだんと本気で感じてきて……。ビデオの中のわたしは、和姦と言われれば和姦に見えなくもないのです。

「正直、旦那より気持ちよかったろ」

 男の言葉に項垂れるしかありません。

「ほら、また欲しくなってきたろ?」

 男の性器がまた激しく怒張していました。事実、夫のより断然大きくて、硬くて熱いのです。でも、こんな男の……。

 キスをされ、ソファの上で押し倒されそうになって、

「あ、あ、やめて」

 と声を荒げたわたしに、男は指をわたしの秘所へ入れてきたのです。

「やめて」

 わたしは首を振りました。でも、男が出し入れする度に快感が襲ってきて…。

「もうぐちょぐちょだ。やっぱり奥さんのマンコも忘れられないってさ」

「やめてください、やめてください」

 わたしは男の手を掴んで秘所から引き離そうとしますが、男がさらに激しく刺激してきて、悶えてしまって……。わたしは本当に最低の女です。

 キスを受け入れて、舌を絡め合いながら手マンされ続けました。

「奥さん、あの時の快感が忘れらないってマンコが言ってるぜ」

「やだ、やだ、やめてください」

 私は子供みたいに懇願しました。

 ねっとりとキスを繰り返されながら、

「指でこれなんだから、チンポじゃどうなるか。また逝っちまうな」

 そうやってからかわれもしました。

 わたしは、男に味あわされた絶頂を思い出しました。あの駆け上がってくる快感と痙攣…思わず渇望してしまいました。でも、それは一瞬の事だったはずです。

 わたしはそのおぞましい感情を精一杯振り払って、男に抵抗しました。すると男は離れてくれました。

 男の性器は暴力的にそそり立っていました。

「奥さん、やっぱり欲しいんだね?」

 男はニヤニヤしていました。

 わたしは図星だったのでしょうか?ついむっとなって

「そんなこと!」

 と声を荒げてしまい、次の瞬間さあっと血の気が引きました。

「い、いえ、そんな事ないです。でも、わたし飲む方が好き。精液大好き。チンポおいしいわ。もっと飲ませて、もっと舐めさせて」

 と男にすがりついていました。

「奥さん、よく持ち直したね」

 男は笑っていました。やはり全てお見通しだったのです。

 だとしても、止める訳にはいきません。

 わたしはそそり立った性器にかぶりつきました。そして手を添えて、フェラチオを開始したのです。

「気持ちいいよ奥さん」

 男は息をつきながら言いました。

「でも、奥さんは途中で止められて疼いてるでしょ?」

 わたしは答えずに奉仕を続けました。

 その通りでした。膣が疼いて仕方なくて、動揺で男を見上げられません。

 玉を舐め、頬張って、竿に舌を這わせ、亀頭を舐め回します。

 一緒の空気を吸いたくもない嫌な男に性的行為を強いられて、嬉しい訳がないのです。

 わたしは、早く終われと必死に祈りながら奉仕を続けました。

 この日3度目の射精を口で受け止め、開けろと言われたので口を開けて男がカメラを撮り、ビデオを回すのを待ってから飲み込みました。

 本当に屈辱です。

 わたしは、すかさず男の足にすがりついて、性器に手を添えました。

「またしゃぶるの?」

 男は呆れたように言いました。

「ええ、もっと舐めたいの」

 わたしは微笑みました。

「じゃあ、今度はケツの穴舐めてよ」

 男の言葉にわたしは絶句して、でも逆らう訳にはいかない事は即座に分かって…。

 男はベッドの上にうつ伏せになりました。

「さあ、来なよ」

 夫婦の愛の巣をまた汚されたのです。

 わたしがベッドの上に乗ると、ぎしっと音が鳴って、わたしは男のお尻の肉をかき分けて顔を埋めました……。

 おぞましくてたまらなかった。吐き気を我慢しながら、匂いを我慢しながら、男の尻に舌を這わせました。

「穴に舌這わせて……」

 わたしは言うとおりにしました。

「奥さん、他の女はもう少し抵抗があるけど。やった事あるの?」

「ある訳ないです……」

「嘘つけ、上手だよ」

 わたしは泣きたくなりました。

 しばらくさせられましたが、

「口すすいできて」

 と男の言葉にほっとして、わたしが台所でコップから飲んだ水を吐き出していたところに男が背後からわたしの肩に手を置くのです。

「やめて!やめてください!」

 わたしは必死にその場を離れようとしました。そそりたった性器があてがわれたその瞬間、全身が総毛立つ思いでした。

 男は避けたわたしをじっと見つめてきました。怖くてたまらなかった。

「冗談だよ」

 男は笑いました。でも、男の性器は凶暴に硬直し立っていました。あわよくばだったのだと思います。わたしはぞっとしましたが、同時に男はわたしをからかって遊んでいるのだとも気づいてしました。その余裕が恐ろしくかった。

 どうして、笑っているの?

 いくらわたしが奉仕で逝かせるからといって、本番なしでは激高されると恐れていました。でも、そういう様子が少しもないのです。

 もう一回口で抜かされた後、食事を作らされました。そして一緒に食卓を囲みながら話し相手をさせられました。世間話や最近の出来事、好きなドラマ……。夫との性生活の事も聞かれました。

 2人は全裸で椅子に座っていました。

 子作りの為のセックスをしたこと、夫へどういう奉仕をしたか、どういうピロートークをしたか、つまびらかにされ、前述の夫との行為も全て男に話したのです。屈辱でした。

 男は、わたしが皿洗いをしている時も、背後に立たれ肩を掴んで、

「挿れるぞ、挿れるぞ」

 

と性器を当ててきて、わたしを怯えさせて楽しんでいるのです。

 それから、ソファに座ってテレビを並んで観させられ、キスと手コキをずっとさせられます。

 このソファは夫と2人座って、時にイチャイチャしたり、楽しく笑ったり、愛の囁きをする場所であるはずなのに……。

 テレビでは楽し気な映像が映っていて、男も楽しそうに笑うのです。わたしだけが惨めに感じます。

「まるで、俺達みたいだ」

 男はカップルが映るとそう言いました。

「そうですか?」

「奥さん、愛してるよ。奥さんは?」

「愛してます……」

 渋々応えるしかありません。

「好きか?」

「好きよ」

「奥さんに言われるのは嬉しいね」

 男はニヤニヤしていて、気持ち悪い。

 そうやって愛の言葉を言わせたり、キスを繰り返し、身体を抱き寄せたり、胸を揉みしだいたり、身体を撫でまわしたり、男はねちねちと楽しんでいました。わたしは耐えるしかありませんでした。本番に比べれば……と自身に言い聞かせました。でも本当に辛かった。

 まぐわったり、手コキをしながらキスをしたり、

「抱きついて腰振って」

「えっ、駄目です」

 怯えるわたしを膝の上に乗せ、

「擦るだけでいいから」

 わたしは言われるとおりにおずおずと、男の性器を膣で擦るように腰を振りました。

「このまま挿れてくれればおじさんは満足するけどなあ」

 

 わたしは、冗談じゃない。と思いました。

「ごめんなさい、やっぱり口の中に出して欲しいの」

 ぎゅうっと抱き合ってディープキスしたり、身体中を舐め回させられたり、わたしの身体を舐め回してわたしの反応を面白がったり、男は散々楽しんで射精しました。わたしの身体にもたっぷりかかって。

「構わないから続けよう」

 

 男は笑いました。

 ソファや床にだって飛び散っているのに早く拭きたい…。

 精液がついたまま互いに抱き合ってキス。

 そうこうして、さらに1回男は逝きました。とても長い時間に感じられて苦痛でした。フェラチオして逝かせた方がマシと思うくらいに長く感じたのです。実際数時間もの間ずっと休みなく続けていたのです。精液や互いの唾液でぬるぬるびちゃびちゃと、身体が擦れ合う度に感触が気持ち悪くて…。

 汗や精液や唾液で身体とソファを汚し、惨めでした。

「舐めて」

 言うとおりに、男や自分の身体に舌を這わせ、

「終わったか風呂だ」

 その一言でわたしは従いました。

「いやあ、奥さんみたいな美人とイチャイチャしてると、それだけで幸せだよ」

 なら、本番はいいですよね?もう満足したでしょ。帰ってよ。

 わたしは心の中で冷淡に呟きました。でも、とても声には出せなくて……。

 風呂場では身体を手で洗わされ、もちろん性器も洗いながらキスで舌を絡ませられました。

「しゃぶれ」

 と言われたので、洗い流してから咥えました。

 しばらく奉仕していると、

「ちゃんと飲めよ」

 と言うので、射精だと思って構えていたら、なんとおしっこを出してきたのです。

 わたしは思わず口を離して嗚咽しました。

「飲めって言ったろ」

 男は怒鳴りつつ、おしっこを尚も私の身体にかけてきました。本当に悔しかった。

「小便無理なら精液だけでも飲め」

 わたしは、おしっこ臭い男の性器を舐め、出されたものを飲みました。

 風呂から上がると、身体を拭いてあげて、

「寝るか」

 男が言うので、わたしはどっちの意味か考えて、

「本番だけは……」と言うと、

「馬鹿、本当に寝るんだよ」

 と男とベッドの上で並んで寝させられました。

 裸のままです。背を向けて寝ます。

 わたしはこの時、眠る訳にはいかない。と決意していました。寝ている間に挿れられでもしたらと思うと、恐ろしかったのです。

 しばらくすると、わたしが背を向けている男が寝息を立て始めました。

 のんきなものね。わたしは毒づきました。強姦魔というのは皆、こうなの?わたしは不思議だった。でも、すぐにそうではない事に気付くのです。

 正直、眠くてたまらなくて、男も寝ているうちに寝起きしてしまえばいいのでは?そういう考えが頭をもたげていた頃でした。わたしの背後から手が伸びてきて、身体を抱き寄せてきました。わたしは思わず固まってしまいました。余りに油断していたのです。

 男の性器があてがわれ、わたしは声を上げました。

「え、え、ちょっと待って!待ってください!」

 身体をよじるものの、寝息を立てた男はそのままわたしを捕まえ離しません。

「やめて!やだ!離して!」

 わたしが叫ぶと、男は口を押えてきて、そのまま正常位に転がされ、それでも男は寝息を立てていて、わたしは震えあがりました。何なの?何なの?

 すると、男はニヤリと笑いました。

「怖がっちゃって」

 わたしは震えていたと思います。胸を揉まれて、キスされて、またベッドに並んで寝ます。

 男はまた寝息を立て始めました。

 わたしは怖くて恐ろしくて、ずっと震えていました。での、その晩はとうとう男は何もしてきませんでした。

 

 徹夜明けのわたしは、男の朝立ちを抜くよう性器を近づけられて奉仕してから、

「口漱ぐな」

 の指示通りに、口が生臭くてねばねばで気持ち悪く思いながら、食事を作ってあげました。

 そのまま朝食も食べさせられて…。食事の後は、キスしたり、抱き合ったり、手コキ、フェラチオしたり、パイズリしたり……。

 いつ、帰ってくれるの?わたしはそればかり願いました。

 でも、男はわたしと夫の愛の巣で我が物顔に振る舞い、わたしは男の一挙手一投足に神経を張り詰めるしかありませんでした。食事を作らされ、命じるままに奉仕させられ、ずっとイチャイチャの相手をさせられ、何度も何度も口に出され、わたしはぐったりとしてしまいました。もう夜遅くになっていました。徹夜の疲労か、意識を失いそうになりますが必死に耐えます。かくんかくんとしているのが男には面白かったらしく、性器を顔に押し当てられ、うつろな意識のまま奉仕しました。

 わたしは甘かったのでしょうか?男はせいぜい一晩満足したら帰ってくれると、そうでなくとも次の日までには出て行くだろうと、そんな希望にすがって必死に男に尽くしました。でも、帰る気配がないのです。

いつまでいる気なの?

 男はニヤニヤして、

「お風呂行こう」

 

 と言い、昨日の様に私の身体を使って男の身体を洗うよう命じられ、胸をキスしたり手コキしたり、最後は奉仕しての口内射精でした。

 男はゆったりとコーヒーを飲んで、わたしは風呂あがってすぐ男が出してきたおしっこ入りのマグカップを口に運びます。

 吐き気を我慢しながらちびちび飲むのは耐えられそうにないので、一気に飲んで、泣きながら嗚咽していると男は笑っているのです。本当にありえない味で気持ち悪くてたまらないのです。

 それから口をすすいで、男に手招きされベッドに向かい合って横になりました。

「お願いです。しないでくださいね。その分明日一生懸命奉仕しますから」

 わたしは懇願するしかありませんでした。

 男は頷きながらわたしの頭を優しく撫でてきて、キスしてきました。

「今夜は一晩中話そうか」

 ひたすら、抱き合ったり、キスをしたり、

「愛してる」

「好き」

 と互いに言い合う相手をさせられ続けた…。ずっと、ずっとなのです。少なくとも1時間抱き合ってキスを交わしつつ、見つめ合いずつ、

「好きよ」

「愛してる」

 言い合い続けるんです。笑顔も強制されて…。もう…心を殺すしかありませんでした。

 手コキさせられたり、フェラチオもさせられ飲み込まされた。

 ぎゅっと抱き合い続けのキスや、頭を撫でてきながらディープキスをされたり、気の遠くなる時間でした。

 でも、2日徹夜はさすがにわたしには無理だったようです。途中から記憶がなくて…寝てしまったようです。

 夢うつつの中で、夫とセックスをしている夢を見ました。快感と興奮に溺れるような感覚、夢にしては生々しく、正直夢心地そのものでした。今にして思えばあれは……。わたしは自己嫌悪で切り裂かれるような気分になります。

 ふと、目を覚ますと横に男はいませんでした。起き上がると、口の中が生臭くて、はっとして股を開いて、手探ってみると、指に精液がついていました…。

 背筋が凍るとはあの時を言うのでしょう。男は見当たりませんでしたが、震えが止まらず、ウォシュレットや風呂場で必死にかきだしました。

 ひと段落つくと、テーブルに置手紙がありました。

『楽しかったよ。奥さんは母親になっても綺麗だろうなあ』

 わたしはその場に崩れ落ちました。涙がぼろぼろこぼれてきました。

 きっと、男は何が何でも本番というより、わたしが自発的に奉仕してくるのを楽しんでいた。本番を避けようと必死なわたしを面白がっていたんです。でも最後の最後になって本番で締めたくなった。という事なのでしょう……。

 

 しばらくして、わたしの妊娠が発覚しました。夫は物凄く喜んでくれたのですが、わたしは気が気でなくて、夫との子供である事を必死に祈るしかありません。夫とは何度も子作りセックスをしました。きっと夫との間の赤ちゃんに決まっています。

 堕ろすなんてとんでもなく、わたしはそう信じるしかないのです。

- 終わり -

この体験談のシリーズ一覧
1:子作りしようと約束していた矢先、宅配便を装った男に犯されました
2:夫と子作りした後にまたあの男がやって来て…。わたしは本番を避けようと…。

ッチな広告

メント

1:名無しさん #KXWYGRA :2018-12-06 03:46:52

前の投稿も読みましたょ
宅配業者に犯されてる姿を妄想しました。きっと奥さんも嫌がりながらも身体は反応して濡れて感じたでしょ?
旦那様不在の間に又彼は来るでしょうね。その都度無理やり犯されて段々エスカレートして奥さんも快感で自然に濡れてもっと求めるかもしれないですね。
私も宅配業者装って奥さんを襲ってタップリ中出しして上げたいなぁ~

2:名無しさん #F3WQAoA :2018-12-07 01:48:11

奥さん気に入られちゃったんだろうな。
美人で奉仕も凄いんだろうなあ。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチなPR