エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > 小◯生の遊び(くすぐり)(がに股)…
投稿:2018-12-05(水)08:47

小◯生の遊び(くすぐり)(がに股)(小◯生女子)

この体験談のシリーズ一覧
1:中◯生の遊び(くすぐり)(がに股)(中◯生女子)(罰ゲーム)
2:小◯生の遊び(くすぐり)(がに股)(小◯生女子)

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:1,790回)
兵庫県/部長さん(10代)からの投稿

前回の話:中◯生の遊び(くすぐり)(がに股)(中◯生女子)(罰ゲーム)

前回の体験談が以外にも好評だったということで。続きを書きたいと思います。

続きというか小学校4年生の時の話です。

恐らく土曜日だったと思います。

親が休日出勤だった時、クラスメイトの女子、〇さんと僕は結構仲が良い感じでした。

家には誰もいなく、遊び相手が欲しいな。ということで、誘ってみたら「いいよ。」

YouTubeを見たり、ゲームをしたりするしているうちに、考えちゃうわけですよ。

「イタズラしてみたいな」

冬場だったので、こたつを出していました。このコタツを利用できないかな。と考えた時。あることを思い浮かびました。

「なぁなぁ、対決してみようや」

「対決って何するん?」

「我慢するんよ。」

「やってみよか」

とまぁこんな感じで対決をすることになりました。

「じゃあさ先にやってみて。」

「どうすればいいの?」

「頭からコタツに潜ってみて足だけ出してみて。」

そういうと彼女はどんどん奥に潜っていき、靴下を履いた足だけが外に出ました。

僕はその足首の上に乗りました。

「なになに?」

「我慢やで?」

「わかった。」

そうして僕は靴下の上から足の裏をくすぐりました。

彼女は無言でこたつの中を暴れ周りますが、狭いコタツですし、何より僕に乗られているので逃げることは叶いません( ̄▽ ̄)

僕は思いつきました。

何秒耐えられるかゲームを今ここでやろうと。

始めは1秒...3秒...5秒...10秒...と数を重ね。1分を耐え切ったらいきなり5分くすぐるという。

ーー時間が無いのでーー

今度続き書きます。途中で申し訳ない。期待しててください!

- 終わり -

この体験談のシリーズ一覧
1:中◯生の遊び(くすぐり)(がに股)(中◯生女子)(罰ゲーム)
2:小◯生の遊び(くすぐり)(がに股)(小◯生女子)
前後の話

ッチな広告

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチなPR