エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > 初体験は同級生の母親として10年後…
投稿:2018-11-27(火)15:07

初体験は同級生の母親として10年後に再会

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文
岩手県/名無しさん(10代)からの投稿

17歳の時、友達のママの美香さんに筆下ろしをした。

小柄で髪は短めでかなりの巨乳でした

遊びに行くと美香さんの巨乳を見るのが楽しみだった。

そして夏休みの時に

遊びにいった帰りに雨が強くて美香さんに送ってもらう事に

助手席に乗せられて車で走りました。

美香さんはシートベルトをしていたんですが、胸に食い込みイヤらしい

車で話をしていたら

「彼女居るの?」とか聞いてきました

「居ない」と答えると

「かっこいいのに」

そういう事を言われるとドキッとした

そして車で送ってもらう途中

「ねぇ?時間大丈夫?」

「大丈夫ですけど」

そう話すと

「ちょっと寄り道しようか?」

車は自宅ではなく別の方向に

「どこ行くんですか?」

そう聞いても美香さんは黙っていた

そして車は山の中腹の駐車場に

そこには車はなく一台だけでした。

雨がさっきより激しくてまえは見えない位で

時折ゴロゴロと雷の音がしていた

美香さんは車を止めるとシートベルトを外しました。

「ねぇ…たかしくんから見てあたしって女に見える?」

「え?」

「だから…女として対象の部類に入るかな?」

ドキッとして「うん…おばさん綺麗でスタイル抜群で」

ちょっと舞い上がりながら話すと

「本当?」

「本当です」

そう話すとシートベルトを外して来て

「たかしくん」と抱きつかれました

プニュッと柔らかい感触が

体も柔らかい肌で

「たかしくんてあたしタイプ」

そう話すとキスをされて

ねっとりと吸い付かれて吸い付くと

「たかしくんて経験あるの?」

「いや…まだ」

恥ずかしいけど高校二年生まで女性と付き合った事はなかった

「おばさんがたかしくんの初めてになりたいな?」

「おばさん」

有無を言わさずにキスをされてそして手を胸に押しあてました

「触って」

ムニュッと柔らかで大きい胸にノックアウト寸前

キスをされてそして胸を触ると我慢出来なくなりました

「いいよね?」

俺の上になり美香さんに聞かれてうなずくと

美香さんはセーターを脱ぎ黒いブラを目の前で外して胸が

少しぽっちゃりしていて大きい胸はちょっと下向きに

大きな乳輪と乳首が

「凄い」

目の前の大きな胸に釘付け

「たかしくんおっぱい好きだよね?」

ブラを運転席に放り投げて髪を束ねる美香さんが

「舐めて」

そう話すとぐいぐいと胸を顔に

谷間で挟まれて興奮しながら俺は乳首に吸い付き舐め回しました。

「たかしくん上手、アンッ!もっと強く吸って!」

美香さんに教えられながら目の前の瓜のようなおっぱいに

柔らかで大きい胸をしゃぶりついていると美香さんは股間をすりすりと触って

「凄いおっきくなってる」

笑いながら撫でられると敏感に

「どんどん硬くなってる」

美香さんの手が先端から根元までゆっくりとズボンの上で

「アッ…気持ちいい」

声をあげてしまった

そしたらベルトを外してチャックを開けてトランクスをかき分けて

突きだされると

「たかしくんて太いんだね?」と直にすりすりと触ってくる

「アッ…うわっ」

触ってくる美香さんは笑いながら

「先端も凄いピンク色ね」

美香さんは笑いながら見つめてスカートをまくりました。

そしてパンティを脱ぐと抱きついて膝までズボンとトランクスを下げてくると

腰をぐいぐいと動かしぬるつく場所に擦りつけた

「ンッ…アッ…たかしくんのオチンチン硬いね」

息を切らしながら擦られました

「おばさんのぬるぬるしている」

そう話すと

「おばさんて嫌…美香って呼んで?」

キスをされると美香さんね舌が入り込み舌先と舌先を絡めるようにされた。

「たかしくんかっこいい」

「あたしたまらないわ」

そう話すと腰を浮かしました

「たかし」

急に呼び捨てにされて

「たかしの初めて頂戴」

ものを掴みぬるぬると擦り付けると美香さんは腰を下ろし

「アッ!」と声をあげるとなま暖かでぬるつく場所に

「たかしの凄い太くて硬いわ!」と美香さんは俺の頭をかきむしるように撫でまわし

密着した腰をグリグリとまわす

「たかしが中に全部入ってる!」

肩に手を添えると上下に

凄い擦れて気持ちよく

「アアンッ!ンッ!おっきい!」と美香さんは声をあげて動かしてくる

腰を掴みながら美香さんの動きに興奮していた

「アッ!気持ちいい!たかしの気持ちいい!」と美香さんは声をあげ

お互いに息を荒くして汗をにじませていました

そしてTシャツを脱がされて美香さんは乳首に吸い付いたり首筋に吸い付きながら動くと俺は一気に高まりました。

「ヤバい!」

あわてて腰を引くと

「どうしたの?」と美香さん

「ヤバくなって」

「イキそうになっちゃったの?」と聞かれてうなずくと

「我慢しなくていいよ…出して」

ぐいぐいと動かす美香さん

「ヤバい!出ちゃうよ!おばさん!」

切羽詰まりながら話すと

「美香って呼んで!」

「美香さんに出ちゃう!」

もうギリギリ一杯まで追われて

「いいよ!たかしの初めて全部頂戴!」

美香さんが更に激しくなる

「アアア!美香さん!」

声をあげた時にはブレーキの効かない俺は美香さんに出してしまった

「アアア!たかしのが!」

美香さんが体をビクッとさせながら抱きついて初めての快感に震えていました

「凄い…一杯出てる」美香さんは抱きついて耳元で囁きました

とろけている中で出す快感は一人では味わえない暖かさと包み込むような柔らかさにうっとりしていました。

そして美香さんは見つめながら笑顔でキスをしてくれた

だけど急に中で出した事を思いだし

「どうしよう!中で中で」と慌てると

「もう…たかしくん気にしなくていいよ」

美香さんは落ち着かせるように抱き締めてくれた

「でも、凄い優しいんだね?」と美香さんは囁き起き上がるとだらだらと精子が

「たかしの一番搾り生」と笑いながら

お互いに汗だくでエアコンで冷やしました

後から聞いたら美香さんは俺が胸を見ているのに気づいていたらしく

「たかしあんなに見たら普通の娘は引くよ」

笑っていた。

「でもたかしがそういう目で見てくれるの嬉しくて…時々谷間も覗いてたでしょ?」

「あれわざとそういう服を来てたの…そしたらたかしったら」

笑いながらガン見していたのがばれていたのを話した

「恥ずかしいよ」

そう話すと

「凄い嬉しかったよ?あたしを見てくれて」

俺は半分美香さんの巨乳を見るのが目的だったと白状しました

「いいよ…たかしに見せてあげるから」

笑いながら話す美香さん

「絶対にうちの子にも他の人にも言わないでね?」

そう言われて黙っていた

そして俺は美香さんと連絡をとりながら会っていた。

その次も遊びに行きわざと自転車が壊れたと五キロ近くを歩き遊びに

そして帰りに

「たかしくん?送ってくよ?あたしも買い物したいから」

そう話すと美香さんの車に乗り、初めてのホテルでした。

美香さんに教えてもらい愛撫をし2回戦

それから卒業までの間、会ってはしていました

生理で出来ないときは美香さんは口でしてくれて

出したのを「コラーゲンたっぷり」と飲み干されました

「たかしとしてるとおっぱいの張りもよくなるしお肌もいいの」

卒業までしていました。

大学に進学してからは疎遠になり夏休みに帰省した時にあっていたんですが、だんだん遠のき自然消滅した

そしてそれからしばらくして美香さんが離婚していた。

続きは後に

- 終わり -

ユーザー投票率:0.32%
アクセス数・ランキング
データ取得日:2019-02-21
集計範囲 アクセス数 ランキング
2019-02-21 7回 4,690位
2019-02-20 9回 -
2019-02-19 3回 -
週間 49回 4,613位
月間 302回 3,913位
年間 8,433回 2,520位
累計 8,433回 7,214位
全話:10,774件
前後の話
次の話(2018-11-27 20:37:17)タイの満員電車でソフトな痴漢
前の話(2018-11-27 12:04:41)奇跡のバーベキューで再会

ッチな広告

メント

1:名無しさん #I2KSlhk :2018-11-27 21:08:34

続き気になります!

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチなPR