エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > マゾな女の子の成長日記
投稿:2018-11-24(土)00:21

マゾな女の子の成長日記

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文
名無しさんからの投稿

これはあくまで、妄想です……

あれは私が小◯生4年生のときでした。ませていたのかは、分かりませんが、ちょうど男子たちが性に興味を持ちはじめていた時期で

「ねえセックスって知ってる?」

などと女子に聞いていました。私は当時携帯なども持っていなかったので、そういう知識には疎く、行為のことを全く知りませんでした。

また男子たちがお尻をさわってきたり、スカートをめくってきたりしても

「男子のへんたーい」

などといって、かわいらしい反応をしてたものです。

ところが予想以上に男子は、性に関する興味が強かったようです。

ある日私は、教室に忘れ物をし、取りに帰っていました。他の教室にも、誰もいないような時間帯で、私は少しでも早く帰ろうと忘れ物をとって、教室から出ようとしました。

すると1人の男子が入ってきました。

ここではBくんと呼ぶことにします。

「どしたの?Bくん?忘れ物?」

「まあ……うん」

「私もだよー、筆箱置きっぱなしだったの」

Bくんは曖昧な返事をしましたが、私は特に気にもせず「じゃあね」と言って帰ろうとしました。

しかし

Bくんは突然私に襲いかかってきたのです。小◯生に襲う、という表現が正しいのかは分かりません。しかしそれまでのちょっかいとは雰囲気が異なっていました。

Bくんは私を正面から抱きすくめ、お尻をさわってきました。

「ちょ、ちょっとBくんへんたいー」

小◯生からすると抱きしめる、という行為は、同性でも過剰すぎるスキンシップであり、異性からされた私は大変動揺しました。

しかしBくんはいつも通りに笑ったりからかってくるのではなく、真顔のまま無言で触っていました。そしてあろうことか、私の膨らみはじめていた胸に手を伸ばしました。

「ちょ、ちょっとやめて!」

私はあわててBくんを突き放して逃げようとしました。しかし今度は後ろから抱きついてきて、胸をもんでくるのです。私は、体がゾクッとしました。

「いやっ、ねえやめて!どうしたの?!」

実際後ろから触られると、抵抗しにくく逃げにくいのです。また、性的な知識がなかった私はなぜこういう行為をするのかも、わかりませんでした。

とにかく豹変してしまった同級生が恐ろしかったのです。

後ろから胸を触られていた私はバランスを崩して膝をつきました。そして床を這って逃れようとしたのですが、Bくんはそのまま私の上に跨がり、服を脱がそうとしてきました。

「いやっ、やめて変態!先生よぶよ!」

思いつく限りで罵倒しますが、Bくんは無反応。ただ力づくで体をさわろうとします。しかし所詮小◯生同士、力の差はあまりありませんでした。

その日はなんとか逃げ出すことができ……というよりもBくんが諦めたのですが、助かったと思いました。しかし

これが始まりだったのです。

次の日からBくんとどう接すればよいのか分かりませんでしたが、彼は全くもって普通通りでした。普通に話し、普通に女子にちょっかいを出し……襲ってきた彼はちょっと間違えただけだと、そう思ったのです。

数日後、また二人きりになることがありました。どういう状況かは、覚えていませんが……彼はまた襲ってきたのです。2回目にして私は、これはおかしいと、思い始めたのです。

彼は二人きりになるたびに、私の体を直にむりやり触ろうとしました。胸とお尻を服越しに揉まれるのは当たり前で、私は服を脱がされないように抵抗し続けました。

しかし小学6年生にもなると、お互いに成長します、体も頭も。

私の胸は、彼に揉まれたこともあってか、他の子より大きくなりました。痩せてはいませんでしたが、デブでもなく、いい体つきと言えたと思います、小◯生にしては。

彼は私より身長が高くなり、野球をしていたからか、力もどんどん強くなりました。

その頃には、まだ下半身は生で触られていませんでしたが、胸に関しては、生で見られて、揉まれて、舐められてが普通でした。むしろ私も気持ちよくなっており、逃げたあと(というか行為のあと)トイレにいくと、なぜかパンツが濡れていることもありました。

胸を触られるとむずがゆくなって、もっと触ってほしいような感じがしました。特に乳首を舐められ、すばやく揺さぶられたときには

「んんんっ」

と思わず声がでていたほどです。

今では分かります、私は小◯生にして感じていたのです。

二人きりになるたびに彼は私を襲い、彼が諦めるまで私は抵抗しました。きっと私はそれを楽しんでいました。なんて恐ろしいのでしょう。

またネットで性知識を得た私は、下半身を触られることへの抵抗はありましたが……快感への興味が芽生えました。そしてあるとき、性器を刺激してみたのです。直接は抵抗があったので、最初は綿棒で。初めてではどこを刺激したらよいか分からず、快感は生まれませんでした。

しかし私は思い出してしまったのです。一輪車に乗るときの気持ちよさを。一輪車にのると股のあたりがむずむずして、それを続けるとフワッとなる気持ちよさを。

私は無意識に自慰行為を幼い頃からしていたのでした。

結論をいいますと、小◯生時代で私が犯されることはありませんでした。Bくんとも小学校以来関わっていません。しかし自分で気持ちよくなる方法を見つけてしまいました。またこの経験で目覚めた私の性癖も……

これは妄想です、マゾな女の子の、小◯生時代です。女の子は立派に成長しました。

続きの妄想も書くかもしれないし、成人してからの実体験も書くかもしれないです

このような拙い話を読んでくださってありがとうございました。

- 終わり -

ユーザー投票率:0.07%
アクセス数・ランキング
データ取得日:2019-03-22
集計範囲 アクセス数 ランキング
2019-03-22 5回 5,942位
2019-03-21 3回 -
2019-03-20 1回 -
週間 14回 10,002位
月間 75回 9,733位
年間 3,698回 6,256位
累計 3,698回 10,320位
全話:11,027件
前後の話
次の話(2018-11-24 02:11:03)コーポの隣の部屋に住む美人OLさん
前の話(2018-11-23 23:10:22)電車のなかで絶頂する話

ッチな広告

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

TOPの新着コメント欄への表示
表示する 表示しない

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチなPR