エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > 姉さん夫婦のHの声が聞こえてきて我…
投稿:2018-11-08(木)01:44

姉さん夫婦のHの声が聞こえてきて我慢できなくて思わずオナニー

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:4,573回)
SKYさん(20代)からの投稿

前回の話:部屋着のまま外に出てしまう無防備な義姉さん

お盆に入り単身赴任中の兄が戻ってきました。

3泊していきましたが、最初の晩の真夜中1時半過ぎ、僕が風呂に入ろうと廊下に出た時、姉さんの声が聞こえたような気がしました。

僕は兄さん夫婦がHしてると思い耳を澄ませましたが、暫くは静かで何も聞こえませんでした。

気のせいかな?と思った時「んっ、んっ、んっ」と一定のテンポで姉さんの微かな声が聞こえてきました。

声が出ないように我慢してるようです。

でもとうとう声が出てしまったようで、その後はずっと「あっ、あっ、あっ」という声に変わりました。

僕はその場で暫く聞いてましたが、思わずアソコを握ってオナってました。

その後段々と間隔が短かくなり、すごい速さでピストンされてるのが分かりました。

そのうち「あっ〜〜〜」という長い声が出て

「あっ、ダメっ、イッ〜〜〜あ〜〜〜」と聞こえて来ました。結構大きな声だったので1階で寝ている母にも聞こえたのでは無いか?と思いました。

そしてイッてしまったのか分かりませんが、静かになりました。

僕は気付かれないように急いで1階に降りて風呂に向かいました。

脱衣所に入るとカゴに姉さんのブラがあったので、思わずブラにチンコを擦り付けてオナりました。

そして最後は風呂で発射しました。

姉さんのブラに少し我慢汁が付いちゃいましたが、そのままカゴに入れちゃいました。

姉さん夫婦もここ数ヶ月ご無沙汰なので、帰省中は毎晩Hするんだろうとは思ってました。

しかし、こうして実際に声が聞こえてくると我慢ができませんでした。

泊まって行った3晩ともヤッていたようで、姉さんの声が聞こえてきました。

僕は聞こえてくる声のテンポに合わせて、シゴイてました。

続き:海水浴で義姉さんとスキンシップ

- 終わり -

前後の話
次の話(2018-11-08 01:44:53)スーパー銭湯の女性従業員
前の話(2018-11-08 01:27:32)河原で遊んだあと性行為

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告