エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > ODQの痴女OLのお尻を激しく弄っ…
投稿:2018-11-07(水)13:43

ODQの痴女OLのお尻を激しく弄って痴漢プレイ

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:3,595回)
名無しさんからの投稿

前回の話:ODQの痴女OLと遂に

つい先日、激しいセックスをした痴女OLをH駅で偶々見かけた。

服装は、気温が低いにも関わらず、上半身はスーツの上に薄いジャンパーで、下半身は生地の薄そうな膝上のタイトスカートで、スカートのスリットは尻のすぐ下辺りまで入っているものだった。

改札を抜け、階段の下からOLを追い掛けるように上った。上に目を上げると、大きなヒップが左右に揺れているのと、生の太腿がスリットからちらちら見える。

自分は、すぐに痴女OLの真後ろに立った。すると、痴女OLがこっちを見て、少し笑って自分の耳元で小声でこう言ったのだ。

「おはよう。お触りはいいけど、後でのセックスは今日はダメ」

多分、今日は休めないのだろう。自分は、かすかにその言葉に頷いて見せた。

やがて、電車がやってきて、多くの人が乗降する。人の波に押されながらも、自分は痴女OLに密着するように立ちまわった。

まずは、彼女の好きなヒップ擦りをさせてあげることにした。股間をぐいぐいと大きく、むちむちとした尻に押しつける。

痴女OLは即座に反応し、ヒップを押し付け、左右にすりすりと動かし始めた。

自分は腰に両手を添え、さらに固くなった股間を痴女OLのムチムチヒップ

に押し付ける。

すると、痴女OLは尻を左右に動かして尻コキのピッチを上げ始めた。尻の弾力が硬くなった股間に擦れて気持ちがいい。そこで、両手で痴女OLの腰を後ろの下げ、強く股間を押しつける。

暫らく尻コキをされ続けた後、今度は両手でムチムチした尻をスカート越しに揉み始めてみた。両手いっぱいに心地よい尻肉の弾力が広がる。

そして、OLの耳元で「中、触るよ」と言ってみた。痴女OLは何も言わずに、に微か頷いただけだった。

右手をそっとスリットからスカートの中に入れ、下着越しに尻を触ってみようとした。しかし、すぐに生尻の感触が。

「今日、Tバックなの」

痴女OLが耳元で囁いた。

その言葉にすっかり興奮してしまい、右手で生尻を激しく揉み続けた。その間、痴女OLは尻を後ろに突き出していた。

生尻を揉むかたわらで、右手の小指をそっと割れ目に近づけて、左右の尻肉の谷間をなぞってみた。

そして、ゆっくりとアナルに小指を入れていった。痴女OLはこっちを見てから、「弄って」と言った。そこで、「淫乱尻め」と小声で言い返し、小指で何度もアナルを抉った。

次は、スカートから手を出して、硬くなったモノを尻に押し付けた。タイトスカートに包まれた、大きな形の良いヒップ上下左右に動き、ズボン越しに硬くなったペニスに擦りつけられる。

その後、再びタイトスカートのスリットに手を入れ、生尻を触り始めた。そうすると、耳元で「今日、激しいね。でも、お仕事あるから・・・・・ね」と言われた。

再び、小指でお尻の割れ目をなぞり、尻肉を揉む。痴女OLはこちらに背中からもたれかかり、耳元に息を吹きかけ始めた。

やがて、電車は終点へ。最後に降りる人の波に紛れて、OLの尻をスカート越しに両手で強めに揉んでから、改札へ歩いて行った。

- 終わり -

ッチな広告

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチなPR