エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > 甥のデカマラの性処理女の一人に
投稿:2018-10-13(土)11:40

甥のデカマラの性処理女の一人に

この体験談のシリーズ一覧
1:甥のデカマラの性処理女の一人に
2:甥のデカチンポの性処理女です

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:7,552回)
広島県/ひろ子さん(40代)からの投稿

昨日投稿しましたが、削除方法が分からない為一部訂正です!

私は48歳で体型は普通ですが、杉本彩に似と言われるHcupの人妻看護師です

甥のタくんとの出会いは、約26年前で、まだ小学2~3年生だったと思います。

私達がこうなったのは、10年前の冬です。

元々性欲の強い私は、息子の同級生の父親二人と不倫関係にありました。

しかし、あるサイトで見付け、思わずタくんにメールしてしまいました。

当然私は、タくんとは知らずにです。

何度かメールをし、お互いのプライバシーを保護する為顔写真以外を見合いました。

タくんが送ってきてくれた写真の中に合成?と思わせる写真がありました。

それは、猛々しく勃起した

肉棒でした。

私は、仕事柄色んな男性のを見ていますが、尋常ではない大きさでした。

私は、積極的に会う為にメールをし予定を調整しました。

ようやくその日がやってきたのです。合流場所に車を走らせると、タくんが居ました。

細身ながら、長身でモデルの様な体型でスーツ姿!

顔には、マスクをしていましたが、切れ長の目!

私が車を停めると、タくんは、迷わず車に乗り込んで来ました。

ホテルにAM10時頃入り、私は、(ねぇ~ここを見せて~)とタくんの肉棒をスラックスの上から、撫でました。

タくんは、じゃ~脱がせて下さいと言い、ベルトに手をかけ私は、ワクワクしながら、脱がせるとそこには、垂れ下がった、巨大な肉棒がありました!

この時点でも、普通の男性が勃起したのよりも、全然大きいのです。

私が、舐め様とした時にタくんは、お姉さんのオッパイ見せて下さい!と言うので、私は服を脱ぎました。

タくんもその間にジャケット等を脱いでくれていました。

私の下着姿を見て、(スゴくエロいですね)と言いながら、私を抱きしめました。

タくんは、私の身体全体を指で愛撫しました。

高ぶった私の女性器に、指が入ってきて間もなくの事です。人生初の潮吹きをさせてくれたのです。

私は(こんな気持ちいいの初めてよ!)と言いながら、タくんの指を舐めました。

私はタくんの肉棒を触りながら(こんな大きいオチンポ見た事無い!本当馬並みね!私大きいオチンポが大~好きなの!でも異常よこの大きさわぁ!)と言うと、更に大きくなりました。

私のオッパイで挟んだあげる!と挟んだのですが、あまりの太さになんとか挟む事が出来ました

タくんは、私にお姉さんフェラもと言うので、私は(こんな大きいの口に入らない)と言いましたが、パイズリ氏ながら、特大な亀頭やカリ首を舐め回しました。

完全に勃起した肉棒は、長さ(後日計測実寸)25cm太さは女性の手首よりも太く亀頭は、握り拳?と思う程でした。

私は、同じ病院の看護師と夜勤の時に、下ネタになり、看護学校時代に友人の彼氏を奪ったと聞きました。

その子は、看護学校時代風俗でバイトしていたらしいのですが、風俗では、人気があり、2年間で1000本以上は、経験したそうですが、その彼氏の肉棒よりも巨根は、見た事無いと言うので、写真を見せてもらいました。

私は彼氏は外人?と聞きました、すると笑いながら日本人ですよぉ~!と言いました。

まさにその肉棒が私の目の前にあります。

同じ職場の女性から、彼氏を奪う!その行為が私を更に興奮させ挿入して欲しくなり、(そろそろ入れて!)と言いながら、股を開き自分で乳首を舐め挑発しました。肉棒にローションをつけ、(後悔しませんね?)と言いながら、私のクリトリスとオマンコに亀頭を擦りました。

後悔しないのなら、自分で挿入して下さいと言いました。

私はタくんの肉棒を触り、私 (怖~い!こんな大きいの入れたら、壊れちゃう〜!)タくんの肉棒をゆっくりと挿入しました。

タくんの亀頭が私の膣内をメリメリと押し広げ、今まで到達した男性が居ない、一番奥迄難なく届き、私は、挿入しただけで、絶頂してしまいました!タくんの肉棒で人生初のポルチオSEXを体験しました。タくんのテクニカルな腰使いで(すごい!奥まで!スゴい入ってる〜こんなの凄すぎ!こんなのはじめて〜!)と絶叫し何度も、何度も痙攣しながら絶頂し潮吹きや失禁しまいました。

体位を変える時も挿入したまま体位を変えるSEXなんて、経験がありません。騎乗位でお互い腰を止め、タくんがゆっくりと腰を動かしはじめました!私がねぇ~)マスクを取って!キスしたいの)と言うとタくんは(本当に後悔しないと)聞くので後悔しないから、早くマスクと言うと、私に目を閉じてと言いました。

目を開けてと言いので、目を開くと、そこには、甥のタくんが居ました。

私は、ダメ抜いてと言いました!するとタくんは、私にキスをし腰を巧みに動かしながら、後悔しないんでしょと言いました。

私は(ダメ~!近親相姦は、ダメよぉ!)と言いました。私に(キスは舌を絡めてたし

、今は腰が動いてるよ!)と言うのです。

私はわかった今日だけ!今日だけねぇ!と言いタくんに身体を任せました。

タくんは私の手を取り挿入仕切れていない、部分の肉棒を握らせたのです。

改めて特大肉棒のsizeを痛感しながら、ポルチオを突かれ一突きする度に絶頂しまいました。

その後はよく覚えていませんが、タくんがイキそうと言うので、お願い!お口に!口内射精してもました。

精液の量にも驚きました。

普通の男性の倍以上の精液が私の口と顔に。タくんは再度挿入したのです。私はまだ口内には、ザーメンが残っている状態での、二度目の挿入でした。

口から零れ口元はザーメンまみれでした!狂い乱れ、二度目は、私自ら(妊娠しても良いから中に下さい!)と膣内射精を求めました。

二度目が終わり、食事を済ませ私を抱き寄せ、フェラしながら、オナニーと命じられました。

私は言われるがままにフェラしながらオナニーしました。途中(お願い!お願いだから、オチンポが欲しい~のぉ~)と叫びました。

するじゃ~オレのと言うので、私は(なる!なる!タくんの女になる!から、お願い!早く!)言うと挿入してくれました。

顔や口内そして膣内に合計4回もザーメンをもらい二人でシャワーを浴び私に、オレのに誓いのキスしてと言うので、私は亀頭にキスをし、私はタくんの肉棒の性処理女として生涯尽くします!と誓いのキスをするとまた勃起しちゃったと!と肉棒をシゴキながら、ひろさんもオナニーしてと言うので、私もオナニーしました!すると、(ひろさんは、変態のチンポ大好き女だねと言うので、負けじとタくんだって変態のオッパイ大好き男でしょ!)と言うと笑いながら、そうだよと言いました!

私にシゴいてと言うので、私は、カリ首を集中的にシゴきました!

すると、タくんは後ろ向いてと言うので、私は後ろを向き、腰をくねらせながら早く!と言いました!

立ちバックのポルチオSEXで数十回絶頂し、何処に欲しいと聞かれたので、お願いオマンコにと言いました!

本当に5発目?と思わせる程の量のザーメンが私の膣内に射精されました!

タくんは、射精後私から、肉棒を抜き、シゴきながら、まだ出るよぉ!と私の顔に大量のザーメンをかけてくれました!

もう一度シャワーを浴び、準備をしてホテルを出ました!PM18時でした。

帰り道そう言えば21で看護師のAさん知ってる?と聞くとAって、チビだけどFカップ位のそこそこ巨乳のAの事と?言うので、そうだよと言うと、あぁ~淫乱ヤリマンのドM女ね!知ってるよぉ!

アイツなかなか面白い奴だよ!と言いました!

私はそうなんだ~と言いました。

駐車場に到着し、(またお願いしても良いと自然と言っていました。)

タくんは、私にキスをしまたSEXねぇと笑顔で頷いてくれました!

この日に何度絶頂したかなんて分かりませんが、どんな男性とSEXしても、良くても一度絶頂する程度なので、私はタくんのSEXを知らなければ、生涯のSEXを合計しても、この回数に及ばないと、思える程絶頂してしまいました!

それから2日電話がなり、自宅にタくんが、やってきました。

自宅は、田舎なので近所に家が無く近所に目撃されても、直ぐに同居している義父を訪ねて来たと思われます。

何せタくんは、おじちゃん子なのも、近親に知られています!

続き:甥のデカチンポの性処理女です

- 終わり -

この体験談のシリーズ一覧
1:甥のデカマラの性処理女の一人に
2:甥のデカチンポの性処理女です

メント

1:名無しさん #MHNDZQk :2018-10-14 07:52:17

つづき、お願いだから続きを……。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告