エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > 36歳お色気人妻社員と興奮の一夜
投稿:2018-10-10(水)17:12

36歳お色気人妻社員と興奮の一夜

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:11,853回)
東京都/田倉さん(30代)からの投稿

36歳会社員です。

去年、会社の後輩由美30歳と結婚して

産まれたばかりの男の子と3人家族です。

今年の6月の事です。

わが社は6月中旬にボーナス支給があり

その週末に皆で飲み会を行うのが

私が所属している本店営業部の習慣でした。その日も一次会、二次会のカラオケと

盛り上げ役は女宴会部長の

松本志乃36歳でした。

私が28歳中途入社で現在営業課長。

彼女は27歳中途入社で営業事務です。

同じ中途でタメと言うこともあり

結構仲良くさせてもらっていました。

松本志乃はお色気ムンムンの人妻です。

私服はミニスカートが多く、時には

胸元が覗けるような服を着て

男性社員のスケベ心をもてあそんでいる

みたいでした。

酔って男性社員の頬にチューをしたり

ふざけて男性社員の股間をタッチしたりと

まさにお色気セクシークイーンです。

時には勘違いする男性社員もいたみたい

ですが・・

彼女が30歳で結婚した時は

少しショックでした。

社内で仲の良い関係だったので

密かに恋心を抱いていました。

恋心というより性欲の対象と言った方が

正解ですね。

松本志乃の衣服を脱がして

裸を見たい!どんな裸をしてるんだ!?

私のオナニークイーンでした。

志乃の結婚相手は公務員らしく

派手な志乃だけど意外に堅実なんだ・・と

思いました。

結婚後も退職せず働いています。

子供は作らないのか出来ないのか

分かりませんがまだいない状態でした。

話を戻します。

一次会で飲食そして希望者だけでカラオケ

でした。

いつものように盛り上げる志乃。

ミニスカートの奥が見えそうでいつも

ドキドキさせられます。

今日も酔ってパンチラ寸前でしたが

志乃には最強のボディーガードが

いました。

山田康子39歳です。同じ営業事務の社員で

松本志乃と名コンビでした。

山田さんは独身です。

志乃が酔っ払ってパンチラしそうな時は

上着を足元に置いてブロック!

酔った志乃がストッキング越しの太ももを

タッチされたり胸元を覗かれてる時は

強引に志乃と男性社員の間に割って入り

志乃をガード!

酔った志乃がお持ち帰りされないように

いつも最後は酔っ払って志乃をタクシーで

連れて帰ります。

もし山田さんがいなかったら

志乃は男性社員にエッチされた可能性大

でした。ちなみに私も山田さんがいなかったら志乃とエッチ出来たチャンスは何度かありました。苦笑

カラオケも終盤に差し掛かった頃

山田さんに部屋の外に呼ばれました。

「課長・・私の母の調子が悪くて帰らないとダメなの。それで頼みがあるんだけど

志乃を送って欲しいの・・」

「え?私がですか?」

「そう!志乃はいつものように酔ってるし・・苦笑・・他の男性社員だと志乃の

身に危険があるし・・」

「はあ・・でも志乃の家知らないですよ。」

山田さんは志乃のマンションの住所を

私に渡しました。

「ここからタクシーで8000円くらいだから。それからあなたの家に乗っても

2万円よね。私が払うから・・」

「分かりました・・でも山田さん

なんで志乃をそんなに守ろうとするんですか?前から疑問で・・」

「そう見えるよね・・内緒だけど志乃の

公務員のダンナ・・私の親戚なの・・

私がキューピット役と言うのかな・・

志乃に何かあったら・・ダンナに申し訳

なくて・・苦笑」

「そーでしたか・・でも何故秘密に?」

「親戚で同じ職場となったらなんか

恥ずかしいとなって秘密にしたの・・」

「分かりました。」

「課長は志乃が社内で一番信用してる

男だから・・信用するわ・・ダンナさんが

出張でいないから・・マンションの玄関まで志乃を頼むわね。送り狼になったら

ダメよ!笑」

30分後

私と志乃はタクシーの中でした。

私にもたれながらうたた寝の志乃。

いい匂いがしてドキドキです。

タイトスカートからはベージュのストッキング越しに魅力的な太ももが見えていました。

触りたい・・大丈夫か?

恐る恐るストッキング越しの太ももに

タッチ!

志乃の太ももとストッキングのナイロンが

混じり合った感触に勃起でした。

男性社員を虜にしている太ももを

触っている!興奮しました。

タクシーが志乃のマンションに到着。

「志乃、着いたぞ!」

「う・・ん・・」

確か502号室だったな・・

エレベーターに乗りドア前に。

カギを出した志乃ですが

酔っててドアを開けられず。

しょーがないな・・

「お邪魔しまーす」

山田さんには玄関までと言われたが

志乃をリビングのソファーまで連れて

行きました。

初めてみた志乃夫婦の部屋。

「志乃!大丈夫か?帰るぞ!」

「うん・・う・・ありが・・」

再び眠りに入る志乃。

その時、志乃のスカートがめくれて

ストッキング越しの脚線美全開でした。

ゴクリ・・

高鳴る鼓動・・

どうしよう・・

目の前に意識もうろうの志乃が・・

こんなチャンス最初で最後だ・・

エッチはヤバいけど少しくらいなら・・

私は志乃に近寄り再びストッキングに

包まれた脚線美を触りました。

志乃の足最高だ!

我慢出来ず

ストッキング越しの太ももと脹らはぎに

唇を這わせました。

ああ・・たまらない・・

ストッキング越しのつま先の匂いを

嗅ぐと狂おしい蒸れた匂い・・

ああ・・志乃の匂いだ・・

気がついたら志乃のストッキング越しの

つま先を愛撫していました。

ヤバいと思いながら

スカートをめくると・・

ストッキング越しに純白の小さい

パンティが見えました!!

志乃のパンティ・・いつも山田さんに

邪魔をされて見えそうで見えなかった

志乃のパンティ・・

もっと派手なパンティを想像してましたが

清楚な純白でいい意味で裏切られ興奮しました。志乃のスカートの中を写メで

しっかり撮影!

一生のオナネタだ・・

そんな時、志乃が

「ああ・・暑い・・」

呟きブラウスのボタンを外し出しました。

志乃の白いブラジャー!!

俺がボタンを外したんじゃない!!

俺に罪はない!!と言い聞かせてガン見。

82から83センチくらいのサイズでしょうか。

志乃のおっぱいを包んでいるブラジャーに

感激!

あのブラジャーの中に志乃の

おっぱいが・・

何度もオナネタにした志乃のおっぱい・・

どんなおっぱいなんだろう・・

でもいいのか?

俺を信用してくれてる志乃と山田さんを

裏切る事になる!

何よりも妻に対して裏切りだ・・

止めておこう・・

志乃が着ていたジャケットを体に掛けて

帰ろうとしたら

志乃が私の首に手を回して

「帰るの?意気地無しなの?」

とまさかの言葉!

OKと受け取った私!

「志乃!ずっと好きだった!」

「ああん!田倉君!」

夢中でディープキス!!

ブラジャーを剥ぎ取ると

形の良い乳房と薄い茶色の乳輪と乳首!

「志乃のおっぱいだ!やっと見れた!

こんなおっぱいだったんだ!」

狂ったように

乳首を吸い回しました!

志乃の上半身をベロベロ舐め回し

ました。

志乃の体臭が悩ましく私を刺激します。

志乃とキスをしながら

ストッキングとそしてパンティの中へ

右手を偲ばせると

フサフサした草の下にねっとりと湿った

オアシスが!!

指でグリグリ

「あん!あああ!あん!」

悶える志乃!

初めて聞く志乃の喘ぎに興奮!

そしてストッキングを脱がして

脚線美をベロベロ愛撫!

やがて私の手は志乃の純白のパンティへ!

この中に男性社員が拝みたいと願う

志乃のオマンコがあるんだ・・

セクシークイーンのオマンコは

どんなだ!!?

パンティを脱がすと

やや濃い目のヘアと

濡れ濡れのサーモンピンクの肉のひだ!

これが志乃のオマンコか・・

「田倉君!恥ずかしいよ・・」

志乃のオマンコにむしゃぶりつきました。

「あああ!あん!あああ!」

叫ぶ志乃!!

やがて挿入!!

当然中だしは控えました。

「志乃・・俺達・・」

志乃のダンナはマジメですが性に淡白で

全く求めないそうです。

「マジメで・・良い夫だけど・・私だって生身の女よ・・一年もエッチがないのよ。

こんないい女なのに・・苦笑」

その日の事はお互い忘れた事に

してます。

でも志乃とやりたい・・!!苦笑

- 終わり -

前後の話
次の話(2018-10-10 17:16:33)ブルマーと僕(小学校編)
前の話(2018-10-10 12:38:22)キャンプ場での密かな楽しみ

ッチな広告

メント

1:名無しさん #iHVjNgA :2018-10-10 21:46:36

くっそうらやましい…

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチなPR