エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 友達の母さんにバイト先で会って妊娠…
投稿:2018-09-08(土)12:30

友達の母さんにバイト先で会って妊娠させちゃった

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:8,961回)
長野県/バイト学生さん(20代)からの投稿

大学に通う21歳です。

ずっとバイトをしてたけど先輩に頼まれ もう一つバイトを増やすことになりました。

「週に一回だけでもいいんだ 人手不足で人を探して欲しいって店長に頼まれたんだ」と言われ ちょうどバイトを増やそうと思ってた自分には良い話しでした。

バイトを初めてすぐに

「トモくんよね?オバサンのこと覚えてる?」と声をかけられると

中学の同級生のお母さんで8年ぶりで驚きました。

187cmの自分を見て身長が伸び

「すっかり変わったわねぇ よろしくね」と言われ自分の教育係にもオバサンがなりました。

それから自分には彼女もいない事を言うと 驚きながら

「女性を使い捨てにしたんでしょ ひどいわね」と笑いながら

からかわれ さらに日にちが経って慣れてくると

「女性を性処理の道具としか思ってないんでしょ?最低ね」

冗談ながらも毎回 ヒドイ言い方をされ さらには下ネタが結構多くて

自分も笑ってました。

「トモくんは最近いつしたの?」と聞かれたので

「オバサンはいつしたのさぁ」と聞き返すと

「オバサンはね えーっと2日前だったかな 何を言わせるのよ」と言われ

「オジサンとはレスって言ってたから相手は彼氏?やるね オバサンも」

言うと

「そんなことまで言ってたかな 彼氏って程じゃないわよ

まぁ 会うとエッチばかりだけど」とオバサンが浮気をしてる事に驚きました。

オバサンの浮気話をその日は聞きました。

最初は必死に口説かれ 断ったけど しつこく口説かれたらしく

相手も既婚者で 付き合うんではなく身体の関係だけを求められたと聞きました。

レスだったオバサンも口説き落とされエッチをしたそうで

初めての浮気と相手のエッチの上手さにオバサンもハマり

相手の言う通り身体だけの関係でほぼ毎日エッチをしたと言ってました。

男のいいなりでピルをもらうようになり

「アソコもお口も彼のモノって言われたけど 結局3か月ほどすると

会う機会が一気に減ったのよ 今は本当にたまぁにだから」と

生々しい大人の浮気話に興奮してしまいました。

その話を聞いてから オバサンを意識するようになりました。

オバサンは前と変わらず下ネタが多く

「トモくん 彼女出来た?若いんだから勿体ないわよ

オバサンに若さを分けて欲しいわ」とこれも結構言われる冗談でしたが

「俺もオバサンを性処理に使いたいなぁ ダメかなぁ」というと

「オバサン そんなこと言われたら期待しちゃうでしょ」と照れてて

「本気で言ったんです 今日の帰りに待ち合わせませんか?」と思い切っていうと

「うん キャンセルとかなしね」と軽く言われました。

バイトが終わるまでその日は長く感じ

「オバサンはもしかしていつものように冗談で言ってたのかな

息子の友達となんて普通する気にならないか 俺の勘違いか」と思うと

なんかショックを受けました。

その日はバイト中もオバサンと会うことはなく 会ったのは

バイトが終わる5分前でオバサンも同じ時間で終わりでした。

「凄く汗かいちゃったわ 早く涼しい部屋に行きたいわね」と笑って言われ

「オバサン 凄く色気のない下着なの トモくん萎んじゃうかも」と言われ

本当にエッチをするのがわかり 興奮した僕はオバサンに

「オバサン 俺 風俗ばかりでね 一番したいことがあるんだけど

俺ね 臭いフェチで 臭いを嗅ぎたいんだけど」というと

「汗かいちゃったよ それでいいの?臭いって嫌われるのも嫌なんだけど」というので

「前の彼女にも頼んだことあったけど嫌がられたの ダメ?」というと

「トモくんがしたいっていうならもちろんいいわよ トイレにも何回も行ったけどそれでいいの?」と恥ずかしそうに言ってました。

バイトが終り待ち合わせました。

そしてオバサンと本当にラブホへ行きました。

元彼女としか経験のなかった僕は 元彼女が恥ずかしがり屋で

マンコもまともに見せてもらったこともなかったんですが

オバサンは少し照れながらもマンコまでしっかりと見せてくれ

拭き残しのティッシュとおしっこの臭いがプンプンしてたけど

そこをじっくりと臭いを嗅がせてもらいました。

凄い臭いなのにチンポは張り裂けそうなほど勃起し

オバサンに見せると

「ちょっと凄いことになってるわ オバサンに舐めさせて」と言われ

69になりオバサンのマンコを眺めながらフェラをされました。

マンコを舐めるとお尻が動き出し鼻にオバサンのお尻の穴が来て

臭ったけどそれもなぜか興奮しました。

「トモくん もうオバサン我慢できないわ」というと騎乗位で挿入されました。

緩いと思ってたけどきついし ヌルヌルでオバサンが動くたびに

クチョクチョとなってました。

出そうと言っても

「我慢して もう少しでいいから」というだけで

腰は動きっぱなしで思わず中に出しちゃいました。

オバサンはイク寸前で気づかずに腰をふってて イッタようで

動くのを止めました。

それから体位を変えて正常位になって再び射精しそうになったけど

一回出してたのでそのまま黙って出しました。

オバサンは気づいてないようで動き続けてると

「ずいぶん長持ちね 出すときは外にお願いね 危険日だから」と言われ焦りました。

バックでしてと言われてバックでしました。

友達の母さんのケツをみながらチンポが出し入れしてるのを見てました。

2回出した精子のせいかちんぽは白いのが大量についてて

動くたびに変形する肛門を眺めてるうちに肛門を触ると

オバサンがピクピク反応しだしました。

「オバサンの中に出したいなぁ」というと

「ダメなの 今日は本当に危ない日だから」と言われ お尻に射精しました。

それからもオバサンとホテルヘ行ったけど生ではさせてくれなくなり

ゴム付きで会うのを止めました。

数か月してオバサンからホテルヘの誘いがきたので断ろうと思ったけど

「今日は 生でいいわよ 中に出してもいいから」と言われ

ホテルヘ行きました。

「できちゃったみたいなの 主人とどうしようかって話してるのよ

こんな歳だから」と言われ あの時の中出しじゃないのかなと思ったけど黙ってました。

オバサンに入れて出そうと思ってると

「あの時2回位出したでしょ 悪い子ね」とオバサンが耳元で言ってきました。

「ごめんなさい」というと

「大丈夫 酔って帰って来ると主人はしたがるから誤魔化せたわ」と言われ

ました。

その後 オバサンは月に何度か今後も会う約束をさせられました。

少し前に彼女が出来たけどオバサンとの方が気持ち良くて

やりたくなると彼女ではなくオバサンに連絡をしています。

リングを入れたオバサンとは生で中出しで今もやってます。

- 終わり -

前後の話

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告