エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > J◯6、りこちゃんと続き。再会。
投稿:2018-08-14(火)19:47

J◯6、りこちゃんと続き。再会。

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文
やっぱJ◯最高さんからの投稿

前回の話:J◯6 やっぱ最高!お願いしまくって見せてもらった!

あの日から、ちょうど1週間後の水曜日の夕暮れ時、私は、いつものスポットに出向きました。

りこちゃんと会ってから以来です。

次に会う約束も、連絡先も聞かず教えずで、ちょっともう一度会うのは、難しいかなとは思っていたのですが、もしかしたら、ちょうど1週間の今日の水曜日、りこちゃんも来てたりするかもっと、浅い思いで、いつもの駐車場に車を停めて、目的地に向かいました。

行く途中も、やはり軽装な女の子達がうろうろと、プール帰りを歩いたり、自転車に乗ったりしてました。

その中でも、先週のりこちゃんクラスの、スタイルの良い子や、キャミソール1枚で、脇から乳首が見え隠れしている子など、本当にここは楽園です。

ちょうど5時も少し回り、たくさんの子達が出終えた頃、私の視線の向こうに3人組の女の子が自転車を停めて、ベンチに座って何か話をしている姿が見えました。

きゃしゃな白いTシャツの子、背の高めの水色のTシャツのキャップを被った子、ちょっとふっくら目の黒のTシャツの子と、5~6年生位かな?と、遠目で見てたのです。

タイプ的には、真ん中の水色の子かな~、でも、白い子も、胸の膨らみ始めて感じで良いかもな~とか、考えて見ていると、その中の、真ん中の水色の子が、こっちに何だか、手を振ってるのか、何か合図してるのか?

私は、振り向き後ろを見ましたが、誰も居てなくて、もう一度彼女達を見直すと、なんかクスクス笑いながら、また頷くように、挨拶みたいな仕草をしてきました。

え!もしかして、逆ナン??とか、ありえない事を考えながら、少しずつ近くに行くと、水色の子がニコっと笑いながら、Sさんこんにちはーっと。

私は、キャップ姿のりこちゃんに気付かずに、

「あれーりこちゃん!こんにちはー久しぶりーキャップ姿で分からなかったよー」と言うと、りこちゃんは、照れくさそうに、「可愛い??」って聞いてきたので、「うん、見違えたよー似合ってる!可愛いよー」と答えてあげると、嬉しそうに笑いながら、「Sさん、久しぶりって、まだ1週間ぶりじゃん」と、りこちゃんに突っ込まれながら、私も苦笑いでした。

りこちゃんに、隣の二人は同級生?と聞くと、

同じクラスの仲良し3人組らしく、白い子が、舞ちゃん。黒の子が、じゅなちゃん。だそうで、今日も、プールに来てたらしい。

一応、私もSです。

よろしくねー。と、挨拶したんだけど、この二人には、俺って、どんな人と思ってるのかなー??と、不思議な感じでした。

すると、舞ちゃんが塾に行くから、帰るね、りこ。

と立上がり、じゅなちゃんも、じゃぁ私も行くわ。

と、それぞれにバイバイをして、二人を見送りました。

残ったのは、りこちゃんと私、二人になりました。

しばらくベンチに座り、お話をしました。

「こないだ、ありがとうね。大丈夫だった?何も変わりない?」と、りこちゃんに聞くと、「はい、全然大丈夫です!」と、答え「こないだの事、気持ち悪くなかった?」と聞くと、「うん、全然平気」と笑顔で答えてくれて、ちょっと安心した。

念の為、「こないだの事、誰にも言ってない?」と聞くと、「あぁ。う、うん。。。」と、ちょっとおかしかったので、「まさか、お家の人に?」と、聞くと、「まさかーそれは、ありえないよー!!」と、言うので、ホッとしたけど、これは誰かに話したみたいだと、何となく分かり「怒らないから、言ってごらん?誰に話したの?」と聞くと、りこちゃんは「舞と、じゅなに、、、」「ごめんなさい!」と、俺との約束を守らなかったのでか、しょぼんとしてしまい、そんなりこちゃんが、また可愛くてたまらなかった。

ゆっくり頭を撫でてあげ、ちょっと下心で太ももに、手を置いて「いーよ、りこちゃん。ちょっと友達に、大人ぶりたかったんだよね?誰もした事無いことを、ちょっと自慢したくなったんだよね~?」

と、言うてあげると、りこちゃんは、ちょっと半泣きみたいに、何度も頷いて「ごめんなさい」と言うのでした。

思わず可愛くて、抱き寄せてチューを、したかったけど、さすがに、ファーストキスは、俺じゃない方が良いだろうと、グッと我慢しました。

でもでも、ファーストオッパイは、俺が頂いちゃったな~とか変なことを、考えていた私でした。

りこちゃんは、友達に話したねは、キモいとか、ヤバいとかじゃなく、すごい体験したと話したみたいで、友達も、かなり羨ましがってたそうでした。

て事は、さっきの二人は、俺がりこちゃんのオッパイの人と、ばれてたのでしょうねー

ちょっと我ながら恥ずかしいです。

それから、その話は、なら全然大丈夫だよ。

もう気にしないでねと、りこちゃんを、安心させてあげると、彼女は、ホッとしたのか、いつもの笑顔に戻りました。

やっぱ、チューしたかったけど我慢しました。

ここで私は、りこちゃんに、「あれから、エッチな気持ちとか何か、身体に変化なかった?」と聞くと、「もー!はずいな!えーとね、何かあれからね、オッパイの先っぽが、Tシャツとかに擦れると、何かキューて感じになるの。ちょうど4年生位の時みたいに。今は、ブラとかキャミで大丈夫だけど、何か変なの。」と答えてきた。

「あら、ちょっと敏感になってきたんだねー。そんなにキツくしなかったけど、始めてだったもんねー。自分で触ったりは、しなかったの?」と聞くと、「お風呂でシャンプー付けて、ちょっと触ってみた」と恥ずかしそうに答えてきた。

頭の中で私は、思わず想像してしまい、6年生の子がオッパイを、自分で触って。。。と。

そして俺は、「じゃぁ、寝る時も、触ってたりしてみた?」と聞くと、頷いて恥ずかしそうにしていた。

「ちょっと気持ち良かったの?」て聞くと、「うん。。あの日の事が頭いっぱいに思いだすの」と答えてくれて、内心、私は、すごい嬉しかったー。

本当に本当にチューしたかったけど、我慢しました。

「じゃぁ、りこちゃん?今日も、少しだけで良いから、触って良いかな~?だめ?絶対の絶対に痛くしないから、約束するから?お願い!」

と、また、お願いしてみたら、快くOKを、いただきました!

「そしたら、また、あっちに行こうか。」と二人ベンチを立上がり駐車場に向かいました。

その時に、ちょっと2メートル位先に、りこちゃんに歩いてもらい、後ろから、りこちゃんの綺麗な足を、たっぷり拝見しながら下半身ギンギンで向かいました。

そして今日の水色のTシャツのチェックもOKで、今日も、ツンとしたノーブラの確認しました!

ラッキー!もう私は、たまりませんでした。

そだ!さっきりこちゃんは、ノーブラの時、Tシャツが、擦れたら変な感じになるて、言うてたのを思い出した!

ちょっとだけ、ちょっとだけ、いじわるなイタズラしてみよーー!っと!

と、胸を踊らせました。

そしていつもの奥の駐車場に着き、人目無しを確認してから、

「りこちゃんキャップ姿、本当に可愛いよー

本当にチューしたい位だよー

じゃぁ、誰も見てないから、少しだけよろしくね」と、りこちゃんに言うと、恥ずかしそうに「ハイ」と、答えてくれました。

じゃぁ、先ずシャツの上からね~と、今日は、先に後ろから、オッパイを、両手で包み込み、大きさを確かめるかのように、ゆっくり撫でさすりながら、中指と薬指で、シャツの上から、乳首を軽~く刺激し続けてみた。

2、3回刺激するだけで、りこちゃんの乳首は、固くなり、コリッと摘まめる位になってきた。

あー感じてるんだー。

この前より、何か受け入れてくれてる気がするのは、気のせいかな。。。

後ろから「りこちゃん大丈夫?」と聞くと、「ハイ大丈夫だよ。」と、可愛いく答えてくれた。

乳首も、ツンツンになり前に回り、今度は、Tシャツの両端を摘まんで、ツンツンの乳首に、左右にTシャツを擦ってみてやった。

すると、りこちゃん「えやぁー!あーダメダメダメあーダメ!それヤバいよー!も~う」と、感じているのか?

俺は、「やっぱりー?」て聞くと、ちょっと頬を膨らませて、恥ずかしそうに頷いていた。

りこちゃんに、「ねー暑いし、車に乗る?」と誘うと素直にOKでした。

さすがに、暑いし、ちょっと外は、恥ずかしかったかもですね。

車に入り、クーラー全快で、後部座席に座らせ、涼しい風を流してあげると、「あ~気持ちいい~~」と、りこちゃんは喜んでいました。

「じゃぁ、続きしよ~かぁ。」うん。と頷くりこちゃん。「ここは、外から見えないから、Tシャツ脱いでくれる?絶対に大丈夫だから」と言うと、被ったキャップを取り、サーっと脱いでくれました。

プルンとした可愛いオッパイが、先週はまだ、乳首も、立ってなかった状態だったが、今日は違う。

さっきのTシャツ攻撃も効いたのか、今日は乳首が、キュンと立ち、オッパイも、先週は、料理のお玉と例えたが、いやいや、子供用から女性用の、お茶碗位は、有るように、あらためて、見えた。

まさに、釘付けでした。

「Sさん。ねー、そんなに見られたら恥ずかしいよー。も~うSさんのバカー」と言われ、我を取り戻し、「ごめんごめん、あまりに可愛いからつい。。

りこちゃん先週よりオッパイ大きくなた?」

「まさかー!」「だよねー」と、会話し、「じゃぁ、触らせてね~りこちゃん」と言うと彼女は、目を閉じた。。あーチューしたいけど我慢我慢。

お茶碗程のプルンプルンのオッパイを、優しく撫でさすりながら、手のひらで乳首をコロコロしてあげた。気持ち良いのかな?声は出ないけど、息使いは、少しだけ聞こえてきた。

でも、あまり無理せず、今度は喜んで少し強く揉んでみた。そしたら「あぅん、いっ」と声が出たから、「ごめん痛かった?」と聞くて「うん。

ちょっとだけ、でも大丈夫だよ。」と。

可愛い子だよ、本当に。

「ごめんね」と謝り、次は、りこちゃんの手を握ってあげながら、そーっとオッパイを舐めてあげた。

すると「あ。え~~。あっ。」と感じているのか?

まだ、あ~気持ちいい~~とか、ア~ンとか恥ずかしいのか、ア~は少し出てきても、まだやはり、え~と出てしまう。

可愛いです。

無理もない、まだ12才始めての経験ですしね。

「後ちょっとだけね」

そして、手を繋いだまま、ちょっと舌先を左右にゆっくり動かして、オッパイの回りからレロレロと舐めながら、片方の手で片方のオッパイを、撫でながら、舌先を左右に少し早めに動かしながら、乳首の方へ乳首の方へと、舌先を這わせながら、じらすかのように、乳首の刺激は、後回しにしてあげた。

りこちゃんも無意識に、息使いがキツくなり、足元を、もぞもぞさせていた。

感じてるんだー。私にも分かりました。

そして、片方の手を乳輪回りをクルクルと触りながら、舌先を片方のオッパイの乳輪乳首に、這わせてあげたら、ピクンと身体を浮かし、さらに、乳首を舐めながら、吸いあげてみると、「あっ~あ~やだぁ~やだぁ~~」と、りこちゃんは、確かに感じてました。

「変な感じ?」と聞くと、何度も頷いて息使いがキツくなっていた。

もう片方のオッパイも、乳首レロレロから、チュパチュパ吸いあげてみると、「あっ~あ~やだぁ~やだぁ~~やだぁ~~」の連呼でした。

やっぱ可愛いー。

もっともっと堪能したいが、ここは、大人対応で、「ありがとうね。りこちゃん、今日も、可愛いかったよー」と、軽く抱きしめてあげると、りこちゃんも、笑顔で、何か嬉しそうにしていました。

終わろうとすると、

「Sさん。何か忘れてない?」と言われて

え~~何やろ。

チューかな!とか思いつつも。

何だったかな?と聞くと、

ピュッピュッ!と、いわれ、りこちゃんも恥ずかしそうに笑ってた。

あーOKOKと、私は、後部座席のドアを開け、俺は、外に出て、りこちゃんは、中から座りながら、見る体勢で、チンチンを出した。

りこちゃんは、丸々とした目で見ながら、俺は、左手でオッパイを、揉みながら、シコシコして見せてあげ、「すごい?」と聞くと、頷いてうん!うん!と、そして、いよいよの時、ちょっとオッパイキツく揉ませてねと、了解を得て、シコシコしながら、じゃぁ、出るよー出るよー

りこちゃん~あーあ~

と同時に、ちょっとオッパイを強く揉んで、

ドピュッドピュッと。

果てましたよ。

りこちゃんありがとうねー。

と言うと、嬉しそうに頷いてくれました。

そして、服を着て帰り道、また会う機会あれば、また会おうねと約束してたら、りこちゃんが、「Sさん。あのね、私の友達の舞とじゅなも、こないだの話したら、羨ましがって、多分、明日も今日の話になると思うの。

Sさんの事は、信用してるみたいだから、舞とじゅなも、一緒に会うとか、もしかそうなったら良いかな?ダメとかムリなら、いいんだけど。。」

え!そうなの!

りこちゃんは、大丈夫なの?

「うん!私は大丈夫です。でもSさんは、絶対に乱暴な事とか、痛い事とかしないですよね?」

うん!絶対しないよ。

絶対に約束してあげるから、それは、安心してね。

でも、連絡出来ないし、どうしよか。。

「じゃぁ、水曜日!水曜日にしよ!」

ここで、また待ち合わせに!

りこちゃんは、嬉しそうにしてたので、私は、快くOKしました。

そして、今日は、バイバイして、いつもの、お小遣いを渡してあげました。

さて。来週は、どーなる事かな。

え~J◯6が、3人!

しかも、みんなタイプバラバラ。

何かドキドキのような、不思議な今日の帰り道でした。

続き:J◯6りこちゃん、舞ちゃん、珠奈ちゃんJ◯3人で初めての経験。

- 終わり -

ユーザー投票率:0.22%
アクセス数・ランキング
データ取得日:2019-03-23
集計範囲 アクセス数 ランキング
2019-03-23 7回 4,983位
2019-03-22 6回 -
2019-03-21 7回 -
週間 51回 4,544位
月間 203回 5,443位
年間 10,536回 1,745位
累計 10,536回 6,155位
全話:11,050件

ッチな広告

メント

1:名無しさん #IRdTRWk :2018-08-15 02:46:00

続きが気になります(((o(*゚▽゚*)o)))よろしくお願いします

2:名無しさん #MFc5kA :2018-08-17 11:45:37

うらやましい!続きお願いします!

3:名無しさん #FQUiCCU :2018-08-18 01:00:21

りこちゃんかわいいな

4:やっぱJ◯最高さん #MSmJh5A :2018-08-20 18:09:56

主です。
コメント頂きまして有難うございます。
楽しんで頂けてますでしょうか?
また、色々書かせてもらいますので、どうぞよろしくお願いいたします。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

TOPの新着コメント欄への表示
表示する 表示しない

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチなPR