エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 覗き屋の思い出話その1 俺が覗き屋…
投稿:2018-08-11(土)14:48

覗き屋の思い出話その1 俺が覗き屋になったキッカケ

この体験談のシリーズ一覧
1:覗き屋の思い出話その1 俺が覗き屋になったキッカケ
2:覗き屋の思い出話その2 覗きからスカートめくりに

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:6,578回)
パンティー覗き屋さんからの投稿

俺は忘れもしない小◯生の時、同じクラスの女子のパンチラがきっかけでパンティーに目覚め、15年たった今でも大好きだ。

そこからパンティーをありとあらゆる方法で覗きまくる覗き屋になっていって、ようやく最近足を洗ったのだが、その時の話を順に書いていく。

今回はキッカケになった同級生、知加の話から。

知加はおとなしい性格で、顔は田中みな実を幼くした感じの可愛い女子だったから、クラスでも特に人気は高かったが、何かとパンチラとは縁が深かった。

最初に目撃したのは全校集会か何かで校庭に出た時。

体育座りになっていた時に後ろのヤツに呼ばれて振り返ると、斜め後ろに座っていた知加が超ミニスカートで脚も閉じずに体育座りをしていたから、文字通りM字開脚で純白パンツが丸見えになっていた。

さすがに小◯生なので女子のパンチラはそれまで何度も見た事はあったが、いきなりフワフワした綿の純白パンツとフトモモが、質感まで伝わってくる超至近距離で目の前に現れた衝撃は物凄い破壊力があり、それ以降何かと知加のパンチラを狙うようになった。

その後は同じようなシチュエーションや、まだ男女同室だった体育の着替えで必ず知加の純白パンツが見れたから、どうもパンチラに関しては無防備らしいと気付いて、毎日楽しみにしていたが、ある時クラスのガキ大将が「パンツ見えてっぞ」って知加をからかって以来、一気に警戒されるようになった。

その時は余計なことをとかなり悔しかったのだが所詮は小◯生、いくら警戒して隠しても超ミニスカートをやめなかったので、結局パンチラしてしまっていた。

むしろ黒パンチラが増えたり、純白パンツで全校集会に出た時はチラチラ見えているのを恥ずかしそうに隠そうとしていたりと、楽しみが増えたくらいだった。

体育の着替えの時はスカートを履いてからズボンを脱いでガードしていたが、結局スカートの中に手を突っ込んでズボンを下ろしていたので純白パンツが必ず見えたし、一度など私服がズボンだったので履き替える時のガードが出来ず、丸出しになった純白パンツ姿のお尻を目の前で1分近く眺めたこともあった。

そして知加のパンチラで一番思い出に残っているのも、やっぱり着替えの時。

その時はスカートだったのに友達と喋っていたからか、着替える時のガードを忘れて先に体操着のズボンを脱いでしまい、黒パンツが丸出しになっていた。

黒パンツから純白パンツがハミパンしていた事や、パンイチの下半身をガン見している俺に気付いて必死にシャツを引っ張ってガードしている姿にかなり萌えた事もあって、今でも思い出しては抜いているくらいのシチュエーションだ。

こうして俺は知加がキッカケでパンティーに目覚め、可愛い女の子に15年近くも手鏡や盗撮、スカートめくりを繰り返す覗き屋になっていった。

次回は、中高で制服姿の女の子に覗きとスカートめくりをしまくった中で、特に思い出に残っている話を書く。

続き:覗き屋の思い出話その2 覗きからスカートめくりに

- 終わり -

この体験談のシリーズ一覧
1:覗き屋の思い出話その1 俺が覗き屋になったキッカケ
2:覗き屋の思い出話その2 覗きからスカートめくりに

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告