エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > パンチラ天国のコーヒー店は、女子ト…
投稿:2018-08-07(火)19:25

パンチラ天国のコーヒー店は、女子トイレの覗きも出来る名店だった?。

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:8,209回)
チャーハンさん(30代)からの投稿

とあるコーヒー店

ここは個人的にかなりの名店で、

オフィス街の大通りの交差点に位置しており、道路側は全面ガラス張り。

道路に面してひとり席があり、そこ座ると、嫌でもミニスカ姿で自転車に乗るOLのパンチラを目撃する。

目の前がガラス張りの席から外を見渡せば、そこは横断歩道で、俺に正面から向かってくるミニスカ自転車のOLたちが信号が変わる度にやってくる。

さて、ここからが本題で、

このコーヒー店で、さらにグレードの高いものを発見した。

地下一階にも席があり、トイレはこの地下フロアから店外に出た廊下にある。

男女共通の入口に入ると、隣接して男女を分ける扉が設置されており、これが本当の真隣で隔てる壁も厚さは3〜5cm程度の木の板一枚。

中に入ると、洋式便器が男女向かい合うように設置されている。

便器に腰掛けると、目の前にはわざとらしい張り紙があり、最初は気にも留めなかったが、通い詰める中で、これは、もしや!と、それを剥がすと、案の定、過去に誰かが覗きに使う為に開けたのであろう産物を発見した。

しかし、補修がなされており、女子トイレ側から太いビスが差し込まれていた。

補修のつもりなのか?日を変えて俺は、ドライバーを持ち込み、一か八か女子トイレへ決死の覚悟で潜入し、ビスを抜き取り、代わりに男子トイレ側からビスを刺し直した。

女子トイレ側の張り紙も一度剥がして、なるべく目立ちにくい箇所にパンチで穴を開け、覗き穴にパンチの穴をを合わせて貼り直す。

これにより、ドライバー1本さえ持っていればいつでも覗けるトイレを俺は完成させた。

俺は喫煙者だが、そこは、我慢して禁煙席である地下の店外へ出る扉のすぐ横の席を確保し、廊下に出る女性を吟味し可愛いこが出たら、後を追ってトイレへと駆け込むフローを確立させた。

その穴を覗き込めば、目の前に用を足す女性の股間がダイレクトに飛び込んでくる。

さらに、俺は女性用の商品を販売しており、しばしば喫茶店で女性客相手に商談をする。

その日からは、自然な範囲で可能な限り、このコーヒー店を商談場所に使えるよに先方へと促している。

平均2〜3時間は商談に時間がかかるので、大抵の女性は一度はトイレに立つ。

リピート客で可愛い子は定期的にこのコーヒー店へと呼び付ける。

会社の後輩女子社員なんかとのミーティングや、研修もそうだ。

顔なじみのある女性が用を足す姿は格別の興奮である。

盗撮ものAVでなどとは全く持ってレベルが違う。

まさか、世間で爽やか好青年で通っている目の前のこの俺に、自分が用を足す姿を見られているとは知らず、何食わぬ顔でその後も接してくる。

彼女たちがこの事実を知ると一体どんな表情をするのか。

普段は高飛車に気取る女社長やホステス、清楚に振る舞うモデルやエスティシャン、流石に罪悪感がハンパない行きつけの飲み屋のスタッフや、仲のいい連れの嫁や彼女までも。

羞恥のカケラも見せず、下半身を曝け出し、見て欲しいと言わんばかりに、俺の見ている目の前で排泄行為を繰り広げてくる。

商談中やミーティング中、人はある程度、限界に近いところまで尿意を我慢をするものである。さらにコーヒーや紅茶のカフェインがその尿意に拍車をかけて、

俺の眼前に立つ女は、大抵が勢い良くプシューッという音を立てながら、そこそこ時間をかけて大量の尿を撒き散らす。

そして、最近、たまたま中学の頃、片思いをしていた女友達がその商談に乗ってきた。少し彼女の自宅からは遠いが職場の近くだということと夕食をご馳走するという約束で、そのコーヒー店に来てくれました。

この商談が成立するしないは全く持って、どっちでもいいのは言うまでもない。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告