エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > ライバル会社の配送の熟女とお気軽セ…
投稿:2018-07-05(木)14:58

ライバル会社の配送の熟女とお気軽セックス

この体験談のシリーズ一覧
1:ライバル会社の配送の熟女
2:ライバル会社の配送の熟女とお気軽セックス
3:ライバル会社の配送の熟女とお気軽なセックス

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:5,200回)
岩手県/名無しさん(30代)からの投稿

前回の話:ライバル会社の配送の熟女

恵美子と連絡をするようになり

「ねぇ…今日は◯◯さんに行く?」とか

「ねぇ…明日の夕方◯◯方面に行かない?」と連絡が来たり

だけどそういう時になかなか都合が会わない

気付けば三週間も開きました

そして恵美子から「金曜日の夜会えない?」と誘われて会うことに

仕事が終わり、恵美子と待ち合わせした地元の県立病院の駐車場に

端に恵美子の車があり隣に

恵美子が乗り込んできて

「急にごめんね?」

膝上の短めのスカートで髪は下ろしていてイメージが違うし化粧も濃い目で香水の香りが漂い

「久しぶりだね?」と笑顔の恵美子

車を走らせて居ると

「会えて良かった、もう会えないかと思ったょ」

「なんで?」と聞くと

「なんかなかなか都合合わなかったし…清水くんあんまりエッチ気持ちよくなかったのかな?とか飽きちゃったのかな?」

「飽きてないよしたかったよ」と話すと

「いいんだよ…おばさんとエッチしてつまらなかったでも」

「つまらなかったら会わないし…」と信号待ちでスカートを捲り太ももを

「なんか今日はセクシーたね?」と話すと

「本当?凄い嬉しい」

「ホテル行こう」と聞くと頷き、恵美子と街の外れのホテルに

「なんか久しぶりに来た。」と話す恵美子と中に

入る

「わぁーベッドおっきい」と恵美子ははしゃぎながらベッドにダイブ

「久しぶりに来たら変わってる」

うつぶせの恵美子のスカートの中に手を入れてヒップを触ると

仰向けになり「久しぶりだね?」

「そうだね?」とキス

恵美子は舌をいれてきて積極的でエロかった。

キスをしながらスカートの中に手を入れてあそこを撫で回すと

「ねぇ…シャワー浴びたい」

いいよと恵美子はシャワーに

タオルを巻いた恵美子が上がり、俺がシャワーに

上がると部屋は暗くされて恵美子がベッドの中に

そして隣に入ると

「なんか凄い興奮しない?」

「する」と話すと

「なんかいつもすれ違ったりしてた人とエッチするなんて」

「そうだね?挨拶くらいだったし」

「そんな人とエッチしちゃったんだから」

「そうだね凄い興奮する」と近づき

「ポイされたかと思ったよ」と言われて「ごめん」とキス

「ポイする時は言ってね?」と言われて「しないから」と話すと恵美子と再びキス

舌を絡めてお互いに吸い付き、俺は恵美子のタオルを取り胸をまさぐりながら

そして首筋に吸い付き「ンッ…アッ」と声をあげる恵美子

熟女の肌はしっとりしていて抱き心地が良かった

首筋から胸に

もうおっきくなってる乳首に吸い付き「アンッ!ンッ!」と声をあげる恵美子

おっきめ乳首に吸い付き「アンッ!アッ!」と声をあげる

細身の割にはおっきいし垂れぎみだけど感度が高いし

そして恵美子の下半身に触れるともうびっしょり

ヌルヌルしたあそこを撫で回し

「凄いね?」と話すと恵美子は

「だって清水くんとエッチしたかったから」

「いいの?人妻がそんな事言って」と話すと

「いいの?」

そっかと脚を開かせて恵美子のあそこを見ると赤茶色のあそこが濡れて光っていた。

「やだ恥ずかしいよ」と隠す恵美子の手を避けて俺は恵美子のあそこを舐めました

「イャン!ダメッ!」と言いながらびくびくさせる恵美子

「アンッ!ダメぇ~恥ずかしいよ!」といいながらもヌルヌルと溢れてきて

「アンッ!ンッ!アアアッ!」と恵美子は声を張り上げていた

グチョグチョで恵美子の汁がシーツを濡らす位になっていた。

「アン…清水くん」起き上がると俺のをさわりだして

「おちんちん舐めたい」と恵美子

トランクスを脱ぐと「ヤンッ…凄い反ってる」と恵美子は舌先で舐めながら口の中に

「アン…美味しい」と恵美子はジュポジュポとしゃぶりつく

一心不乱にしゃぶりつく姿に興奮させられる

そして恵美子はチラチラと上目遣いでこちらを見てきて

「欲しいの?」と聞くと「うん」と寝そべると俺は脚を開かせてあそこに

「生でやっちやうよ」と話すと頷く恵美子にそのまま

「アアアッ!凄い硬い!全然違う!」と声をあげる恵美子

ヌチュッヌチュッとイヤらしい音が響く

「アアアッ!凄い気持ちいいっ」と抱きつく恵美子に突き入れました。

「アアアッ!いいっ!気持ちいいっ」と前よりもいやらしくて堪らなかった。

「何が気持ちいいの?」と聞くと「清水くんのが気持ちいいの!」

「俺の何が気持ちいいの?」と聞くと「イャン!」と恥じらう恵美子

動きを止めると「意地悪しないで」と話す恵美子

「言って欲しいよ」て話すと

「清水くんのお◯ん◯ん気持ちいいっ!」

そして恵美子に突き入れ「アアアッ!いいっ!凄い気持ちいい!」と悦ぶ恵美子

ヌチュッヌチュッと結合する穴からいやらしく響く男が堪らなかった。

「ンンッ!いいっ!」と悦ぶ恵美子は前回よりも明らかにスケベでいやらしい

「激しくするよ!」と恵美子に動きを早めると「ダメぇ~!そんなに激しくしないでぇ~」

そして激しく突きあげると恵美子は「アッ!いくっぅ」と体を仰け反らせてビクンと痙攣した。

「気持ちいい…」とぐったりする恵美子

「だめだよ…俺はまだイッてないよ」

「いいよ…清水くんも気持ち良くなって欲しいよ」と話す恵美子に突き入れて高まりだして

「アッ!恵美子さんイキそう」と話すと恵美子はは「いいよ!清水くん出して!」

そして恵美子に「このままイクよ!」と話すと「うん!来て!中に出して!」と抱きつく恵美子

激しく突きあげて高まり、恵美子に強く抱きつきながら「出すよ!」と話すと恵美子は「清水くんの出してぇ!」と背中に手を回す

そして恵美子に抱きつきながらヌルヌルした中に発射

「アアン!凄い!」恵美子は出されながら果てていた。

続き:ライバル会社の配送の熟女とお気軽なセックス

- 終わり -

この体験談のシリーズ一覧
1:ライバル会社の配送の熟女
2:ライバル会社の配送の熟女とお気軽セックス
3:ライバル会社の配送の熟女とお気軽なセックス
前後の話
次の話(2018-07-05 18:29:03)同期の嫁の過去のハメ撮りを入手した

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告