エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 地味なメガネ司書さんのエロ下着でオ…
投稿:2018-07-02(月)15:35

地味なメガネ司書さんのエロ下着でオナニー その7

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:2,567回)
名無しさんからの投稿

ミドリさんとセックスは最高に興奮する内容だったのですが、

ミドリさんの元彼の存在を知り、

僕は、嫉妬と興奮で、おかしくなりそうでした。

夢中で、ミドリさんの身体を舐め、匂いを嗅ぎ、唇を貪る様なキスをした。

そして、何度も、何度も、ミドリさんのマンコに腰を打ち付け、狂ったようにミドリさんを抱いたのです。

「あああぁーっ、ミドリさんっ!ミドリさんっ!ミドリぃー!ミドリぃー!」

「アッ、アッ、アンっ、、、、アッ、もっ、もう少しだけ優しくぅ、お願い、します、アッ、イヤっ、」

少し苦しそうにしているミドリさんは、それでも喘ぎ声を抑えているようでしたが、僕はかなり激しく腰を振り、ミドリさんに挿入を繰り返しながら、ガッチリと身体を抱え込みベロチューを繰り返しました。

僕は、当時かなりの肥満で、

痩せ型のミドリさんと比べて、倍近い体重差があったと思います。

ミドリさんは、身長は150㎝後半くらいで、

体重は恐らく40キロ台。

僕は身長178㎝で90キロを軽く超えていました。

ミドリさんのシングルベッドがギシギシ悲鳴を上げている。

そんなキモデブの僕が、華奢で細身のミドリさんに乗り掛かり、押し潰す様にホールドしてペニスを挿入しているだから、ミドリさんは相当、キツかったと思います。

それでも、ミドリさんは特に抵抗する事も無く、僕のしたい様にさせてくれました。

それから数分後、僕は絶頂を迎え、

1回目の射精をしたのでした。

ドピューっ、ドルルぅー!

ミドリさんとの約束通り、外に出すつもりだったのですが、あまりに興奮していた為に、ペニスを抜くのが少し遅れてしまいました。

大量の精子が飛び出したので、半分くらいはミドリさんの膣内に出てしまいました。

荒い息をしながら、射精して少し冷静になって、ミドリさんを見る。

ミドリさんは、僕がお腹にぶちまけた精液をティッシュで拭き取り、諦めた様な表情でマンコを確認している。

半分以上、膣内に射精されているのを確かめている様でした。

裸にソックスだけのミドリさんは、

無言でベッドの上に丸まっていた、黒のTバックを拾い履いていた。

そんなミドリさんを眺めているうちに、

僕はまた股間が硬くなってきたのです。

まだ、射精してから五分くらいしかたっていなかったのですが、ほつれた髪、メガネ、

ソックスにTバック、と言うミドリさんが堪らなくエロく見えたのです。

僕は、そんなミドリさんを、

再び押し倒してキスをしました。

少しだけ、ビックリした表情になったミドリさんでしたが、キスを受け入れてくれたのです。

僕は、ミドリさんに、

「ミドリさんっ!もう一度だけヤラせて下さい!お願いします。」

それを聞いたミドリさんは、

諦めた様な表情のまま、頷いてくれた。

そして、「かまいませんけど、、、今度は、

ちゃんと避妊してください。そこの一番下の引き出しにコンドームがありますから、、、。」

「わっ、わかりました!」

僕は、ベッドの脇にある三段チェストの一番下の引き出しを開けて、コンドームを探した。

そこには、ミドリさんの靴下などが収められていた。

コンドームの箱は直ぐに見つけられたのですが、僕は別の物が気になったのです。

それは、何足かある靴下の中に、黒と白のボーダーソックスがあった。

それはかなり長く、広げてみると、ハイソックスより長い。

なんと、ニーソックスだったのです。

良く見ると、そんなニーソックスが何足かある様でした。

僕は驚き、興奮しながらミドリさんに聞いてみた。

「ミドリさんっ、これはニーソックスですか?」

するとミドリさんは、

「あー、それは、、、元彼がそう言うの好きだったので、、、。」

淡々と答えるミドリさんに、僕はさらに畳み掛ける様に質問していた。

「もっ、元彼さんの趣味って事ですか?これを履いてセックスしてたのですか?」

ミドリさんは少しだけ言いづらそうに、

「、、、、なんて言うか、、、コスプレ?、、メイドの衣装とかを、、、着せられたりしましたから、、、この歳で恥ずかしいのですけど、、、。」

こんな地味で真面目なメガネ司書のミドリさんが、ニーソックスを履いてメイドのコスプレでセックス!

僕は、さらに嫉妬と興奮で狂いそうになっていました!

残念ながら、メイドの衣装は元彼が持っていった様で現在、ミドリさんの手元には無いそうでした。

「ミドリさんっ!このニーソックスを履いてくださいっ!!」

「はぁ、まぁー、履くのは構いませんけど、、、。避妊はお願いしますね。」

僕は、ミドリさんに黒と白のボーダーニーソックスを履いて貰いました。

そこには、ボーダーニーソックスを履いた、黒のTバックのみのメガネ地味子がいました。

改めて、ミドリさんを眺めると、

ミドリさんは、やはり暗い表情をした、少し老けた大島優子みたいな雰囲気で、特に口元が似ている。

化粧気の無い顔、汗でテカった肌、ソバカス、

にシンプルなフレームのメガネ!

そんな真面目で地味な司書さんのテンプレートの様なミドリさんが、ボーダーニーソにTバック!

しかも、これから、

僕は、またミドリさんとセックスする!

コスプレセックス好きの元彼に、嫉妬しながら!

それから、僕はなんと!

ミドリさんとの約束を破り、朝まで6回も射精したのでした。

しかも、コンドームは2枚しか無く、

残りは全部、ミドリさんの膣内に中出しをしてしまったのです。

これは、すべてミドリさんが、

地味なメガネ司書のクセにエロ過ぎるのが原因だったと思います。

朝、すべて終わった後、

僕の精液と唾液、汗にまみれたミドリさんは、かなりグッタリしている様でした。

流石に僕も、頭がボォーっとなっていました。

服を着て、ミドリさんに、

謝罪とお礼を言って、自分の部屋に帰りました。

ミドリさんは、特に何も言わず、

ただ、呆然と僕を見送ってくれたのです。

結論から、言うと、

この後、ミドリさんが図書館を退職して、アパートを引っ越すまでの、約1か月間、

ミドリさんは、何度もセックスの相手をしてくれました。

僕は、すっかりミドリさんの虜になっていたので、何度と無く、ミドリさんに付き合って欲しい、とお願いしたのですが、

毎回、丁寧に断られました。

「〇〇さんのお気持ちは凄く嬉しいのですけど、、、私は30過ぎのオバさんですし、、

この後、母親の介護をしなくていけないのです。だから、、、今は、お付き合いする余裕が無くて、、、。だからゴメンなさい。」

ミドリさんの気持ちは変わらない様だったので、僕も泣く泣く諦めたのです。

それでも、ミドリさんはセックスだけはしてくれました。

そして、セックスの最中に、ミドリさんの過去の男性遍歴などを聞き出しました。

それは、かなり衝撃的な内容だったのです。

本当にミドリさんは、僕の女性観まで変えてしまう。そんな真面目地味子だったのです。

たぶん、次で最後になります。

- 終わり -

前後の話

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告