エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > マンションの隣のG乳人妻とベランダ…
投稿:2018-06-25(月)06:24

マンションの隣のG乳人妻とベランダで変態行為に勤しむ大学生俺…(オナニー・パイズリ編)

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文
変態俺さん(10代)からの投稿

スペック紹介。

俺→175cmくらい、大学生、運動部、一人暮らし、彼女なし、頭と顔が良くない、チンポと肉体はイイ

人妻→アイさん、160cmくらい?、30手前、黒髪ロング、顔はAKBにいそう()、本人曰くGカップ、旦那はかなり年上

俺は大学生で運動部で練習が週5日ある。部の1軍メンバーなのもありあと1日も試合が入ることも多く、実質休みは週1。

そんな休みの日の日課はヌくこと。1週間溜まったものを出し切る。性欲も強いので1日中家事をやる時以外はヌいてる。

位置関係は エレベーターホール 俺の家 隣の家 外壁って感じで隣とうちが孤立してる感じ。

そんな生活をしていたあるオナ日のこと…

マンションのベランダのところは隣の家との間にわずかに隙間がある。蹴ったら破れるやつの横に10cmくらいあいてる。

音量大きくしながらヌいててふとそのベランダの方を見たらその隙間から隣のアイさんの目が見えた。

どうやら壁も薄いし、奥さんは俺のしてることに気づいて毎週のぞいてたらしい。

アイさんがいなくなってからベランダの隙間から隣を見ると微妙にポタポタと液体の跡が残っていてとても興奮した。

それからはかなり人妻モノを見るようになり、そんなことばかりしていたある日、オナ日の日課として朝ゴミ捨てをするのだが、ゴミ捨てに行くと隣のアイさんに会ってしまった。

「お、おはよう」

「おはようございます!」

「今日は学校ないの?」

「ないですよ、一日家です」

「そうなんだねー、大変ね」

「今日もいつも通り過ごしますよ」

と言うとアイさんはチラリとこちらを見てきた。こちらは何も気づかないふりをして話して家に帰って自家発電を始めた。今日のアイさんは何か目つきもすごくてかなり興奮していたのでその日の終わりに隣を見たらあきらかにイったと思われる跡を見つけた。

次の週、俺はいつも通りテレビでAVを流すとそのままこっそりとベランダに出て蹴破る防火扉のところに隠れた。そうするとアイさんが出てきていつも通り触り始めた。だが、こちらがいないので段々と不安になってきたらしい。そこで僕は声をかけた。

「アイさんこんにちは」

「え、え、きゃあっ…!」

「いつも見てましたよね?」

「そ、そんなことないよ」

「見てたの知ってるんですから、何してたのかもね」

「うぅ…」

「今日はアイさんに見せつけてやろうかなと思いまして…」

「へ? な、なにを?」

「これですよ!」

と言って自分の肉棒を見せつけた。俺のは自慢が入るが、かなりチンポとしては優秀。アイさんはかなりビックリしたのとその大きさや太さをまじまじと見ていた。俺はその場でシゴきだした。アイさんもそれを受け入れてくれてベランダの仕切りごしに2人でオナニーをしあって見せ合った。

僕はその日はティッシュに出した。アイさんは量と回数に驚いていた。

「また… 来週もしましょうね…?」

「え、あぁ…、はぃ…」

とアイさんに約束を取り付けさせてその日の夜はまたアイさんでヌいた。

次の週はアイさんに頼みごとをした。

「アイさんこれ!」

「え、雑巾? 何に使うの?」

「見てればわかりますよ…」

今日はベランダの隙間からカリを突っ込んで隣のベランダに射精した。

アイさんはかなりビックリして最初は怒っていたがもちろんそんなのもすぐに忘れて興奮していた。

アイさんの家のベランダに何発も出しまくってこちらは1度満足してアイさんを置いて部屋に帰った。

シャワーを浴びてまた様子を見に行くとアイさんはふくのも忘れてオナっていた。なんとディルドに腰を振ったり舐めたりしていた。

「アイさんお盛んですね!」

「ああっ、そんな…、そんなことないのぉ!」

オモチャに腰を振るアイさんを見てこちらも興奮して

「アイさん全裸になってよ」

「えぇ… それはダメ」

「お願い、少しずつ脱いでって?」

と言って20分ほどかけて脱がせた。全裸はとてもエロかった。顔がAKBなみ()で身体は90点の感じ。

そこでアイさんにディルドを仕切り板の目の前に置かせてそこでこちらを向いてオナさせた。

AVなんかよりも確実にエロかった…。

「アイさんパイズリしてくれません?」

「え、してってどうやってするの…」

すること自体を拒んではこなかったので仕切り板の隙間からギリギリでチンポを挿れた。

「ほら… 早く」

「ああぁ…」

アイさんは高さを調節してくれてうまいこと挟んでくれた。メチャクチャ気持ちよすぎてそのまますぐに出した。アイさんに頼んでそのままきのすむまで出させてもらった。その日の夜はぐっすり眠れた。

次の週、朝からフェラと手コキとパイズリをさせた。かなりうまかった。

アイさんの身体を汚しまくった。

そしてこっそりとカメラを置いて撮影もした。

アイさんの淫語シーンもしっかり録画してある。

今やアイさんの乳は俺専用である。

それはアイさんも認めてることで

「私の乳は俺くん専用」らしい。

パイズリがどんどんうまくなって旦那にも褒められたらしい。ただ、旦那のは挟みがいがないらしい…

乳マンコでこちらがイくとアイさんもマンコでイったりする。

そろそろ本格的にパコりたいのでとりあえずパコる前までをカキコ。

読んでくれてサンキューな。

- 終わり -

ユーザー投票率:0.18%
アクセス数・ランキング
データ取得日:2019-01-21
集計範囲 アクセス数 ランキング
昨日 7回 4,875位
週間 38回 6,292位
月間 201回 5,494位
年間 11,274回 1,636位
累計 11,274回 5,555位
全話:10,444件

ッチな広告

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチなPR