エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 落成式に来た沢尻エリカ似の美人秘書…
投稿:2018-06-14(木)22:46

落成式に来た沢尻エリカ似の美人秘書とのラッキースケベ

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:40,495回)
名無しさん(20代)からの投稿

営業技術の仕事をしている28歳のサラリーマン。彼女なし。

四国地方にできる新設の工場にうちの会社の大型の機械が入ることが決まり、

地元の高松営業所をサポートする形で月に数回、東京から出向いていた。

工期の終盤は機械の搬入が始まるので、現場近くにアパートを借りて現場に常駐

しながら仕事をしていた。

機械が入り、試運転もほぼ終わり、次の大きなイベントは落成式だった。

その落成式には社長が出席する予定になっていた。

ただし、悪天候などの影響で工事が遅れ、現場の方は建物の外周工事や手直し

など最終工事が遅れ、現場監督は落成式の日時をハッキリと決めかねていた。

メインの工場は完成していた。

俺は業務報告と会議出席のため、一時的に東京の本社に戻ることになった。

本社に戻ると秘書課の森下さんから落成式の件で呼ばれた。

秘書課の奥に社長室と役員室がある。

ここに来たのは、入社式の後に1回来ただけだった。

俺を呼び出した森下さんがいた。

直接会って話すのは初めてだった。

普段は、社員食堂で見るくらいで、ほとんど顔を合わさない。

社内では沢尻エリカに似た冷たい雰囲気がある女性と噂されていた。

悪口を言うと社長にチクられるから気負付けろと忠告されたこともあった。

(近くで見るとけっこう化粧が濃いなぁ!)

正確な年齢は知らないが、30過ぎは間違いない。

「野村です。お疲れ様です」と挨拶した。

「野村君ね。お疲れ様。そこに座って」

(うゎ~、愛想の無い見下ろした言い方!)

社長や役員の身近で仕事をしているから調子に乗っているんだろうな

どっちにしろムカつく女だと思った。

「社長と専務は不在なので、代わりに聞くように言われているの。状況を話してくれる」

(しかし、偉そうな言い方するなw...マジでムカつくな!)

俺たち営業が頑張って会社の売り上げを上げているんだぞ!

いいきになるなと思った。

冷静になって俺は状況を説明した。

「台風の影響で工期が遅れています。現在は10月稼働に向けて追い込み作業をしている状況です」

俺は工程表を出して詳しく説明した。

「落成式は9月に行うことは間違いないようです。雨が降れば舗装工事が遅れるので決めかねているみたいです」

ひと通りの説明をした。

「宿泊先は高松営業所にお願いして、スィートルームを確保するように言ってあります」

報告が終了し、秘書室を出た。

翌日からはまた四国の現場に戻っていた。

それから数日後に落成式の日時が決まったので森下さんへ連絡した。

落成式には社長がひとりで来ると森下さんから聞かされていたが

急きょ、社長の付き添いで森下さんも出席することになったと聞かされた。

(心の中で、オマエも来るのか!と呟いてしまった)

80過ぎの社長ひとりで移動せさせるのは心配だというわけで森下さんの同行が

決まったらしい。

通常、社長は遠方には行かず、もっぱら車で行動できる範囲内しか行かない。

今回は大型契約だったので、契約先との挨拶も兼ねて出席することを決めていた。

社長が泊まるスィートルームは落成式の日を予測しながら、地元の高松営業所が

うまいことホテルと交渉しながら確保をしてくれていた。

森下さんは来ないと思っていたから、その分のホテルを予約していない。

9月は高松では多くの県大会、その他のイベントが多く、ホテルが満室になり

やすいと聞いていた。

森下さんは、どこか古いホテルでも探して放り込めばいいと思った。

(ドS女はボロいホテルでじゅうぶんだ!)

心の中でニヤリと笑った。

「あの、この時期はホテルの満室が多いので森下さんの泊まるホテルは」

「いい所がないかもしれません。了承しておいてください」

「わかったわ。仕方ないわね」

電話が終わった。

1時間後に森下さんから電話がきた。

今度は、何の用だよと思って電話に出た。

「野村君は、どこに泊まるの?」

「僕は7月から10月までは現場の近くのアパートを借りています」

「そうだったの。社長は持病持ちだから何かあったらすぐに駆け付けないといけないの。悪いけど私と同じホテルに泊まってくれない?」

(マジか...そういう理由なら仕方ないか)

「わかりました。そうします」

そう言って、俺は電話を切った。

高松営業所で仲良くなった社員に事情を説明して、どこかボロいホテルがないか

相談した。俺は寝れればどこでもよかった。

すると

四国は白装束を着た”お遍路さん”が多いから、その人たちのために安い宿が多く

あると聞かされた。

それはバッチリだと思い、一緒に探してもらい予約もした。

ホテルではなく民宿のような宿だった。

(森下さんが、どんな顔をするか楽しみだw 4000円以下の宿かwww)

森下さんにはメールでやっと宿が取れたと連絡を入れた。

詳細は書かずに旅館名と古い旅館だが我慢してくれと書いて送信した(笑)

1週間後の落成式の前日

社長を迎えに高松の所長と高松空港まで行った。

到着口から80歳を過ぎた白髪の社長が森下さんと出てきた。

挨拶をしてから車に乗り、社長の要望で讃岐うどんの店に向かった。

社長たちのスケジュールは

讃岐うどんの昼食の後は、高松営業所に入り、そこで会議。

その後は郷土料理屋で懇親会。

明日は10時から落成式。高松空港から午後の便で東京へ戻る予定だった。

移動の車内で社長が俺と高松の所長に対して、今回の大型物件の労をねぎらって

くれたので救われた。俺は始めて社長と話した。

営業所に着くと 会議に出席しない森下さんが話しかけてきた。

「野村君も会議に出るの?」

「出ませんよ。これから現場に行って落成式の準備状況を確認しに行きます」

「私も会議に出ないから一緒に行っていい?ついでにチェックインもしたいし」

俺は無意識のうちに迷惑そうな表情をしてしまった。

「そんな迷惑そうな顔をしないでよ。私も工場を見てみたい!」

「明日になれが、嫌でも見るようになりますよ」

社長と親しく話せるようになった俺は森下さんがそれほど怖くなくなっていた。

「そんな...冷たくしなくたって、いいじゃない...」

俺と社長が親しく話しているのをみて、俺に接する態度を変えてきたな。

森下さんは社長に近づいて

「社長、私は会議に出ないので、野村君と現場に行って落成式の準備状況を確認してきてもいいですか?」

「あぁ、そうだな。行ってくればいいよ」

森下さんは勝ち誇ったように俺を見た。

「野村君、行きましょう」

(まったく可愛げのない女だ!)

森下さんを乗せて、先に予約した旅館に向かった。

旅館に着くと

パソコンの画面で見たよりも、かなり古く見えた。

思わず俺は笑ってしまった。

瓦屋根の横長の2階建ての古風な旅館。

フロントで手続きを済ませ、2階の部屋に入った。

部屋は和室の部屋。トイレ付だった。

部屋を眺めていると内線電話が鳴った。

「チリリリリリッ...」

大きな音で、なおかつ高音、ビックリしてしまった。

受話器を取ると森下さんだった。

部屋に来て欲しいと言われた。

スマホにかけて来いよと思った。

森下さんの部屋に入った。

「これを見てよ!私、お化けとか苦手なの!...」

「?...お化けですか???...」

お化けなんかいるわけなかった。

(なに言ってんの?)

「御札だがいっぱい貼ってあるでしょう。気味悪いわ」

言われてみると確かに御札が多く貼ってある。俺の部屋も同じだ。

でも、お遍路さんが泊まるから、しょうがない。

ひとつひとつの御札を見るとお寺のお札だった。

お遍路さんは四国の88か所のお寺を廻るから、それにちなんだものだ。

神社の御札ならいいが、お墓のあるお寺の御札は、たしかに気味悪い。

そんなことより俺は、それにビビッテる森下さんを見て喜んだ。

(気の強いくせに、お化けが苦手なんだwww)

俺はダメ出しした。

「仮にお化けが出ても無視すれば済む話じゃないですか?」

「脅かすのは ヤメテよ!!」

マジで怒らせてしまったw そうとう怖がっている(笑)

「お酒をいっぱい飲んで酔って寝れば、気にならなくなりますよ」

森下さんは諦めたのか文句を言わなくなった。

旅館を出て現場に向かった。

現場へ行くとテントが張られ、紅白の幕も張られ、落成式の準備を行っていた。

現場内をひと通り確認してから営業所に向かった。

車の中で森下さんに

社長は2次会に行かないから、懇親会が終わったら、タクシーで社長をホテル

まで送らないといけないから、2次会は参加しないように釘を刺された。

「え?森下さん1人で送ればいいじゃないですか?」

と逆らった。

「そんなこと言わないでよ。私をあの旅館でヒトリボッチのさせるつもりなの?」

(ビビってるなwww)

つい、面白がって、からかった。

「お化けがいるから、ヒトリボッチではないでしょう?」

「ちょっと~!あんまり冷たくすると社長に言いつけるから...」

調子に乗って言い過ぎてしまったw

「すいません。調子に乗り過ぎました」

「社長が体調を崩したときに、野村君がいなかったら首が飛ぶわよ。心配して言ってるのよ」

「わかりました。そうします」

「2次会は、私が部屋で一緒に飲んであげるから」

(だったら、ひとりで飲むわ!)

「野村君、迷惑そうな顔をしてるけど、私と飲むのが嫌なの?」

「別に...そういうわけでは...」

(一緒にいると、気を使うから疲れる~!)

営業所に戻ると会議は終わっていた。

まもなくすると懇親会の場所に向かった。

営業所が社長のためにランクが上の店を用意していた。

瀬戸内海の海の物が中心となった料理だった。

高松の所長は、地元の美味しい料理を一生懸命に社長に説明していた。

それに対し、社長はウンウンとうなずき、満足そうに食べている。

途中で所長が社長に対して

「社長、香川のお雑煮はアンコが入ったお餅が入っているんですよ。時期外れですが食べてみますか?」

「そういえばテレビで見たことがあるなぁ。是非、頼むよ」

運ばれてくると甘党の社長には好評だった。

俺にはやはり甘すぎた。味噌も白味噌だから、より甘く感じた。

森下さんは知っている人がいないから俺のとなりから離れよとしない。

妙に馴れ馴れしく接してくるのが気味悪く感じた。

森下さんが言うように時間が経つと高齢の社長は帰りたがってきた。

所長に懇親会を一本絞めで仮で締めてもらった。

タクシーを呼んでもらい、俺と森下さんの3人で社長を送った。

社長が無事チェックインしたことを確認し、自分たちが泊まる旅館に向かった。

旅館の近くのコンビニでタクシーから降ろしてもらった。

部屋で飲むための買い出しをし、歩いて旅館に戻った。

懇親会でかなり飲んでいた森下さんは上機嫌になっていた。

このまま お化けを怖がらなくなると つまらないなと俺は思った。

旅館に戻ると40分後に森下さんの部屋で飲むことになった。

俺は急いで大浴場に行って体を洗った。

部屋に戻ると、約束の時間になるのをテレビを観ながら待った。

約束の40分が経ったので、森下さんのスマホに電話をしようとしたが、

内線電話の呼び出し音が大きいのを思い出した。

内線電話をかければビックリするかもしれないと思った(ニヤッ)

内線電話をかけた。

「もしもし...」

森下さんが出た。

「野村です」

「あぁぁ、野村君!もう…ビックリした。今度からはスマホにかけてきてよ。部屋に来てもいいわよ」

自分が最初に俺に内線電話をかけたくせに...

(やっぱり内線電話にビックリしたようだ(笑)まだビビッてるなwww)

俺は、まだ森下さんが御札でビビっていることを確認できたので喜んだ。

森下さんの部屋の前に行き、

ドアのノックもビックリするようにドンドンと叩いてやった。

森下さんが出てきた。

「ビックリするじゃない!やさしくノックしてよ」

怒られてしまった。(笑)

(どれだけ臆病なんだよ。(笑) 気の強いドS女のくせにw)

俺は、旅館の浴衣を着た格好で森下さんの部屋に入った。

森下さんも同じように浴衣を着ていた。

森下さんはお化けが気にならないように 酒をグイグイと飲んでいた。

コンビニで買った芋焼酎は、ほぼロックで飲んでいる(笑)

かなり酔った森下さんは、俺に絡んできた。

「野村君、私に対して冷たくない?」

「そんなことないと思いますよ。普通に接していますよ」

「そんなことない。もう少し優しくして欲しい」

「まあ、気負つけるようにしますよ。酔って御札の方は気にならなくなりました?」

「うぅ~ん、そ~ねぇ…野村君と一緒にいると気にならなくなってきたかも」

(なんだ、つまんねぇ!怖くなくなったのか...)

「チョッと、トイレにいってきます」

「そこのトイレを使ってもいいわよ」

「いえ、自分の部屋のトイレを使います」

小便をしながら悪知恵が浮かんだ。

少しここで時間調整をして、森下さんをひとりぼっちにさせることにした。

10分位経った。

そうだ!森下さんの部屋に無言電話をかけてやれ!

自分の部屋から森下さんの部屋に内線電話をかけた。

「チリリリリリッ...もしもし(森下さんの声)プツッ!(電話を切った)」

少し時間をかけてから森下さんの部屋の前に行った。

(そうだ!また、ノックは強気叩こうw)

ドアのノックをドンドンドンと叩いた。

「野村ですけど、入りますよ」

「ど~ぞ」と返ってきた。

森下さんの部屋に入ると

「ビックリするじゃない!優しくノックしてよ。戻ってくるの遅いじゃない」

また、怒られてしまった。2回目だ。(笑)

「野村君、いま電話した?」

「してませんよ。電話があったんですか?」ととぼけた。

「うん...」

(いいぞ!怯えてきたwwww この調子!www)

「霊が電話したんじゃないですか?」

「やだーーーーーっ!脅かさないでよ!...」

(ドSな顔して、どれだけ臆病なんだよw)

取り乱した森下さんの浴衣の前がはだけて、白いパンティーがチラチラ見える。

(ヤバイ!興奮するじゃねえかwww)

「もう、ダメ!野村君が脅かすから、怖くて1人で寝れそうもない。今日は一緒に寝よう」

「!!!...それは絶対に無理です」

「何でよ。ただ、となりに布団を敷いて寝るだけよ」

(マズイなぁ...脅し過ぎて、”策士 策に溺れる”になってしまった)

俺は答えを濁すように

「とりあえず、忘れるように飲みましょう」

「まだ、答えをもらってないわよ。フフフ...」

(マズイ!本当に出来上がってきてるw)

「いくら何でも、同じ部屋に寝るのは駄目でしょう」

「だって、野村君が脅かすからよ。一緒に寝てくれないと社長に言いつけるから!」

「それはないですよ...」

「そうだ!押入れを確認してみる...」

森下さんは立ち上がった。

酔っているからフラフラしている。

押入れを開けて確認している。

「あっ!布団が二組ある。...」

(マズイ展開になってきたな!...)

押入れから戻ってくると、俺の正面に座っていた森下さんは隣に座った。

(!!!...)

予想外な森下さんの行動に俺は焦った。

(前がはだけて、パンチラになってる!w...)

「ねえ、野村君はどういう女性がタイプ?」

おかしな雰囲気になってきたから、ここは、ハッキリと言わないといけない。

「そうですねぇ…森下さんみたいな人は苦手ですね。…優しい人です」

「えぇぇ…そんに嫌わないで!すごいショック!私、人見知りをするから冷たく思われるの!これからは優しく接するね」

(嘘だ!信用できるか!...それにしてもパンツが見えてるよ!ww)

「どんな男性が好きか、私には聞いてくれないの?」

「えっ!…じゃぁ、森下さんの好きなタイプはどんな人ですか?」

「男らしくて、私を叱ってくれる人、それと・・・」

(なに、もったいぶってんだよ!あとはお金持ちと言いたいんだろう?)

「あとは、ねえ・・・なんだと思う?」

「やっぱり、お金持ちですよね?」

「ブーー!残念、ハズレ!...おチンチンの大きい人!」

と言って、俺の浴衣がはだけてパンツ丸見えになっている股間を指差した。

「あ、あっ!...」

俺は慌てて、浴衣の前を直した。

森下さんが抱きついてきた。

「ワザと、大きなおチンチンを私に見せつけるようにしたでしょう?」

「そんなことないですよ。偶然ですよ」

「嘘!白状しなさい!...」

森下さんが俺のチンポをパンツの上から掴んで笑っている。

「えぇ…!違いますよ。アグラをかけば自然に前が開きますよ」

「嘘~、…そんなこと言ったって信じない。うふふふっ・・・」

(このままではマズイな!なんとかしないと...)

「あっ!そうだ。明日の準備を思い出したので部屋に戻ります」

俺は、この場から逃げるように立ち上がった。

「ダメーーーーッ!」

森下さんは俺の浴衣の下を掴んだ離さない。

それによって、俺の浴衣は完全に前がはだけた。

もつれるようにして、ふたりは寝転んだ。

森下さんは酔っているくせに、機敏な動きで俺の上に乗って馬乗りになった。

「もう、逃がさないから!...」

騎乗位で俺を見降ろすように見ている。

「私の気持ちよ」

森下さんは俺の顔に近づき、唇を重ねた。

俺はスーーーッとチカラが抜けた。

気が強くてドSな森下さんでも、沢尻エリカに似た美人だから、

さすがにその魔力には敵わない。

優しいキスからネットリとしたキスに変わってきた。

(キスが上手すぎる!...もう、無理だ!引き込まれていく...)

「野村君、お布団を敷いて続きをやろう?」

もう、こうなったら森下さんの言いなりだ。催眠術にかかったみたいだ。

「わかりました。俺の部屋は何もしてないから片付いています。俺の部屋に移りますか?」

「うん。そうしよう。私の気持ちをわかってくれた?」

「ぇぇ、まぁ...」

「すぐに分かってもらえなくてもいいよ。でも、狙った獲物は逃がさないから...それぐらい私は本気だからね」

(マジで心変わりした?...酔ってるから、疑わしいな...)

俺の部屋に移動して。押し入れから布団を2組出して敷いた。

ふたりで並んで布団に横になった。

酔った今の俺は本物の沢尻エリカが目の前にいるような錯覚に陥っている。

これからはエリカと表現する。

エリカは俺の唇に吸い付く。

俺の唇がエリカの唇の侵入によって上下に割れた。

エリカは俺の唇にしゃぶりついた。

俺の唇がエリカの唾液でベトベトになる。

俺もそれに応える。

(エリカのキスはとても上手だ...とろけるwww)

俺の首の周りにエリカの腕が回された。

エリカは上体を上にずらし、自分のオッパイに俺の顔を押し付ける。

「ムニュ~ッ...」

柔らかい感触が顔全体で感じる。

(オッパイが大きそうwww...)

まだ、浴衣を着ているから、オッパイは見えない。

エリカは脱ぎ始める。

「野村君も脱いで...」

俺は催眠術がかかったように、言われるまま浴衣を脱ぎ、パンツのみになった。

エリかは浴衣を脱いだ。

白いブラが丸見えになる。胸の谷間から大きいことが分かった。

さらにブラを外した。

ロケットのようなDカップはありそうなオッパイが姿を現した。

乳首もピンク。理想的なオッパイかもしれないと思った。

俺が経験した女性の中で、間違いなくナンバーワンのボディーだと思った。

(う、うわぁっ…スゴイな!...身体だけは一級品だなw)

脱ぎ終わると、先ほどのように俺の顔にオッパイを押し当てるように重なる。

オッパイが直接顔に触れると、さらに柔らかさを感じる。

エリカの甘い香りがより興奮させる。

「ねぇ…今度は野村君が上になって...」

俺が上になるとエリカは俺の頭を自分の胸に当てる。

エリカのオッパイは仰向けになってもロケットのような形を保っている。

俺の唇はエリカのオッパイで塞がれる。

「んんッ...」

俺は年上の女性に甘えるようにエリカの柔らかきオッパイの感触を楽しんだ。

(んん~...いいなぁ...とろけそうだ)

手で撫でまわし、溺れんばかりのオッパイの膨らみを味わう。

感触を散々味わったので、

手当たり次第に乳首以外のオッパイ全体に吸い付き、舐める。

乳首は最後のお楽しみに残して置く。

左右の乳首を絞り出し、口元に寄せる。

そして徐々に固さを増す乳首を指で弾いた。

「の、のむら君…あ、あん…」

乳首を弄られて、エリカが喘ぐ。

ちなみに、まだ乳首を口に含んではいない。

左右からオッパイを寄せ、大きな谷間をつくり、顔を埋めた。

エリカも俺の頭を抱き寄せ、さらに押し付けた。

俺は横を向いて、目の前にピンク色の乳首があるのを見ると、

我慢できずに、思わず吸い付いた。

「あっ…や…いやん…あん…」

「んんん…ああっ…あぁん…」

口の中で乳首がさらに硬くなっていった。

舌と口の上壁で乳首で挟み、舌先でつぶした。

そして、乳首の先に焦点をあて、舌先をねじ込む。

「あ…あぁん… あっ!…い、いやん…野村君…じょ、じょうずよ…あん…」

俺はもう片方の乳首つまみ、力を入れる。

「あ、あっ!…あん、あん…いやぁん…」

(感じ方も、かなり色っぽいな!...)

両方の乳首は、固く、ビンと突き出していた。

乳首が俺の唾液でテカっているw

(いやらしい乳首だなぁwww)

俺はオッパイから下を

手でさすりながら唇で刺激するようにキスをしていった。

最初はヘソから腰回りを手でさすりながら唇で刺激。

エリカは気持ちよさそうに喘いでいる。

豊満な尻、太ももをさすり、キスをする。

下腹部をさすり、キスをして、パンティの上から恥丘をさすった。

そのままパンティに手を入れ、直にさする。

さらに下へ手を伸ばし、ワレメをさする。

かなり濡れているのが確認できた。

「あっ!いやっ!…」

エリカの身体がビクッと反応する。

「森下さん、かなり濡れてますね?」

「いやん、恥ずかしい!...野村君が上手だからよ。もう、私と付き合ってくれないと困る!」

(!いきなり、このタイミングで言うか?...)

まさか、こんな展開になるとは...付き合うなんて考えたことがない。

(どうしよう?...)

俺は返事をせず、愛液でシミ付きになったパンティを脱がした。

ピンク色した綺麗なオマンコだ。

エリカのワレメに唇を触れた。

「ああっ!…野村君…ああっ!」

エリカはピクッとのけ反るように反応した。

エリカは俺の頭を掴んで、自分の陰部に押し付けた。

「うううっ!...」

(!wwww...森下さんは大胆だなぁ。どんだけヤリマンなんだよw)

エリカに頭を押さえつけられながら唇と鼻、顔全体でエリカのワレメを舐めた。

(ジュチョッ…ジュル…ジュル…ジュルッ…)

「いやっ!…ああっ!…あん…」

「いやっ」て、自分から俺の顔を押し付けたくせにwwwww)

「あああっ!!」

「あっ!…ああああ!…あん、いいっ…」

エリカが喘ぎ、俺の顔を押さえつけた力が緩んだ。

俺は少し顔を離して、エリカのワレメをまじまじと見た。

ワレメの肉は、ぴくぴくと震え、ジワっとした愛液が沁み始める。

(ホント綺麗なオマンコだな...)

エッチをするだけの相手としては理想的な身体かもしれない。

「森下さん、凄くきれいなオマンコですね?」

「野村君に、誉めてもらえると嬉しい」

割れ目をなぞり、今度はその左右の柔肉を優しく揉んでやる。

ッチなPR

ッチな広告