エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 学園祭のダンスで大勢の人たちにパン…
投稿:2018-06-13(水)21:10

学園祭のダンスで大勢の人たちにパンツを見られた

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:4,511回)
名無しさんからの投稿

 高校一年生の頃の話です。

 私は当時、ダンス部に入っていて、学園祭でダンスを披露することになっていました。

 衣装はチアリーダー風で、スカートは膝上15センチほどのかなり短いものでした。

 ちょっと露出は多いけれど、可愛らしい衣装。

 私はステージに立つことが楽しみでした。

 ダンスの練習をしながら心待ちにしていた学園祭当日。

 私はとんでもないミスをしてしまいました。

 衣装の下に穿く、見せパンを家に忘れてしまったのです。

 私は焦りました。

 本番までは、もう時間がありません。

 ダンス中にはジャンプしたり、ターンしたりする動きもあります。

 こんな短いスカートで踊れば、簡単にめくれて中が見えてしまうでしょう。

 見せパンがないことにもっと早く気づいていれば、誰かから体操着を借りられたかもしれないのに……。

 そう思いましたが、こうなったら仕方ありません。

 私は仕方なく、生の下着のままステージに上がることに決めました。

 部の仲間や先輩たちに迷惑をかけるわけにはいかないと考えたんです。

 今思えば、誰に迷惑をかけようが、出演しないほうが良かったんですけどね……。

「続いては、ダンス部によるパフォーマンスです!」

 司会者の声がして、私たちはステージ脇から飛び出しました。

 ステージは屋外にあって、客席よりも1メートルほど高くなっています。

 客席にはブルーシートが敷かれていて、お客さんはそこに座って観覧していました。

 つまり、私たちはローアングルから見上げられる形になるんです。

「どうしよう、パンツが見えちゃう……」

 本番が始まると、やはり恥ずかしかったです。

 ただ、ステージには同時に十数人が踊っていますから、自分一人だけが注目されるわけではありません。

 きっと私のことなんか誰も見ていないし、スカートの下がパンツだけなんて気づかれるはずがない。

 そう自分に言い聞かせつつ、踊りました。

「可愛いーっ!!」

 と、客席から歓声が上がりました。

 同じクラスの女子たちが大きい声を出して応援してくれていたのです。

「付き合ってー!!」

 運動部の男子の野太い声もしました。

 みんな学園祭の非日常感に浮かされて、気分が高揚していたのでしょう。

 盛り上がってくれて嬉しいと感じていましたが、ある瞬間、その気持ちが一転しました。

 それは曲の中盤で、大きくジャンプしながら後ろを向く振り付けのときでした。

「キャーッ!!」

「おおっ、これはヤバイ!! エロい!!」

 大きなざわめきと共に、そんな野次が飛びました。

 会場は、私たちのスカートがめくれたことに大盛り上がりしていたのです。

 ただ、注目されていたのは私ではなく、主に最前列で踊っている子たちのようでした。

 見せパンとは言え、スカートの中身が見えることは嬉しいのかもしれません。

 誰も私の方は見ていませんように……。

 そう願っていた時のことです。

「○○(私の名前)! パンツ見えてるぞー!」

 突然、一際大きな声が私の耳に届きました。

 えっ……、見えてる? て言うか、そんな大きな声で叫ばないでよ……。

 戸惑いましたが、ダンスは続けなければいけません。

 その後もターンしたり、腰を振ったりする動きがあったのですが、その度に、

「○○! スカート危ないよ!」

「○○って誰?」

「ほら、あのポニーテールの子。パンツ丸見えだろ!」

 などと、声が上がりました。

 ステージの上って、意外とお客さんの顔が遠くまで見えるし、声も聞こえるんです。

 たくさんの人が私のパンツに注目していることが、はっきりと分かりました。

 曲の後半ではなるべくスカートを押さえながら踊りましたが、それにも限界があります。

 手を上げた状態で激しく動く時には、どうしてもスカートが翻り、パンツを見られてしまいました。

 パフォーマンスが終わると、お客さんは大きな拍手と歓声を送ってくれました。

 ただ、歓声と言っても、

「興奮したよー!」

「白いパンツ最高! マジ、エロい!」

「一年の○○って子! 丸見えだった!」

 などの、聞きたくもない言葉が多かったです。

 大勢の人が私のパンツを見たんだろうな……。

 そう思うと惨めで、恥ずかしくて、半泣きになりながらステージをおりました。

 私はその後、憂鬱な気分で学園祭を過ごしました。

 ダンス部の仲間たちが慰めてくれたのが、唯一の救いでした。

 学園祭が終わって、数日後。

 私は衝撃的な噂を耳にしました。

 学園祭のステージは撮影自由だったので、ダンス中にパンチラしている私を撮っていた人がいたそうなのです。

 そして、その動画が男子の間で拡散されていて、もう学年のほとんどの人に行き渡っているのだとか……。

 私も拡散された動画を見せてもらったのですが、しっかりとパンツが映っていました。

 しかも、私が生パンだと気づいてからは、あからさまに私だけを狙ってアップで撮っているし……。

 撮影した人に怒りが湧きましたが、元はと言えば見せパンを忘れた私の責任なので何も言えませんでした。

 それからしばらく、男子からパンチラのことでからかわれる日々が続きました。

 別のクラスからもわざわざ私の顔を確認しに来る人もいるし……もう最悪でした。

 今でも男子たちは皆、その動画を持っているのだと思います。

 考えるだけで羞恥で顔が熱くなります。

 これが私の高校時代の、一番恥ずかしい思い出です。

- 終わり -

前後の話
次の話(2018-06-14 00:05:54)今度は私の初オナニー話に

メント

1:名無しさん #dZiHIlA :2018-06-14 01:13:05

こういう話大好き

2:名無しさん #NGloJSc :2018-06-14 06:40:54

恥ずかしい話題を、わざわざ書いてくれてありがとう!楽しませてもらえた。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告