エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 女子アナになった元カノとの初体験の…
投稿:2018-06-09(土)15:02

女子アナになった元カノとの初体験の思い出とその後

カテゴリ

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:18,303回)
名無しさんからの投稿

会社が夏休みになったので俺は地元に帰省していた。

実家でくつろいでいると未登録の番号から電話がかかってきた。

「もしもし・・・」

「私、愛子(仮名)だよ。元気しとる?」

同じ高校出身の元カノからの電話だった。今はアナウンサーをしている。

愛子がアナウンサーの入社試験に受かり、お互いのことを考え別れる道を選んだ。

「急にどうしたの?・・・まさか電話がかかってくるとは思わなかったよ」

「う…ん、何となく声を聞きたくなったから・・・同窓会には出るんでしょう?」

「でるよ。愛子も出るのか?」

「私は仕事だから、出れないよ」

「そうだよな。アナウンサーは普通の会社員と違うからな・・・」

「私ね、8月の最後の週が夏休みなの。・・・その時に地元で会わない?」

「俺はそのときは東京に戻って仕事してるから無理だよ。やらせてくれるなら、考えるけど?」

「ヒロキは相変わらずだね。フフフ」

「愛子と別れてから仕事と遊びを両立させることを学んだからね」

「ヒロキは彼女いるの?」

「今はいない。合コンによく誘われて楽しんでるよ。仕事も遊びも充実してるよ」

「そっか・・・ねぇヒロキ、やらせてあげるから地元で会おうよ?」

「!?・・・さっきのは冗談で言っただけだぞ!俺、写真週刊誌に載りたくないわ。もし載ったら会社に迷惑をかけるし」

「地元には来ないから、心配しなくていいよ」

「愛子、今 酔ってるのか?・・・」

「うん。今、部屋で飲んでる。言いづらいから、少し酔ってから電話したの」

「!・・・愛子には、悪いけどお互いに納得して別れたわけだから、会う気はないよ。同窓会とか大勢の場では会うけど」

「私ね、ヒロキと別れてから男性経験が無いの。・・・ヒロキだから言うけど身体がウズウズしてしょうがないの」

(!!・・・別れてから何年も経つのに・・・マジで言ってるのか?)

「愛子、マジで言ってるのか?・・・」

「信じてくれと言っても信じてくれないかもしれないけれど・・・本当の話だよ・・・」

「いくらでも男が近寄ってくるんじゃないの?」

「連絡先はよく聞かれるけど・・まだ理想の男性とは出会ってない。それにプライベートでもマスコミに尾行されるから」

「警戒しながら生活してたら、気付けば今みたいになってしまったの」

「そうなんだ・・・マスコミもストーカーも一緒だな」

確かに写真週刊誌などで女子アナがデートしている写真とかが掲載されてるのを

目にすることがある。いやな職業だな。

「苦労してる事情はわかったよ。でも、もし会ってマスコミにバレたらどうすんだよ?」

「私の実家で会えば絶対にバレないよ」

愛子の両親は賃貸住宅を所有していた。そこで会おうと愛子は考えていた。

確かにそこならバレない。

だからといって、会うには抵抗があった。

「ヒロキ、1回でいいから私の我がままを聞いてくれないかな?」

「んんん・・・」

(ここは、考え過ぎずにスケベになって愛子とのエッチを楽しめばいいのか?)

テレビで見る愛子の巨乳度は別れてから増してるのは明らかだ。

俺は、スケベな気持ちとマスコミにバレたらと思う気持ちで揺れ動いていた。

「愛子、すぐに結論は出せないから、チョッと考えさせてくれよ」

「わかった。アドレスを交換しよう。ヒロキ…いい返事を待ってるからね」

電話を切ってから、しばらく考えていると・・・

大学2年の時に愛子と付き合い始めたころのことを思い出した。

【大学2年の時】

愛子と付き合うキッカケになったのは大学2年の時の秋だった。

高校の担任が入院したと聞き、東京から地元に戻り、担任の入院する病院に見舞い

で訪れた時、愛子も見舞いに訪れていた。

大学2年になった愛子は見違えれ程に女性らしくなっていた。

愛子は高校の時は真面目で成績も優秀だった。

今みたいに美人でもなく、目立たない地味な女だった。

胸は大きかったが、お尻も大きく、顔も少し大きく健康的なポッチャリ系女子。

そのあとに一緒に食事をしたときに意気投合し、付き合い始めた。

東京に戻ると紅葉を見に信州へ2泊3日のドライブに出かけた。

予約していた湖が見えるホテルに入った。

部屋に入ると抱き合った。

愛子の大きな胸の圧力がハンパなかった。

ムニュッと音が聞こえそうなくらいな圧力だった。

一旦体を離すと、お互いが見つめ合った。

そのまま、どちらからともなく唇を近づけキスをした。

愛子の温かくて柔らかい唇の感触。

愛子は心なしか震えている。

そのときに愛子は男性経験が少ないと思った。

唇を合わせるだけの長い長いキス。

キスが終わると、愛子の口から吐息が漏れた。

愛子とソファーに座り、外の湖を眺めていた。

口火を切ったのは愛子だった。

「ヒロキ・・・私、まだしたことがないの・・・何も分からないけど、いや?」

「え?・・・そんなことないよ。愛子の初めての相手になれるなんて嬉しいよ」

まさかの愛子の処女告白に俺は驚いた。

愛子は緊張して固くなっている。

落ち着くようにカーテンを閉め、部屋の照明を暗くした。

愛子をベットに誘導した。

服を着たまま抱きよせた。

ニットの上から大きな胸を包み込むようにそっと撫でる。

「あんっ、くすぐったいよヒロキ!・・・暑くなってきた」

「まあ、暖房を強くしたからね」

ニットとキャミソールを裾から持ち上げて脱がした。

下もスカートとストッキングを脱がした。

愛子は緊張している割には、抵抗なく脱いでくれた。

耳を舐めながら胸を揉むと

「ヒロキ、キスがしたい?」

愛子が催促してきた。

処女と聞いて、さっきは遠慮してキスをしていた。

今度は少しハードなキスをしてあげた。

愛子もしゃぶるように積極的に応戦してきた。

自然と俺は愛子の胸を揉む力が強くなった。

キスをしながら、喘ぎ声が漏れて聞こえる。

「愛子、胸が大きいね?」

「太って大きいだけよ」

「そういうことか!」

「ヒロキひどいよ!・・・否定してくれないの?高校を卒業してからダイエットしたんだよ」

「冗談だよ。少しからかっただけ」

「でも、前よりも痩せても太っているのは事実だから・・・」

「普通だと思うよ。普通な体型で胸だけ大きいから少し太って見えるかも・・・俺は今の愛子が好きだよ」

「ヒロキありがとう」

愛子がブチュッとキスをしてきた。

「愛子、暗くて良く見えないんだけど 明るくしていい?」

愛子は下着だけの姿になっている。

「お願い、もうちょっと待って。」

俺は、暗闇の中で指で背中や脇腹を撫で回した。

愛子は悶えている。

「あん、ああん・・・」

愛撫をしながら俺もパンツ1枚になった。

愛子へのペッテイングを腰、お尻、ふくらはぎ、太ももへと行った。

愛子は自分の指を噛みながら喘ぎ声を出さないようにしている。

初めての体験だから恥ずかしがってるなw

ショーツのお腹の部分をそっと押し、恥丘をそっと撫でる。

愛子は俺の手を掴もうとして、引っ込めた。

ショーツ越しにヘアの感触がする。

局部をクロッチの上から軽く触ると・・・すでにそこは湿っている。

「愛子、触るよ」

「ウン」小さな返事が聞こえた。

優しく局部を撫で回した。

局部をクロッチの上から軽く触ると・・・すでにそこは湿っている

局部を撫でながら、背中に手を回して、

ブラのホックを外し、ブラを脱がした。

暗くて愛子の巨乳が良く見えない。

重量感のあるアッパイだった。

手で揉みながら、乳首を指で転がし、口に含んで吸った。

「ああんっ、くすぐったい。でも気持ちいい。あぁぁん、・・・乳首っておいしいの」

「うん、塩味が利いて、おいしいよ」

「あっ、汗くさくない?」

「愛子のいい匂いがする」

「ねえ、シャワー浴びたい」

愛子は少し汗を掻いていたことを恥ずかしがった。

「そうだね、シャワー浴びるか」

俺は部屋の照明を付けた。

「キャァァァ!・・・」

ベッドの上には、顔を赤くした愛子がショーツ1枚だけで寝ていた。

慌てて巨乳を隠した。

それにしても大きかった。

グラビアアイドル顔負けの大きさだった。

「愛子、きれいだよ」

「ヒロキに見られちゃった」

「愛子は何カップなの?」

「Eだよ。ヒロキはオッパイが大きな女性は好き?」

「それは大きい方が好きだよ」

愛子は備え付けの寝間着で前を隠しながらバスルームへ小走りに移動した。

俺も少し遅れてバスルームへ移動した。

バスルームの扉を開けると

「キャァァァ!・・・」

別々に入ると思ってたらしい。

「入るよ」

「あっ!・・・ヒロキの大きい。それでよくズボン穿けるね」

(愛子は、ホント初心だなぁ)

「普段はもっと小さいよ。これは愛子用のサイズだよ」

「触っていい」

「あぁ、いいよ」

「こんな大きいの、私の中に入るの?」

「大丈夫だよ」

「すごく固い・・・」

「愛子は、今まで見たことはないのか?」

「友達が冗談で見せてくれたAVで見たよ。モザイクがかかっていたから、よく見えなかった」

(真面目だなw)

俺は、愛子の体をじっくり眺めた。

愛子の白い肌とEカップの巨乳。そしてピンクの乳首が綺麗に見えた。

(オッパイが大きすぎて垂れてる!!・・・ス、ス、スゲェ~!)

明るい所で見る初めての巨乳に俺は興奮した。

大学に入り、風俗で遊びまくってる俺からすると愛子の身体は

胸も大きく、ヒップも大きいが何となく大人の身体になり切ってないような

感じがした。

本当なら、お互いの身体を洗い合うことをしたかったが、

男性を知らない愛子なので、次回の楽しみにした。

全裸のままベッドに戻った。

今は部屋の照明が点いているので明るい。

布団をかぶると再び抱き合って濃厚なキス。

そして、うなじから胸へと唇と舌で愛撫。

最初はくすぐったそうにしていたが、次第に吐息が荒くなってきた。

オッパイは片手で掴んでも大きすぎて手から大きくはみ出る!

例えるとすると乳牛のようなお乳だ。

顔を埋めて感触を楽しんだ。

オッパイが大きいから、それに引っ張られ乳輪が大きくなったのかもしれない。

ピンクの乳首は普通サイズだ。

ビンビンになった乳首に吸い付いた。

「あああん、あぁん、あぁん・・・」

巨乳をムニュムニュ揉みながら乳首に何度も吸い付いた。

足元に回り込んで、太ももの内側から局部に舌を這わせる。

すると、ピンク色の局部がさらに濡れた。

「ヒロキ、恥ずかしいよ」

「恥ずかしがらないでいいよ。ピンク色で、とても綺麗だよ」

「あぁん、そんなとこ舐めたら、汚いよ」

「汚くないよ。みんな舐めてることだよ」

愛子は何にも知らないんだなぁ!

皮をむいてクリトリスを優しく舐めてあげた。

「あああっ!あんっ、あんっ、・・・」

「気持ちいいかい?」

「うん。なんか電気が走ったような感覚だった。気持ちいい・・・」

「そろそろ、挿れてみようか」

「うん・・・でも、こんな大きいの入るの?」

「ゆっくり挿れるから、無理しないで。痛いときは教えてよ?」

「うん・・・」

少し幼さが残る愛子は、

オッパイ丸出しで足を開いて俺を受け入れようとしている。

M字開脚した真ん中に俺のチンポを押し当てた。

「あっ!あああっ・・・」

押し出すようにする。先っぽは入った。

「入ったよ」

「何か、アソコが広げられたような感じ」

「奥に進むよ」

そう言って、俺は腰を前に押し出した。

「痛いっ!!」

「愛子?・・・」

「何か、裂けるような感じがする。でも大丈夫、続けて」

俺は更に腰を押し出した。

ものすごく締まる。

「あああああっ、!・・・」

愛子が絶叫する。

「愛子、奥まで入ったよ」

「あそこがこじ開けられたように痛い。動くの待って」

俺は、チンポwp挿入したまま愛子にキスをした。

愛子は涙を浮かべていたので、唇で吸い取った。

「ヒロキ、やっと一つになれた。うれしい」

愛子は苦痛に歪みながらも、嬉しそうに言った。

「愛子、動かすよ」

加減しながら動かすが、やはり痛いみたいだ。

チンポを一旦抜くことにした。

愛子の股間、腰の下に敷いたタオル、俺の逸物は血に染まっていた。

「ヒロキ、ごめんなさい」

「?・・・」

「気持ちよくなかったでしょ。」

「愛子、最初はみんなこうなんだよ。謝ることないよ」

「今は、俺と愛子が一つになるための大切なセレモニーだ。慣れれば愛子も感じるようになるよ」

「ヒロキ!・・・」

愛子はしがみついてきた。

愛子が血の始末をしたいというので、別々にシャワーを浴びて再びベッドへ。

「ヒロキ、小さくならないね」

「あぁ、清涼だけは人一倍あるかもな」

「手コキっていうのやってみたい。精液が出るところ見てみたいの」

「いいよ」

俺は握り方とか強さとかコツを教えた。

頭の良い愛子はすぐにこつを掴み、俺は発射した。

愛子は興味深げにしげしげと眺めていた。

そのあと、2人の性行為はなくキス行為のみだった。

翌日も観光地巡りをした。

愛子は腕を組みっぱなしだし、人が回りにいないとキスをせがんでくる。

昼食を食べた後、愛子が言った。

「ねえ、部屋に戻りたい」

ホテルに電話をして、部屋の清掃が済んでいることを確認した。

清掃は終わっていたのでホテルに戻った。

昨日は、間にシャワーで中断されたので、先にシャワーを浴び、

室内着に着替えてベッドに横たわる。

カーテンを閉め薄明かりの中、真帆の服を脱がし、ブラとショーツだけにする。

ブラを外すと、ピンクの乳首はビンビンに立っていた。

大きな胸を揉みながら、乳首を舌で転がし強く吸った。

「あああんっ、あぁん、あぁん、・・・」

愛子を腰をのけぞらせた。

今日は2回目のエッチなのでオッパイの愛撫に時間をかけた。

俺は初めての巨乳に興奮しまくり。

耳を舐めながら乳首をこね回すと、

愛子は喘ぎ声を上げて腰を振ってよがりだす。

ショーツに手を入れ、局部に触れてみると、すでに大洪水。

俺は愛子の愛子の足元の方へ体を動かした。

ショーツを脱がした。

2回目だから、愛子はそれほど恥ずかしがらなかった。

大陰唇から小陰唇へとジュルジュル舐めました。

そのまま皮をめくりクリトリスを優しく舐めた。

「ああっ!はああンッ!・・・あああん・・・ヒロキ!すご~いぃぃ!あああんッ!」

「愛子、挿れるよ」

昨日と同じ様にM字開脚させてから挿入を始めた。

「ああんっ」

「痛くない?・・・」

「少しだけ痛いけど、気持ちいい。動かしてもいいよ」

俺は、ゆっくりではあるが前後にピストンをした。

「あんっ、あんっ、あんっ、気持ちいい。もう痛くないよ。あんっ」

まだまだ反応はぎこちないが、締め付けの良さに俺は逝きそうになった。

「あああんッ!・・・もっと!もっと!・・・」

愛子は昨日と違って気持ちよさそうに喘いでいる。

巨乳が波打つように揺れている。

それにしてもデカイなぁ・・・

「・・・もうダメ!・・・壊れちゃう・・・」

それを聞いて僕はピストン運動を止めました。

「なんでヤメルの?・・・ヤメたらダメよ!・・・」

愛子に怒られてしまった。(笑)

「愛子、いくよ」

「いいわ、出して」

僕はラストスパートをかけた。

「あああんッ!・・・いっちゃう!、あああんッ!イクッ!・・・あああんッ!あッ!!!!!・・・」

俺は、チンポを抜くと、下腹部に振りかけた。

「ヒロキ、気持ちよかったよ・・・」

愛子は満足そうな顔をして、俺の胸に顔を埋めた。

【現在】

愛子の要求を飲んだ俺は有給休暇を取り、新幹線に乗っていた。

電車を乗り継いで愛子の両親が経営する賃貸住宅に向かった。

目的の待ち合わせ場所の賃貸住宅に着いた。

とくに芸能記者はいないような気がする。

それにしても毎日、誰かに尾行されてるかとか気にしながら生活するのは

俺には耐えられない。

愛子もまさかそこまで覚悟しないといけないとは思わなかった気持ちもわかる。

あえて俺はキョロキョロせず、住人の振りして堂々と入った。

エレベーターに乗り、目的の部屋の前に立った。

インターフォンを押すと久しぶりに会う愛子が姿を現した。

(テレビでは、たまに見るが)

「ヒロキ、久しぶり~!早く入って」

中に入ると愛子が抱きついてきた。

巨乳の圧力を感じ、昔を思い出した。

愛子がキスしようとしてくると、愛子のメガネが当たった。

「痛いっ!」

「あっ、ごめん」

「メガネをかけるようになったんだ」

「うん。スタジオの照明を浴びてて視力が落ちたみたい」

「そっか・・・久しぶりに会うから・・・照れ臭いね?」

愛子はメガネをエプロンにしまい、目をつぶってキスを受ける仕草をした。

俺は愛子の唇に優しくキスをした。

愛子は俺の首に手を回すと、自分からハードなキスをしてきた。

俺はそれを受けながら、巨乳とヒップのペッテイングをして感触を楽しんだ。

撫でるから揉む方へと移行すると愛子の鼻息が荒くなった。

肉付きのいい愛子の体は揉みごたえがあった。

しばらく、玄関でキスを続けた。

キスが終わり、一度離れた。

「ヒロキ、会いたかったよ」

返事に困った俺はただ「あぁ・・・」と言うだけだった。

「中に入って」

愛子に手を引かれて中に入ると料理が並べられていた。

「ヒロキのために、料理を一生懸命作ったんだよ」

「すごい量だね。喰いきれるの?」

「残ったら、お持ち帰りしてよ」

「!・・・東京に持ち帰らせるつもりかよ」

「そうだよ。少しでも私のことを忘れないようにね」

「ううっ!・・・」

「私、シャワーを浴びてくるから待ってて」

「え?・・・もう始めるのか?」

「バカ!違うよ。今ので濡れたからだよ・・・」

そう言うと愛子は奥へ消えていった。

愛子が戻ってきた。

「乾杯しよう」

久しぶりに会って話しが弾んだが、心の中で今一つ越えられないものを感じ、

愛子との距離を素直に縮められない自分がいた。

一方の愛子は、盛んに距離を縮めようとしていた。

「ヒロキ、ヒゲが似合ってるよ」

「ありがとう。よく言われるよ」

「えぇ!謙遜しないの?」

「まぁね・・・」

「私のことは少しは誉めてくれないの?」

「料理はすごく美味しいよ」

「あっ、そうだ!カレーも作ったんだよ。あとで食べてくれる?」

(カレーかよ!酒のツマミにならないじゃんw)

「昔、作って食べさせたでしょう。喜ぶかなと思って作ったの。あれから上達してるよ」

(?・・・相変わらず、天然だなぁw)

断ったら、泣かれると思ったから

「せっかくだから、少しだけ、食べてみようか」

「ちょっと待っててね」

カレーライスだと思っていたら、ライスの代わりにナンだった。

「驚いた顔して、どうしたの?」

「いやぁ、飲んでいる時にカレーライスを食べたら、すぐに腹いっぱいになるなと思ってたら、ナンだったから安心したよ」

「私、そこまで馬鹿じゃないから。・・・食べさせてあげるよ」

「ノーサンキュー」

「だめっ!昔も、こうやって食べさせたの覚えてる?」

「う、うん。・・・」

「あっ!その返事の仕方は、覚えてないのね。信じられない!」

「食べさせてくれたら、思い出すかもしれないよ」

「あらっ!そう!・・・」

愛子はナンをちぎってカレーを付けて食べさせてくれた。

「ヒロキ、美味しい?・・・」

そんなに見つめられたら、美味しいというしかないだろうに・・・

ところが、お世辞抜きで美味しかった。

「スパイシーでとても美味しいよ」

「喜んでくれて、良かった~。今度、ヒロキの所に行って作ってあげるよ」

「それは絶対にヤメテくれよ。週刊誌に載ったらら、どうすんだよ」

「載ってもモザイクがかかるから平気よ。私にはモザイクはかからないけど」

「俺、もう、帰っていいか?」

「ダメ!泊っていく約束でしょう」

愛子は座る位置を俺のとなりにくっ付くように座り直した。

「愛子、オッパイが腕に当たってるよ。前より大きくなってないか?」

「ピンポーン!今はFカップだよ」

「うっ、・・・あっさり言うなよw」

「ヒロキ、そろそろ始める?・・・」

「え、え!まだ食べ始めて、そんなに時間が経ってないぞ・・・」

「終わってから、食べればいいよ・・・」

愛子は急に恥ずかしそうな態度に急変した。

(そんなに、やりたいのか!)

「わかった。じゃあシャワーを浴びるよ」

「一緒に入ろう」

「いいよ」

服を脱ぎだすと愛子が手伝ってくれた。

「自分で脱ぐからいいよ」と断った。

「いいから、じっとしてて」

仕方ないから、直立不動でジッとしていた。

「ヒロキ、昔と違って凄くたくましくなってるね。鍛えてるの?」

「ジムにか通ってるよ。愛子もたくましくなってない?」

「あぁぁっ!そこまで言う?」

俺のチンポを握ってきた。

「うっ!・・・何年もエッチしてない人がこんなことするかね?」

「もう、許してあげないから(笑)」

「あれ?愛子、ノーパンだったの?」

「また濡れるかもしれないと思って、シャワーの後、穿かなかったの」

「!・・・ヘアーは薄いんだね?」

「もう、忘れてるのね」

愛子がブラを外すと巨乳ちゃんが飛び出した。

窮屈なブラから解放されたように、どちらかというと下方向にベロ~ンと

昔見た胸よりも一回り大きくなっている。

(Fカップか!・・・前よりも垂れてるように見える?)

「恥ずかしいから、ジロジロ見ないでよ」

「いやぁ、昔より大きくなったなぁと思ってさ」

「肩がすぐこるの。あとでマッサージしてくれる?」

「いいよ。オッパイマッサージと合わせてやってあげるよ」

「やだ~。ふふふ・・・」

ッチなPR

ッチな広告