エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 人妻になって更に欲求不満な沢尻エリ…
投稿:2018-06-08(金)18:18

人妻になって更に欲求不満な沢尻エリカ

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:7,526回)
神奈川県/ジョージさん(40代)からの投稿

前回の話:夢の国でのハプニング

エリカとの話が好評だったようで、ありがとうございます。

せっかくなので続編を書いていこうと思います。

おヒマな時、読んでください。

エリカとジョージは結ばれると思いきや

物事は、そう上手くはいきませんでした。

これからのこと

二人で話していく中で

エリカは酷く自分自身へのコンプレックスがありました。

自己肯定感の低さから他人から褒められても

自分の何が良いのって自己否定が強くなり

そのためか、執着心も薄く

飽き性な部分もあった。

ジョージは三人兄弟の真ん中ということもあり

他人への気遣いをする人

それと同時に

孤独感が強く

常に愛情が無いと

生きていけない人でした。

そんな2人ですが

ジョージの想いとは裏腹に

エリカは、褒められるほどに

自己否定を繰り返してしまい

どんどん連絡が疎遠になり

いつしか途絶えてしまいました。

ジョージは寂しさを紛らわそうと

出会いを求め、共通の趣味な女性と交際をし結婚。

エリカも、ふわふわした部分を

サラッと受け止めてくれる人と

出会い結婚した。

お互い、潜めた性癖を隠すように

それぞれ家庭を持ち

仕事や育児に追われる日々を

送っていた。

学校卒業し

10年が経過した頃

同窓会が企画された。

ジョージは知人と共同企画者として

同級生にメール連絡や飲み屋の予約をした。

こんなタイミングじゃなきゃ

エリカと会うことが無いだろうと

深呼吸しながらメールを打った。

無論、あまり内容があっても

サラッと流されそうなんで

「何月何日同窓会やるけど、どうよ!」

くらいのフランクな一行メールを送信した。

すると

「うん、その日なら大丈夫よ。」って返信。

ジョージは舞い上がり、楽しみだねって連絡すると

「うん!」ってことでした。

ただ、どちらかと言えば振られたジョージは

会ったとことで、どう接すれば良いだろう?

同窓会だし、大勢の前でエリカとばかり

話すのは、ちょっと違うし。なにより

目を見て話しかけられるのかな。。。

ジョージは

楽しみより不安要素が強かったのです。

男性の方が、ずるずると気持ち

吹っ切れないもんですよね。

いざ当日

1時間も早くついてしまい

用事が無いのに、カフェで時間つぶし。

けど、気持ちが高ぶり落ち着かないので

洋服屋や本屋を徘徊する。

「なに話そう」

「どんな顔したらよい」

「笑顔の練習しなきゃ」とか

余計なことばかり考えていました。

同窓会の会場に着き、少しずつ

同級生が集まり、ジョージは挨拶まわりをする。

ただ、頭の片隅にエリカが来ないなって

思っていました。

19時の開始時間ギリギリに

エリカは男性の同級生と二人で来ました。

しかも、とっても仲良しな雰囲気で。

そのまま二人は隣の席に行きました。

ジョージは絶望しました。

今日は話しかけられないなと。

当時から仲良しだったアイツと

来るなんてズルいし

隣の席に座るなよ。

いじめかよ。。。

と嘆くのでありました。

3時間の同窓会も、昔話に花咲かせつつ

今の状況を皆で語り合い終了。

エリカとジョージは話すこともなく

お開きとなりました。

三次会どうするって話をしている中

エリカは子供が心配だから帰るねーって

足早に駅に向かって行きました。

気持ちがモヤモヤしながら

三次会に誘われつつも

明日仕事なジョージも家路に

向かうのでした。

電車に乗りながら

「情けないな、なんで横顔みるだけで

精一杯なんだよ。チキンやろーだ。。。」

と、窓越しの自分に

話しかけました。

すると、、、

メールに受診表示があり

エリカからでした。

内容を見て

びっくりしすぎて携帯を

落としそうになりました。

「なんか全然喋れなかったねー

元気してるの?」

いつも通りの短文なんだけど

エリカが気にかけてくれている

てことを知れただけで舞い上がってしまった。

「うん。喋りたかったけど

皆で楽しそうだったから悪いかなって思って」

「なんだよー。

ジョージから、来るのかと思って待ってたよ」

はい、心臓が止まりそうになりました。

止まったことないけどw

そして

「仕事とか結婚とか上手くいってる?」

「うん、仕事は、それなり。結婚は、、、んー。」

「どうしたの?」

「夜の方は、全くなんだ。」

「あー。そうなんだ。(奥様)疲れているのね?」

「なんだろうね。。。エリカは?」

「うちも、多くて月1で、私から言わないと

 3ヶ月くらい平気でないよ。しかも淡白だしね。」

「淡白って?」

「キス、いじる、入れる、出す。終わりみたいな。」

「え??」

「正直ジョージみたいなエッチが良かったよ」

「どんな風な?」

「ちょっと変態なプレイとか

アレの大きさとか

言葉攻めとか」

「え???」

「だって、淡白でつまんないから自家発電?よくしているよ」

これまた驚いた。

あのエリカが夜の営み上手くって言ってなくって

一人エッチしているなんて。

「なにを想像して?」

「ないしょ」

「もったいぶるなよ」

「だって恥ずかしいもん」

ん?

なんで

言わないんだろう?

「教えてよ」

「ジョージとのエッチ思い出してる。。。

時々だよ

時々」

え。。。。

あまりにビックリした答えに

酔いが一気に冷めてしまった。

それから

メールのやりとりをするようになった。

「好きな体位は?」

「どんな場所でしたい?」

「どんなシチュエーションでしたい?」

など

日に日に

その内容はエスカレートしていくのでした。

ジョージは思うのでした。

エリカとだったら、所謂エスフレになれるかも。

野球観戦、ピアノ、山登り

買い物、食べ歩き、、、etc

みたいな趣味の延長で

セックスってないのかなって。

ここ一夫一妻の日本だと現実問題

不貞行為として、禁じられた行為なのは

なぜだろう?

だって

その行為は見た目じゃわからないし

高学歴、高身長、高所得だとしても

性行為は、淡白って人が男女共に山ほどいる。

日本は世界でもトップレベルの

セックスレス大国と言われている。

結婚すると

仕事が忙しい。

家事や育児がある。

となり、恋人同士のときのような新鮮な感覚は

一切なくなり、景色の一つとなる。空気となる。

けど

それが夫婦ともに、その温度だったら良いけど

そうじゃないから、風俗や不倫が絶えないんだと

思う。

夫婦で、夜の営みに対して話し合えたら良い。

男性に対して、女性は30代後半から性欲が

あがるという。けど、風俗って大抵、男性用ですからね。

そりゃ、大人のおもちゃ屋さんも需要ありますよね。

話は脱線しましたが、性行為が

趣味の一つとして分かり合える仲間が

いたら面白いのになって思う。

エスフレが合法になれば良いと思います。

そしたら離婚率は減るだろうと思います。

生活するのは貴方と。

性行為は貴方と。

みたいなね。

などなど、いろいろな事を考えながら

エリカと、そんなエスフレになれた良いなって

思っていました。

そんな中

エリカ

「ジョージの、あれって本当立派だったよね」

ってメールが来たので

嬉しくなり、大きなったアレの画像を

送りました。

エリカ「すごい。。。りっぱ。。。」

って言うもんだから

「大人のオモチャつかったことある?俺、TENGAもってる」

エリカ「なにそれ?」

っていうんで、写メすると

エリカ「どーなるの?使って見せてよ」

って、そそのかされるので

スマートフォンをハンズフリーにして

TENGAを使って、自家発電シーンを撮影

すると

「すごい。。。おもしろいね!」

って、性に興味津々なエリカ。

本当に

たまっているんだね。

ジョージ「俺のこと褒めてよ」ってメールしたら

エリカ「もうさ、本当変態だよね。

ずっとしてない(性行為)なんて、信じられない

変態なのにさ。」ってレスが来たんです。

変態ですよ。

変態。

思わず、舞い上がりました。

そんなワード使うなんて。

嬉しくって。私、本当に非日常的な

言葉に弱いんです。

エリカ

「そんな変態は、どんなシチュエーションでしたいの?」

「え?」

「具体的に教えてよ。」

「場所ってことかな?

見られるかも

見られているかも

って

場所は

萌えるよね

そこで

お尻を

撫で回しながら

パンティー

食い込ませて

マン汁で

びっしょりに

したいね

したことないけど

満員電車のなかで

痴漢プレイとかね」

「あとは

例えば

飲み屋のカウンターに

二人で座って

ずっと

足触っていたい

そこから

時々

あそこ触って

あげて

指入れたい

ホテルいくの

すげー

洪水で

萌えるね」

するとエリカは

「変態だー

私されてみたい願望あるかも」

え?

目を擦って画面を

みてしまった。

だから

ジョージ

「目隠しプレイは、やばいよ

なにかされるか、わからないまま

身体中、舐められるの

お尻の穴もね

膝ついてお尻あげて

おまんこ、お尻の穴

ぱっくり開かせてよ

そしたら

周りから

じっくり

なめるから

指は、増やしてとか

早く動かしてって

言わない限り

ずーっと、ただ

入れるだけ

たくさん、焦らすの

可愛いだろうな

エリカの喘いだ声と

あの感じまくって

いきまくって

身体を

真っ赤にしたの

思い出すな

息切れしながら

こんなの

初めてって言ってたな」

エリカは一言「懐かしいね」

って返信がありました。

少し興味がありそうな時こそ

捲し立て、気持ちを挙げてみようと

ジョージ

「おまんこなめて

って、言ってたね。

小尻、可愛いって

言いながら、たくさん

触ってさ。

やば、すげー

勃ってきた

エリカは

どんなシチュエーションで

したいの?」

すると、、、

エリカ

「舐められるのすき

砂浜で誰に見られてるかわからない感じで何度もしたいな」

えーーーー

なに、その返信ーーーー。

ジョージ

「あ、おれ童貞卒業

湘南平近くで車を路駐して

エッチしたよ。

しかも不倫

三ヶ月で別れたけどね

その後の人は五年付き合ったけど、大磯の海辺でしてたら

「そこ俺の敷地だから止めろ」って起きられた

バックで入れている時ねw

そのあと車でしたけ燃えたねー」

エリカが

「童貞卒業が不倫だとは、、、

 それは変態になるね。」

って、また変態ワードを出して来る。

ジョージ

「しかもゴム痛いから生でって

言われ、いつも呑んでくれた」

エリカ

「だってジョージのはエクレアより大きいからね。

 濡れてないと痛いよー」

ジョージ

「もともと

持っていた性癖に拍車をかけたよね

けどエッチがどハマりしたのは

五年の子とエリカくらいだね

じゃなきゃ

渋谷の雑居ビルでしないよねー」

エリカ

「うそうそ、他にもあるでしょー」

ジョージ

「エクレア食べるとき、思い出すって言ってたね。

 そう言われながら舐められたね。

 ま、俺はフェラより全身リップもしくは

 お尻の穴を舐められたいね。

 

それと

エリカのアソコはギューって閉まって

気持ちよかったな。

なんて言っても、言葉が好き。

その状況(性行為)を楽しみながら

甘えたり、攻めたりの言葉が

素直に言える人っが素敵だなって思う。」

エリカ

「もう、、、

エッチしたくなってきたじゃんか。。。

そういえば、砂浜でしたのを覚えている?」

ジョージ

「え?手マンまででウチによって続きしようって

言ったら、帰るって言われた気がするよ。

 あと、俺は品があって、身なりに気を配る。

そんな女性を豹変させるのが好き。

だから美人でツンデレなエリカがエロスに

溺れていく感じ、最高に好き。」

エリカ

「もう、それ以上言わないで。。。

我慢できなくなっちゃうよ。

(ジョージと)一度したら

その気持ち良さに止められなくなっちゃう。

旦那にバレて大変になりたくないよ。」

ジョージ

「なら、継続しなくって一度で良いじゃん。

 火遊びでさ。」

エリカ

「え、、、どうしよう。。。

考えさせて。。。」

駄文を読んでくれてありがとうございます。

評判が良かったら

また、続き描きたいと思います。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告