エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > コスプレハプニング
投稿:2018-06-06(水)00:43

コスプレハプニング

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:7,150回)
埼玉県/まいさん(20代)からの投稿

はじめまして、まい(20代)です。

わたしはアニオタで、たまにコミケにも参加していますが、今日はコスプレスタジオでのハプニングを投稿したいと思います。

シェア型のスタジオってご存じですか?

貸し切りだと結構お金がかかるので、学生の私はよく利用してます。

ようは何グループか一緒にスタジオを利用するってやつです。

例外なく趣味は共通で新たな出会いもあるし、初めて会った人に撮影されたりするの新鮮なので、私は割りと好きだったりします。

ある日のこと、友達のあやみと一緒にスタジオを利用しました。

どのキャラのコスプレかは名前を伏せますが、お揃いで某音楽部学園もののコスプレです。

私は黒タイツ、あやみはハイソックスって違いはありましたけど。

スタジオに入ると、早速色んな人に話しかけられ、男性カメラマンさんと意気投合し、撮影をお願いされました。

『まいちゃん、いいよー、かわいいねぇ』

『笑った顔がすごいかわいいよー』

誉められて嫌な気はしません。

むしろ、そんな言葉が快感なんじゃないかしら、コスプレイヤーは。

そんなこんなで撮影は進みましたが、次第にリクエストが過激になってきて、嫌な予感がしました。

『ちょっと四つん這いになって、おしり突き出してみようか』

『スカートめくって、ちょっとだけパンツ見せて。黒タイツはいてるから、見えないよ』

気まずい雰囲気にはなりたくなかったので軽く流して、もう帰ろうと思ったその時でした。

いきなりブレーカーが落ちて、真っ暗になったんです。

故意にされたのか、外は雨だったので停電だったのかもしれませんが、未だに原因は分かりません。

『キャッ!なに!?あやみ?』

一緒パニックになりましたが、すぐに太もも辺りに何か感触がありました。

黒タイツ越しに太ももを撫で回されてる・・

『ちょっ、やめてください!あやみ、どこ?』

あやみからの返事はありません。

ただ、脚やお尻を撫で回されて、時折太ももにキスされたり。

『あー、たまんねぇ。ムチムチの太もも、たまんないよ』

さっきのカメラマンの声だとすぐに分かりました。

『もう、やめてください!お願いします!』

私の抵抗も虚しく、タイツをずり下げられ、お尻の穴と、大事なところをいっぱいなめられました。

『あー、おいしい。まいちゃんのおまんこ最高だよ。しかし、コスプレイヤーって、ほんとにパイパンなんだね』

あとのことはあまり覚えてません。

気付くと黒タイツはボロボロで、顔に白い液をかけられてました。

奥の部屋からはあやみの声が・・

『もぅ、やめて!お願い、抜いて!やだっ、イッちゃヤダ!最後まで気持ちよくなっちゃダメぇ!』

それ以来、コスプレスタジオには行ってません。

知らない人と密室で撮影なんて、もう怖くてできません。

- 終わり -

ッチなPR

ッチな広告