エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 許嫁が目の前でレイプ、それから女を…
投稿:2018-06-06(水)02:24

許嫁が目の前でレイプ、それから女を性処理として扱うことを覚えてしまった

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:19,127回)
むっくさんからの投稿

前回の話:復讐レイプに協力してくれた女の子は豚教師にレイプ調教されたトラウマもちだった

投稿がとても遅くなりました笑

彩香がビットコインに手を出して、大損をしてしまい色々苦労したのと暇潰しにみていてコメントがあったのでまた投稿する気になりました

投資はやはり株が一番安定ですね

今回は私の初体験と私の人生のターニングポイントになってしまった出来事にします(´・ω・`)

私が無理矢理犯される女の子に欲情するきっかけになった話になります

当時私は中学一年生

この日まで私は普通だったと自信をもって言えます

久しぶりに会った父に出掛けるぞと連れていかれ、それが許嫁だった由佳との出会いになります

私と父と由佳と由佳の父親の四人でお見合いをしているかのような感じになりました

由佳の父親は見るからに漫画に出てくるヤクザの親玉のような服装(袴姿)をしていたのと声がすごく低くて怖かったのが印象強いです

「あっちで二人で話でもしてきなさい」

父に言われるがままに内庭に出て由佳と二人きりになった

由佳「あたしの許嫁なんでしょ?」

「そうみたいだね、今まで聞かされてなかったから少し驚いてる」

由佳「ねえ、あたしの事見た感想は?」

「少しだけ可愛いかな」

由佳「…正直じゃん!もっと可愛いクラスにいるの?」

「いる」

由佳「その子のこと好きなの?」

「好きとかよくわからない、けど可愛いよ」

由佳「ふーん…許嫁っていうけど政略結婚みたいなのんだって家政婦さんが言ってたよ」

「なにそれ」

由佳「親の都合ってこと」

「なんでもいいよ、僕がここにいるのは父さんのおかげなんだ」

俺は自分の身辺の話を由佳にした

普通は話さないことだけれど許嫁だからか出会ってすぐでも話すことができた

由佳「…ねぇ今度一緒に映画でも見に行かない?」

「いいけど…ここまで車で二時間くらいかかってるけどどうやって会うの?」

由佳「あたしが電車であなたの家まで行ってあげる」

後日映画を見る約束をしてメールアドレスを交換した

帰りに父に今度一緒に映画を見てくると伝えると「そうかそうか」と笑い声混じりで言われた

一ヶ月くらいして由佳と遊ぶ日になり駅まで由佳を迎えに行った

由佳「やっほー笑」

「うん」

由佳「エスコートしてくれるんでしょ?」

「エスコート?」

由佳「どこ行くか予定たててる?」

「ごめん、デートとか初めてだからどうしたらいいのか全然わかんないんだ」

由佳「じゃー私がリードしてあげる!」

由佳に言われるままプリクラを撮りに行った

由佳「とったことないでしょ?」

「なんでプリクラとるの?女子はこれが好きなの?」

由佳「可愛い自分の写真がとれるからみんな好きなんだよ!」

撮影の瞬間、由佳は俺に抱きついてきた

由佳「えへ笑」

「な、なんだよっ!びっくりしたなぁ!」

由佳「おどおどしすぎだよ、楽しいね!笑」

由佳のペースに巻き込まれているのが少しずつ楽しくなり、付き合うってこうなのかなと思った

由佳「…○○ってさ、おしゃれしないの?」

「…なにをどうしたらかっこいいのか全然わかんないんだよ、モテたいとかもあんまり思わないし…」

由佳「あたしの彼氏なんだからもっとカッコよくなって!」

由佳に連れていかれるがまま洋服屋に入り、由佳に渡された服を試着してみた

自分でいうのもなんだが服の着こなしでこんなに変わるものかと思った

由佳「アクセサリーもほしいなぁ…」

「俺そんなにお金持ってないよ」

由佳「あたしカード持ってるから気にしないで!」

俺はお金をたくさんもらったりはしていなかったので由佳に出させて申し訳なかったが、今度からちゃんと服を買っていこうと決めた

服上下、腕時計、帽子、ネックレスなど買ってもらった

由佳「かっこいいっ!ますますイケメンになった!」

「ありがと、そういえば由佳学校でモテるんじゃないの?すごい優しいじゃん」

由佳「ほら、あたしの家が家だからさ…憎まれても好かれることがないの」

「仲良くすれば利用できるとか思う人もいそうだけど?」

由佳「ううん、ダメ、もし喧嘩したら殺されるの?って言われたときは傷ついたな笑」

「友達できないんだ?」

由佳「…うん」

「ぼ、僕は…彼氏だから!」

声が裏返りながら頑張って強がって言った

由佳「…ありがと、もっかいプリクラとろ?」

もう一度プリクラを撮りに行き、由佳からキスされた

ファーストキスはプリクラをとっているときとなった

ここまでは幸せな初デート

ここから最悪の初デートにかわる

映画を見てご飯を食べ、駅に向かう途中の人気のない路地だった

大学生くらいのお兄さん二人に声をかけられた

男A「由佳ちゃんだよね?」

由佳「違いますけど」

さらっと嘘をつくあたりすごいが騙すことはできなかった

男B「彼氏が由佳って呼んでるの聞こえたから間違いないと思うんだけどなぁ」

そういうと男が近づいてきたので

「…由佳走って逃げて!」

とっさに俺は服の入った紙袋を男に投げつけてもう一人に体ごと体当たりをした

男と俺は倒れて由佳が走って逃げているのが見えた

俺は無我夢中で男の腕に噛みついた

由佳が大声で「助けて!」という声が聞こえたので人を呼んだのだと思いもう大丈夫だと安心したと同時に殴られた

初めて人に殴られ痛くて仕方なかったがギリギリまで由佳を逃がしたくて必死だった

男A「いってぇなくそがき!」

男Bが横から俺をサッカーボールのように蹴りあげ、俺は吹っ飛ばされた

信じられないくらいぶっとんだので地面に落下する衝撃がやばかった

男B「俺追いかけてくるわ」

男C「捕まえたから問題ない」

由佳は泣きながら男Cに捕まっていた

助けを求めたのはこいつだったのだと思う

由佳「○○…ごめんね、あたしのせいで…」

「うぅ…」

俺は泣きながら由佳を見て、苦しくなった

男A「なぁこのガキも連れていっていいか?」

男C「いらねーだろ」

男A「由佳ちゃんの彼氏だろ?面白いもん見せてやるからよ」

男Aに引きずられでかい車に乗せられ、向かった先は学校の中で幽霊がでると噂されていた廃家だった

手錠をされて中に入ると普通の畳の部屋だった

男B「さっさと始めようぜ」

男たちはカメラを部屋の隅に立てて服を脱ぎ由佳に命令した

「服を脱いで全裸になれ」

由佳は黙って服を脱ぎ裸になった

初めて女の子の裸を見たのは衝撃的だった

男が紙になにかを書いて由佳に見せた

由佳「私は○○組の組長の娘の○○由佳です、今から大学生のお兄さんたちに…たくさん気持ちのいいセックスを教えてもらいます…」

カンペとして言わせていたみたいだった

由佳「お兄さんたち、お願いします…」

男B「はーい!○○組の組長さん、お久しぶりです!先日親父がお世話になったお礼に娘さんにたくさん気持ちのいいことをしてあげます!」

男A「見てくださいこれ、由佳ちゃんの彼氏に噛まれたんですよ笑、必死に守ろうとしたナイトもここで捕まってます!」

男C「由佳ちゃん、もう生理きた?」

由佳「は、はぃ…」

男C「じゃあ今日はママになれるかもしれないね!楽しみでしょ?」

由佳「…」

男A「嬉しくて言葉もでないか!じゃあ最初は順番にフェラしてくれるかな?」

由佳は黙って男Aの前にしゃがみこみ、フェラを始めた

男A「えーっ!由佳ちゃんフェラってなにか知ってるのっ!?」

由佳「…」

男A「おい、なんかいえよ」

由佳「…知ってます」

男A「したことある?誰にしたの?」

由佳「…クラスメイトの武内くんに…」

由佳に経験があったことにショックだった

男A「その言い方だと彼氏じゃないってことだね笑」

男C「なんかさぁ、もっと嫌がるかと思ってたけどたんたんとこなされると面白くないんだよね」

男B「ってことは…やっぱり?」

男C「無理矢理っしょ笑」

男A「いいね笑」

男Aは由佳のフェラを止めて頬をビンタした

由佳「きゃっ!」

由佳が倒れた所に男Cがカメラの横にあったタンクの中身を由佳にかけた

ローションだった

男A「イエーイ、ヌルヌル笑」

男B「体押さえて」

男Aと男Cは由佳の両手を押さえて男Bは由佳のマンコ

にチンポをあてがった

男B「処々かな?非処女かな?」

男A「絶対経験あるだろ、なあ彼氏くんもそう思うよな?こっちこいよ」

俺は畳の上に叩きつけられ男Bと由佳の性器を目の前にした

初めて見た性器はグロテスクなものに見えた

「由佳は…処女だと思う」

思いたかった

男B「どっちかなーゆっくりいくぞー」

男はゆっくりと由佳の中に入っていき…止まることなく由佳の中に全部吸い込まれていった

男B「きっつ!締め付けすげぇ…でも処女じゃねーな笑」

男A「ガキの癖にやることはやってんだな笑」

男B「彼氏見てる?君セックスしたことある?」

由佳「っん、あっ、あっ、、 、」

由佳は泣きながらセックスで感じていた

「…由佳…気持ちいいの?」

由佳「ちがっ、ちがうのっ」

男A「違わないでしょ?」

由佳の奥をグリグリするたびに由佳は声を漏らした

由佳「あっ!あっ!だめっ!!」

男B「由佳ちゃんのマンコ気持ちいいよ、スッゴク締まるしもうイキそうだから出すね!」

由佳「やだっ!赤ちゃんやだっ!」

男Bは何かを我慢したような顔で由佳に腰を降りまくっていたが、瞬間、由佳をとてつもなく見下した目になり…射精した

由佳「あっ!あっ!はあんっ!」

男B「やべーまじで締まりいいわ笑」

男A「次俺いくわ」

次に男Aが一際でかいチンコを由佳の中に突き刺した

ぐったりしていた由佳だったが膣にチンコが沈むと声を漏らした

由佳「んんんんんっあんっ!あんっ!」

間違いなく感じていた

男A「あー確かに狭いマンコしてるなぁ」

男C「由佳ちゃん気持ちいい?正直に答えてね?」

由佳「…気持ち…いいです…」

自分の知らない世界が広がっていて、まだ早すぎる体験だった

そして

俺は勃起していた

男C「あれー彼氏勃起してるじゃん、ねとられて興奮しちゃったの?笑」

「ち、ちが…」

男B「じゃあ次このマンコに入れさせてあげるよ」

男は激しく腰を降ったかと思うと腰を打ち付けて射精した

マンコからは白い液体がトロリと垂れ、由佳は息を荒くしていた

男C「おー彼氏もビンビン、ヤル気満々じゃん」

男B「じゃーん、おくすりぃ!」

男C「まじかよ笑キメセクでぶっとんじまうか!」

舌を出せといって玉薬を由佳の舌の上にのせた

由佳はためらっていたが観念したように薬を飲み込んだとたんに震えだした

由佳「あっああああああ!」

男B「使うの早すぎたか?」

俺は興奮していた

目の前で狂っている女の子を見て勃起していた

俺は床に寝させられ、支えられながら由佳は上から俺にのろうとしたが、その時俺のモノは小さくなっていた

興奮と同時にショックだったのだと思う

男A「あーこりゃだめだな可哀想に、そこで見てな」

俺は部屋のすみに引きずられ、由佳は三人に代わる代わる中出しされていた

由佳「いっ!いっ!いくっ!!ダメダメダメダメ!!!!気持ちよすぎてわかんない!!!あっああああああああああっ!!」

男A「ほら喘いで気持ちよくなって孕んじまえよ!!」

由佳「あああああ!っあ!っあ!っん!死ぬううううう死んじゃうううううう!!!」

男A「おまえの人生これで終わりだざまあみやがれ!!」

由佳は白目を向きながら声にならない絶頂を味わい、幸せそうな顔、何度も何度もあえぐ由佳の声と、由佳と男の体が打ち合う音を聞き、俺はそのまま意識を失った

気がついたとき俺は親父の車の中だった

「しばらく連絡を取らない方がいい」

それしか言わなかった

自分が気絶している間に何があったのか、わからなかったし、怖くて聞けなかった

俺はカウンセリングにいくことも、保健室登校をすることもなく、日常に戻った

クラスメイトが話すことは幼稚な会話ばかり、自分の経験したこととかけ離れすぎていて嫌になり、他のやつらと違うことをしたくなった

学校では禁止の髪染めをし、髪を伸ばし、授業は参加するもののボーッとするだけ

クラスのやつらの大半は少しずつ俺からはなれていった

実鈴「ねぇ、なにしてくれるの?」

遠足前の班ミーティング

「あ?なんかしなきゃいけねーの?」

実鈴「当たり前じゃん」

「なんでも好きな役割あててくれ、決まれば従うから」

他の班員は話しかけない方がいいと班長の実鈴に言ったが実鈴は「大丈夫」と言った

遠足、といってもみんなで遊園地にいくだけだ

みんなはガキっぽい服をしていて俺もあんなんだったんだなと思うと少し笑えた

バスに乗り込めるようになり一番後ろに座るとその後誰も一番後ろに座ろうとはしなかった

みんなが他の席をつめているが実鈴だけが俺の横に来て

実鈴「ここいい?」

「好きにしたら?」

バスが到着し三時間後に再度集合と言われ、自由行動になった

「俺いたらつまんねーだろ?別行動にしようぜ」

俺は班を抜けて一人で行動しようとしたところ実鈴がついてきた

実鈴「一人だったら危ないから一緒にいる、カフェでもいく?」

近くの喫茶店に入り実鈴と二人っきり

実鈴「彼女いるの?」

いきなり聞かれて瞬間的に由佳のことを思い出してしまった

「いや…いない」

実鈴「あたし○○くんのこと好き…付き合ってほしい…」

「お前は可愛いと思うよ、でも俺はやめとけ」

実鈴「なんで?」

「俺といたら知らない男にレイプされるぞ」

何があったか話してくれとは言われなかった

実鈴「…」

実鈴「ラブホテルって…入ったことある?」

「ない」

会話は続かなかったが何故か自然に近くのラブホに入った

部屋を選んで向かうと…真っ赤な部屋だった

実鈴「うわぁ…大人って感じ」

やる気を削がれどうでもよくなった

「集合までここでのんびりでいいや」

実鈴「…エッチは?」

「しなくていいけど、したいの?」

実鈴「…うん」

どんなしたらいいかわからなかったからキスをして舌を入れて実鈴の口の中を舐め回した

実鈴は驚きながらも俺の舌に合わせて舌を絡めてきた

実鈴「…○○って激しいんだ…?」

「俺童貞だぞ」

実鈴「えっ!?もう経験あると思ってた…」

「おまえはあるの?」

実鈴「家庭教師の先生にお願いして一回だけ…でも気持ちよくなかった…」

経験豊富と思わせておいてそうでもなかった

「俺たたないからエッチできないと思うよ」

実鈴「多分トラウマになってるんだと思う…そのレイプされたのを見たとき○○くん勃起した?」

「…あぁ」

実鈴「もしかしたら○○くんもレイプしてみたいなんて思ってるんじゃない?」

興奮したということは自分の性癖だったのかと、言われて気がついた

実鈴「…今ならクラスメイトの体を好きに出きるよ…興奮しない?」

可愛い顔した同級生をレイプする、中出しして俺のペットのようにいうことを聞かせる

そんな妄想にしていたらどんどん大きくなり痛いくらいに勃起していた

実鈴「私のこと性処理に使っていいよ、乱暴にしてもいいよ、遠慮しないでレイプして?」

自分からレイプしてといえばレイプではなくセックスになると思ったが気にせず自分の性欲を満たすためだけに実鈴を、犯そうと思った

実鈴に馬乗りになり制服のボタンを外…せなかった笑

外し方がわからなくて迷っていると

実鈴「レイプなんだし引きちぎっていいよ?○○くんの言うことならなんでも聞きますっ!」

言われるがままにボタンを引きちぎりそのまま全裸にした

「フェラチオしてくれる?」

覚えたての言葉でお願いすると

実鈴「命令して…」

「…フェラしろ」

実鈴「はい」

体勢を変えて俺は横になり実鈴は俺の上に、俺のものを舌でペロペロ舐め出したかと思うといきなりくわえてきた

「うっ!ヤバい気持ちよすぎ!一回やめて!」

実鈴「そんなに気持ちいい?笑」

「頭溶けそうになる…」

実鈴「でも乗り越えるには無理矢理舐めさせるくらいにならないとだめだと思うよ?」

「ならもう挿れてみたい」

実鈴「あたしはとっくに濡れてるから…入れてほしい」

実鈴は仰向けになって股を開いてマンコを自分で広げた

実鈴「絶対にためらわずに一気に奥までいれてね」

「わかった」

先っちょで穴をスリスリするだけで気持ちいいのに奥までいれたらどうなるのかと思いながら一気に奥までいれた

「あああああっ、やばいでそうっ!」

実鈴「いいよっ、そのまま出して!」

俺は抜こうとしたが実鈴の足でガッチリガードされていて抜けずに中に射精した

頭の中は真っ白、なにも考えられずに快感に浸っていた

実鈴「気持ちよかった?」

「…はぁはぁ、あぁ…」

実鈴「初めての射精?すごい量でたね!」

「あれがイクって感覚なんだね、やばいわ…」

実鈴「これからもあたしのこと使って性欲満たしてよ!○○くんになら何されても平気だから!」

「なんでそこまでできるのはわからんけどやらせてくれるならやらせてほしい」

実鈴「じゃなくて?」

「…やりたいときにやらせろ」

実鈴「わかりました!じゃあ、付き合ってくれますか?」

「俺のペットとして付き合ってあげる」

実鈴「お願いします!」

そんなこんなで実鈴に童貞を捧げた

変な関係だけど俺は美鈴を性処理として扱い、美鈴は俺のペットになった

それからいろんなところで実鈴とヤりまくった

体育館倉庫ではマットを引いて中出し

「学校の中は恋人なんだな」

実鈴「みんなから付き合ってるように見られるのが楽しいからいいかなって笑」

「はいっ!○○くん♪っていってみんなの前で腕にしがみつくのはどうかと思うけど…」

実鈴「いーの、これからはちゃんとみんなの前でも命令してよ?」

「とりあえず時間ねーから今は服脱げ」

実鈴「はい!」

服を脱いで俺の股間に顔をうずくめる

なにも言わずとも自分からチャックを下げて俺のチンコを出してフェラを始めた

すぐにビンビンになったので舐めるのをやめさせて後ろ向きに四つん這いにさせた

「尻振って入れてくださいっておねだりしろよ」

実鈴「実鈴のおマンコに○○くんのおちんちんを入れてくださいっ♪」

「ゴムは?」

実鈴「いらないっ♪はやくっ♪おちんちんっ!」

「しょうがねえ牝犬だな、セックスしたけりゃ黙って俺の言うこと聞いてろ!」

もともと男に支配されたかったのか才能を開花させたのか俺に従順になった

俺は実鈴のお尻の穴を舐めた

実鈴「ひゃあっ!ダメっ!ダメっ!お尻の穴は汚いよ!」

というものの口だけ

「臭くないし汚くねーよ?」

実鈴「あぁっ…癖になりそう…気持ちいい…」

五分ほどアナルを舐めて実鈴の反応を楽しんでいたが飽きたので叩くことにした

実鈴のお尻を叩くと実鈴はエロい声で「もっと…もっと叩いて!」をおねだりをしてきた

こいつは自分の性欲を満たすために俺を教育しようとしてるんだなと思い、わかっていながらもそれに乗っかって実鈴との関係を持った

叩くのをやめて合図もなしに実鈴のマンコに突っ込んだ

実鈴「いきなりっ!激しい!」

実鈴とセックスを百回以上やって来てセックスに慣れてきた俺は気持ちいいのを我慢することを覚えた

射精することを我慢して実鈴のマンコに出し入れしていて喘ぐ実鈴を見ることがどんどんと楽しくなっていった

「女は所詮ものでしかない」

「喘ぐ姿を見て見下す気持ちよさはヤバい」

「自分が主導権を握って女をものとして扱うことで優越感が気持ちいい」

お互いに愛し合うセックスなんてあるわけないと思った

「実鈴だすぞ!どこに出してほしい!」

いつも確認をとるがあまり意味がない

実鈴「中にっ!あんっ!中に出して!」

と、言われて中に出す

仮に

実鈴「あんあんっ!中はダメ!赤ちゃんできちゃう!」

と、言われてもいつも中出しする

時々泣いて嫌がる素振りを見せるもあってその時は押さえつけて怒鳴ったり軽くビンタしたりして黙らせて中出しをした

中出ししたあと美鈴は満足しながらもいつも

美鈴「気持ちよかった…次はなにしよう…」

と、より強い快感と刺激を求めていた

美鈴のことを恋人として好きになることはなくただセックスをするのに都合がいい

「おまえ妊娠しないの?」

美鈴「ピル飲んでるから大丈夫、気にせず中出ししてくださいっ!」

「他の男とセックスしないの?」

美鈴「○○くんだけが私のご主人様だから他の男の人としない!でも○○くんは他の女の子とえっちしていいよ?」

こんな天使のようなセフレはそうそういません

俺が美鈴と出会わなければもしかしたら寝取り趣味や女を牝として扱うこともなかったのかもしれないなと思うことがたまにあります

いまごろ彼女はなにをしているのやら…

近々続きを書きます

続き:自分が好きだという女の子と付き合ってその日に処女を散らせた

- 終わり -

前後の話
前の話(2018-06-06 00:43:01)コスプレハプニング

メント

1:名無しさん #IWGEaXU :2018-06-27 23:42:15

はなしがかなり面白いです
はやく新しい話を読ませてください
彩香との今の話を読ませてください

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告