エチ研TOP
投稿:2018-06-05(火)13:45

先輩の奥さん

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:8,294回)
就活終わりさん(20代)からの投稿

就活終わりに記念カキコ。

去年の部活のオフの期間に温泉旅館に行きました。

僕は体育会系で体格も良くてアソコもでかいです。足りないのは頭と顔だけです…

夜AVのような展開を期待して混浴へ行きました。

ですが、もちろん誰もいなくてまあガッカリしていると1組の夫婦が入ってきました。

挨拶をして話をするとなんとその人たちはウチの大学のOBOGさんで元ラクロス部と元チア部だそうです。部は違えどお話をさせてもらい、3人とも同じ内部生ということで意気投合しました。

部屋に飲みに来い、と言われたのでありがたく部屋に向かうとそこで既に先輩は潰れてました。日本酒に弱いのにご当地だから、と飲みまくったそうです。

そこでお嫁さん(仮にマイさん、160cm前後で黒髪ロング)のお話を聞きました。まあ要は愚痴聞きです。旦那さんを布団に寝かせて愚痴酒に付き合わされました。気づけば夜は12時超え。

マイさんに

「部屋で飲むのも飽きるねぇ」

と言われたので

「さっきの露天風呂で飲み直しましょ」

と適当に言うと

「いいねいいね、お月様を肴にしよ」

と言われたのでまた混浴へ…。

さて露天風呂で2人きりになると色々話を聞かれました。元カノがチアにいたこともあり、チア部の話もしました。かなりゲスい話を。

マイさんが

「私は同期で1番胸が大きかったからおっぱいをすごいオカズにされてたんだ〜」

とケタケタ笑ってたので

「僕もオカズにさせてください笑」

と言ってみたらタオルをとってくれました。形の良いFカップくらいの胸を見せつけられてあそこはビンビンに。メチャクチャオカズにしてシゴいていれば

「大きいね、旦那もそこそこだけど君ほどじゃない笑」

と言って色々Hなポーズを取ってくれました。我慢できなくて「出したいです!」と言うと「いいよ〜、今思ってること素直に言えたら出して良し!」とニヤニヤ言われたので

「チア部マンコに生ハメしたくてたまんないんですぅ!」

と言うと「おばさんなのに笑 ほら出して」と言われたのでその場で勢いよく射精しました。みぞおちのあたりから腹筋を伝って足の付け根まで白く汚したのをみてマイさんは黙ってオケでお湯を救って洗い流してくれました。「マイさんっ」もう理性はポイ捨てして襲いかかって手マンしながらキスすると向こうも抵抗せずに受け入れてくれました。

そのまま正常位と立ちバックと駅弁をしました。マイさんは最後失神しかけてました。堕とされかけてたみたいです。パイズリも2回してもらいました。終わった頃には3時過ぎです。LINEを教えてもらってその日は部屋に帰って寝ました。

次の日の朝は旦那さんが車に乗っていけ、と言うので電車をキャンセルして車に乗せてもらいました。道中で「昨日は激しかったね」「またしようね」「今すぐ欲しいなぁ」とか色々LINEをシレっと送ってくる奥さんにドキドキしつつも何とか先輩の家に着き、荷物下ろしを手伝いました。いわゆる高級マンションでおったまげました。寮は近いので、なんか飲んでいけ、と言われてありがたくご馳走になると旦那さんは仕事もあるのでさっさと風呂に入ってしまいました。

そうするとマイさんにトイレに誘われて

「手だけね」と色っぽく言われてそのままトイレで手コキだけで2発出しました。そして風呂上がりの旦那さんにも見送られて寮へと帰りました。

その先輩兼旦那さんは某大手商社マンの方なのですが、僕もめでたくそこに受かってしまいました。今度家に招待してやる!と言って頂いたのですが、実はその後も就活で忙しかった5月を除いて月1〜2でお家に呼ばれて上がりこんでバコパコしていたことは口が裂けても言えません…

- 終わり -

前後の話
次の話(2018-06-05 13:51:37)とにかく美容師になりたかった。
前の話(2018-06-05 10:18:54)6月4日の続きです。目覚めた俺。

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告