エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > イベントコンパニオンの欠員が生じた…
投稿:2018-06-05(火)14:30

イベントコンパニオンの欠員が生じたので可愛い新人社員に代役をお願いしたら・・・

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:64,017回)
東京都/名無しさん(20代)からの投稿

今年の春に起きた話

俺は28歳の会社員 独身 名前は高村 役職は主任

仕事は企画宣伝部に所属し、展示会などのイベント、自社製品のカタログ作成

など宣伝に関する仕事をしている。

今年の春に東京ビッグサイトのイベントに自社製品を出展した。

展示ブースは、けっこう広いスペースを借りていた。

イベコン(イベントコンパニオン)は5名手配していた。

イベント初日、イベコンのひとりが当日の朝に腹痛を起こし、来れなくなった。

急なことで代わりのイベコンは出せないらしい。

明日であれば、なんとかするとのこと。

欠員が生じてしまった。何とかしないといけない・・・

悩んだ挙句、女性社員に代役をやってもらうしかないと思った。

周りを見ると女性社員は10人以上いたが、年齢とスタイルを考慮すると

候補は2名に絞られる。

いかにうちの会社はがブスが多いかを表していたw

その中でも去年入社した身長が高い武田さんが似合いそうだった。

東京の本社でも可愛いと評判になっている。

イベコンのコスチュームは、スカートは短いがレースクイーンほど露出が多くない。

武田さんの上司の中沢部長がいたので聞いてみた。

緊急事態だから構わないが本人次第だと言われた。

強制すればコンプライアンスに引っかかるからと言われた。

俺は武田さんにお願いしに行った。

最初に事情を説明してから

「武田さん、どうだろう?・・・今日だけでいいんだ・・・」

「んーーーーーん・・・」

武田さんは唸ってしまい・・・思い悩んでいた。

「コスチュームに着替えても、受付に座っているだけでいいよ。だから下半身は机で隠れたままだよ」

近くの受付カウンターに行き、現物を見てもらった。

「これなら恥ずかしさも無くなると思うけど、どうかな?・・・」

「わたしなんかでは衣装が合わないと思うのですが・・・」

「サイズは何種類かあるよ」

「?・・・サイズの合う合わないではなくて、似合うか、似合わないかのことです・・・」

「あぁぁ、そっちの方ね!・・・武田さんはスタイルがいいから絶対に似合うと思うよ」

「どうしようかな・・・私が代わりをやれば高村主任が助かるんですね?・・・」

「まぁ、そうだね。終わったら何かお礼をする。でも嫌なら無理して受けなくていいよ・・・」

「一度、その衣装を着てから決めてもいいですか?」

「わかった。それでもいいよ」

それから武田さんがコスチュームを試着した。

「主任、おかしくないですか?・・・」

武田さんは見事にコスチュームを着こなしていた。

『めっちゃ、似合ってるな!』

似合い過ぎてビックリした。今回来ているイベコンよりも似合っている。

「似合い過ぎてるよ。レースクイーンにスカウトされるかもしれないね」

「記念に写真を撮っておく?彼氏に見せてあげれば喜ぶよ・・・」

「彼氏はいませんから・・・じゃあ、これで撮って下さい」

武田さんからスマホを渡された。

「はい、撮れたよ。・・・これを見たら、うちの男性社員は武田さんにメロメロになるね」

「それと、ファンクラブを作らないといけないな・・・俺が会員番号1番でいいかな」

ここは、とにかくイベコンの代役を受けてほしいので褒めちぎった。

「主任、そんな笑わせないでください。・・・私、やります」

「えっ!本当にやってくれるの?」

「主任が助かるなら、やりますよ」

「ありがとう。助かるよ。・・・そうだ、受付から移動する時は恥ずかしいだろうから、俺のスプリングコートを羽織るといいよ」

「いま、持ってくるよ」

何とか、これでイベコンの欠員の穴埋めができて安心した。

『それにしても武田さんはコスチュームが似合ってるなぁ!彼氏がいないなら俺が付き合いたいわ』

武田さんは推定165センチ位の身長。

スタイルは抜群で痩せすぎてないところがいい。

10時になると開場になり、イベントが始まった。

ある若手社員から聞かれた。

「高村主任!受付にいるコンパニオン、可愛いですね。AKBの加藤玲奈にソックリで超タイプですよ」

本社以外の社員は武田さんを知らないからイベコンだと思っていた。

俺は武田さんのために、自ら社員だよと言うつもりはなかったので

「イベコンには手を出すなよ。一応は規則だからな」

笑いを堪えながら注意した。(笑)

『AKBの加藤玲奈って 誰だよ?・・・知らねえわ』

すぐにスマホで調べると

『へぇ~、けっこう可愛い子だなぁ。後ろの方で踊っているメンバーまでは知るわけがない』

たしかに似ていた。ヘアスタイルも似ている。

その後も同じ様なことを話す社員が数名現れた。

同じ本社にいても社員数が多いし、入社2年目だから武田さんを知らない人が

多いようだ。

俺も つい武田さんをチラ見することがあった。www

『マジで似合ってるなぁ・・・清楚なレースクイーン ていう感じかなwww』

イベントの初日が無事終わった。

イベント中は、直行・直帰だった。

会社には内緒で東京ビッグサイトの地下の駐車場に車を停めて自家用車で通って

いた。

新橋からゆりかもめ線を利用するので東京ビッグサイトまでは時間がかかる。

移動時間は車の方が電車移動の半分以下だった。

他の人もコッソリと車で通う人がいた。

ビッグサイトを出て運転していると武田さんから電話がきた。

「武田さん、どうしたの?」

「相談したいことがあるんですが、今、話せますか?」

「いいよ。なんか元気がなさそうな声だね」

「今、家に戻ったら、アパートの前にストーカーがいるんです」

「えぇ!本当なの?」

「怖いから、来てくれませんか?」

「わかった!すぐ行くから場所を教えて」

ナビの設定をしてすぐに武田さんの所に向かった。

武田さんのアパート近くまで来た。

コインパーキングを探すため、武田さんに電話した。

教えてもらったところに車を停めた。

武田さんのアパートに向かって歩いた。

あまりキョロキョロしないように自然体で歩いた。

アパートの前まで来たが、日が暮れて暗くてストーカーがいるか確認できない。

武田さんが住む2階のドアに立ち、チャイムを押した。

武田さんが出てくると、いきなり抱きつかれた。

『!!!何?・・・どういうこと?・・・すごくいい香りがする・・・』

武田さんは小さな声で囁いた。

「驚かないでください。ストーカーに見せつけるためです」

『あぁ、そういうことか! 危なく勘違いするところだったよw(苦笑)』

「わかったよ」

と俺は返事をした。

勘違いしかけた俺は恥ずかしかった。

ストーカーへの見せつけのハグの後、部屋に入った。

『早いなぁ、もう終わりか・・・もう少し少し長い時間ハグを・・・w』

「主任、わざわざ来ていただいてスイマセンでした」

「暗くてストーカーがいるか確認できなかったよ」

「そうですか・・・」

「それで、いつからストーカーされてるの?」

「気付いたのは今日です」

今日から?・・・・・・・

「もしかしたら、イベント会場からかな?」

「え?主任、どういうことですか?」

「武田さんのコスチューム姿を見て、武田さんおことが好きになって、後を付けて来たんじゃない・・・」

「やだ~! 怖い!・・・」

俺がイベコンの衣装を着させなかったら、こんなことにならなかったのか・・・

俺は、そのことを武田さんに話し、謝った。

「主任のせいじゃありませんよ」

武田さんはかばってくれたが、どう見たって俺の責任だった。

それから2人で対応を話し合った。

「これから警察に行って話さない?」

と武田さんに聞いた。

「主任が来るまでの間ネットで調べたんです。証拠とか集めないと相談に乗ってもらえないみたいです。・・・」

「そうなんだ・・・」

「ところで、武田さんは晩飯は食べたの?」

「まだです。・・・」

「どこかに食べに行こうか?・・・食べながら対応を考えよう」

「ハイ。・・・あの~、怖いから、今日は主任の所に泊めてもらえませんか?・・・」

「!!!・・・(断ったら泣かれるかもしれない) わかった。いいよ」

頼られているから断りようがなかった。

「ありがとうございます。これで少しはホットしました」

いくら女好きな俺でも、こういうストーカーの事態で下心など全くなかった。

「泊まりの支度をしますから、待っててください・・・」

武田さんの準備ができたので出発することになった。

「主任、外に出たら恋人のように腕を組んで歩きますから、嫌がらないでくださいね」

「わかってるよ」

「スーツケースは俺が持つよ」

「ありがとうございます」

アパートを出て、俺の車を駐車している場所に向かった。

歩きながら、武田さんに話しかけた。

「ストーカーは、まだ いる?・・・」

「暗いから見えないですね。最初に見かけた場所にはいませんが・・・」

ストーカーする奴の精神状態はまともではないから、厄介な話だなと悩んだ。

車を運転しながら、何が食べたいか聞いた。

「晩飯はなにが食べたい?ナビを設定するから教えてくれる?」

「できたらお酒を飲みたいです・・・」

「わかった。そうしたら俺の家の近くの店に行こう」

車をマンションの駐車場に入れ、先に武田さんのスーツケースを部屋に運んだ。

駅近くのカフェレストランに入った。

武田さんは、強くはないがお酒は好きらし。

入社してから、もうすぐ1年が経とうとしていた。

たわいもない話しをしながらワインを飲んでいた。

武田さんの顔は酔ってわずかに赤い顔をしている。

「武田さん、4月からは後輩が入社してくるよ」

「早いですね。去年の新入社員歓迎パーティの時に、私、お酌された酒を飲み過ぎてしまって、」

「主任に助けてもらったんですよ。覚えてますか?」

「そんなことあった?・・・新入社員はみんな酔ってヤバそうだったのは覚えているよ」

「ええ~・・・ショック!覚えてなかったんですか・・・」

『ヤバイな!・・・武田さん、けっこう酔ってきてるぞ・・・』

そもそも入社して数回しか顔を合わしていないし、

新入社員が20人近くいるから覚えているわけないよ(苦笑)

聞けば入社前の会社説明会の時に俺に親切にされて、きゅんと来たらしい。

入社後も、優しく接してくれて、嫌味が無く他人の悪口も言わないところが

好感が持てるとか言うのだ。

そりゃ武田さんみたいな可愛い女性には俺は大抵は親切にしてる。

そんな事で褒められるとは夢にも思っていなかった。

他人の悪口を言わないのは、単に出世レースに興味がないだけ、

自分の仕事をこなすだけで精いっぱいだっただけの話。

でも、そういうふうに良く取ってもらえ、 まさかの逆告白!

こんなラッキーなことはなかった。

その後の俺と武田さんとの距離は恋人同士も同然になった。

事情があって、俺のマンションで一緒に泊まることが決まり、

絶対に手を出さないことを心の中で誓ったのに、・・・

手を出すことが決定したみたいなもんだ!!!(バンザーイ)

「主任、今日の私の衣装はどうでした?」

「お世辞抜きで似合っていたよ。何人かの社員から、受付にいるコンパニオン可愛いですねとか、」

「AKBの加藤玲奈にソックリで超タイプですよとか言ってたよ。武田さんに迷惑をかけたくないから」

「社員だと気付いてない奴には、あえて社員だとは教えなかったよ」

「ありがとうございます。・・・」

「俺的には、受け付けにいると武田さんの綺麗な脚が見れなかったのが残念だったよ」

「えぇぇ~! ふふふ・・・」

「俺は加藤玲奈より武田さんの方が美人だと思ってるけどね」

「えぇ!・・・私は主任だけ誉めてもらえれば、それでじゅうぶんです」

「ぇっ!・・・なんか・・・照れるな・・・」

そう言っておきながら、俺は加藤玲奈をスマホの小さい画面でしか見たことが

なかった。(笑)

「主任、ストーカーが怖いから、展示会が終わるまで泊めて下さいね?」

「もちろん。・・・そっちの件も対応を考えないといけないね」

ストーカーの件は、防犯カメラでも買って対応しようと思った。

カフェレストランを出ると恋人のようにじゃれあって歩いた。

そのころには俺はリエで呼び合うようになっていた。

「リエ、背が高いね。いくつある?」

「164です。主任みたいに背が高い人じゃないと私はダメなんです」

久しぶりに女性の甘い香りを嗅いで心地よいと思った。

自宅に戻り、リエは自分の荷物を整理すると

「あの・・・シャワー浴びてきますね」

と言い出した。

まだ寝るには早い時間だが、俺を求めているかもしれない・・・

「どうせなら一緒に入ろうか?」

「えっ! あっ! はい‥…」

リエが恥ずかしそうにうつむいた。

イベコンの衣装を着るくらいだから度胸が据わっている女性だと思っていたので、

意外に照れ屋なんだと思った。

俺がいると脱ぎづらそうなので、手早く服を脱いで先に風呂場に入った。

遅れて、タオルで隠しながらリエが入ってきた。

チラッと見て、俺は自分の身体を洗い始めた。

リエが後ろから抱きついてきた。

俺の背中にリエの柔らかいオッパイが当たっているのがわかる。

「リエ、洗ってあげるよ。ここに座って」

リエをお風呂椅子に座らせた。

ボディソープを付けたスポンジで背中から擦ってあげた。

脇のラインをくすぐる様にスポンジで撫でた。

「ダメッ くすぐったい…ふふふ…いつもこんな事して洗ってるんですか?…」

答えづらいから無視して、スポンジから手でボディソープを泡立ててオッパイを

洗い始めた。

「主任、 まだ、質問に答えてないですよ…んんッ…アン…ダメッ、くすぐったいです。…」

オッパイの形と大きさを確認するように手のひらでボディソープの泡を擦り続けた。

BかCカップぐらい?・・・

見た目からマシュマロのようなオッパイだったが、

触っても柔らかくてマシュマロのようだった。

「んんッ…アン アン アン…ダメッ、くすぐったい…ハァ」

くすぐったいとか言いながらしっかり感じている。(笑)

『可愛いな リエ!・・・』

さらに 軽く乳首をつまみながら揉むように洗った。

「アアアッ…アン アン アン…ダメッ…ア~ン…」

リエの美味しそうな身体を見て、俺のチンポは反り返っていた。

「んんッ…アン…くすぐったいです。…」

リエはクスクス笑いながら座る向きを変えて正面を向いた。

まだ、大学を卒業して1年目。まだ大人の女になっていない。

可愛らしい声で笑っている。

ふいにリエが意外なことを言いだした。

「ああっっ!スゴイ・・・おチンチン そんなになるんですね。初めて見ました」

「えっ! 見たことないの? 勃起チンポ」

「あの・・・バージンなんです。私・・・」

『!!!おいおいおいおい!・・・俺は一瞬混乱してしまった。処女!冗談で言ってるの?・・・』

酔って冗談で言ったかもしれない。

「じょ、冗談で言ったんだよね?・・・」

リエは首を横に振った。

「本当です。・・・私のことが嫌いになりました?・・・」

「そんなことないよ。リエのような可愛い子は男がほっとかないと思ってたから、 それで驚いただけだよ」

「・・・私、好きな人と処女を卒業できるのと思うと幸せです。・・・」

俺は正面からリエを抱き寄せてキスをした。

処女だから優しくソフトにキスをした。

キスをした事により、リエは恥ずかしさが消えていった。

慣れてきたので、俺の身体を洗ってくれた。

さすがにチンポは洗ってもらえなかった。w

しばらく風呂場でふざけ合った。

風呂場に出るとリエが

「主任、私 お姫様抱っこに憧れてたの。抱っこしてくれますか?」

「いいよ。途中で落としたら勘弁ね?」

「ダメです。ふふ 私を守ってくれないと困ります」

俺は、リエをお姫様抱っこして

「重てぇ~!・・・」

と冗談を言った。

「ええ!そんなに重いですか?・・・」

「だって、60キロ以上ありそうだから・・・」

「主任、ひどいですよ。(クスクスクス) ・・・」

小鳥のようなバードキスをしてくれた。

さっき、風呂場で俺がやったことを覚えたようだ。

どんどん リエが好きになっていく

そのまま、ベッドに下した。

「あ~、重たかった(笑)・・・」

「ふふふ 絶対に許さない・・・」

俺は頬にキスをしそれから耳たぶまで舌を這わせる。

リエの身体が小さく震えた。

リエが唇を噛み締めて喘ぎを押し殺しているのが可愛い。

耳たぶを舐め 吸い、軽く噛むと、小さく

「アッ…」

と声を漏らした。

耳に舌先を侵入させると、今度は身体が大きく震えた。

どうやらリエは耳が弱いらしい。

今度は唇に優しくキスをした。

処女だから、激しいキスはまだ早いかも?

加減しながら濃厚なキスをした。

「んっ…ぅっ…ん~ん…」

喘ぎ声が漏れて聞こえる。

キスがマジで甘い、ふっくらした唇のプリップリ加減も半端じゃなくいい。

また耳を愛撫しながら、バスタオルの前を開いた。

反射的にリエはオッパイを手で隠した。

肌は白く剥きたてのゆで卵みたいだった。

リエの手の下から俺の手を滑り込ませると抵抗なく手をどかしてくれた。

風呂場で見た時は、お湯で濡れているのでハッキリ見えなかった。

肌が白く、触った感触も風呂場で思った以上にマシュマロのようだった。

オッパイ全体を優しく撫でてあげた。

手で包み込むように優しく揉んだ。

乳輪も乳首もキレイなピンク色

指で乳輪をなぞるようにくすぐった。

「ンンッ…ンンッ…アッ…」

そのまま乳首を優しく触り、軽く摘まんだ。

可愛い喘ぎ声を上げるリエ

乳首の方がかなり感じている。

「アン…アン…アン…」

処女のリエは喘ぎ声を上げることを恥ずかしがっている。

そのため、押し殺すように小さな喘ぎ声を上げている。

口でもマシュマロオッパイを堪能したいので舌と唇を這わせた。

身体全体が太っていないのにマシュマロのような弾力があるみたいだ。

乳首は最後のお楽しみにして、オッパイ全体を舐めてあげた。

「アン…アン…アン…」

リエは耐え切れずに段々と喘ぎが大きくなっていく

焦らしたから、リエも乳首を吸ってもらいたいはずだ(笑)

『処女だから、乳首を吸われるのも初めてだろう・・・興奮する』

始めは優しく舐めたりしたが、我慢できずに強く吸ってしまった。

「チュ~ッ、パッ!…チュ~ッ、パッ!…」

ビンビンになって大きくなった乳首までリエは可愛い。

「アァァアッ!…アン アン アン…ア~ン…」

リエは下から俺に抱きついてきた。

俺はオッパイの愛撫を続けながらリエの身体を優しくペッティング。

脇のラインを撫でてあげた。

そのまま下へ

腰を撫で、ヒップを優しく撫でてあげた。

「アアアン…アアアン…アアアン…」

リエの顔を見ると気持ちよさそうに感じている。

そのまま、太股に指先を這わせた。

リエは小さな喘ぎを上げながら身体を震わせる。

「アッ…アアッ、んっ、…」

 かなりいい反応をしてくれる。

処女だからまだ恥ずかしさがあるようだ。

下腹部から陰毛をさわさわ触り、恥丘を優しく撫でてあげた。

リエは、次はオマンコだと思って緊張し出した。

また脇腹、腰、ヒップ、太ももへの愛撫をして焦らした。

緊張を和らげるためにリエに優しくキスした。

「リエは、とても綺麗な身体をしてるね」

「本当ですか?」

「本当だよ。(チュッ)…続けるよ」

リエの股間へと手を伸ばした。

花弁に指を這わせる。

「アアアッ!アンッ!…」

リエは俺の肩をギュッと掴んだ。

「感じてるね、リエ?」

「う、ぅん・・・」

上気して赤い顔をしたリエが答えた。

キスをしながら優しく花弁をなぞる。

かなり濡れているのがわかる。

指先でリエのクリトリスを探す。

探し当てたそれは小さいような感覚だった。

間違って軽く指先が触れてしまった。

その瞬間、リエの身体はこれまでにないほどに激しく反応した。

びくっと身体が跳ねてしまう。

「アアアアアアッ!!んッ!…んんんッ…」

りえが大きな喘ぎ声を上げた。

そのあと 恥ずかしそうに喘ぎ声を抑えて喘ぎ声を上げている。

『純情で 可愛いな』

リエから一度離れ、リエの足元へと移動

脚をゆっくりと広げる。

リエは恥ずかしそうに両手で防御するように股間を隠した。

薄目を開けて俺の動きを見ている。

俺は足首から腿の付け根へと舐め上げる。両脚とも舐め上げた。

俺が手をどかそうとすると抵抗なく、恥ずかしそうに手をどかしてくれた。

「リエ、とてもキレイなオマンコだよ」

安心させるように優しく声をかけた。

リエのクリトリスはまだ皮が厚く覆っている。

かすかなチーズ臭がする。

皮をめくり、指を愛液で濡らし、クリトリスを指先で転がす。

指先の動きに呼応して、リエの身体は小さく跳ねてしまう。

「アアッ!…んっ、んんっ、アアァァン…」

花弁は もうぐっしょりと濡れている。

「可愛いよ、リエ」

俺はリエの花弁を中指でゆっくりなぞりながら、

同時に親指では小さなクリトリスを転がす。

その度にリエの身体がピクピクと反応する。

「アン アン アンッ…ア~ン…」

惹かれるように俺はリエの花弁に顔を埋めた。

鼻と舌先に感じたのは少しツンとしたチーズの匂いと酸っぱさだった。

恐らく処女のマンカスが溜まっているからだろうと思った。

俺が高校1年の時の相手は、もっとチーズの匂いがした。

その後、エッチを重ねるごとにあまりしなくなってきたことを思い出した。

その後もラッキーなことに2人の処女と経験している。

クリトリスを優しく舐めて舌で転がした。

「アンッ!アァァァ…ダメェ…アンッ…ハフゥ…やっぱり オナニーとは違いますね」

感度は抜群だ。

でも、やっぱり すごいチーズ臭い。

指を一本だけ中に入れてみると、ビックリするくらいヒダまみれだった。

かなり名器だとすぐにわかった。

ヒダの多い名器の方がマンカスは溜まりやすく処女臭が臭い。

だから、リエのオマンコはチーズ臭さが目立つんだ。

『処女で名器でスタイルが良くて可愛いエリ!・・・大事にしないといけないな』

そう思うとリエとキスがしたくなった。

「リエは すごい名器みたいだね?」

「え?・・・それって 誉めてくれてるの?・・・」

「そうだよ」

相言って優しくキスをしてあげた。

オッパイを優しく愛撫しながらリエとキスを続けた。

キスに慣れてきたリエは積極的に唇に吸い付いてきた。

俺はディープキスを試してみた。

「ブチュ…ブチュチュチュチュ…チュウゥゥゥ…」

リエも舌を絡ませてきた。

「んんッ、ん…ん~ん…」

ディープキスした感じ舌も口腔も名器っぽい感じがした。

キスが終わり、いよいよだ。・・・

エリのオッパイを愛撫しながら作戦を考えた。

コリコリになった乳首を前よりも強めに舌で転がしてから吸った。

「アンッ、アンアンアン…アァァァ…アンッ…」

それにしてもリエは感度がいいなぁ。

正常位で処女を散らすことにした。

すでにオマンコは愛液でヌルヌルだった。

興味本位で中をパックリ開いて見てみた。

確かに膣口に普通の女にない膜があった。

リエは激しく恥ずかしがったので一瞬しか見えなかったが、

ッチなPR

ッチな広告