エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > とにかく美容師になりたかった。
投稿:2018-06-05(火)13:51

とにかく美容師になりたかった。

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:3,193回)
美容師修行の身さんからの投稿

高卒だから工場勤務などある程度決まった路線しか

特に僕には選べる道がなくて、どうしようかと悩んでる時期が長かった。

そんな時、僕の人生を決める出来事がありました。

友達の少し年の離れた兄ちゃん何ですが、僕も兄ちゃんと呼んでました。

就職で悩んでる事を打ち明けると、兄ちゃんは

美容師らしくて、

僕に内緒だぞ!

誰にも言うな。お前は弟みたいなもんだから教えてやるよ。

僕はなになに?って聞くと、お客さんは女性がほとんどらしくて、髪の毛切るときに下着が見えることが多い事を教えてくれました。

ミニスカートなどの場合はパンツ見えるときもあることを。気に入ってもらえると、わざと下着の見えるようなゆるゆるの服を着てくるみたいだ。

お土産もらったり、内緒でご飯食べに行ったり。それ以上はお前の腕次第だと。

教わりました。

僕は親と先生に美容師になりたい事を打ち明けて

専門学校も無事卒業。晴れて表舞台に。

兄ちゃんの言うことは一握りの情報であることに気付いたんだ。

少し専門学校時の話を読んで下さい。

生徒は男も居るけど女の子が多くて、また可愛いんだよ。僕は背が高いから、一緒に作業するとき

たまにブラジャーが見えるんだ。

頑張って乳首も見たかったけど難しい案件でした。

急にはお客さんの髪の毛切ったりは出来なくて

何だよこれ。って思ってたんだけど、

シャンプー係になったときチャンスと思ったけど

胸の形は良く解る程度で大したこともなくて。

閉店してから仲間同士で練習するんだけど

一緒に働いてる女の子から少し髪の毛切ってと

言われて、来たよきたよーって思ったけど

胸元に引っ付いてる服着てるからこれはダメだと思った。

そんなある日、しばらく月日も過ぎた時

女性の先輩が、お客さんカットするときに、私の側でフォローしながら勉強するようにと僕に言ってきて、予約のお客さんには伝えてあることを聞かされた。

ヒャッホー。ヒーハー!

先輩は可愛いんだよ。良い匂いするし今日の服装は少し胸元がユルい感じだよ。

お客さんはどんなかな?

誘われたらどうしようっかな?

僕は顔は真面目に態度も真面目にしてるからね。

いよいよ出番だ。

お客さん登場! おっ?若いぞ。綺麗だぜ。

もちろん見たことないある。

可愛いデニムに何だよニットみたいな生地のヤツと思ったら、脱ぎだしたぜ。ヒャッホー!

薄着の下着が薄く透けて見えるような、ダルンダルンな胸元の服!

セクシーだぜー!

僕は今日、少しピチピチ過ぎるくらいのパンツをはいてるんだけど、立ちたいポコチンにも関わらず

股間がキツすぎて立つスペースが無いので、ズボンの中で変に折れてる。

あー先輩もお客さんも良い匂いだ

兄ちゃんありがとう。

椅子に座ってお客さんが僕に、

ごめんなさい。これ預けて良い?ってナニやらポケットから取り出そうとしていた。

座ってるから取りにくいだろうね。

手に取り僕に渡す前に椅子の横に落としてしまって。

慌てて取ろうとすると、お客さんも取ろうと腰を曲げると胸元大きく開いたよ。

ヒャッホーヒーハー。

目線は胸元へいくよね。

ブラジャーがゆるゆるなんだよ。サイズが無理してんだろ。

乳首見えちゃった。

さらに腰を曲げて、結局僕が拾ったんだけど、

起き上がる時にまた乳首見えてヒーハー。

胸はペチャパイだ。でも良い乳首してたよお客さん。

悲劇はここから始まった。

もちろん、女である先輩もこう言う事はよくあるわな。普通に考えると。

興味なくても見えちゃう事もあるだろ。

先輩は僕の目線を見てたらしくて。

あっ!コイツ覗いたな!って思ったらしい。

その日が終わり、僕は先輩に今日はありがとうね。勉強になった?

少し時間あるでしょ?色々聞きたいから少し何か食べに行こう。って誘われました。

先輩と二人かよ。嬉しさのあまり先輩と職場近くの

居酒屋みたいなところへ。

先輩はどうだった?

僕は緊張しました。

先輩はしっかり見てた?

僕ははい!当たり前です。

先輩は何見たの?

僕はナンやら・・・・・・・

先輩は他に何に気付いた?

僕は・・・・・・・・・・・・

先輩は他には何に気付いて何を見たの?

段々面倒臭くなってきて、他ですか?

んーんーって考えてると、

先輩はお客さんの何が見えて何を見たの?

っていうから

僕はコミュニケーションって事ですか?

先輩は違うでしょ。そろそろ言いなさいよ。正直にって笑い出す。

ここで僕は、乳首を思い出したけどそんな事言えないですよね!

悩んでるというか、誤魔化してると、

先輩は胸見たでしょ?下着見えたでしょ?

ズバリ言われました。

僕はハイすみません。見ました。乳首も見えました。と白状した。

先輩はビックリして、えーっ!乳首も見えたの?

僕はハイ。2回も見えました。ブラジャーがゆるゆるだったのが原因と思われます。

先輩はビックリしてたが、僕の言い方が面白かったのか爆笑してました。けど信じらんないよ。

って言ってました。

怒られるのか怒られないのか僕的には微妙なので

下を向いてました。

先輩は見えたものは仕方ないけど、必ず目線を外す事、女性は気付いてるよ!って、教えてくれました。。

僕はえっ?バレてますか。というと、乳首まで見られたとは思ってないかもね。でもあたしの胸を覗いたな!とは思ってるかもね。

気を付けなきゃね。解ったの?

はい。以後気を付けます。

バレてんのか、と思って先輩に、じゃあ先輩のブラジャーも今日少し見えちゃったんです。バレてますね。ごめんなさい。

って告白すると、変態って頭を殴られました。

嬉しかった?今日1人で何するの?って茶化されましたが、何にもしませんよとクールに一言。

この後、もう一件付き合えって事で、バーみたいな所へ連れてかれ、そこで先輩に告白されました。

勿論喜んでOKです。

その代わり、ヤキモチ妬きたくないから、

もう覗くなと。早く一人前になれと。

いつか二人で店を持ちたいねって!

兄ちゃんありがとう。

兄ちゃん思い出してありがとうを書いてます。

何かにもが死んだみたいに感じますが

元気に生きてます。

乳首とブラジャーが見えただけの話でした。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告