エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > その後の2人と私と妻の関係
投稿:2018-05-30(水)23:14

その後の2人と私と妻の関係

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:16,725回)
名無しさんからの投稿

前回の話:その後の2人の関係・・・

久しぶりの投稿になります。

あの後、毎回同じような内容ばかりだったので、私は嫉妬に狂っていましたが、皆さんは飽きるかな?と思い、上げるかどうか迷っていたところ,

そのまま忘れてしまいました。

初回の投稿から、結構時間が経過してしまいましたが、当時エクセルに残していたデータを基に、書かせてもらいました。

当時と比べ、私の熱量も下がっているので、以前の印象と違うかもしれませんが、その時はスルーしてください。

久しぶりですので、我が家の情報を・・・(当時)

私は38歳 妻は30歳になります。

妻は、身長160cm  体重 45kg  Dカップ 子供は3人います。

息子34歳  160cm無いくらい(妻よりちょっと低いかも) 短小包茎  波平さんハゲ(てっぺんの1本は無いです)

~続きです~

その日は、そのまま子供たちの待つ寝室で何もせずに寝ました。

翌朝(日曜日)、ショックで眠れなかったのもあり、9時過ぎに目を覚ますと、隣に妻の姿はありませんでした。

1Fのリビングに降りると、子供たちがテレビを見ていたので、

「お母さんは?」と聞くと

「知らない 起きたらいなかったから、また歩きに行ったんじゃない?」と言いました。

昨日の今日ですが、妻は息子のところに行ったようです。

妻に「ウォーキングか?」とラインを送ると、30分ほどしてから、

「うん」と返事がきました。

「お前ら、またヤッてんのか?」と入れると、

すぐに「うん」とだけ返事がきました。

それから40分ほどして、自宅の前で声がしたのでカーテンの隙間から覗いてみると、妻と息子が仲良く話をしていました。

妻と息子は、そのままうちの方に歩いてきて、玄関に入ってきたようです。

玄関に入ってはきましたが、中々中には入って来ないため、そっと玄関の扉を開けると、ヒソヒソと話す声が聞こえました。

「どうかな? もうデキてるかな?(笑)」

「どうだろ(笑)? でもまだ早いよ~」と笑顔で妻が言いました。

「昨日のがダメでも、さっきのでデキてるといいんだけどなぁ~」

「ふふっ そうだねぇ(照)」「どれくらいでわかるの?」

「う~ん まだ今月の生理が来てないから、何ともだけど、ちょっと待ってればわかるよ(笑)」

「ホント待ち遠しいなぁ でも、あれだけヤッて、デキてなかったらショックだなぁ~」

「大丈夫だよ(笑) 私、子供3人も妊娠してるんだよ それに、さっきもあんなにいっぱい出したんだから 自分を信じて待ちましょー」

「もし、デキてなかった、また作ってくれる?」

「うん いいよ(笑) 子供がデキるまで、何回でもしよ(笑)」

「うちらの子供ってどんなんだろうねぇ~」

昨晩、玄関で繰り広げられた話は、本気だったと思い知らされました。

そして、別れ際妻が「じゃあ、あとでね(笑)」と言って息子が帰って行き、私はこの後また行くのか・・・と思いました。

リビングに入った妻のところに行き「またアイツんちに行くのか?」

「ううん 今日は、斎藤さんたちが居るみたいだから行かないよ その代わり、また服を選んで欲しいから、買い物行こうって(笑)」

「服?」

「うん ウォーキングしてせっかく痩せて来たんだから、もっとオシャレすればいいのにって言ってら、また私に選んで欲しいって言われて やっぱり私ってセンスいいみたい(笑)」

「いつ行くよ?」

「お昼前」

「飯は?」

「みんなの分は作って行くよ 私は、〇さんがごちそうしてくれるって言うから、外で食べる」2人はデートする約束をしたようです。

そのままリビングに入ると子供たちに向かって「おはよ~(笑)」と笑顔であいさつしており、今さっきまで他の男とえっちをしていたと言う後ろめたさは全く感じられませんでした。

シャワーを浴びに行ったので、いつもながら私もノコノコついて行き、妻とシャワーを浴びます。

浴室に入ると、久しぶりに妻の胸の周りに無数のキスマークがついていました。

「なんだそのキスマークの数は?」

「あー 昨日の事もあったから、今日は〇さんすっごい激しくて・・・(苦笑)」

「何時に行ったんだ?」

「6時頃だよ」

「6時から今まで?」

「うん」

「で、今日は何回?」

「3・・・4回くらいかな?」

「そんなに長いことしてて、良くばれないな」

「結構前なんだけど、絶対人が来ないとこ見つけて(笑) いつもと違うとこ曲がってみたら、また違う資材置き場があって、資材で囲われてて、周りから全然見えないの」

「それが良いとこ?」

「土曜日は、たまに人が来るからそれから行ってないけど、そこってそれしか無いから日曜日は今まで一度も来たことないし(笑)」

「それからって、その時は?」

「最初に見つけた時で、8時くらいに急にトラックが入ってきて、超焦った(汗)」

「お前ら、その時ヤッてたのか?」

「そう・・・(汗) 私達は資材の奥にいたから、取り合えずすぐ小屋の裏に隠れてた(汗)」

「見られてないのか?」

「それは大丈夫 でも、服を別のとこに置いてて、裸のまま裏に隠れたから、こっち来られたらヤバイって言うのと、服がバレないかってすっごいドキドキしたよ」

「お前、全裸?」

「うん 〇さん私の裸を見るのが好きみたいで、毎回全部脱がされちゃう まぁ私も、元々そう言うの(野外露出)嫌いじゃないし、当たり前になっちゃって・・・(汗)」

「アイツは?」

「〇さんは、上は着てて下は脱ぐ時と、膝までの時がある だから、私だけ裸で、〇さんが服着てる時とか、私何やってるんだろ?(汗)って思う時もあるよ」

「そこまでアイツに好き放題されてんの?」

「う~ん・・・今日だって、誰も来ないから歩き回っても見られる心配ないって、私ずっと裸のままだったし・・・(汗)」

「アイツに言われたのか?」

「うん・・(汗)」と言いつつ、シャワーで体を流します。

体を手で洗いながら流していると、妻の足元に息子の精子がボタボタと落ちてきました。

「また中に出されたのか?」

「まぁ・・・(照) 私も今日は(昨日の事もあって)興奮しちゃったから、ついね(汗) ごめんごめん」と手で押さえました。

「ホント子供が出来たら、どうすんだよ?」

「その時はその時だよ~ この話を引き受けた時から、それは(妊娠するかもと言う)覚悟してるよ」と明るく言われました。

「覚悟って、何だよ?」

「産む覚悟だよ(笑)」

「産むのか!?」

「うそうそ まだそこまでは考えてない」

「お前、どこまで本気なんだ?」

「なにー ヤキモチ? 大丈夫だよ 一応、デキにくい日を選んでるから」「・・・・」  

とは言え、何だかんだ言いながらも、私は後ろから妻の胸を揉み、勃起したチンポを妻のお尻の割れ目に突っ込みます。

「もう~(困) 今はダメー ヒリヒリしてるから・・・」とお尻を横に動かし、チンポを回避してきました。

それでも、胸を揉みながら、「あいつとして、俺のを拒否するってどう言う事? あいつに俺とするなとか言われたのか?」とまた体勢を戻してお尻にチンポを押し付けました。

「そうじゃないけど・・・ ホントにヒリヒリしてるだけだって・・・」私を拒否するのは、息子の精子が入っているからでしょう

「だったら、この後あいつと出かけても、えっち出来ないよな?」

「それは・・・ わかんないけど・・・」

「なんで? ヒリヒリして出来ないんだろ?」

「何かあなた必死ね ちょっと怖いよ~(笑)」

「お前が俺だけ拒否るからじゃん」

「だって、あなたヤッたらまた中に出すでしょ?」

「そりゃそうだろ アイツだって出してるんだから」

「中に出さないんだったらいいよ」

「そんなもん知らん!」

「だったら、ヤダッ」

「だったら、アイツも中だし禁止な それが出来ないなら、えっち禁止」

「もぉ~ わかったよ でも、1回だけね~(笑) ホントに痛いから あと、洗うのめんどいから中には出さないでね(汗)」と息子とデキないと言われてから、

妻の態度が変わり、お尻を突き出してくれたので、バックで挿入しました。

「ああああんん・・・あっ・・あっ・・ んんん・・・ はぁはぁはぁ・・・・」本当に痛いのか、ただ私としたくなかったのか妻の反応は悪かったです 

妻をバックで突きながら、昨夜の事や今の話を想像しただけで、私はすぐに絶頂を迎え、そのまま妻の中に放出しました。

(ドクンッドクンッ)妻は「あー また中に出したー(呆) 最近中に出すの多いよねぇ~ 〇さんに対抗してるの(笑)?」

「あ? そりゃそうだろ 俺だってずっと中だしガマンしてたんだから」

「でも子供出来たら、困るよ?」

「ああー?? あいつは良くて俺はダメなのか?」

「そうじゃなくて、あなたの子供なら、うちで育てるでしょ?」

「当たり前だろ」

「〇さんの子供なら、〇さんちがお金出してくれるじゃん」

「そこの違いかよ!」

「うん(笑)」私が出した精子を、妻はシャワーで念入りに洗い流していました。

そして・・・

昼ごはんを作ると、ラインが来て、妻は11時過ぎに出かけて行きました。

たまにラインを送りますが、返事はありませんでした。

それから7時間後、18時過ぎに妻が帰ってきました。

「ただいまー」

「お帰り 遅かったな」

「うん お店回ってたら時間掛かっちゃった すぐにごはん作るね」とキッチンに消えました。

そして、子供たちが21時過ぎ眠りにつき、妻に聞いてみました。

「今日、どこに買い物に行ったんだ?」

「〇〇ン(大きいモール)だよ」

「結構遠くまで行ったんだな」

「うん 近くだと、誰に会うかわからないからね」

「一応、そう言うこと気にしてんだ」

「そりゃそうでしょ 〇さんにも彼女出来なくなるし」

「で、そこだけ?」

「えっ・・・(汗)?」

「他には?そこだけじゃ、こんな時間にならないだろ?」

「う~ん・・・・  ホテル(照)」

「やっぱりな・・・・」

「えへへっ(笑)」

「えへへじゃないわ!」

「ごめんなさい 〇さんち行けなかったし、ラブホに行ったことが無いって言われて」

「それでOKしたのか?」

「うん・・・ 経験になるかな?って思って」

「夕方に行ったのか?」

「ううん ご飯食べてから」

「先にホテル行ったのか?」

「そうじゃなくて、〇〇ンモールでご飯食べてたら、そう言う話になったから、そのあとすぐ・・・ 13時半か14時くらいかな?」

「まさかだけど、買い物しないで、ずっとホテルじゃないよな?」

「ううん ちゃんと服買ったよ(笑) でも、1件しか見てないけど・・(汗)」

「じゃあ、その後にホテルか?」

「うん 〇さんが早く行きたいって言うから・・・(汗)」

「あーーそう・・」

「でも、ずっとえっちしてたワケじゃないよ ゲームとかカラオケとかもやったし(汗)」

「でも、ほとんどえっちって事だろ? お前、ヒリヒリしててデキないって言ってたよな?」

「だって、〇さん初めてのラブホだったから、すっごいはしゃいでたんだもん」「知るかよ」

「でも、ちょっとさっきのはすごかったよー(汗)」

何か遊ばれている感じはしましたが、「なんだよ その気になる言い方・・・」と言いつつも一応聞くことにしました。

「ホテルに向かってる時にね 〇さんが急に触ってきたの」

「うん」

「今までも触る事はたまにあったから、そのままにしてたら、服をめくってきて・・・」

「はっ?」

「ブラの上までめくられて、車の中で胸出しちゃった(照)」

「はっ? 胸を?ブラを?」

「胸・・・ ブラを上にズラされて出されちゃった」

「いやいやいや・・・ あいつは人の嫁を何だと思ってんだ???」

「えーーって思ったけど、〇さんホテル行くって、すっごいテンション上がっちゃってて、ちょっと怖くて拒否出来なかった(汗)」

「マジか・・・」

「うん 昼間の車の中で出したのって、付き合ってた頃に行った、京都依頼だよ」

「ああー あの時な 若かったなぁ・・ あの時は下も脱いだよなー」

「うん 今日も脱がされた・・・(汗)」

「えっ? 周りからは?」

「シートは倒してたから、普通の車とかからは見えなかったと思うけど、トラックとかバスとかが、隣に来ると丸見えだった(照)」

「隠してないの?」

「私も変なスイッチ入っちゃってたから スカートめくられてアソコ触られたりしてたけど、見せてあげなって言われたから(照)」

「マジか・・・」

「京都の時は、若かったから恥ずかしくて目を閉じてたけど、今日途中で目を開けたら、丁度トラックの人が窓から顔出して見てるのが見えて、ああーっていっぱい濡れちゃった・・・」

「全開?」

「足?」

「うん」

「そうだよ 良く見えるようにしてって言われたから」

「アソコ丸出しか」

「うん(照) もう興奮しすぎて、ワケがわからなくなっちゃって(恥)」

「で、ホテル着いたら下着はつけないで、そのまま部屋に行って、すぐに入れてもらって、そこで2回くらいして、シャワー一緒に浴びて、お風呂場でして」「うん」

「出てきて、またベッドで何回かしたよ この時は、もう良くわかんない 3回目くらいまでは覚えてたんだけど・・・(汗) いっぱい舐めてもらったから(照) で、そこからちょっとゲームとかして」

「うん」

「カラオケしてたら、またしたくなったから、そのままえっちして、疲れてちょっと寝てたら、襲われてて(笑)」

「襲われた?」

「うん 起きたら、入ってた(笑)」

「そんなに、良く出来るな・・・」

「うん 〇さんも、最後の方は、何かアソコが痛いって言ってたよ 何にも出なくなったしね(笑)」

「ゴムは?」

「ふふっ ホテルにあった1個は使った(笑) あとは・・・(笑)」

「笑い事じゃないっつーの」

「ごめんなさーい」

「とりあえず、俺もしたいんだけど」

「あなたも興奮してきたの? でも、今日はもうさすがに疲れたから、抜いてあげるね(笑)」と言って近づいてきました。

私は、息子が出した精子と混ぜたくないのかと思い、ドキドキしながら聞いてみる事にしました。

「あのさー」

「うん?」妻は、私のズボンとパンツをおろし、フェラの準備をしています。

そして、妻が7割立ちのチンポを握り、しごき始めた時、

「昨日、聞こえちゃったんだけど、お前ら本気で子供作ろうとしてない?」「えっ? なんで?」

「いやー あいつの子供がデキたら産むとか何とか言ってたじゃん」

「ん(汗)?? そんな事言った??(焦汗)」明らかに、妻は焦っています。

「赤ちゃん作ろって、昨日玄関でまたしてただろ?」

「あ~ ・・・・うん・・・ 聞こえちゃった(汗)?」

「ああ 声がしたから聞いてた」

「そうなんだ・・・」

「お前の正直な気持ちは?」

「う~ん・・・ 正直わかんない」

「わかんないって?」

「う~ん・・・私たちって、子供作ろうとして、3人とも割とすぐに出来たでしょ? だから、私って妊娠し易い体質だと思うのね だけど、こんなに(中に)出してるのに、子供が出来ないから・・・」

「どう言う事?」

「う~ん・・・ もしかすると・・・〇さんデキない体なんじゃないかなって・・・ 別に私が避妊薬飲んでるとかって言うのもないし・・・ だから、ホントに出来るのかな?って言うのもあって」

「だから、中だしさせてるのか?」

「もちろん、それだけじゃないよー ホント今は〇さんの子供産みたいなぁって気持ちも無いわけじゃないし・・・」

「はたから見ると、お前らスッゲー愛し合ってるように見えるけど?」

「愛し合ってる・・・? う~ん・・・ 愛・・・ そうだねぇ~ 〇さんはわかんないけど、私は(愛が)あるかな?」

「えっ?面倒見てるんじゃなくて愛してるの?」

「考えたこと無かったけど、子供が欲しいって思うって事は、そうなんじゃないかなって思って」

「俺はー??」

「えっ?(笑) ふふっ すぐ〇さんと比べるよね それって私を信用してないって事?(笑)」

「今の話聞いて、どこをどんな風に聞いたら信用出来るか教えてくれ」

「あなたの事は、もちろん・・・ ん? ん?」

「どうした?」

「う~ん・・・ 愛してるって言葉じゃない感じがして・・・」

「なに?俺には、もう愛がないのか?」

「そうじゃなくて・・・ もういるのが当たり前過ぎて、そう言う感情じゃない何か・・・家族? なんだろ? でも、私や子供たちにとって絶対必要な人だよ(照)」

「そ・・そうか?(照汗)」

「あー だからかもしれない あなたは恋人的な感じを超えちゃってて、そこに〇さんが入ったんだよ だから、〇さんとえっちすると(恋人みたいで)女だなぁって気持ちになるんだよ」

「良くわからんけど、俺じゃ女としていまいち興奮しなくなったってことだな??  それでデキたら?」 

「ホントにデキたら・・・、どうなるのかわかんない」

「産むって選択肢もあるってことか?」

「・・・うん・・・」

「だとしたら、うちは確実に終わるぞ?」妻はちょっと声のトーンを上げて「でも、多分大丈夫だよ~(笑)」

「多分って・・・」

「でもさぁー 〇さんとするようになってから、あなたも良くしてくれる様になったでしょ?」

「まぁ~なぁ・・・」

「だから、これはこれで良いんじゃないかなって思うんだよね 夫婦としては(笑)」

「お前は、ヤッてる方だろうけど、俺は嫁を抱かれてる方だから、全然良くないわー」

「そうかなぁ~ 私は、他の男の人を経験して、改めてあなたの良さも再認識出来たけどなぁ~」

「まぁ俺も、お前が〇に抱かれてから、ムチャクチャジェラシーで、お前の事ばっかり考えてるけどな・・・(汗)」

「でしょ~ だから、これはこれで(斎藤さんの誘いを受けて)良かったんだよ(笑)」

「でもなぁ・・・お前だけ浮気していいよなぁ どっかに処女で面倒見てって人いないかなー?」

「何言ってるの? あなたには、私がいるでしょ?」

「はあ~~~?? お前にも、俺がいるだろ~~」

「私は、斎藤さんに頼まれたから、ヤッてるのー」

「でも、あいつだけ中だしってズルくないか?」

「だって、あなたとだったら、ホントに子供デキちゃうでしょ(汗)」「だったらアイツに中に出させるのやめればいいじゃん」

「それはそれじゃん(笑)」

「何がそれはそれだよ」

「正直、今度こそデキちゃうかもしれないってドキドキがクセになってるかも・・・(汗)」

「だから、俺が出してやるって」

「良いけど、年が少し離れた4人目作る??あなただったら、すぐにデキちゃうと思うけど」

「そう言われると何も言えなくなるだろ・・・」

「でしょ? だから、今日はガマンして」とんでもない事を言われているのですが、妙に納得してしまい、その夜は、ヌイてもらって寝ました。

- 終わり -

前後の話
前の話(2018-05-30 22:56:31)旦那にも言えない出来事の後で

メント

1:名無しさん #InlmIVU :2018-05-31 06:38:50

ずっと待ってましたよ!

2:ポコ太郎さん #ERkVcFc :2018-06-01 21:07:22

いや、待ってました~

3:名無しさん #InlmIVU :2018-06-01 21:16:32

奥さんの心は完全に息子の方にいってますね、妊娠して離婚も時間の問題かな?

4:名無しさん #QVJZWII :2018-06-03 00:16:57

お気持ち察します。
嫁の心と体はもう貴殿のものではなくなってしまいましたね。
それと貴殿の嫁に対する思いはビッチ萌えと思われます。
すでに嫁でも母でもなく、ただのビッチです。
調子に乗りすぎたハゲ息子とビッチ嫁に今までの甘い顔を捨て去り、毅然とした対応を取る時が来たのでは。
大変でしょうが、貴殿と大切なお子様達に新たな幸せな道が開ける事を願ってやみません。
ご武運お祈り申し上げます。

5:名無しさん #QmaZeAQ :2018-06-03 00:48:07

次も待ってる

6:名無しさん #MJI4dBI :2018-06-03 08:52:03

待ち遠しかったこの続き、奥さんがハゲに種付けされるのを望んでる私がいる。

7:名無しさん #EGRheAQ :2018-06-05 12:54:40

めっちゃ良かった、次もお願いします!

8:ペロロンチーノさん #FAgBaCM :2018-06-07 13:42:28

奥さんを完全に取られてますね。僕もドキドキする何とも言えない気持ちになりますが、僕の妻だったら取り戻します。今の状況は僕にはハードル高過ぎて心苦しいです。奥様と旦那様そして子供達がまた元の家族に戻れるのを願います。

もし私のコメントで投稿者様と上級のユーザーの方をシラケさせてしまったらごめんなさい。

9:名無しさん #QANJEUA :2018-06-07 21:27:31

もう離婚ですね。
奥様の蜜壺は最早貴方のものではなく、
間男のものです。

10:名無しさん #NRlTYUc :2018-06-21 06:22:28

続きが気になります。早く読みたいです。

11:名無しさん #ZCIZYGA :2018-06-24 23:55:49

時間がたちますが種付けは成功しましたか?
続きお願いします。

12:ティムさん #ERkVcFc :2018-07-01 20:11:44

奥さんの画像(身体など)見てみたいな~

13:名無しさん #QJlBlQY :2018-07-17 02:29:29

妊娠は時間の問題ですね。でも息子の子供は1人で済むかな、2人、3人と増える予感。旦那の立場はどうなるのでしょうね。先が楽しみです。

14:名無しさん #QRYTAhg :2018-08-03 16:06:27

慰謝料たくさんもらって離婚しな!

15:名無しさん #FWg3lSQ :2018-08-16 23:46:45

熱量は下がったとはありますが、まだ現在進行形でしょうか?続きを楽しみにしてます、宜しくお願いします。

16:名無しさん #NjmHMpc :2018-09-24 00:35:47

奥さまは妊娠しましたか?

17:名無しさん #FWgFVzI :2018-11-10 08:17:08

早く続きを

18:名無しさん #GCMnRCM :2018-11-12 20:26:45

続きお願いします!!!

19:名無しさん #GDCSREg :2018-11-18 23:22:03

続き楽しみにしていますm(_ _)m

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告