エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 美乳妻が友人と自宅で
投稿:2018-05-17(木)15:59

美乳妻が友人と自宅で

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:9,914回)
りゅーじさんからの投稿

前回の話:美乳妻は友人のオナドール

ワンパターン。暇潰しですか?

とのコメントがありました。

実際にやってみると大変なんですよ。

これから先もワンパターンだと思うので、この回で切ります。

現在の活動は一通り書いてみて、知人に暇潰しと思われないかチェックしてもらってから判断しますね。

続き

無言で車を降りてカツカツ歩く事1分

いつもの玄関の音で帰宅です(*^^*)

ガサッ

バッグがダイニングのテーブルに置かれた様です

やっと静かになりました(^-^)v

何故かバスルームが開けられましたね。

少しバタバタと忙しそうです(^^)

着替えているのでしょうか、クローゼットを出入りしている気配です♪

ピンポーン

18時25分、野口がやって来ました…

タタタッ。

直ぐ立ち止まったのはインターホンをチェックしている為です

「はーい!」

野口「失礼しま~す」

二人とも何故か小声です(笑)

足音が近くなりリビングとキッチンに別れました。

「コーヒー入れましょうか?」

野口「いえ、お構い無く」

「野菜ジュース大丈夫ですか?」

野口「はい、頂きまーす」

緊張感が漂ってます。

特に野口は明らかに口数が減って落ち着かない様子です

香織には余裕が有るようですね…遅くなると確信してますから。それに、落ち着かない車内から解放されたからでしょう。

野口「これ使って下さいね」

「えー!?持って来てたの!あはは(笑)その紙袋なんだろうって思っちゃったー」

今回はレコーダーがバックの中なので若干聴こえ辛いですね…でも音量をMAXにすれば十分です!

野口「香織さんてオナニーするでしょう?」

「どうだろ(笑)」

野口「僕は最近だと週3くらいです(笑)」

「(笑)」

何度聴いても興奮しますね、二人のエロトーク(/o\)

野口「週?、週??」

「…」

野口「おお~興奮!!」

↑ 何回だよ~

恐らく1 回でしょうね(笑) 2 かなぁ?

野口「置いて帰ります(笑)」

「待って、ひとつでいい!」

野口「え?」

「見つかるとマズイでしょ(笑)」

野口「どっちにします?」

「う~ん…これ?(笑)」

野口「うおー、興奮する~」

↑ どっちなんだ~!気になる~

探しましたよ

タンスは全部開けました…。衣装ケースの中。鏡台の中、押し入れ、シャンプードレッサーの中まで!

証拠品を求めて大捜索をしましたが見つかりませんでした…

↑本当 アホですね(笑)

まあ、野口が持ち帰ったんでしょう!

野口「少しでいいんです…この前みたいに僕の上に乗ってくれませんか?」

「(笑)(笑)いいよ」

野口「やった~!」

「どうしよ、ベッド行く?」

野口「いえ、あ~、やめときます。ココでいいです」

「ちょっと待って…これ、狭いけどベッドになるの(笑) ンショ!」

野口「いいですね~明るいし」

「ちょ、ちょっと待ってて」

?? …スマホですか?

恐らく LINEチェックだと思います。こんな場面で(笑)

↑ 空気の読めないマイペース香織(爆)

「ごめんなさい…」

野口「いいですか?」

ゴソゴソ聴こえます。野口が全裸になっているのでしょう…

冴えない顔に坊主頭に近い短髪。緩んだ白い身体

極上の香織には不釣り合い極まりないデスね…

「全部?」

野口「はい」

「凄い(笑)動いてる」

野口「そのまま、跨いで…ゆっくり」

「あっ、…ここに合わせたほうがいいよね…アッ」

野口「気持ちいい~貼り付いてる感じ、うう」

「揺れた方がいい?」

野口「そう、こっ、はい、んんんっ!」

「はぁはぁ」

野口「香織さん、ううっ、きれい!めちゃきれい…」

ギュッ、ギュッ、ギィー、ギィー

野口「お、おっぱい、スゲー」

「あっ、はぁはぁ」

野口「ちょっ、チュパッ、チュッ、チュッ、」

「あぁ…んっ」

野口「前後に、そう!うっ、やべ、気持ちいい~」

クチュ、クチャ、クチャ

↑ この音はヤバいです

香織と野口の性器が生でぶつかってる訳でしょう?

堪りませんよ…

野口「お○んこの形がわかるよー!ぬるぬる気持ちいい~」

「香織も気持ちいい~」

興奮します…香織は自分から気持ちいいとはなかなか言いません

強烈な嫉妬です。

野口「いいのかなー、こんなキレイな人と、エッチぃ事…」

「ふふっ(笑)あっ、あっふん」

野口「あ~いい匂い!うなじ…はぁ……ない」

「だぁんめ~、ふふっ……ったいよ~」

聞き取れません(T-T)

まさかキスはしてないと思うのですが

野口「動いて!うう、そう!グリグリ」

「あっ、あん、やぁんっ!ダメダメ、入っちゃうから、はぁ、動かないで、ね!」

野口「ああ~おま○こ!おま○こ柔らかーい」

「ぐりぐりしてあげる。ね!だから動いちゃだめよ」

ズッチャッ、ズッチャッ、チャッ、チャッ、チャッ…

「あっ、あっ、あっう~ん、んぁ、はぁ、はぁ」

野口「ちょ、ストップ!!」

「ん?」

野口「出そうだった(笑)はぁ~ゆっくり始めて下さい」

「ちょっと待っててね」

トントンと足音が近くなります…

ガサッガササッ!

巨大な音がするのはバッグを漁っている証拠です

「これつけて(笑)」

野口「ゴムですか?」

「セックスじゃないのよ…この前みたいに、精子が沢山かかるといけないでしょ(笑)」

野口「あー、なるほど」

ゴム??

驚きました…持っていた事自体あり得ないと(*_*)

家には無いですから…

どこで買ったのか?

マ○キヨかもしれません…好きでよく行きますから。

「ティッシュにしてもいいけど…」

野口「ゴムします!香織さんと重なりながら逝きたい(笑)」

少し沈黙です。

「痛くない?…フッ、少し足りないね(笑)」

野口「あ~興奮する…」

「カチカチになってるよぉ?冷凍バナナみたい(笑)」

↑ 冷凍バナナって…ミカンならわかるけどさぁ(笑)

食った事あんのかよ(爆)

野口「そりゃもう…こんな身体見てですよ~、おま○こでグリグリされたら…はぁ~」

「グリグリの続きからはじめる?(笑)」

ソファーの軋む音がします

香織!お前エロ過ぎ…

野口「ああ~気持ち、ふぅ~おおーおっぱいがぁ~」

「はぁ、はぁ、あっふ、ふうん」

野口「あ、後ろ!、うしろ、向いて」

「後ろ?…んっ、うんっ、こう?」

香織の声がはっきり聴こえる様になりました…

野口「はい」

「こうで…こう?」

野口「うわっスゴッ!香織さん、ヤバイよ!お尻ヤバイよー!!」

「あんっ、はんっ、はぁ、重たい?」

野口「違う!大きくて、ハァ、エッチな形」

「大きいのやだ~、あぁん」

ギシッ…ギシッ…ギシッ…

野口「おま○この穴が、はぁ、めくれてる~」

「はぁ、あっ、ああん」

野口「お、おしりの穴、めちゃきれいじゃないですか~」

「見ないで、汚いからぁ」

野口「見ないでって、うっ、無理ですぅ…ドアップで見えてますよ~」

「はぁ、はぁ、いやぁ~。あーん!駄目ー!!触らないで(泣)」

野口「じゃ、お尻のお肉はいい?」

「いいよ(笑)ああん、んっ」

香織のお尻もぷるんぷるんですから…

お尻フェチでない野口でも欲情するのでは

自慢の美巨尻です(笑)←決して大き過ぎないのですが…大きいって言うと怒るんです

このあと、香織から衝撃の告白があります(T-T)

野口「お尻も堪んない…エロ過ぎでしょ!!このお尻」

「大きいから嫌なの…あんっ」

グチョッ…クチャッ…

野口「ツルツルしてる、柔らかい!うっ、ふぅ~」

「あぁ、拡げないで~」

野口「このきれいなアナル…はぁ、使った事、有るんですか?」

「う~ん……少しだけ」

???

野口「マジで?りゅーじと!?」

「前の彼氏」

野口「ア、アナルセックス?」

「元カレお尻大好きだったの…そんなにしてないよ」

野口「りゅーじ知ってるの?」

「知らない…内緒よ!」

衝撃ですね…びっくりですよ…

香織にそんな過去が。

お仕置きですね(笑)

「前向いていい?」

野口「はい、おっ、うお~エッチな動き」

「あっ、あっ、当たって…ああん」

ジュッ、ズッチャ、ズッチャッ

野口「当たってる~ああ~コリコリ気持ちいい~」

「あっ、あっ、ああっ、はぁ、ああんっ」

野口「おっぱいが凄い!ああ、もっと揺らして!」

ギシッ、ギシッ、ギシッ

「あっ、あっ、ああっ、ダメ~、ア、イク、逝くぅーー」

ギシッ……ギッ、ギシッ…

「はぁ、はぁ」

野口「ああ~。香織さんとこうして裸で抱き合えて…幸せです」

「あ~ん、キスは駄目~」

野口「今度は僕がおま○こグリグリ押していいですか?」

「…うん」

野口「股開いて…はい、そう!」

ガタッ…ガタッ、ガタガタ…

野口「ああ、気持ち、いい!、んっ、んっ、」

「あっ、あっ、だめえ~当たりすぎ」

野口「んっ、んっ、はぁ、おま○こ、ハァ、」

「あっ、入ってる?…ねえ、ダメだって~ああ~」

野口「先だけだから…はぁ、んっ、やべ~」

「これ以上は、はぁ、ダメよぉ、ううんっ」

ギシッ、ギシッ、ギシッ

ッチなPR

ッチな広告