エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > 美乳妻が友人に私の知らないところで
投稿:2018-05-13(日)13:54

美乳妻が友人に私の知らないところで

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:11,684回)
りゅーじさんからの投稿

前回の話:美乳妻と友人の秘密の痴態

衝撃の木曜日から二日後の休日。

朝早く目が覚めた私はついムラムラしてしまい妻のタンスを開けてしまいます。

ストッキングが並ぶ網目状の仕切りの奥!目的の袋を求めて…

??? ない???

ありません…?!

ジッパー付きの小分け袋に入ったマイクロビキニ。

一日半前には確かに有りました!

少し焦って色々な場所をチェックしましたが姿が有りませでした…

正確には30時間のあいだにです。

私に見つかる前に捨てたのか!?と、ガッカリしてしまいました。

一方で、ご丁寧に袋にまで入れている物を何故?という疑問も湧きました。

疑問を引きずり月曜日の朝を迎えます。

二度と使わないと決めたレコーダーを再び出動させました(笑)

いつもの雑貨入れに、録音をONにして出勤します。

19時に帰宅してまだ録音中のレコーダーをOFF。12:11 の文字を確認しました。

(単4電池一本でこれだけ長持ちなんだ~)とまたまた感心をする私です。

テーブルの向かいで美味しそうにスパゲッティを食べる香織を眺め思います…

これ以上の秘密が有るのか?その明るい振る舞いの裏に??このかわいい顔の奥に???

レコーダーのチェックが待ちきれず、本屋とコンビニに行ってくる…と家を飛び出しました…

夜の公園。高◯生らしきカップルがブランコに居ますが構わず奥のトイレへ。

イヤホンをして再生します…

洗濯をしている音が遠くからします。やがて食器を洗う水音、掃除機。真面目に家事をする妻(涙)

こんな事をするなんて…最低です私は(>_<)

タイムスキップでどんどん進みます!

録音開始から四時間。11時に電話がなりました!!

義母でした(汗)

お昼過ぎ、テレビで情報番組をみています。

見てるのか、寝てるのか、分からないくらいに静かです。(当たり前ですか…一人ですからね)

電話です!!スマホが鳴りました。

「もしもし?、はい(笑)…早いですね…はは(笑)…もー…はい?今から?大丈夫です。」

誰だろう…??わかりませんでした。

「今ですか?準備OKですよ(笑)…はい、言われてた…うーん、食い込むかどうかは(笑)…」

普通の電話ではない事は明らかです。得体の知れない興奮が襲って来ます!

テレビが消されます。

「今日も~?…やっぱりベッド行きます…」

声が次第に小さくなりました!!寝室に移動した様です(汗)

「あまり期待しないで…」という言葉を残して完全に無音になりました…(T-T)

時間表示は5:25でした…

ガックリです。今寝室にレコーダーが有れば…

香織は誰と何をしたのか!?妄想、疑念が渦巻きます。

40分後寝室を出る音が微かに聴こえました。続いて洗面所…。

いきなり足音が大きくなります。

そしてテレビの音が広がりました。電話は切れている様子です。

以後は私が帰宅するまで何もありませんでした。

モヤモヤが取れません…納得いかないまま帰宅しました。

「何も買ってないの?」

明るく優しい声が事態を更に解らなくさせます。

知るのが怖い…でも知りたい…。

妻がお風呂に行くと同時にレコーダーの電池を交換しました。

そして、先日試験していたタイマー機能をセットします。

一応10時から16時にしました。寝室のベッドサイドの窓の上、飾り棚に置きました(汗)

結果は空振りでした…(涙)

翌日も同じようにセットしました。更に次の日も!

毎晩出掛けるのは不自然なので、木曜日に二日分をまとめてチェックする事に。

静かな公園のトイレ

予想通り水曜日が空振りで大きくため息です。

リビングの方が良かったかなぁ~(+_+)もうこんな事…と思ってました。

今日の記録です

タイムスキップでどんどん進みます。すると…!!

ガサガサ

慌てて巻き戻します(汗)

時間表示1:33 (11時半です)

カチャッ、パタン、ガサガサ

「違う…うん、ブルーかな?…Tバックがいいんでしょ?(笑)」

今まで以上に声が大きくて心臓がバクバクしてきます。

臨場感半端ないです!

ピッ と、エアコンのスイッチが入りました。

「今?脱いでる…上も?…見えないじゃん(笑)…なるほどね。」

ガサゴソ

「下だけ…うん…ハハッ野口さんは?裸?」

ああ、やっぱりでした(>_<)

私のいない昼間、野口とつながっていた様です!!

不思議ですが今回も怒りはこみ上げて来ませんでした…

香織が何をしてどうなるのか…。興味と期待が先走っていました。レコーダーに捕らえたぞ!という喜びが有るからかも知れません。

「ちょっと凄いんだけど…ビキニどろどろだよ(笑)…え?匂い?うーん、不思議な…生臭い(笑)」

最初は訳がわかりませんでした。でも、猛烈に勃起しました(照)

「すぐ?パック?…新鮮だ~(笑)…うん…沢山ありがとう(笑)…本当に?…わかんない…そこまで、ぅ~ん」

一方しか聴こえない会話なので断定出来ませんが、先週タンスで確認した袋入りのマイクロビキニが汚されて戻ってきた様ですね(-_-#)

「少し(笑)…うん…え~?…うん…はぃ、さわってる…指(笑)…2本…うん、あっ!ふふっ、うん」

始まりましたね。まさかと思いましたが…。

一度たずねた事がありました、「オナニーしないの?」と。

すると「しないよ(笑)!りゅーくんとだけで満足だから」と言ってたんです(苦笑)

「…うん、触ってる…ん?乳首…右、んっ…気持ちいい、うん…どうだろ…うん…ああ…うんあんっ…え~似てないよ~、そんなに可愛くないよ~、フッうんああん…」

次第に高ぶる香織の声がとても新鮮でした。

誰に似てると!?

香織は祖父が北欧人のクウォーターです。美白美人な所はやはり影響があるようです。

「うん…開けてる、うん…湿ってる(笑)…ああっ、うん…ん…駄目~妊娠しちゃうよ~(笑)…ふふっ、あんっ、うん…うーん、不思議な味(笑)わかんない…ん、ああっ!」

私の知らない妻がいます。

「今日もぉ?…あふん…いいよ、うん、あっん…ふふっ(笑)…入れてる…動かしてるっ、あっ、あん、うん…脱ぐの?…」

会話が少し中断しました。

「駄目~、もうセックスは無しよ…太ももって言ってたでしょう?、フッ、あぅんっ…ショックだった~…ああん…全部だったよ~っ、奥まで来てたんだよ~…ああっ」

間違いなく相手は野口です。

香織の違った一面を見事に引き出した事に嫉妬しました。

「今?…中指、曲げてる…え~(笑)聴きたい?…あっうん、ちょっと、だけね」

…チュッ、クチュッ、クチュ、クチュ

「あっ、あっ、あう、ふぅ、んんはぁ」

…チュッ、チュッ、グチュ、グチュッ

「もう、はぁ、いい?…うん、あっうん…はぁ、はぁ、ああっ、ダメ~、もう、はぁ、エッチはなしよぉ~…はぁ、ああん…お口でしてあげる…ね、ぁあっ」

声のトーンが上がります!

隣に聞こえて仕舞わないかとハラハラです。

「あっ、あっ、あんっ、うんっ、んっ、ああっ、ダメ、あんっ、っちゃう!…ああぁぁ~、っくうう!、いくっ!!」

ガタンッ、タンッ、ギュウウッ

「はぁはぁ…んはぁ、うん…大丈夫…えー、今日も入れるの?…うーん、全部は、はぁっ、無理…前より濡れてる(笑)、うん…押し込んでも、はぁ、少し余っちゃう…いい?…ええ~ずっと?そんなに?…歩けなくは…そんなに入れてたら、ふふっ…一番濡れたのが欲しいんでしょ?(笑)」

なんてエロい事を(+_+)

野口のアイデアに関心しながらトイレットペーパーに大量の精を放ちました。

更に会話が続きます

「ええー!このまま?…できるかな~…うん、はぁ、うん…触ってる…あっ、うん…覚えてるよ(笑)はぁっ、うん…大きかった(照)…わかんな、い、あんっ…野口さんかな(笑)うん」

堪りません(;´д`)私以外に、こんなに艶っぽい声を

「今もいっぱいになってる…ああっ、え?うん…全部、入った…あっ、はぁ、はぁ、あんっ、あん…ダメ、また、ああっ、んんっ、ああうっ、っくう、いくぅー」

ギュウ、ギュウー

ベッドが再び軋みます

「はぁ、はぁ、はぁ…」

暫く沈黙です(*^^*)

「…うん、大丈夫…だって~(笑)…袋?うん(笑)…今入れるの?…ちょっと、んっ、っしょ、んんっ…はーい、入れました(照)…もう、変態(笑)」

ガサガサ、シューッ、サァー、コトン

ベッドを直している様です。

「お仕事大丈夫なんですか?…あ、りゅーくんがまた遊びたいなぁって、うん。…うん(笑)…はい、すぐ送ります…は~い」

前回同様に興奮していまいました。幸せ者といいますか、不幸者というべきか(笑)

また近いうちに野口を呼びたいと強く思いました。

できるだけ早く…密会されるのは避けたいと。

また遊びに来ないか?と。

自宅にこだわるのは、やはり一番音を拾い易い為です

野口は2週間後に来たいと返信がありました。嬉しそうな文面でした(笑)

運良く?妻の生理が来週でした…

万全で当日を迎えます(笑)

ちなみに、オナニー発覚の翌日も寝室にレコーダーを置きましたが空振りでした…

フィットネスに出掛けてました(^.^)

次週も(ダメですね…常習化してます)と思いましたが日曜日から生理になったので止めました(*^^*)

水、木、金とリビングをチェックしました…何も無しでした(汗) 水、金は、買い物やフィットネスで不在でした。

うれしいようで残念な、複雑な気持ちでした。

野口が来る週の火曜日、動きが有りました!

リビングにて電話で会話をしていました。

期待に反して世間話が中心でしたが、興味深い話しをしていました…

気になった所だけを紹介します!

「うそ~(笑)…本当に?…うん、はは(笑)…本当にいい匂いだった?…だって~、アソコの中に入ってたんだよ~…ないない!…オモチャ?、うん、あるけど(笑)、でもパンツは入れた事ないよー(恥)」

凄い会話ですね(>_<)

オナニーでびしょびしょになったオ○ンコに下着を突っ込み、大量の愛液を染み込ませ、それを袋に密封して送った…

という事みたいですね!!

あれ以来のテレフォンHは無いような雰囲気ですが…どうだか(笑)

メールをチェックしたらポロポロ出てきそうですが、止めました。

後の会話でわかった事ですが、妻と野口の密会はないようですね(ホッ)

当日の金曜日20時、妻と二人で野口を迎えました。

「よお、お疲れ!」

野口「おう!遅くなりました~。混んでるなー(>_<)」

「いらっしゃい(笑)」

いつも通りの会話です。妻たちも自然な感じでした!

「勿論泊まりだろ(笑)」

野口「いいのかな?」

リビングで少し遅めの夕食が始まりました。

香織得意のペペロンチーノを囲みます…

(野口は久しぶりの生香織を目の前にして興奮してるだろうな(笑))

私のイタズラ心が眼を覚まします…

キッチンに下がった香織に耳打ちしました

「ブラジャー外して」

「いやよ~(照)」

「上も替えてね!」

「ダメダメ」

「黒のタンクトップ!ユ○クロの!!おっぱい好きの野口を楽しませてやれよ…よろしく」

そう言い残してワインを片手にリビングへ戻ります。

振り向くと香織がいないのでそのまま雑貨入れへ。

あらかじめ新しい電池に交換していたレコーダーをONです(*^^*)

チャンスを見計らい、今のうちに(笑)

「これ飲まない?泊まりだから大丈夫だろ」

野口「無理無理(@_@)遠慮します(笑)」

「会社でもらったんだ~(さっき駅で買いました)」

自分だけグラスにたっぷり注ぎます…

酔って一人潰れてしまう→先に就寝→二人きりにする。

アホなのでこれぐらいしか思いつきません(泣)

ほどなく妻が現れました!!

黒のキャミソール姿です♪

大きなおっぱいがぷるぷる揺れてます(^-^)v

野口は特にコメントがなく知らんぷりをしていますが…明らかに目が泳いでます(笑)

でも、肝心の乳首がわかりません…

このキャミソール、カップ付きなんですね~(ガックリ)

でもいいですね~^.^エロいですね香織は(;´д`)

「そんなに飲んで大丈夫?」

「お前飲むか?」

「やめとく」

香織にワインを足してもらいました…

予定通り?いい感じに酔いが回って来ました!早いかなと思いましたが決行しました!

「ワインって来るね!目が回ってきた」

野口「大丈夫か?」

「ちょっと寝てくる」

フラフラと寝室ヘ、香織がついてきました。

「着替えた方がいいかもよ」

「そうする…もう寝るから」

「わかった」

とりあえず目を閉じます、慣れないワインを飲み過ぎましたね…それからの記憶がありません(+_+)

室内が暗くなってから暫くすると香織が入って来ました…

勿論寝たふりを決め込みます。何やらエアコンを操作して、ゆっくり出て行きました(^-^)v

いつ覗きに行こうか、30分? 1 時間?うーん…

駄目ですね…(T-T)いくら集中していても、気合いが入ろうとも。

お膳立てされていて、これ以上ないチャンスなのに…

野球に例えると

1点リードされた9回裏ワンアウト満塁3ボール1 ストライクで相手ピッチャーは力のないど真ん中のストレート!!

来たーー!とフルスイングするもボテボテの内野ゴロ、ダブルプレーでゲームセット…(ToT)

ふと気が付いた時には香織がベッドに入って来る所でした…(-_-#)

「野口は?」

「ソファーで寝てるよ」

湿った首元からシャンプーとボディソープのいい香りがします。

今まで見た事のない色っぽさを感じました。

「今何時?」

「2時よ…もう寝よう」

無意識に乳房をまさぐると、やんわりと拒否されました

ゲームセットです(;^_^A

上手くいかないものですね(涙)

皆さんが体験されている様にはなかなか…羨ましいです。でも、悔しさの一方で音声記録が楽しみになりました。

朝、目が覚めると隣の香織がいません…。

ベッドから降りてフラフラとドアまで歩いたところでふと足を止めました。

胸騒ぎがします…まさか…ドキドキします。

ゆっくりゆっくりドアを開けました。

忍び足でリビングへ向かいます…。静かでした。妻はどこに行ったのか??

キッチンの入り口からリビングを覗きました…?!

ソファーの前で香織が膝をついています!なんと、上半身が裸でした!!

しかも白い背中がゆっくりと上下しています(@_@)

微かに声がします

野口「ゆっくりでいいよ」

静かです…これ以上動けません(*_*)戻ることも出来ません。

時折香織がはぁはぁ苦しそうに息継ぎをしています。

野口は仰向けになって首を起こし香織を見つめていました。

間違いなくフェラチオをしています!

香織の華奢な二の腕の下に見える乳房が大きく見え隠れしているのは、野口がわし掴んでくちゃくちゃに揉んでいる為でした。

パジャマのピンクのキャミソールが腰に集まり半裸の美体を際立たせてました。

正面からの一番見たい証拠が見れなくても、初めて見る愛妻の絡みに、ショックと嫉妬と感激が混じった異様な気持ちを味わいました。

野口の左手が香織の頭を撫でています(+_+)

野口「超気持ちいい~」

突然香織の上下運動が止まりました…!

「りゅーくん、起きた?」

物音一つたててないのですが、気配を感じたのでしょうか?

慌ててUターンです。

もう見つかりそうなので寝室のドアの前で立ち上がり普通にトイレに入りました(笑)

どうして俺がこんなにハラハラしなきゃならないんだー!!と思いましたが、見つかると警戒して関係が消滅してしまうかも知れません…それだけは避けたいところです(汗)

わざわざ水を流して恐る恐るリビングへ歩きました

「おはよう(笑)」

「おはよー!」

野口「おお、大丈夫か?」

「大丈夫大丈夫!爆睡しちゃった(笑)すまんな。」

妻がキャミソールで食器を片付けていました。いつもこれで就寝しますが、お客さんを前にノーブラで明らかに場違いな格好でした(笑)

そして、何事もなかったかのように自然な二人です…

「ずっとこの格好だったの?」

意地悪な質問ですね(*^^*)

「だって…りゅーくんでしょ!この格好しろって言ったの(笑)」

「そだな(笑)」

「着替えてくる~」

慌てて消える香織。自分も慌てて雑貨入れに向かいます

レコーダーはまだ録音中でした!(ナイス!!) 表示9:50で停止しました(^-^)v

朝10時には出かけました。

久しぶりのボウリングです(^^)これは私の得意分野でした!

野口をやっつけてやりました(笑)

お昼に近づくと客が増えて、両隣のレーンが埋まってしまいました。

妻の揺れるおっぱい!

ボタンがはちきれそうなノースリーブのブラウスはイエローのハーフカップブラジャーをすっかり透かしています。

そして、スカートから露出する生脚は俄然注目を浴びてました(*^^*)

「やったぁー」とぴょんぴょん飛ぶ香織。まあ揺れる揺れる(笑)何度もブラジャーの位置を気にしてました。悩ましい仕草ですよね♪

タイトなスカートを膨らませるヒップもパンティラインがはっきり出てエロエロです(^^)

野口も遠慮ない視線を送っています。

衝撃の朝フェラが不発になったのでかなりムラムラしている事でしょう。

昼メシはカラオケで←定番(笑)

妻にノーブラノーパンを指示しましたがあっさり断られてしまいました。

カメラが有るからイヤだそうです…(^^)そこまで細かく映らないですよね。店員さんが入って来た時はわかりませんが。

ここで思いました…もしかしてこの二人、絡んだのは朝だけかも!と。

電話での会話でも、セックスはだめ!お口で!と話してましたから。

ならば、野口は精を放っていない事に…

可哀想な気持ちになるのは変でしょうか(?_?)

まあフェラを味わい生おっぱいを堪能したのですから…十分でしょう!!

とりあえず香織のおっぱいだけでも触らせてあげよう(野口が触るところを正面からじっくり見たい)

と思い色々考えていると…。

予想通り野口が帰ってしまいました(爆)

レコーダーの中身が気になって仕方ないのですが、土日は諦めました。

野口を送った後、度々勃起が収まらなかったので堪らず香織を襲いました!

それを待っていたかの様な妻の淫らな喘ぎ…。そして濃厚なフェラ!!

丁寧に丁寧に舐める香織に私は意地悪な質問をしました…

「大きい?」

「ちゅぷっ、う、うん」

「今までで何番目に大きい?」

「わかんないよ~(笑)ふんっ、ちゅぷ、はぁはぁ」

「何人のオチンポ知ってたっけ」

「ひゃんにん~(3人*^^*)」

「それだけ?」

「うん、じゅるぅぅ~」

野口がカウントされてません(笑)

お仕置きですね

お尻をクネクネおねだりしてもダメです!そのまま口に出してやりました(快感!)

月曜日。会社に外回りから直帰すると伝えて個室ビデオ店へ

15時前です…。妻には残業するから遅くなると連絡済です。

前回同様5時間コースでいざ個室へ(^^)

やっぱり空調の効いた暗室は最高ですね!公園のトイレも静かですがじめじめして汗をかいてしまいます。

今日は香織のTバックを持ち込みました!(笑)

レコーダーのスイッチを入れイヤホンを装着して金曜日のファイルを呼び出しました!

21 時4 分に録音が始まってました。

私がワインを勧めてます。自分の声を聴くのは恥ずかしいですね(照)

30分程で作戦決行です←見事に失敗(爆)

「ちょっと寝てくる」

二人の足音が寝室に消えました。

戻って来たのは香織ですね…

「寝ちゃいました(笑)野口さん来たばかりなのに、すみません」

野口「いいんです(笑)あ、これ食べて下さい。」

「ありがとうございます~。何だろ…おかきだ~美味しそう!今食べません?」

カサカサ…ボリッ…

香織はお菓子が大好きなんです(^_^)

よく食べます!

「喉乾きませんか?」

野口「そう、ですね」

香織の足音が奥へ消えました…

寝室ですね。エアコンを付けに来た時です。ドキドキしますね本当に!

「お茶にします?」

野口「はい」

静かです。ついていたはずのテレビが消されています。

「熱いですよ~♪」

野口「りゅーじってお酒飲むんだっけ!?」

「全然!ワインなんてほとんど飲まないですよ!!…」

野口「酔いつぶれかな?」

「ですね!爆睡してました(笑)」

↑まだ起きてましたよ~(^-^)v

野口「いつもこの格好なんですか?」

「りゅーくんがこれでって(笑)」

野口「ああ、そういう事ね」

「乳首が…ふふっ、見えちゃうね(笑)」

野口「香織さんのおっぱい最高ですね」

「本当?まだまだ他にもいいおっぱいあるでしょう?」

野口「正直に言っていいですか?」

「ん?」

野口「結婚式の時の白いドレス!」

「ドレス…あ~あははは!(笑)」

野口「わかります?(笑)」

「はいはい(笑)」

野口「おっぱい凄かったッス、あの、ろうそくの…」

「キャンドルサービス!?」

野口「はい!下を向いたときのおっぱいモロ見えでした(笑)」

確かに…結婚式での胸が大きく開いたドレス!皆さんわかりますよね(;^_^A

おっぱいがこぼれそうになる衣装!香織のバストなら尚更ですよ。

キャンドルサービスで頭を下げるたびドレスを引き上げてましたね(^^)あれはやり過ぎました~

「やっぱり見えそうだった?後からみんなに言われたの(T-T)」

野口「実はあの時から香織さんのおっぱいがオナニーのネタになりました」

「マジですか?(笑)」

野口「マジです~(笑)、前におっぱい測ったときは興奮で死ぬかと思いました」

「りゅーくんが言ってたよー、おっぱい雑誌コレクションしてるって…(笑)」

野口「それは昔だから…」

「それ見ながらやってたんでしょ?」

明るい会話ですが内容がエロ過ぎます(^-^)v

野口「香織さんの乳首どれに似てるのかなって、勝手に想像してました(笑)」

「どんなの想像してました?」

野口「色々だけど…ピンクで乳輪が大きめとか、乳首は小さいとか」

「で、いかがでしたか?期待通りでしたか~?(笑)」

野口「完璧でした!好みの乳首でした!(笑)あれから毎日やってました…」

私がいないところで盛り上がってますね。(T-T)

「お役にたてて光栄です」

野口「今も興奮で凄い事になってます」

「ふふっ(笑)見ますか?おっぱい」

野口「やった~!」

「ちょっと…りゅーくん見てきますね」

足音が寝室へ向かいました…。

確認に来てたなんて、わかりませんでした(>_<)

「熟睡してます(笑)」

「座ります、よ」

野口「おおー!スゲー!」

「(笑)」

野口「きれいですね~」

「ありがとう…やっぱり恥ずかしい~」

野口「香織さんのグラビアならみんなオナニーやりまくりだろうな~」

「グラビアってヌード?」

野口「なんでも!全部(笑)、下着、水着…」

「どれがいいかな?」

野口「水着だけでもヤバいですよ」

「あの精子の水着…洗濯大変だった(笑)」

野口「あぁ」

「なかなか匂いが落ちなくて、ふふっ、多過ぎでしょ(笑)」

野口「あれ、3回分です(照)」

「3!?」

野口「続けて2回と、送る前に袋に直接」

「出しすぎ~(笑)」

野口「すみません…それと、もう送りませんから安心して下さい」

「違うの!頻繁に下着とか交換してるといろいろ変に思われちゃうから…時々にしましょ」

野口「はぃ…。今から水着ダメですか?ビキニ」

「ふっ(笑)」

立ち上がり足音が奥へ

妻みたいです

暫く沈黙です。何度も出入りしているので覗くのは難しかったかもですね(汗)

野口「オオー」

「興奮しますか?(笑)」

野口「ヤバい」

「下の毛は見ないでね(笑)」

野口「ここまでの着エロアイドルいないッス」

「何それ、エッチなやつ?」

野口「アイドルがギリギリまで見せるDVDがあるんです!」

「30のおばさんアイドルでーす!ハハ(笑)」

野口「香織さん美人だし売上ハンパないでしょうね。人気ナンバーワンですよ」

「ないない!で、どんなDVD?」

野口「基本こんな感じです、後…M字とか(笑)」

「これ?(笑)」

野口「あ~手が邪魔ー」

「剃っておけば良かった~」

野口「香織さんは剃らない方がいいです!毛がある方が、興奮します」

「この水着は無い方がいいよ~…」

やばい会話ですよね。

香織の身体は自分が独り占めするのはもったいないと思ってはいましたが…

いざ提供する場面になると胸が苦しくなります(>_<)

1 分近く静かになりました。

野口「凄い…めちゃキレイ」

「汚いよ~」

ッチな広告

ッチなPR

ッチなPR