エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 連れたちと貸切温泉で
投稿:2018-05-11(金)01:54

連れたちと貸切温泉で

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:4,773回)
アンデルサールさんからの投稿

今から5年前、当時大学生。

同じ高校出身の連れ(男2人女1人)で、貸切温泉旅行に行った。

事の発端は、皆大学生になって、久しぶりに3人で飲んでる時に、皆で温泉行っちゃう?的なノリだ。

そして、話が盛り上がり、部屋に貸切の温泉旅館に泊まる事になったわけだ。

旅館に着くと、速攻飲みだし、気分良くなったところで、温泉へ。

初めオレと男友達が入って、後から女友達が入ってきた。

勿論、バスタオル巻きながら。

が、当然オレたち2人はそれを断固拒否。

「裸の付き合いが当初からの目的だろ〜?それ、取り払います!」

そう言って、女友達のバスタオルを取り払った。

すると、胸のサイズは推定Cカップほどのプルンとしたおっぱい。

見るだけで、ムクムクと大きくなっていくアソコ。

それを見て女友達は、

「元気だね♡笑」

と言って、笑っていた。

酒も入り開放的な気分だったオレは女友達に、

「なぁ〜(おっぱい)触っていいか?笑」

とストレートに聞くと、

「うーん、まぁもうはじめっから触る気だったでしょ?笑」と言われ、

オレ「よろしい。笑」

そう言って、女友達のおっぱいを触った。

女友達は、

「ぁん…♡」

と初め、感じた声を出したが、それからは平然として笑っていた。

もう黙ってられなかったので、それから女友達のおっぱいに吸い付いた。

勿論、もう1人の男友達と2人で。

女友達は、すごく感じてた。

まんこも濡れ濡れ。

オレはたまらず、次にその濡れ濡れのまんこも舐めた。グチョグチョ、ビチョビチョのまんこは、とても美味だった。

お陰で、ビンビンムキムキのアソコを女友達に差し出すと、その女友達も全く拒む様子もなく、ペロッと舐めてきた。

酒も入り、開放感に満たされた中でのオシャブリは、最高に気持ち良かった。

そして、その後、女友達のまんこに挿入し、もう片方の男友達は、女友達に咥えさせるという3Pをした。

その連れの男友達は、この出来事から2年後、ある持病で帰らぬ人となった。

女友達とも、今はもうほとんど連絡をとっていない。

またいつか、3人で、したいもんだ。

- 終わり -

前後の話
前の話(2018-05-11 00:28:20)中◯生時代の性癖③

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告