エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > チアリーダー部の大島優子似の先輩が…
投稿:2018-05-09(水)19:11

チアリーダー部の大島優子似の先輩が脱童貞をしてくれた

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:20,176回)
東京都/名無しさん(20代)からの投稿

大学2年の時に筆下した話を書きます。

自己紹介から

高校の時は野球部の主将をし、県の選抜に選ばれたこともありました。

大学では束縛されずに学生生活を送りたかったので野球部に入るつもりはありま

せんでした。

ところが、入学した大学はスポーツ全般が強くない大学でした。

野球部は週3回のみ練習するだけで草野球チームのような野球部でした。

それならば野球をしてもいいと思い入部しました。

次に童貞に関して

俺が卒業した高校は公立の共学でした。

彼女は同じ高校に通っていました。

付き合って知ったことですが、彼女は親の影響で信仰深いクリスチャンでした。

信じられないことですが結婚前の性行為は禁止されていたんです。

そのため、俺は童貞のままでした。

それだけが原因ではないですが、大学2年になってから別れました。

これから体験談になります。

大学2年の時の7月のある日、練習に参加するために部室に行きました。

まだ時間が早いので部室にはキャプテンの井沢さんを始め部員の3割しか集ま

っていませんでした。

部室で待機しているとマネージャーが女性を連れて入ってきました。

知らない女性でした。

キャプテンの所へ行き、3人で話し始めました。

するとキャプテンが

主将「誰か、今度の日曜日にバイトをする奴はいないか?」

マネージャーが連れてきた女性はチアリーダー部4年の渡辺さんだと教えられま

した。

何となく元AKBの大島優子のような人でした。

後日、本人は同じ元AKBの永尾まりやの方が似てると言っていました。

試合の時はスタンドで応援してくれてますが、顔までは覚えていませんでした。

その渡辺さんがバイトの説明をしてくれました。

渡辺「着ぐるみを着て立ってるだけだから、誰でもできるバイトなの。誰かやる人いない?」

誰も手を上げませんでした。

こんなクソ暑い時に着ぐるみなんか着たくもありません。

見かねたキャプテンが皆に話しかけました。

主将「渡辺さん、1,2年生の中から1人選んでくれない?」

主将「1,2年は選ばれた物はトレーニングだと思って参加してくれ」

すると渡辺さんは

渡辺「どうしよう?・・・・名前を知ってるのは活躍している工藤君(俺)だけなの。工藤君、悪いけど協力してくれる?」

よりによって俺か!何で北海道出身で暑さに弱い俺なんだとガッカリしました。

選ぶなら1年から選べよと思いました。

俺は仕方なく

「わかりました」と返事しました。

渡辺さんはあとで詳しいことは説明するからと言って、連絡先交換をして部室

から出ていきました。

その日の夜に渡辺さんからメールがきました。

明日の午後、大学内の喫茶室で会うことになりました。

翌日の午後、大学内の喫茶室で渡辺さんと会いました。

渡辺「工藤君、日曜日は彼女とデートだった?」

「最近別れましたから・・・・」

渡辺「そうだったの。それだったら、今度の日曜日のバイトが終わったら私とデートしようね」

「!・・・・・」

渡辺さんはニコニコ笑っているから、冗談だと思いました。

渡辺さんがバイトの詳細を教えてくれました。

渡辺さんは大学1年のときからデパートでバイトをしているそうです。

今の時期はデパートの屋上は夕方からはビアガーデンをしているそうです。

その屋上で日曜日の昼間の時間帯に子供向けの催しがあり、そこで俺が着ぐるみ

を着るらしいです。

そこで、ただ子供たちに愛想を振舞っているだけでいいと説明してくれました。

その時点では着ぐるみの中は暑いと思っていたが、それほどではないだろうと

甘く考えていました。

その週の日曜日、渡辺さんと最寄り駅で待ち合わせをしてバイト先のデパートに

行きました。

催し物の係の人に挨拶をし、渡辺さんと別れ俺は係の人と男性の控室へ向かいま

した。

用意された着ぐるみは白熊でした。

試着するとクーラーの効いた控室にいるのに、驚くほど着ぐるみの中は暑いので

ビックリです。予想していた以上の暑さでした。

近くにいた人が声をかけてくれました。

「暑いからパンツ一丁で入った方がいいよ」

とアドバイスを受け、それに従うことにしました。

時間になったので男性の控室を出ました。

渡辺さんが近づいてきました。

渡辺さんはメイド服みたいなイベント用の服を着ていました。

とくに露出がないが、エプロンがいい感じでした。

すごく似合っているので渡辺さんが可愛く見えました。

俺は白熊の着ぐるみを着ているので渡辺さんからは俺の顔が見えません。

渡辺さんは、俺の顔が見えないので自信なさそうに小さな声をかけてきました。

渡辺「工藤君?・・・・」

「そうです」

と返事をすると

渡辺「メッチャ可愛いーーーっ!すごく似合ってるよ!」

渡辺さんは大はしゃぎです。

俺の身にもなってみろよ。暑さがハンパないんだぞと思いました。

だいたい、似合ってるって顔が見えてないだろうが!

渡辺「ちょっと、写真撮らせてよ」

渡辺さんは自撮りでツーショットの写真を撮りました。

渡辺「工藤君、今写真を送るから後で見てね」

そんなもん、いらねえよと思いながら

「ありがとうございます」と返しました。

開場の時間がせまっているので、渡辺さんは俺から離れ定位置へ行き、ビラ配り

の準備を始めました。

すぐに開場時間になり、パラパラと子供連れの親子が入ってきました。

俺は腰をかがめたり、腰を下ろしたりして子供たちに愛想を振舞いました。

日差しが強く着ぐるみの中は次第にサウナ状態へとなっていきました。

着ぐるみの白熊は笑った顔をしているが俺は着ぐるみの中でゼェーゼェーと息を

し、汗もダラダラ流していました。

とんでもないバイトを受けてしまったと愚痴っていました。

始まってから2時間ぐらい経過したときです。

1人の幼稚園生か小◯生に見える女の子が声をかけてきました。

女の子「白熊チャン、あちゅい(暑い)?」

俺はつい、素直に首を縦に振ってしまいました。

女の子「これ食べちゃせてあげる」

と言って、氷イチゴを食べさせようと着ぐるみの口に手を突っ込んできました。

着ぐるみの口は俺の眼あたりの高さになっています。

そこから外を見るために、そういう作りになっています。

女の子がそんなことを理解するわけなく、純粋に口だと思っていました。

この先どうなるかは、予想できると思います。

女の子が流し込んだ氷イチゴが眉間に当たったり、眼にも入ってきました。

眼がシミてきたが、両手は当然ながら使えない状態です。

マバタキしながら、耐えるしかありませんでした。

女の子は白熊チャンが喜ぶと思って、ドンドンと流し込んできました。

女の子「白熊チャン、いっぱい食べてね」

最後には、入れ物をひっくり返して全部流し込みました。

隣にいた男の子も同じことをしようとしていました。

危険を察した俺は、その場を逃げるように離れ徘徊を始めました。

すると、あれだけ俺に近寄ってきた子供たちが

近寄るどころか「ギャー」と言って逃げていくではないか!

なかには泣きだす子もいました。

え?どういう事なの?・・・・・俺にはサッパリ理由がわかりませんでした。

そのうち係の人が慌てて俺に近づいてきました。

係の人「チョット、チョット、チョット!こっちに来て!」

怒ったような言い方をして、俺の手を強く引っ張り控室に連れて行かれました。

遅れてビラ配りをしてい渡辺さんも入ってきました。

控室にある姿見の鏡を見せられました。

そこに写っている白熊は想像を絶する姿でした。

白熊の笑っている口元から氷イチゴの赤い液体が垂れていました。

赤い色はまるで血が流れているように見えます。

もっと酷いのは首と胴体のつなぎ目からも赤い氷イチゴが流れていました。

まるで白熊が瀕死の重体を負ったような姿でした。

まさか!こんな姿になっているとは!

これで子供たちが逃げまわった理由が分りました。

俺も子供なら気味悪くて泣きだしたかもしれません。

俺はこうなった訳を説明しました。

係の人はただ「あっ、そうなの」と冷たい反応でした。

事情を説明しても怒ったままでした。

係の人に脱ぐのを手伝ってもらい、脱ぎ終わるとパンツも赤くなっていました。

少し経ってから1人の男性が入ってきました。

「これを着て」

と言ってバスローブを渡してくれました。

この時の俺は暑さに参り、のぼせた状態になり、ボ~ッとしている状態でした。

俺のノボセタ顔を見て係の人は慌てたようです。

係の人「渡辺さん、男性のシャワー室は分かる?」

渡辺「わかります」

係の人「悪いけど、男性のシャワー室に連れて行って体を冷やしてあげて」

「わかりました。・・・・工藤君、行くよ」

俺はフラフラしながら渡辺さんに支えられてシャワー室へ向かいました。

シャワー室に着きました。

渡辺「ひとりでできる?」

「はい。」

バスローブを脱いだ辺りから記憶がうろ覚えになっています。

夢の中をさまよっているような感覚でした。

そばに渡辺さんがいたこともぼんやりと覚えています。

こういうことは高校の野球部が厳しかったので何度か経験がありました。

水を掛けられたこともありました。

意識が正気に戻った時は、渡辺さんが俺の上半身に冷たいシャワーをかけていま

した。

渡辺「良かったー!気が付いたみたいね。そこに倒れたんだよ」

「そうですか・・・・ありがとうございます。助かりました」

寝起きの時のように、少し寝ぼけた感覚は少し残っています。

渡辺「急によろけて床に倒れるからビックリしたよ」

「申し訳ないです」

渡辺「体は大丈夫?おかしなところはない?」

「はい。大丈夫みたいです」

ふと自分の下半身に目をやるとチンポが丸見えになっていました。

慌てて手で隠しました。

渡辺「もう遅いよ。しっかり見たからね(笑)。頭の中にも焼き付けたから。工藤君のアソコ、大きいからビックリしちゃった」

「!!!・・・・・渡辺さん、あとは独りでできますから」

渡辺「遠慮しなくていいから・・・・手伝ってあげる」

「でも、他の人が入ってくるかもしれませんよ」

渡辺「そっか~!もっと手伝いたかったな~。・・・わかったわ、工藤君の洋服を持ってくるね」

渡辺さんはシャワー室を出ていきました。

体を洗っていると渡辺さんが戻ってきました。

渡辺「工藤君、ここに服を置いておくよ」

「わかりました。ありがとうございます」

シャワー室を出ると渡辺さんが待っていてくれました。

渡辺「工藤君、変なバイトをさせてゴメンね。」

「そんなことないですよ。今回は僕の不注意です。謝りに行くから案内してくれませんか?」

渡辺「私も一緒に謝るよ」

2人で謝りに行くと係の人の上司の課長が対応してくれました。

今回のことは、2時間以上も休憩なしで炎天下で働かせたデパート側に問題が

あると逆に謝られました。

俺は着ぐるみの弁償代がいくらになるか気にしていました。

「あの~。着ぐるみの弁償代のほうは?」

課長「そんなことまで気にしてくれてたんだ。払わせるわけないでしょう。(笑)」

課長は自分の財布を出し、何枚かの千円札を取り出しました。

課長「渡辺さん、これで栄養補給でもしてくれるかな」

そう言うと、渡辺さんへ千円札を渡しました。

2人でお礼を言ってデパートを出ました。

居酒屋チェーン店をみつけたので入りました。

渡辺「工藤君、汗を掻いた分いっぱい飲もうよ」

「わかりました。お疲れ様です」と言って乾杯した。

渡辺さんは生ビールを一気飲みし、ジョッキのビールが3分の1になった。

「渡辺さん、すごい飲みっぷりですね」

渡辺「私、酔うとオオカミになるから気をつけてね(笑)」

オオカミ?よく意味が分からないのでスルーしました。

俺もバイトから解放され、渡辺さんの飲むペースにつられ、グイグイ飲みました。

デパートの課長から飲み代のカンパもあったし

渡辺「でも良かったね。工藤君も元気になったし、着ぐるみも弁償しないで済んで」

「ホント良かったですよ。でも僕も気付きませんでしたが休憩時間を言うのを忘れてたって、ヒドイ話ですよ」

渡辺「ほんと失礼な話よね!それで、何で氷イチゴを食べることになったの?」

ッチなPR

ッチな広告