エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 学校で幼女のアナルに中出ししちゃっ…
投稿:2018-05-09(水)08:12

学校で幼女のアナルに中出ししちゃったので報告します!

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:4,828回)
大阪府/金のかからないセフレ、ゲットだぜ~!さん(20代)からの投稿

内装の仕事をしている会社に勤めてほどなくした頃の事です。

社長から会社の倉庫から異臭がするからと近所の人から連絡があったので、様子見てくるのと掃除して来て欲しいと夕方に命令された。

他の従業員が明日の準備する中、洗剤など掃除用具を自転車に積んで、会社の倉庫に向かった。

倉庫はここから2キロ先の小学校の横にあった。

倉庫の前は昔、小学校のプールがあったけど、少子化でプールは解体され、小学校から200メートル先のスポーツジムのプールを今は使用しているみたい。

倉庫の塀は小学校の塀と続きになっている。

倉庫の裏が教科教室の校舎になって、倉庫と校舎の間に塀を建てると教室が暗いので、倉庫の裏に塀は無い。

倉庫に裏口はあったけど施錠させて開けた事は無かった。

倉庫の横は幼稚園で、幼稚園と小学校の角に倉庫はあった。

ようやく倉庫に着くと、シャッターを開けて中に入った。

倉庫の中は日頃使わない道具や長ばしごなどがあった。

社長から預かった鍵で、埃は被っているけど比較的真新しいドアを開けた。

倉庫と校舎の間が狭いので裏口は内開きなので、開けて裏の様子を見ようとしたら、女の子の声がしていた。

そっと裏口から覗くと、校舎の壁に凭れて女の子が座っていた。

かたわらにピンクのランドセルがあった。

なにやらスカートの中に手を入れて何かしていた。

『ひゃっ・・・はぁはぁはぁ・・・ひゃんっ・・・はぁはぁはぁ』

倉庫と校舎の隙間は70~80センチほどなので、ここからは何をしていたか確認出来ない。

それよりは倉庫の裏が何かうんこ臭かった。

例えたら赤ちゃんのうんちみたいな臭い。

女の子は夢中に何かしていたので気付かれていないだろうと、そっと近づいた。

4メートルくらいあったが近づいた。

『はぁはぁ・・・えっ?・・・すいません、すいません』

女の子は慌ててぴょこんと中腰に座って謝りだした。

『すいません、すいません、すいません』

「何をしていたの?」

『それは・・・』

女の子は中腰で黙ってしまった。

「何か言えない事?」

俺は思春期なので性的興味でオナニーでもしていたんだろうと思っていた。

『うん・・・』

「とりあえず倉庫で話を聞かせて・・・」

女の子は渋々頷いた。

すると、女の子のスカートから黄色物が付いたスティックのりが出てきた。

女の子はスカートのポケットから出したティッシュで黄色物を拭いて学校の壁に投げ捨てた。

よく見ると壁に数個ティッシュがあった。

投げ捨てを悪びれる事も無く女の子はランドセルにスティックのりを入れて、荷物を持って倉庫に入った。

俺は女の子を倉庫に残して壁のティッシュを確認した。

異臭がして、一部茶色かった。

女の子が座っていたところも黄色物があったし臭かった。

謎だらけだった。

俺は冷静になるために自販機で女の子用のジュースと缶コーヒーを買ってきて、倉庫入口のシャッターを閉めた。

女の子はどこにでも居る普通に可愛い子だった。

名札から高学年を確認出来た。

名前が特殊過ぎて公表したらバレるので、女の子を女の子と呼び続ける事を了承ください。

女の子を椅子に座らせ、資材の箱をテーブルにしてジュースを渡した。

「何してたの?」

女の子は俯いたままだった。

女の子からも異臭がしていた。

俺はしびれを切らし女の子を立たしスカートを捲った。

不意を突かれた。

女の子はノーパンで、目の前に筋おまんこがお目見えした。

女の子のお尻から太股にうんちが付いていた。

そのまま座っていたのでスカートにもうんちが付いていた。

「気持ち悪いだろう、拭こうか」

掃除用バケツに水を汲んで、古着のタオルで洗いながらお尻と太股を拭いた。

女の子はじっとしていた。

「スカートも拭くから脱いで」

女の子はスカートを脱いだ。

今さらながら幼女を下半身裸にして密室に居るけど、これって犯罪?

スカートも洗剤を使って拭いて、ばしごの干した。

「のりで何してたの?誰にも言わないから」

下半身裸の女の子の両肩を掴んで聞いた。

『・・・お尻に・・・なの』

「ちゃんとしゃべって!」

『・・・お尻に・・・お尻にのり入れてたの』

女の子は泣き出した。

『お尻触ったら気持ち良かったから、のり入れて弄ってたの・・・誰にも言わないで~』

泣きながらカミングアウトした。

しばらく泣いていた。

俺の想像を上回り過ぎて、俺の興味は本当にこの年齢でお尻が気持ち良いのかと、どうすれば気持ち良いのかに向かっていた。

「お尻が気持ち良いのか」

俺は立ったまま泣いている女の子のお尻の入口を指で弄ってみた。

あんなスティックのりが入りそうに思えないが、俺は指をお尻に入れてみた。

『あっ・・・んんっ・・・んんっ』

女の子は泣きながら反応した。

しばらく指で入口を抜き差しした。

『ひゃっ・・・んんっ・・・はぁはぁ・・・んんっ・・・はぁはぁはぁ』

少し深く指を入れて抜き差しした。

『ひゃっ・・・はにゃぁんっ・・・はあん・・・んんっ・・・気持ち・・・いいの・・・はにゃぁんっ!』

「お尻気持ち良いの?」

『ひゃん・・・気持ち良いの・・・気持ち良いの・・・んんっ・・・はぁ』

女の子にお尻から黄色汁が垂れてきた。

「もっとする?」

『んんっ・・・してっ!してっ!してっ!してっ!』

女の子が抱き付いてきた。

古着のタオルを地面に敷いて、女の子をよつん這いにした。

ランドセルからスティックのりを出して、女の子のお尻に挿入して抜き差しした。

『はやぁん・・・んんっ・・・いいんっ・・・お兄ちゃん、いいんっ・・・いいんっ・・・んんっ!あんっ!』

女の子は急に仰け反った。

行為は継続した。

『ひゃん・・・んんっ・・・はぁんっ!・・・んんっ・・・お兄ちゃん・・・お兄ちゃん・・・んんっ!』

お尻から汁が垂れてしばらく臭かった。

うんちが無くなったのか臭いの無い汁が垂れた頃、

『お兄ちゃん・・・お兄ちゃん・・・お兄ちゃん!・・・んんっはぁんっ!』

女の子の身体がピクピクした。

俺は我慢出来なくなった。

スティックのりを抜いてその辺に置いた。

「もっと気持ち良い事しよっか」

『はぁはぁ・・・お兄ちゃん、気持ち良い事・・・はぁはぁ・・・もっとして・・・はぁはぁ』

俺は作業服のズボンとパンツを脱いで、チンコをしごいた。

女の子は何をするのか見ていた。

財布からコンドームを出して付けた。

『お兄ちゃん、おチンチンどうするの?』

「おチンチンを使うの」

『おチンチンを使う?・・・ひゃん・・・お兄ちゃん・・・おチンチン入ってるよ~!・・・んんっ・・・はあん・・・あんっ!・・・気持ちいいよ~!』

速攻女の子のお尻にチンコを挿入して抜き差しした。

すんなり挿入出来たし、フィット感が満点だった。

『お兄ちゃん・・・んんっ・・・おチンチン、気持ちいいよ~・・・あんっ!・・・気持ちいいよ~・・・ひゃあん、んんっ!・・・いいの~!』

小さい子どもお尻に俺のチンコが出入りしていた。

未成年者性的虐待で逮捕物。

それよりも気持ち良かった。

下手な風俗より良かった。

なので不意に射精していた。

『んんっ・・・お兄ちゃん?・・・んんっ・・・はぁはぁ・・・はぁはぁ・・・終わり?・・・はぁはぁ』

幼女のお尻に中出ししてしまった。

「気持ち良かった?」

『うん、のりより良かったよ~』

俺のチンコはスティックのりと比べられた。

早く会社に帰らないとと現実に戻って、女の子と床とチンコを拭いた。

女の子はランドセルからミッキーのピンクのパンツを出して履いた。

スカートは少し湿っていたけど女の子は気にしないで履いた。

『お兄ちゃんまたしようね』

身仕度した俺に抱き付いて要求してきた。

俺も気持ち良かったので、悪い事だとわかっているけど、倉庫の裏口を開けっ放しにして、倉庫の鍵を複製した。

女の子が倉庫に出入り出来て、倉庫で女の子と関係を持った。

異臭騒ぎは無くなった。

『あんっ!・・・お兄ちゃん・・・お兄ちゃん・・・出して~!』

調教して射精とか性的行為を教えた。

週3回エッチしたら、一月したら騎乗位で自ら腰を振れるくらいになってしまった。

今ちなみに倉庫裏の小学校の女子トイレでランドセル背負ったまま、制服姿にノーパンでバックからお尻で中出しエッチした後です。

『お兄ちゃん・・・気持ち良かった!・・・お兄ちゃん、好き!・・・んっ!んっ!あんっ!』

キスも教えた。

まだ慣れてないのか、舌を絡ませるとフニャフニャになって可愛い。

「お兄ちゃんのおチンチンきれいにして」

『うん、・・・お兄ちゃんのおチンチン、うんちの臭いがするよ、・・・んっ、うぐっ、うぐっ、ちゅぱ』

コンドームを外してしゃぶらせた。

フェラチオはなかなか覚えが悪かったけど、一生懸命舌を使って気持ち良くしようと頑張った。

『あんっ!・・・お兄ちゃん、そこは・・・んんっ!』

おまんこはまだ処女ですが、クリトリスが弱く、お尻との併用は幼女と思えないくらいに凄く乱れた。

『あんっ!・・・お兄ちゃん・・・ダメ!・・・んんっ・・・お兄ちゃん・・・お兄ちゃん・・・んんっ!あんっ!ひゃあん!』

おしっこを吹いた。

2~3メートルは噴いた。

女子トイレは女の子のうんち汁とおしっこで少し臭った。

『ダメって言ったのに、お兄ちゃんのイジワル!・・・知らないもん』

拗ねても可愛いかったし、喘いでても可愛いかった。

いつかはおまんこでセックスしたいと思います。

あと女の子に2つ上のお姉ちゃんが居るみたい。

進展があって、気が向いたらまた投稿します。

ちなみに投稿した女の子にチンコしゃぶらせて投稿しています。

終わったら、風呂場でアナルセックスしてきます。

じゃあね~~~!

- 終わり -

前後の話
次の話(2018-05-09 12:42:56)14年下の彼
前の話(2018-05-09 06:23:32)酒の勢いと胸の大きい地味目の後輩

メント

1:名無しさん #QHYWcjc :2018-05-10 06:56:33

ゴムつけたら中出しとは言わないよ?
せっかくの内容が冷めるから訂正した方がいいよ?

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告