エチ研TOP
投稿:2018-05-08(火)14:16

嫌がる女とヤる

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:9,543回)
名無しさん(30代)からの投稿

レイプセックスの快感を知り癖になりました。

快感を味わってしまったのは24歳の時に小◯生から幼なじみの幸子をヤったとき。

幸子は小◯生から高校まで同じで、再会したのはコンビニで

OLをしていて見違える位綺麗で

幸子から連絡先を聞かれてやり取りするようになりました。

「ね?浩二?ドライブ行こう」と幸子から誘われたりしていた。

そして幸子に好意を持つように

だけど幸子には彼氏が居て、その愚痴を聞いたりしていた。

そして幸子は別れるとか言い出してチャンスだと思っていた。

「浩二優しいし付き合う人間違えたかな?」なんて

逆転かと思ったある日、夜に呼び出されて迎えに行き、車で幸子と人気の無い公園に

「浩二…あたし彼氏と結婚するの」

そして幸子は「ごめんね?浩二に甘えて」

もう会えない

「浩二って優しいし本当にありがとう」

「俺幸子の事好きなんだ」と話すと

「凄い嬉しいけど…なんていうか浩二はラブと言うよりはLIKEなんだよね」

好意に気づいていながら、彼氏が仕事で居ない間の穴埋めに利用されて…

怒りがこみ上げて来ました。

「本当にありがとうね?」と幸子に言われて

俺は助手席の幸子にのし掛かりました。

「ちょっと浩二!」抵抗する幸子を押さえつけて「幸子…好きなんだ」

「やめて!」と抵抗する幸子に強引にキスをして幸子の首筋に

「いゃぁ!」尚も激しく抵抗する幸子に思わず殴りました。

「痛い!」と顔を押さえる幸子の胸を撫で回しTシャツをまくりあげてピンクブラを捲ると形が綺麗な胸が露になりしゃぶりつきました。

「やめて!浩二お願い!」と幸子は話すが無視して幸子の胸を味わいました。

デニムのスカートをまくりあげて撫で回し幸子な嫌がりながらも濡れていて

尚も暴れる幸子を押さえつけながら触りました。

「いゃっ…浩二…ダメ!」と幸子は感じだしていて俺は撫で回しながらパンティを下げようとすると「いゃ!」と手で押さえる幸子

強引に剥ぎ取り、ズボンを脱ごうとしたら幸子はドアを開けて逃げようとした。

「助けて!」と声をあげる幸子の髪を掴み「痛い!」と声をあげ、俺は幸子を車のなかに引きずり戻すと幸子は後部座席に逃げようとした。

「浩二…許して!お願い!」と這いつくばる幸子

しかし髪を掴みシートに顔を押し付けて幸子に背後から

腰を動かし挿入を逃れようとする幸子に無理矢理挿入

「ヤァァ!」声をあげる幸子の中は入り込むと強く締め付けて俺は夢中で突き上げました。

「ア!イャッ!アン!」幸子は嫌がりながらも声をあげていた。

中が急激に締まったり緩んだりしていてそれも興奮を誘いました。

「アン!イャッ!」嫌がる幸子も俺も汗だくになりながら

「幸子…最高だよ!」激しく突き上げると「アッ!ンンッ!」と幸子は腰が激しくグラインドしイッていた。

「幸子も感じてるんだな?」と話すと「感じてない!抜いて!」

「本当か?」と再び激しく突き上げました

「イャッ!」と幸子はまた腰が激しくグラインド

強がりながらも幸子はイキ果てました。

そして幸子に激しく突き上げると高まりだし幸子に抱きつくと「幸子好きだよ!」

「幸子!」激しく突き上げながら高まり幸子は察知したらしく「やめて!浩二!お願い!お願いやめて!」

暴れる幸子の腕を押さえつけながら激しく突き上げ溜まっていた欲望を幸子の中で放ちました。

「イャァ!」幸子はフィニッシュの瞬間悲鳴に近い声をあげビクビク腰を痙攣させていた。

そしてそのまま泣き崩れました。

幸子に注いだ快感と達成感

泣き崩れる幸子を見ながら自分のものにした征服感に興奮が覚めやらなかった。

顔を背けながら泣き続ける幸子

そして俺は泣き崩れる幸子に再びのし掛かり「もうやめてぇ!」と泣きながら抵抗する幸子を再び味わいました。

そして目的を遂げると急に冷めてきて、俺は着替えて幸子に「帰るよ」

睨み付けながら幸子は服を着て、下着を持ちながら自宅に着くとなにも言わずに降りていった。

嫌がる女の中は急激に締まったり緩んだりして嫌がりながらも襞がうねる。激しく抵抗する女の射精を遂げる瞬間の達成感と快感が忘れられず

それから数日後に夜に人気の無い路地に向かうと、一人で携帯を弄りながら歩く女子◯生を見つけて背後から抱きつき、あらかじめ見つけておいた空き家の中で

激しく抵抗する女子◯生を押さえつけそして欲望を注いだ

そのまま女子◯生を放置し帰りました。

そして場所を変えながら三人四人と快感を求めて繰り返して運のつきだったのは、何人目かは覚えて居ないけど、夜に公園に引きずりこんでヤったポニーテールの女

気が強くて抵抗も激しくて手を焼いたが強引に挿入してした女が警察官だった。

結局、お世話になってしまいましたが普通じゃ味わえない感覚は脳に焼き付いてる

- 終わり -

前後の話
次の話(2018-05-08 17:30:01)事件がおきました。1

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告