エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 幼馴染みのリホねぇを追いかけて、ボ…
投稿:2018-04-14(土)12:52

幼馴染みのリホねぇを追いかけて、ボクは都会へとやってきた

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:34,626回)
ショウタさん(10代)からの投稿

ボクの生まれ育った村は、ド田舎だ。

村と言ってもちょっと歩かなければ隣近所には辿り着かないほど人が少ない。

そんな村だった。

それだけに、田舎の近所付き合いは濃い。

日本らしい良いところでもあるが、ちょっと煩わしいところでもある。

近所同士が助け合うのは当然。

子供たちの世界でも、年上が年下の面倒を見る。

それが習わしだった。

ボクが育ったのは、そんな田舎町…、いや、村だ。

ただ、そんな田舎でも、最近では助け合いの精神なんてものは少なくなってきた。

過疎化も進んで、子供の数も年々減ってきている。

老人ばかりが増えていく。

少子高齢化というやつだ

そんな中、ボクもご多分に洩れず一人っ子で、ひとつ年上のリホねぇもそうだった。

ボクは小さいころからずっとリホねぇに面倒をみてもらっていた。

うちからは、家が小さくしか見えない。

それでも、お隣さんだからだ。

何をするのも一緒で、遊ぶのもいつも一緒だった。

子供のころは、リホねぇの方が背が高かった。

傍から見れば親分と子分みたいだったかもしれない。

リホねぇはご近所さんから利発と言われ、ボクはというと…、昔から真逆だった。

勉強嫌いで、宿題はリホねぇが見てくれていた。

小学校へ上がってからも、登下校はいつもリホねぇと一緒だった。

まだ、ガキ大将みたいなやつがのさばっていて、時折いじめられそうにもなった。

何とかそれも二人で協力し合って凌いできた。

そのお陰かどうかわからないけれど、ボクたちは逃げ足だけは速かった。

二人で帰りによく道草を食っては、叱られていた。

村長さんの蔵に二人で忍び込んで、探検と称していつも中で遊んでいた。

探検というのは表向きの呼び名で、実はそれは二人の秘密の時間だった。

蔵は村長さんちでいらなくなったものを押し込んである倉庫みたいなところだ。

布団や毛布のようなものもあれば、誰が読んだのかは知らないが、大人の雑誌などが紐で束ねて置いてあったりもした。

都会で言えば、有害図書と呼ばれるものだ。

田舎でも一緒か。

まだ、初潮も精通も迎えていないボクたちだった。

でも、有害図書にはそんな子供たちでさえ惹きつけるものがあった。

そんな雑誌に惹かれて興味津々。

二人で雑誌の紐を解いては読み漁っていた。

厳密には読んでいるのではなく、もっぱら男女の裸の写真を見て二人で興奮していた。

そのころからだった。

ボクが股間に違和感を覚えるようになったのは。

隣で目を皿のようにして雑誌に読み耽っているリホねぇ。

その横顔を盗み見ては、男子の悩みに目覚めつつあった。

「おとなの人はみんなこういうことするのかな」

綺麗なお姉さんと男の人が抱き合っている写真を見ながら、ボクは呟いていた。

するとリホねぇが徐に言った。

「私たちもやってみる?」

驚いてリホねぇの顔を見上げる。

リホねぇの目はマジだった。

「ショウタ、そこ膨らんでるよ」

どうしてそこが膨らむのか、理解が及んでいなかった。

けど、リホねぇに指摘され、ボクはそのことが恥ずかしくて堪らなかった。

だから、リホねぇからの申し出に首を激しく横に振り、不機嫌な表情で蔵を出て行った。

暫くは蔵に近づくこともなかったが、再びリホねぇに誘われた。

逡巡しながらも、ついていってしまうボクがそこにはいた。

でも、意気地のないボクは、いつも土壇場で逃げ出してしまうのだった。

その度に、二人の間には気まずい空気が流れるのだった。

そんなことが何度も繰り返された。

けれどもたがて、清水の舞台から飛び降りる日がやってきた。

「キスだけしてみよっか」

リホねぇにそう言われて、ボクは黙って目を閉じた。

チュッという音がした。

唇に柔らかいものを感じた。

ボクのファーストキスのお相手は、リホねぇになった。

キスといっても唇を押し付け合うだけのものだった。

それでも、パンツの中で股間がはち切れそうに膨らんでいたのを覚えている。

そのうち、ボクたちは蔵の中にしまってある冬物の布団を引っ張り出した。

最初は昼寝をするだけだった。

いや、夕寝か…。

抱き合ったりもした。

それはお医者さんごっこにも満たないただの戯れだった。

服の上からリホねぇの小さな胸を触らせてもらった。

リホねぇもズボンの上からだけど、ボクの股間の膨らみに手をやった。

ボクたちはただ、二人だけの秘密の時間に身を任せていた。

大人たちにとって、ボクたちは納屋や蔵の中を荒らす悪ガキどもだった。

村長に出入りを禁止され、他の蔵に忍び込んだりもした。

これが本当のくら替えって…。

違うか。

他の蔵で見つかって、親が呼び出されたりしたこともあった。

いくつかの蔵を追われ、リホねぇとの甘酸っぱい時間も幕を閉じた。

秘密の時間が終焉を迎え、思春期になると、リホねぇをいっそう意識し始めた。

中◯生ともなると、母親と一緒に歩いているだけでも照れくさい。

増してや同年代の女の子と一緒ともなると、恥ずかしさの方が先立ってしまう。

そんなわけで、中学のころからは、ボクは一人で登下校するようになってしまった。

ボクはリホねぇを避けるようになってしまっていた。

「ショウタ、どうしたの?」

ボクは、下校の待ち合わせ場所に行かなかった。

リホねぇは心配して、学校から帰ると制服のままボクの家にやってきた。

「別に…」

素っ気無い返事をするボク。

実はその日、学校の友達にリホねぇのことを冷やかされたのだった。

恋心を抱いている相手のことを図星にされていた。

そのことがボクの中でわだかまりになっていた。

その苛立ちをリホねぇに向けてしまっていた。

子供としか言いようがない。

実際に子供だったが。

「待ってたんだよ…」

ボクがソッポを向いたままでいると、リホねぇは小さくため息をついた。

リホねぇと行動を共にしなくなったのは、そのころからだった。

無視することはなかった。

ただ、学校でリホねぇを見かけても、声をかけることもなくなっていた。

登下校でリホねぇがちょっと先を歩いているのを見かけても、道を逸れて別の道を辿ったりした。

月日は流れた。

高二の終わりのころ、ボクは衝撃を受けた。

リホねぇが、進学のために都会へ出て行くと耳にしたのだった。

「そんなの聞いてないよ」

ひとりゴチた。

そのころには、もうお祭りのときや、村の行事のときでなければ話すこともなくなっていた。

だから、そのことを予め聞かされるはずもなかった。

青天の霹靂で、リホねぇが村を出て行くと聞いたときは、正直言ってショックだった。

続いて怒りがこみ上げてきた。

ボクはリホねぇがいつまでも近くにいてくれるものだと思い込んでいた。

素直にはなれなかったが、リホねぇのことがずっと好きだった。

だから、これからもずっとこの村で一緒にいたかった。

それなのに、恥ずかしくて、そんなことは到底口にできないボク。

オナニーを覚えてからは、オカズは専らリホねぇだった。

二人で蔵の中で遊んだ日々のことを思い出し、意気地のない自分を悔いていた。

幼いころの自分の素っ気無い態度が恨めしかった。

ボクは悶々とした日々をすごしていた。

背丈はいつの間にかボクが追い越していた。

リホねぇもすらっとしていて、田舎娘とは思えない艶やかさがあった。

ボクの夢想の中のリホねぇも、ツルぺたの女の子ではなくなっていた。

特に高◯生になってからのリホねぇは、ぐっと色っぽくなっていた。

実際にも、想像でも。

先輩の男子が噂をしているのを耳にすることもあった。

「たまんねぇなぁ、朝倉の身体…」

「おぉ、イッパツやらせてくんねぇかなぁ…」

不良たちにそんな風に言われるリホねぇを見聞きするのが嫌だった。

そんなこともあって、ボクはいっそうリホねぇと距離を置いていた。

今から思えば、思春期とはそんなものだ。

だから、自分の気持ちを伝えるなんてことは、考えられなかった。

自分の気持ちを消化できないまま、ただ不機嫌にしていた。

まるっきり、子供だ。

高◯生にしてはちょっと、いや、かなり幼い。

そんなわけで、リホねぇが村を出て行くと聞いても何もできなかった。

ただ、時間だけが経過していった。

ゴミ箱に丸めて捨てられたティッシュの数が増えるだけの毎日だった。

そしてとうとう、リホねぇが都会に行ってしまう日がやってきた…。

それでもボクは…、駅に見送りにさえ行けなかった。

リホねぇの乗った列車が駅を出たころ、ボクは自分の部屋でひとり泣いた。

物に当り散らしながら、のた打ち回っていた。

でも、もう遅い。

リホねぇはボクの手の届かないところへ行ってしまった。

それから暫く、ボクは死んだ魚のような眼をしていた(らしい)。

リホねぇをまったく見かけることのなくなった学校生活は、味気なかった。

けれどもある日、ボクは突然思い立った。

きっかけはリホねぇからの一枚の葉書だった。

書いてあったのは、大学に通い始めたことと、連絡先だけだった。

でも、それだけで十分だった。

そうだ!

ボクも都会へ出よう!

高校を卒業したら、リホねぇに会いに行こう。

突然そう思いついたのだった。

でも、そのためには理由が必要だ。

物事には常に、大儀名分が必要なのだ。

運動バカのボクでもそれくらいの知恵は働いた。

尤も無難なのは、都会の大学へ行くことだ。

けれどもボクの成績は、アヒルの行列だ。

英語と数学にいたっては、ポッキーだ。

それでも名分は作らねばならない。

それからのボクは、死に物狂いで勉強をした。

都会に行くには、とにかくそれしかない。

ボクは憑り付かれたように、そう信じ込んでいた。

大学受験のために都会へ!

ボクの中ではそれがスローガンのようになっていた。

明確な目的を持つと、人間は信じられない力を発揮することがある。

その時のボクがそうだった。

高◯生でありながら、算数レベルの知能だったボクの脳。

サルでももう少しマシだったかもしれない。

それが一年経つと、微分・積分さえも理解するようになっていた。

今はすっかり忘却の彼方だけれど。

「今度、そっちに受験に行くんだけど…」

葉書に書いてあった番号に電話した。

相変わらず、無愛想なボクだった。

にもかかわらず、電話の向こうのリホねぇは、明るく優しく接してくれた。

受験会場に近くて安いホテルを教えてくれたり、道順をメールしてくれた。

受験の前の日、ボクはリホねぇと会った。

一年ぶりの再会をリホねぇは喜んでくれて、食事を奢ってくれた。

リホねぇはすっかり都会の女性になっていた。

まだかなり寒いのに、白のブラウスにパステルカラーのフレアのスカートを履いていた。

ショールを羽織っているのが、大人の女性を彷彿とさせた。

着ているものが、田舎の人間とは違っていた。

それに、心なしかおっぱいも大きくなった気がする。

一番大きな違いは、リホねぇが眼鏡をかけるようになっていたことだった。

「みんな元気にしてる?」

リホねぇは、学校の友達や田舎の人たちのことを聞いてきた。

村の人はほとんどが知り合いなので、誰がどうしているという話が全部通じて、楽しかった。

「二日目の試験は何時までなの?」

食事が終りかけたころにリホねぇに聞かれた。

「時間いっぱいまで粘ったら、17時40分までかな」

「それなら、もう一泊していきなよ」

「でも、ホテルを予約していないよ」

ボクがそう言うと、リホねぇはサラッと言ってのけた。

「うちにくればいいじゃん」

そんな風に言われて、ドキッとした。

「でも…」

嬉しかったのに素直になれないボク。

「うん、そうしよう。ねっ?」

自分に言い聞かせるように、自分で自分に頷きながらリホねぇは続けて言った。

強引に押し切られるようにして、ボクは試験が終わったらリホねぇと再び会うことになった。

試験のときに、リホねぇのことを考えてしまってちょっと困ってしまった。

ッチなPR

ッチな広告