エチケンTOP
投稿:2018-03-23(金)21:45

~つづき~

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文
名無しさんからの投稿

前回の話:俺らの野外ハメ

「ホントに…ああん!今日はなんかヤバい‼あんっ!」

腰を押さえながらひたすらバックで突き続ける。

彼女は声が出ないように口を塞いでいる。

「ああん!あんっ!あっ‼」

その瞬間、俺のモノが抜けてしまった。

「今日ホントヤバい。ハァハァ…。」

「俺のモノが堪らないんだ?笑」

「バカ。続きしよ。」

そう言うと、俺を段差のところに座らせて跨がってきた。

「あんっ!やっぱヤバい…」

彼女に主導権を握らせる。首に手を回して、腰を振っている。

「ああん!当たる‼ああん!あんっ!ヤバい‼」

「自分で当ててるとかエロ過ぎだろ。」

「ああん!いいじゃん…あんっ!気持ちくない?」

「ヤバいよ。気持ちいい。」

「良かった…ああん!」

ぷるん、ぷるんと揺れる胸にしゃぶりつく。

「ああん!乳首ダメ‼ダメ‼ああん!あんっ!」

「ちょっ…ああん!ヤバい‼ダメ‼あんっ!」

相当ヤバいのか動きが止まった。

「ハァ…ヤバい。」

「段々勃ちが悪くなってきたかな?」

「そう?じゃあこうする。」

そう言った彼女は俺の乳首を舐めてきた。

「チュパ、チュパ、チュッ。」

「ほら、戻った!」

復活したから今度は下から突く。

「はぁん‼復活した。ああん!あんっ!」

「今度は突いてやるよ。」

「ああん!ヤバい‼あぁん、あんっ!あんっ!」

肩に寄りかかりながら耳元で喘ぐ。

「ああん!あんっ!あんっ!イクかも、あんっ!」

「出そう、ヤバい…」

「いいよ、中に出して…ああん!」

そう言うから発射準備。

「ああん!あんっ!あんっ!イクッ!ああん!出して!出していいよ…ああん!」

「ハァハァ、出しちゃったわ。」

「ハァハァ、大丈夫。ハァハァ、イッちゃった。」

しばらく抱き合いながらゆっくりした後服を着ながら彼女が言った。

「今日は安全日だから大丈夫。またしよ。」

そして家路についた。

- 終わり -

ユーザー投票率:0.06%
アクセス数・ランキング
データ取得日:2019-04-23
集計範囲 アクセス数 ランキング
2019-04-23 5回 6,471位
2019-04-22 2回 -
2019-04-21 3回 -
週間 24回 8,215位
月間 81回 9,824位
年間 2,571回 8,326位
累計 6,377回 8,869位
全話:11,335件
前後の話
次の話(2018-03-24 08:56:57)二世帯住宅に潜む地獄と天国

ッチな広告

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

TOPの新着コメント欄への表示
表示する 表示しない

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチなPR